パスワードを忘れた? アカウント作成

あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

13159785 story
医療

薄毛パターンに関連する遺伝子が見つかる、遺伝子から薄毛パターンを診断できる可能性 42

ストーリー by hylom
禿がなくなる世界は来るのか 部門より

男性において薄毛になるパターンは「頭頂部から」「前頭部から」「前髪の生え際から」など複数あり、人によって異なることが知られている。この「薄毛パターン」と遺伝子との関連性を調査した研究結果が発表された(EurekAlert!PLOS GENETICS掲載論文)。

この研究は英国在住の5万2000人の男性を対象にしたもので、その結果薄毛に関連する遺伝子は少数で、さらに287の薄毛パターンに関連する遺伝子領域が存在することが分かったという。この遺伝子を調べることで、その男性が薄毛になるのか、どのような薄毛になるのかを調べられるようになる可能性がある。

また、薄毛に関連する遺伝子は、髪の構造や成長にも関連しており、薄毛対策の薬や関連商品の開発に役立つ可能性もあるそうだ。

13159499 story
バイオテック

より多くの蚊がマラリア感染者に引き寄せられる理由 6

ストーリー by hylom
科学的な理由があったのか 部門より
headless 曰く、

マラリア感染者は非感染者と比べ、マラリアを媒介するハマダラカなどの昆虫を多く引き寄せることが知られているが、マラリア原虫が代謝経路で生成する(E)-4-ヒドロキシ-3-メチル-2-ブテニル二リン酸(HMBPP)が影響するとの研究成果が発表された(論文Ars Technica)。

ヒトやカはイソプレノイドをメバロン酸経路で生合成するのに対し、マラリア原虫は2-C-メチルエリトリトール-4-リン酸(MEP)経路で生合成する。HMBPPはMEP経路で合成されるイソペンテニル二リン酸(IPP)やジメチルアリル二リン酸(DMAPP)の前駆体だ。

メンブレンフィーダーとY型管を用い、HMBPPを添加した赤血球(hmbRBCs)と比較用の赤血球(RBCs)でメスのカの誘引実験をしたところ、95%がhmbRBCsを選んだという。一方、血清やグルコース溶液ではHMBPPの添加の有無で有意な差はみられない。

また、hmbRBCs、RBCsに加え、マラリア原虫に感染した赤血球(tiRBCs、giRBCs)を用いて吸血量を比較したところ、hmbRBCsと感染した赤血球ではRBCsの倍以上という結果になった。抗生物質によりtiRBCsのHMBPP合成を妨げた場合、吸血量はRBCsと同レベルまで減少し、IPPを添加しても大きな変化をみられなかったという。

さらに、血清を用いた実験では、HMBPPを添加すると5分以内に約80%のカで採餌行動がみられたのに対し、血清のみの場合は20%にとどまった。また、生理食塩水を使用した場合も同様の傾向がみられる。

hmbRBCやgiRBCsでは二酸化炭素やアルデヒド、モノテルペンの発生量が増加しており、これが誘引力を高めているようだ。つまり、マラリア原虫に感染した赤血球が放出するHMBPPが間接的にカに対する誘引力を高め、直接的に採餌行動を刺激する重要な代謝物とみられる。研究ではこのほか、HMBPPによるカの健康状態や遺伝子発現の変化などについても検討している。

13157948 story
医療

3Dプリントで人工皮膚を作る技術、製品化も近い? 17

ストーリー by hylom
残りのハードルは何だろう 部門より

3Dプリントを使って人間の皮膚を人工的に作る技術が開発されたそうだ(論文要旨MIT Technology Review日系デジタルヘルスEconomic News)。

人間の皮膚における階層構造を再現できるとのことで、素材には人間の細胞由来のものを使用するという。作製した皮膚は人間への移植だけでなく、研究室でのテストなどにも利用できるそうだ。現在欧州で人体への皮膚移植と言った目的での利用に向けた審査が進められているという。

13155215 story
医療

人工網膜で視力を回復される研究、来年度に臨床試験申請へ 21

ストーリー by hylom
課題は多そうだが期待 部門より

網膜の視細胞の変性によって視力の低下が起こる「網膜色素変性症」で失明した患者に対し、人工網膜を移植して視力を回復される研究が進んでいるという。臨床研究ではすでに効果が確認されており、来年度に臨床試験の申請を行うという(琉球新報)。

この研究で使われる人工網膜は、CCDカメラを利用した電子的なもの(大阪大学)。撮影した映像を電子的に処理したのち、網膜に設置した電極経由で網膜にそれを伝えて神経を刺激し、映像を脳に伝えるという。CCDカメラはメガネに設置し、処理用のシステムは側頭部に、電極は眼球後部に手術で装着するとのこと。

この技術で得られる視力は現時点では「ぼやっと見える程度」とのことで、被験者によると「闇夜に物体が浮かんでいるように見えた」という。また、視力0.1程度、視野は15度までが理論的な限界だそうだ。

13148719 story
医療

胃腸薬として知られるPPIを長期服用するとアルツハイマー病や腎臓疾患になりやすいという研究結果 25

ストーリー by hylom
ともかく何事も使いすぎは良くないということで 部門より
taraiok曰く、

胃潰瘍や胸焼けを予防の薬として知られるプロトンポンプ阻害薬(PPI)を長期間服用し続けると、アルツハイマー病や腎臓疾患を引き起こす可能性があるという(Scientific AmericanSlashdot)。

PPIは胃酸が出るのを強く抑制する効果があるが、胃酸の減少によりアルツハイマー病の特徴となっているアミロイドβタンパク質(Aβ)を増やすとされる。研究では、定期的にPPIを服用している人とPPIを服用していない人を比べた場合、44%ほど認知症リスクが高かったとしている。ただし、この研究は具体的なデータが不足しているという指摘もある

1990年代から2011年にかけて10,482人を対象に追跡調査を行った結果では、PPI接種者の慢性腎疾患のリスクは20~50%高かったという。培養増殖した細胞で実験したところ、PPIは胃の細胞だけでなく血管を覆う特定の細胞に影響を及ぼすことが分かった。このことがアルツハイマー病または腎臓疾患と関係があるのかもしれないという。一部の医師の間ではPPIを一週間服用させないようにしたり、胃酸抑制は弱いものの知名度の高いH2ブロッカーを代用するなどの対策が取られているようだ。

13145842 story
インターネット

約1Lの塩水を10〜20分で飲み干す偽ダイエット法「塩水洗浄」「ソルトウォーターバッシング」がネットで広まる 108

ストーリー by hylom
本当にセレブの間で流行なのだろうか 部門より

一度に1リットル近くの塩水を飲み干すという「ソルトウォーターバッシング」なるダイエット方法が広まっているという。このダイエット方法には実際には効果は無く、逆に健康を害する可能性があるのだが、これを推奨するサイトはネット上で多数公開されているという(NHK)。

ソルトウォーターバッシングは、1リットル前後の生理食塩水を10〜20分前後で飲み干すというもの。「生理食塩水は体内に吸収されず、そのため腸の洗浄効果がある」などと謳われているが、実際にそのような効果は無く、逆に内臓に負担をかける可能性があるという。

現在Googleで「塩水 ダイエット」等のキーワードで検索すると多数のブログがヒットするほか、美容系サイトでも「海外のセレブが習慣にしている」などとして紹介されている。最近急に出てきた話題ではなく、数年前からこのような方法が「ダイエット法」として出ていたようだ。

13145261 story
医療

C型肝炎治療薬の偽造品が流通 23

ストーリー by hylom
単なる金目当てなのだろうか 部門より
KAMUI曰く、

今年1月にギリアド・サイエンシズが販売しているC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が流通していることが確認され、厚生労働省が注意喚起を行なっている。(第1報(1月17日)1月23日(第2報)1月25日(第3報)第4報(2月1日))。

C型肝炎はC型肝炎ウイルス(HCV)が輸血など血液を媒介にして感染する病気で、初期には感染者の多くが自覚症状が無い「不顕性感染」となり、60~80%が慢性化。慢性肝炎を経て肝硬変、肝臓がんなどに進行する場合がある。かつてはウイルス駆除のためにインターフェロン注射による治療が行なわれてきたが、ウイルス型により治療効果に差があるほか、副作用の問題も指摘されてきた。近年になって複数の経口新薬が開発され2015年にハーボニーが発売されたが、これは著効率100%という非常に高い効果をうたっている。

今回確認された偽造品は東京都内の卸売業者(現金問屋)から流れたもので、本物のボトルに錠剤が入っていたという。厚労省の鑑定によれば内容についてはビタミン剤や漢方薬のほか、C型肝炎治療薬のソバルディもあったようだ。なお「本物の薬が偽物として売られた」というのはちょっと解り難い話だが、ハーボニーは核酸型ポリメラーゼ阻害薬のソバルディとNS3阻害薬のレジパスビルを組み合わせたもので、薬価の方もソバルディの1錠あたり約4万円に対して約8万円(ボトル1本約153万円)。こうしたことから、これら抗ウイルス治療薬が近年の医療費増大の原因なんて話もあるようだ。

13140064 story
医療

ウコンの主成分であるクルクミンに薬効はないという話 63

ストーリー by hylom
それ6年以上前に知ってたわ 部門より

日本では二日酔いなどに効くと言われているウコン(ターメリック)に薬効は無いのではないかという話が出ている(GIGAZINE)。

指摘されているのは、ウコンに含まれているポリフェノールであるクルクミンには薬効が無い、という話(Journal of Medicinal Chemistry掲載論文)。

そもそもクルクミンについては「ヒトでの有効性・安全性については信頼できるデータは見当たらない」という状況であるが(「健康食品」の素材情報データベース)、論文によると、クルクミンはさまざまな化学反応試験に干渉するを及ぼす可能性があり、その結果実験において実際には薬効が無いにもかかわらず薬効があると判断される可能性があるという。また、二重盲検法などプラシーボ効果を除いた検証でクルクミンの効果が確認された事例はないという。

ただ、今回の論文で指摘されている対象はクルクミンのみで、ウコンのほかの成分についての言及はない。ウコンにはクルクミン以外にもさまざまな成分を含んでいるため、直ちにウコンに薬効がないと判断できるわけではなさそうだ。なお、「ウコンの力」という製品を出しているハウス食品はこれについて、ウコンの全容は解明されておらず、正しいとも間違ってるとも言えないとの見解だそうだ(ロケットニュース24)。

13138241 story
医療

ラットの体内でマウスのすい臓を作製しマウスに移植することに成功 7

ストーリー by hylom
人間に応用できるのはいつの日か 部門より

1月26日、東京大学および科学技術振興機構、日本医療研究開発機構がすい臓を欠損しているラットの体内でマウスの多能性幹細胞由来のすい臓を作製することに成功したと発表した(朝日新聞SlashdotNature誌掲載論文)。

さらに、このすい臓から分離したすい頭を糖尿病モデルマウスに移植したところ、移植直後の5日間を除いて1年以上免疫抑制剤無しで正常な血糖値を維持できたという。

将来はヒトの臓器を動物でつくらせる研究につなげたいとしている。なお、Slashdotのコメントでハイスラム教徒やユダヤ人が豚から臓器移植を受けた場合、どう反応するかという疑問が提示されていて幾分興味深い。

昨今では移植対象とは異なる種を使って移植用の臓器を作製する試みがいくつか研究されているが(過去記事:遺伝子操作したブタの肺を「代替臓器」として人間に移植する試み、10年以内に実用化か豚の細胞を人体へ移植する実験、ニュージーランドでゴーサイン)、別の種の動物に作らせた臓器を移植し、治療効果が確認されたのは初めてだという。

13137750 story
バグ

日本臓器移植ネットワークのシステムに不具合、本来移植を受けるべき患者よりも優先度の低い患者に移植が行われる 21

ストーリー by hylom
生死を分けかねないバグ 部門より

臓器移植の斡旋を行っている公益社団法人・日本臓器移植ネットワークのシステムに不具合があり、本来移植を受けるべき希望者よりも優先度の低い移植希望者に臓器移植が行われていたことが明らかになった(日本臓器移植ネットワークによる「移植希望者の誤選定に関するお詫び」産経新聞)。

移植希望登録者から対象患者を選定するための検索システムに不具合があり、患者の情報が修正された場合に再計算が行われていなかったのが原因だという。

13134871 story
ロボット

精密な眼科手術を行えるロボット、昨年9月に初手術を行っていた 31

ストーリー by hylom
最新ロボット 部門より

目の外科手術を行う「革新的なロボット」が登場したそうだ(MIT Technology Review翻訳記事Slashdot)。

このロボットはオランダのPreveyes BV社が開発したもの。「Robotic Retinal Dissection Device」(R2D2)と名付けられており、カメラ映像を見ながらジョイスティックで操作することで精密な手術が行えるという。去年9月、オックスフォード大学にてこのロボットを使った手術が行われたそうで、ロボットを使った目の外科手術は初めてとのこと。9月以降、ほかに5人の患者が手術を受けているという。

近年ではこれ以外にもロボットを使った手術は広まっており、米国では「Da Vinci」という外科ロボットが心臓疾患などの手術に使われているそうだ。なお、R2D2のコストはおよそ100万ドル程度だという。

13133754 story
医療

東レが猫の腎臓病治療薬を開発 18

ストーリー by hylom
猫の長寿命化が進むといいな 部門より

猫の死因で最も多いのは腎不全とされているが(毎日新聞)、東レが慢性腎臓病の治療薬「ラプロス」を開発し、製造販売承認を取得したと発表している(日経新聞)。

ラプロスは血管内皮細胞保護作用、血管拡張作用、炎症性サイトカイン産生抑制作用及び抗血小板作用を持つ製剤で、腎機能の低下を抑制できるとのこと。用法としては1日2回、1回あたり1錠を食後に経口投与するというもの。ラプロスの主成分である経口プロスタサイクリン(PGI2)は人間向けにも慢性動脈閉塞症に伴う潰瘍、疼痛及び冷感の改善や原発性肺高血圧症として認可されており、東レが「ドルナー」として製品化している(医薬品医療機器総合機構)。

13132583 story
Windows

Windowsスマートフォンの調達困難により、Androidへの移行を検討するノルウェーの自治体 19

ストーリー by hylom
予想外 部門より
headless 曰く、

ノルウェーでは100以上の自治体で、ヘルスワーカーなどの訪問サービス担当者がWindowsベースのスマートフォンを使用しているそうだ(Digi.noSoftpediaMSPoweruserThe Next Web)。

自治体では1,500~2,000ノルウェークローネ(21,000~28,000円程度)でWindowsスマートフォンを購入し、Tietoが開発した医療記録システム「Gerica」へのアクセスに使用している。現在のシステムに更新された3年前、他のデータ使用をブロックすることで医療記録の安全を保つため、TietoではWindows Phoneプラットフォーム専用にソリューションを開発したとのこと。

しかし、Windowsベースのスマートフォンがシェアを大きく減らす中、手ごろな価格の端末が入手しにくくなっているという。現在、ノルウェーのMicrosoftストアではLumiaコーナーでアクセサリー類のみが販売されており、端末は1台もない。

MicrosoftはTietoに対し、OEM3~4社がWindowsベースのスマートフォンを発売する予定だと述べ、モバイル向けWindows 10の開発も続けると説明しているが、ストアでの在庫の問題には触れなかったとのこと。

現在オスロだけでも2,450台のWindowsスマートフォンが使われているが、端末が破損・故障すれば交換する必要がある。そのため、既にオスロではAndroid版の開発についてTietoに相談しており、ソリューションが利用可能になり次第、段階的にAndroidへ移行する計画とのことだ。

13128507 story
人工知能

「肺高血圧症」患者の死期を予測するAI 24

ストーリー by hylom
医療分野での活用が進むAI 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

人工知能(AI)によって「肺高血圧症」という心疾患にかかっている患者の寿命を予測するという試みが行われたそうだ。その結果、80%の精度で亡くなる時期を予測できたという(IBTGIGAZINESlashdot)。

肺高血圧症は血液の循環に障害の出る希少疾患で、現在治療法は無く、時が経つにつれて病状が悪化していくという。肺高血圧症と診断された患者の3分の1はその後5年間のうちに亡くなるという。

今回の試みでは、AIに数百人の肺高血圧症患者の健康状況記録と各患者の3D心臓データを入力して学習させた後、被験者250人の血液検査結果および心臓のMRIスキャンデータを入力したという。その結果、AIは1年後の生存者を80%の精度で正確に予測できたという。

13128506 story
医療

カフェインに加齢で発生する炎症を防ぐ効果が確認される 30

ストーリー by hylom
飲み過ぎにはご注意を 部門より
taraiok曰く、

スタンフォード大学医学部の研究者らが、カフェインによって加齢に伴う慢性的な炎症が抑えられるという研究結果を発表した(Stanford MedicineSlashdot)。

これは100人以上の調査データから判明したもの。老化による非感染性疾患の90%以上が慢性炎症に関連しており、特に癌やアルツハイマー病、心臓血管疾患、変形性関節症などに関与している可能性が高いという。これらの炎症は血液中を循環する核酸が出す代謝物や分解物が原因で発生するとのことだが、カフェインの代謝物には核酸の代謝物に対抗する能力を持つ可能性があるそうだ。

実際加齢による炎症プロセスが発生しない人がおり、そのような人々はそうでない人々と比べて多くカフェイン飲料を飲む傾向があったという。コーヒー愛好者が禁酒者より長く生きる傾向があるのはこれが理由ではないか、とされている。

typodupeerror

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

読み込み中...