パスワードを忘れた? アカウント作成

あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

13768079 story
中国

中国・北京理工大学、18歳以下の優秀な学生27人を選抜しAI兵器開発専門の軍事研究プロジェクトに参加させる 5

ストーリー by hylom
軍事研究エリート養成 部門より

中国・北京理工大学が「18歳以下の優秀な学生」27人を入学させ、最先端の軍事研究プロジェクトに参加させるそうだ(ニューズウィーク日本版)。

このプロジェクトは人工知能を活用する兵器を開発するもので、北京理工大学と中国の国有軍事企業・中国兵器工業集団が共同で行なっているようだ。研究は初期段階で、専門領域を4年間学ばせてAI兵器開発の「リーダー」とするという。

対象となる学生の選抜は5000人の候補者から行われ、知的能力に加えて「戦う意思」や「愛国心」なども選抜の際には考慮されたそうだ。

13767234 story
軍事

米サイバー軍、民間企業とマルウェアサンプルを共有へ 6

ストーリー by hylom
官民協力 部門より
taraiok曰く、

オンライン脅威の予防や検出、そして対応などに対し、米軍の役割はますます重要となってきている。米サイバー軍司令部(USCYBERCOM)は、オンライン脅威への対応には民間部門の協力が必要であることを理解している。そのため、USCYBERCOMの下部組織として設立されたサイバー・ナショナル・ミッションフォース(CNMF)は、サイバーセキュリティ企業とマルウェアのサンプルを共有する方針を決めたという(米サイバー軍司令部ForbesZDNetSlashdot)。

CNMFは今週、Googleが所有するオンラインスキャンサービスであるVirusTotalに初のマルウェアサンプルをアップロードし共有を行った。共有するにも一般のサイトに上げれば問題が出るためだ。VirusTotalであれば、55種類もの検出エンジンを使用してファイルを同時にチェックしてくれるなどの機能がある。最初にアップロードされたマルウェアサンプルは、盗難車両回収システム「Lojack」の脆弱性を悪用するマルウェアだという。「LoJax」と呼ばれるルートキットの仲間。LoJaxは、ロシアのサイバー攻撃集団「APT28」などが関与しているとされている。

13767194 story
軍事

もしモスクワ滞在中に核攻撃を受けたら地下鉄に逃げろ 99

ストーリー by hylom
ちょっと見てみたい 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

ロシアの首都・モスクワには多数の核シェルターがあるそうで、もしモスクワ滞在中に核攻撃を受けたらそこに逃げればよいそうだ(RUSSIA BEYOND)。

たとえば、2012年以前に作られたロシアの地下鉄の駅には核シェルターが設置されているという(2012年以降は財政的な問題もあって作られていないらしい)。そのため、核攻撃を受けたら地下鉄の駅に向かうのが確実なようだ。ちなみに、最も地下深くにあり安全と思われるのは「勝利公園」駅だという。

ただし、「住民に対する警報が出てから10分後に高気密の扉を閉める」のだそうで、警報が出たらいち早くシェルターに逃げ込まないと逃げ遅れてしまう可能性もあるという。

また、ボランティアによる「Bombshelter in Moscow city」という情報も公開されている。

13745769 story
軍事

米国を襲った大型ハリケーン「マイケル」、ステルス戦闘機F-22少なくとも17機を大破させる 60

ストーリー by hylom
自然には勝てなかったか 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米国で発生した大型ハリケーン「マイケル」が米空軍基地を直撃、少なくとも17機が大破したという(毎日新聞)。

もし、F-22を追加生産するなら、日本の国産戦闘機検討問題に影響するかも。

被害を受けたフロリダ州のティンダル空軍基地は米第1空軍の司令部が設置されている基地。55機のF22が配備されていたという。ハリケーン接近に伴い33機が別の基地に避難していたが、残り22機は基地に残されていたという。

13737424 story
ニュース

2018年のノーベル平和賞、戦争や武力紛争の道具としての性暴力を終わらせるべく尽力中の2氏が受賞 52

ストーリー by headless
尽力 部門より
2018年のノーベル平和賞は、コンゴ民主共和国のデニス・ムクウェゲ氏とイラク出身のナディア・ムラード氏が共同受賞した。授賞理由は戦争や武力紛争の道具として使われる性暴力を終わらせるための尽力(概要発表全文)。

医師のムクウェゲ氏は長年にわたり、コンゴ民主共和国で性暴力の被害者を救うために活動している。多くは長期化する国内の武力紛争に伴う性暴力の被害者であり、ムクウェゲ氏は戦争の道具として使われる性暴力に対する十分な対策をコンゴ政府や他国の政府が行っていないとたびたび批判。ムクウェゲ氏は戦争・紛争の道具としての性暴力を終わらせるための尽力のシンボルとして国内・国際的に認知されている。

イラク北部のヤズィーディー教徒の村出身のムラード氏は、自身が武力紛争に伴う性暴力の被害者だ。ISISは2014年にヤズィーディー教徒を虐殺し、未成年者を含む若い女性を捕らえて性奴隷にした。ムラード氏は繰り返し性暴力を受け、憎悪に満ちた非人道的なバージョンのイスラム教に改宗しなければ死刑にするなどと脅迫される。3か月後、脱出に成功したムラード氏は自身の体験を人々に伝える活動を始め、2016年には23歳で人身売買被害者の尊厳に関する国連親善大使に任命されている。
13736874 story
テクノロジー

海上自衛隊のリチウムイオン電池搭載潜水艦が進水 107

ストーリー by hylom
バッテリーで隠密行動 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

海上自衛隊のリチウムイオン電池搭載潜水艦「おうりゅう」の進水式が10月4日に行われた。「おうりゅう」は世界初のリチウムイオン電池を主電池に搭載した潜水艦となる(のりものニュース日経新聞産経新聞)。

従来の海自潜水艦は鉛電池と低速度での哨戒行動時の潜水時間延伸に有効なスターリング・エンジンを搭載していたが、今後は運用の柔軟性の高いリチウムイオン電池のみの搭載となる。

リチウムイオン電池搭載にあたっては充電用の発電機なども新規開発がおこなわれたそうです。

13701902 story
軍事

海自、潜水艦乗組員における女性制限を撤廃 131

ストーリー by hylom
軍隊は大変だ 部門より

防衛省が、女性自衛官を海上自衛隊の潜水艦の乗組員として登用する方針を固めたそうだ。潜水艦は男女別の設備はなく、「性別に配慮した職場環境が確保できない」として今までは男性のみが乗組員として配置されていたという(読売新聞)。

方針転換の理由としては「人手不足」が挙げられている。すでに各艦艇では「定員割れ」が状態化している状況なのだそうだ。

13699341 story
日本

防衛計画の大綱見直しは宇宙とサイバー防衛にも及ぶ 15

ストーリー by hylom
そこは日本が遅れている分野ですが大丈夫でしょうか 部門より
maia曰く、

政府は新たな「防衛計画の大綱」の策定に向け、有識者懇談会「安全保障と防衛力に関する懇談会」を設置し、29日に初会合を開いた(NHK産経新聞日経新聞)。最新の大綱は5年前に策定されたが、安全保障環境の激変を踏まえ、見直しを決めた。

自民党の議論では防衛費のGDP比率まで踏み込んでいるようだが、懇談会の冒頭、安倍総理大臣は「今や、サイバー空間や宇宙空間など、新たな領域で優位性を保つことが我が国の防衛に死活的に重要」と述べ(首相官邸)、懇談会の議論は、宇宙やサイバー空間における防衛に焦点が当てられた趣がある。陸海空の枠組みにとらわれず、従来の延長線上でなく、という言及もある。

なお懇談会の委員は、青井千由紀・東京大大学院教授、岩崎茂・前統合幕僚長、加藤良三・元駐米大使、北岡伸一・東京大名誉教授、黒江哲郎・元防衛事務次官、坂元一哉・大阪大大学院教授、土屋大洋・慶応大大学院教授、三浦瑠麗・東京大講師、三村明夫・新日鉄住金名誉会長(座長)(毎日新聞)。

13678889 story
軍事

米空軍が新軽攻撃機を計画している 67

ストーリー by hylom
小規模紛争への備え 部門より
maia曰く、

アメリカ空軍が新たな軽攻撃機採用に向け2社に基本提案依頼書を提示したという。

対地攻撃機であり、CAS(近接航空支援)やCOIN(対反乱作戦、事実上の対ゲリラ戦)のカテゴリーである。戦闘機やA-10が使われることが多いと思われるが、A-10でも高コストだし、戦闘機には戦闘機本来の任務がある。そこで、ターボプロップ単発の安価な軽攻撃機を充実させたらどうかという話。

既にA-29(アフガニスタン空軍に供与)とAT-6Bがあるが、いずれかをベースにした発展型となるようだ。攻撃ヘリコプターはおいといて、ドローンという代替案もあるはずだが、有人機が現場で瞬時に判断することが重視されているようだ。

13677310 story
NASA

トランプ陣営、宇宙軍ロゴの人気投票を支持者に呼び掛ける 17

ストーリー by headless
商品 部門より
米国のマイク・ペンス副大統領は9日、2020年までに宇宙軍省(Department of Space Force)を設立する考えを示した。同日、トランプ-ペンス選対委員会は支持者に対し、宇宙軍ロゴの人気投票を呼び掛ける電子メールを送ったそうだ(SlashGearの記事The Vergeの記事Ars Technicaの記事The Next Webの記事)。

候補には6種類のデザインが挙げられている。最初に挙げられているデザインはNASAのロゴの色違いのようなデザインで、「SPACE FORCE」の文字にはNASAの「ワーム」ロゴに似た書体が使われている。この書体はほかのデザインでも使われており、全体にNASAっぽいものが多いようだ。

なお、支持者に送られたという電子メールでは、宇宙軍関連のグッズを発売する計画の記載がみられる。そのため、「MAKE AMERICA GREAT AGAIN (MAGA)」キャップのように、宇宙軍をトランプ陣営のブランドに加えることが目的ではないかとの指摘も出ている。
13674823 story
プライバシ

米国防総省、位置情報などの漏洩リスクからフィットネストラッカーの使用制限命令を出す 32

ストーリー by hylom
位置の記録にはリスクが 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米国防総省は、機密性の高い軍事施設などで、自分の位置を特定される可能性のあるフィットネストラッカーやスマートフォンアプリケーションの使用制限を命じる指令が出された。APが入手したメモによると、スマートウォッチにリンクされているフィットネストラッカーや携帯電話のアプリケーション、その他の電子機器の使用が禁止されるようだ(APEngadget JapaneseSlashdot)。

新たな指令では、組織や各部隊のリーダーは、担当地域のセキュリティ脅威に基づいて、各デバイスのGPS機能を使用できるかどうかを判断できるとしている。先のメモでは、各デバイスによる地理的位置情報は、個人情報、場所、ルーチン、国防総省の人員を暴露する結果をもたらし、作戦上のリスクを増大させる可能性があるとしている。

この指令が出た背景には、フィットネスバンドPolarの専用アプリ「Polar Flow」にセキュリティーリスクがあったことが影響しているようだ。この調査では、核兵器を保管している施設に出入りしている人や原子力発電所で働く管理職、北朝鮮の国境付近に駐留する兵士など、およそ6500人の個人情報を取得し、自宅の場所なども特定できたとされている。

13673603 story
ロボット

ベネズエラでドローンを用いた大統領暗殺未遂事件が発生? 28

ストーリー by hylom
安価な武器となりつつあるドローン 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

ベネズエラで、ドローンを使った大統領暗殺未遂事件が発生したと報じられている(AFP時事通信GIGAZINEハフィントンポスト)。

大統領が軍事パレードの式典で演説していた際に何らかの爆発が発生、7人が負傷したという。報道では、「爆発物を搭載した複数のドローンが爆発」とされている。また、反体制派グループが大統領暗殺を狙った攻撃という犯行声明を出したという。ただ、事件当時の映像は残っているが、そこにはドローンの映像はないため、本当にドローンを使った攻撃なのか疑問を呈する意見もあるようだ。

なお、爆発物を搭載したドローンによる攻撃はシリアなどでの事例が過去報じられているが、もしドローン攻撃が事実であれば、大統領暗殺を目的に用いられたのはこれが初であろう。一方で、ベネズエラは今年のインフレが年率100万%に達するなど国民の不満が高まっており、政府による自作自演ではないかという説も飛び交っているようだ。

13666637 story
日本

防衛装備庁、コマツ装輪装甲車(改)の開発を打ち切り。耐弾性能不足が理由 120

ストーリー by hylom
予算に余裕があるわけでもないしねえ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

防衛装備庁による「装輪装甲車(改)」開発事業が中止されるとのこと(発表PDF)。

公式には「耐弾性能のばらつきの多い防弾板の使用や板厚不足等を解消すべく開発事業を継続しても、耐弾性、重量、量産コストに関する目標を満たして開発を完了できる見込みが立たない」事を理由としてはいる。

私的には車幅を2.5メートル以下に収めようとした(既製外車を排除して国内新規開発する理由にもなる)のか、妙に腰高でトップヘビーそうな外観が、開発失敗の根本原因だと思う。まあ、62式7.62mm機関銃(62式言うこと聞かん銃)の様に、使用に耐えない代物を半世紀余りに渡って生産運用する事よりはマシだろう。

13648242 story
軍事

フランス軍のサイバー防衛部隊、革命記念日のパレードに初参加 57

ストーリー by headless
行進 部門より
7月14日、フランス革命記念日(パリ祭)のパレードにフランス軍のサイバー防衛部隊(COMCYBER)が初めて参加したそうだ(La Revue du Digitalの記事LCIの記事RTLの記事The Vergeの記事)。

2017年に発足したCOMCYBERは情報システムの防衛、サイバー攻撃の無力化、サイバー空間での作戦行動などを担う。3,400人以上の隊員のうち、パリのシャンゼリゼ通りで行われたパレードに参加したのは56人。中には一度も行進をしたことがない隊員もいたため、2か月以上にわたる行進の訓練が行われたとのことだ。
13638394 story
日本

陸自、輸送艦導入を検討 96

ストーリー by hylom
変わる情勢 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

陸上自衛隊が輸送艦の導入を検討しているそうだ(ロイター産経新聞)。

海上自衛隊じゃなく、陸上自衛隊がである。ただし日本史上では、旧大日本帝國陸軍により各種の上陸用船艇+小型支援艇が量産・運用された事が前例としてある(当時の大日本帝國海軍には揚陸艦等に対する理解は望むべくもなかった)。

なお自衛隊で輸送艦とは、一般に言うところの揚陸艦や戦車揚陸艦を意味する。

陸上自衛隊がある南西諸島の離島間輸送を円滑にすることが目的だという。背景には昨今中国が東シナ海で積極的な活動を見せていることがあるようだ。

typodupeerror

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

読み込み中...