パスワードを忘れた? アカウント作成

13749282 story
月

中国・成都市の企業、人工の「月」を2020年にも打ち上げる計画 90

ストーリー by headless
衛星 部門より
中国・成都市の企業が街灯の代わりに地上を照らす人工の「月」(人造月亮)を2020年にも打ち上げる計画だという(People's Daily Onlineの記事SlashGearの記事The Registerの記事搜狐の記事)。

この人工月は人工衛星に搭載した巨大な鏡で太陽光を反射させるもので、「空に吊るした鏡で太陽の光を反射させ、パリの街を一年中照らす」というフランスの芸術家のアイディアが元になっているそうだ。ロシアは1999年に実験しているが、鏡の展開に失敗して実現には至らなかったという。

この企業、成都航天科工微電子系統研究院では何年もかけて研究を行っており、実際に打ち上げが可能な段階に達しているとのこと。2020年には初号機を打ち上げて実証実験を行い、2022年には3機により地上を照らす実験を行う計画だ。

人工月は月の8倍の明るさで直径80km程度の範囲を照らすことができ、街灯の置き換えに十分な明るさが得られるという。ただし、実際の明るさは夏の黄昏時ぐらいとみられ、それほど明るくなるというわけではないようだ。そのため、生物の概日リズムに影響することはないと考えられているとのこと。
13739797 story
宇宙

初めて「太陽系外の惑星を公転する衛星」の証拠が見つかる 24

ストーリー by hylom
小さくないが遠い 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

地球から約8000光年離れた位置にある恒星「Kepler(ケプラー)1625」は惑星Keplar-1625bを持つことが観測されているが、このKeplar-1625bが衛星を持つ可能性がコロンビア大学の研究者らによる観測によって分かったという。もしこれが事実なら、初めて太陽系外の衛星が確認されることになる(Engadget JapaneseロイターGIGAZINEScienceAdvances掲載論文)。惑星や衛星は自ら発光しないため、太陽系外の惑星・衛星を見つけるのは難しいとされていた。

研究者らがKepler-1625の前をKepler-1625bを横切るのを観測していたところ、「恒星の光が惑星に遮られることで観測できる光の偏向や揺らぎ」が2度確認されたそうだ。この観測データはKepler-1625bに随伴する小さな天体の存在を示しているという。

なお、Kepler-1625bは木星の数倍の大きさであり、太陽系外衛星も実際に存在するならば海王星ほどの大きさだという。

13720299 story
宇宙

SpaceXの月旅行、一人目の乗客はZOZOTOWNの前澤社長 115

ストーリー by hylom
宇宙大航海時代は来るか 部門より
AC0x01曰く、

米SpaceXは9月17日、同社が開発中の超大型宇宙船BFRを使った最初の月周回旅行の乗客として、ZOZOTOWN創業者の前澤友作社長と契約をしたことを発表した(発表動画ITmediaEngadget JapaneseSpace.comSlashdot)。

BFRには十数人が乗船可能であるが、前澤氏は最初のフライトの全座席を買い占めたということで、6~8人のアーティストを招待してともに月へ向かうとの計画を発表した(dearMoonプロジェクトサイト)。この月旅行は、着陸はせず月周回軌道を回って地球に帰還するもので、計11日間の日程となっている。打ち上げは2023年を予定している。一方で、ファルコンヘビーで予定されていた月周回旅行はキャンセルとなった。

そのほか、発表ではBFRの改良点などの説明も行われた。新たに公開されたデザインでは、機体の全長がやや長くなった他、翼が大型化し、またこの翼が着陸脚も兼ねる構造になったとのこと。BFRの開発は現在構造デザインの最終段階とのことで、2020年には高高度での飛行テストを行うとしている。SpaceXはBFRの開発費を50億ドルと見込んでいる。

13690171 story
宇宙

月の両極付近で氷が存在する「決定的証拠」が観測される 56

ストーリー by hylom
量は不明 部門より

月の北極・南極付近に氷が存在する「決定的な証拠」が見つかったことが発表されている(AFP読売新聞NASAの発表)。

インドの月探査機「チャンドラヤーン1号」に搭載されたNASAの鉱物組成マッピング装置「M3」によって観測されたデータから分かったもの。氷は北極や南極のクレーター内などで見つかったという。

13663321 story
宇宙

月は生命が存在できる環境だった可能性がある? 69

ストーリー by hylom
まだ推測段階 部門より

35億年前もしくは45億年前には、月に生物が生息できる環境が存在していたかもしれないという(Astrobiology誌掲載論文PDF)。

月がどのように形成されたかについては議論があるが、月が生まれた直後には月面で火山現象があり、薄い大気が存在した可能性があるという。また、その時期には水が存在した可能性もあるという。ただ、あくまでこれらは推測であるうえ、生命の誕生には大気や水以外の要因も必要であり、生物が存在していたかどうかを実証するハードルは非常に高いようだ(ギズモード・ジャパンSlashdot)。

13661746 story
宇宙

民間による月面探査は2019年からブームになる 26

ストーリー by headless
月面 部門より
maia 曰く、

2019年2月13日、イスラエルの非営利団体SpaceILの無人探査機が民間としては世界で初めて月面に着陸の予定だという(ニューズウィークの記事)。

SpaceILは不成立に終わったGoogle Lunar XPRIZE参加チームの一つだった。燃料が大半を占める着陸機の質量は600㎏、着陸後は180kg程度になるという。SpaceXのFalcon 9ロケットにより12月に打ち上げる計画で、高度6万kmの軌道に投入された後、2ヶ月半かけて月周回軌道に入る。着陸後はエンジンを噴射して500m移動する実験も予定している。2019年以降、民間による月面探査は賑やかになっていくようだ(Space.comの記事)。

月面での500mホップは、Google Lunar XPRIZEの要件である「月面到着後、500m移動する」のために開発されていたものだという。他の参加チームは月面の走行を目指していたが、SpaceILでは余った燃料を使用して再浮上し、500m離れた場所に再着陸することを目指していたとのことだ(SpaceIL Technology)。

13651299 story
宇宙

新たに12個の木星の衛星が発見される 23

ストーリー by hylom
暴走衛星 部門より

木星周辺に新たに12個の衛星が発見された。これにより、確認されている木星の衛星の数は79になったという(CNNThe guardianSlashdot)。

発見された12個の衛星のうち、9個は木星から約2500万kmの位置にあり、木星の自転方向とは逆の方向の軌道を周回しているという。また、1個は木星の自転方向と同じ方向の軌道を周回するが、ほかの衛星の軌道を横切るような軌道を周回しており、ほかの衛星との衝突の可能性もあるという。

13633339 story
JAXA

はやぶさ2、小惑星「リュウグウ」に到着 37

ストーリー by hylom
まずはおめでとうございます 部門より

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が27日、小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星「Ryugu」に到着したと発表した月探査情報ステーションマイナビニュースAstroArtsSorae朝日新聞NHK)。

はやぶさ2は27日午前9時35分にRyuguから約20kmほどの「ホームポジション」に到着、Ryuguとの距離を維持できることや探査機の状態が正常であることが確認できたという。今後はやぶさ2はRyuguのサンプル採取や探査機を投下しての調査を含む探査などを行う予定。計画では2019年にRyuguを離れ、2020年12月に地球に帰還する。

13625961 story
月

1970年代に観測された月の温度上昇は宇宙飛行士の活動が原因の可能性 23

ストーリー by hylom
月も温暖化 部門より
headless曰く、

1970年代に観測された月の温度上昇は、月に着陸した宇宙飛行士の活動が原因となっていた可能性があるそうだ(CBC NewsLive SciencePhys.org論文概要)。

1971年のアポロ15号ミッションと1972年のアポロ17号ミッションでは、月の地表および地表下にセンサーを設置し、温度変化を調べる実験HFE(heat flow experiment)が行われた。実験が1977年に予算不足で終了するまでセンサーからのデータは地球に送信されていたが、NASAが保存していた記録は1974年までのもので、以降の記録は紛失したと考えられていた。

温度変化の謎を解明するため、テキサス工科大学などの研究グループは2010年に記録の追跡を開始。440本の磁気テープをワシントン国家記録センターで発見し、数年にわたってデータの復元を進めていたという。HFEの担当者は1974年まで緩やかな温度上昇が確認されたと注記していたが、以降も温度勾配は小さくなりつつ温度上昇が続いていたそうだ。

NASAの月探査機Lunar Reconnaissance Orbiter(LRO)搭載カメラが撮影した2着陸地点周辺の高解像度写真を取得して調べたところ、宇宙飛行士が歩いた跡や、探査車が通った跡がはっきりと確認でき、斜長岩主体の白い表層土が乱されて黒っぽくなっていることが判明する。その結果、これらの場所では太陽熱の吸収が大きくなり、温度が上昇したと考えられるとのことだ。

13606682 story
アメリカ合衆国

トランプ大統領曰く、ZTEの輸出特権を停止するより制裁金を払わせる方がいい 13

ストーリー by headless
条件 部門より
米国のドナルド・トランプ大統領は22日、韓国の文在寅大統領との会談の取材に集まった報道陣に対し、中国・ZTEの輸出特権を停止するよりも制裁金を支払わせる方がいいとの考えを示した(White House — Remarks)。

ZTEはイランや北朝鮮に通信機器を輸出していたとして2017年に米商務省から制裁金などの処分を受けたが、虚偽の報告が判明して今年4月に7年間の輸出特権停止処分を受けることになった。これについてトランプ大統領は5月13日、ZTEの救済計画を明らかにして波紋を呼び、議会からは強い反発を受けている。

ZTEの制裁解除について既に中国側と合意したとも報じられているが、トランプ大統領は合意が存在しないことを明言。ZTEが大量に米国原産の機器や部品を購入していることを指摘し、(輸出特権停止ではなく)制裁金を支払わせれば米企業に損害を与えずにZTEへの制裁が可能との考えを明らかにした。

トランプ大統領が想定する制裁金の額は最大で13億ドル。制裁金に加えて経営陣や取締役会の刷新、非常に厳しいセキュリティルールの設定のほか、大部分の部品や機器を米企業から調達させるといった条件も想定しているとのことだ。
13577455 story
月

夜型人間は死亡リスクが高い、無理して朝型の生活をすることによる負担が原因? 36

ストーリー by hylom
生活のリズムって難しい 部門より

夜型人間が無理をして朝型の生活をすると死亡リスクが上がるという研究結果が発表された(AFPギズモード・ジャパンCNN)。

この調査は英国内の成人約50万人を対象に平均6.5年間追跡を行ったもので、生活サイクルが「夜型」と答えた人は「朝型」と答えた人と比べて死亡リスクが10%高いというデータが得られたという。

死亡リスクが上昇する原因は明らかになっていないが、夜型人間が朝型の生活をしようとすることで体内時計と外界の不一致が起こり問題が発生する可能性があると指摘されている。また、食事をちゃんと取らない、アルコールやドラッグなどを使用すると言った傾向があることや、夜更かしによる疲労なども健康問題の原因となっている可能性があるようだ。

13565165 story
エイプリルフール

今年の4月1日は復活祭 8

ストーリー by headless
復活 部門より
今年の4月1日は復活祭にあたる。イエス・キリストの復活を記念する復活祭だが、今年は4月1日ということもあってキリスト以外の死者も続々復活し、大復活祭になることが予想されている(Christianity Todayの記事Space.comの記事)。

復活祭は春分を過ぎた最初の満月の次の日曜日。復活祭の日付算出法では春分が3月21日に固定されており、月齢も天文学的な月齢と正確には一致しないのだが、大幅にずれることは当面ないようだ。今年は1月と3月に満月が2回あり、2月は満月がなかった。2回目の満月は「ブルームーン」とも呼ばれ、1月31日にはブルームーンが皆既月食となって話題を呼んだ。3月は31日の土曜日がブルームーンなので、復活祭は翌日の4月1日となる。4月1日の復活祭は1956年以来だという。
13550474 story
宇宙

月のゴミがお宝になる可能性 45

ストーリー by hylom
月面に博物館ができる日は来るか 部門より

月には人類による100トン以上の廃棄物が放置されているそうだ(GIGAZINELiveScience)。

この「廃棄物」には、人類が月に降り立った際に残されたものだけでなく、月に放置されてきたさまざまな探査機なども含まれる。月の大気は真空に近いことから、放置された廃棄物の多くはそのままの形で残っていると思われるという。いっぽう、こういった廃棄物は歴史的な価値があるものも多いため、もし今後人間による月旅行が一般的になったとき、廃棄物が「観光名所」になる可能性もあるという。

13515195 story
宇宙

1月31日の夜は皆既月食 43

ストーリー by hylom
良い時間帯 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

1月31日夜、日本全国で皆既月食が観測できるとのこと(国立天文台)。

観測するときの参考までに週間天気予報も。寒さ対策も忘れずに。

部分食は20時48.1分に始まり、21時51.4分には皆既食が始まる。その後南東から南に月が移動しつつ22時29.8分に食が最大となり、23時8.3分に皆既食が終了、0時11.5分に部分食が終了する。

13515193 story
Google

Alphabet、セキュリティ専門会社「Chronicle」を立ち上げ 1

ストーリー by hylom
どんなサービスをやるのだろうか 部門より

Googleの親会社であるAlphabetがセキュリティを手がける企業「Chronicle」を立ち上げた(TechCrunch JapanGIGAZINESlashdot)。

Webブラウザ経由でファイルやWebサイトに対するセキュリティスキャンを実行できるサービス「VirusTotal」がChronicle傘下となるほか(VirusTotalのブログ)、企業向けのセキュリティサービスも手がけるという。

typodupeerror

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

読み込み中...