パスワードを忘れた? アカウント作成

今週も投票をしましたか?

15648878 story
Mozilla

Mozilla Thunderbirdのモバイル版が登場予定、プロダクトマネージャーが肯定ツイート 46

ストーリー by nagazou
PC版と同じ振り分けフィルタ使いたい 部門より
電子メールクライアントの「Thunderbird」のモバイルアプリ版が開発中だそうだ。Thunderbirdの製品および事業開発マネージャーであるRyan LeeS ipes氏がTwitterで開発表明をおこなったそうだ。曰く「モバイルアプリはまもなく登場」とのこと(Ryan LeeS ipes氏のツイートその1その2gHacks Tech NewsINTERNET Watch)。

これまでThunderbirdはPC向けのものしかなく、利用者の多いAndroidやiOS上では使えなかった。同氏によれば開発されているのはAndroid版であるという。ただこれ以上の詳細に関しては不明で、スケジュールに関しても先ほどの内容以上のものはない模様。まもなく登場という言葉に関してもどの程度のスケジュール感なのかは掴みにくい状況であるようだ。
15647014 story
Firefox

Mozilla Firefox 100がリリース 35

ストーリー by nagazou
100 部門より
Mozillaは5月3日、2004年の初版公開から約17年を経てバージョン100となる「Firefox 100」を公開した。YouTube、プライムビデオ、Netflixでピクチャーインピクチャーモードでの字幕表示に対応し、OSの設定言語と異なる言語を選択できる機能の追加、Mac版でのHDR動画のサポート、LinuxとWindows 11版でスクロールバーを表示しない設定をデフォルトにする変更、対応ハードを使用した場合、ハードウェアアクセラレーションによる「AV1」ビデオデコーディングが有効化されるなどの変更が行われたとしている(MozillaリリースITmedia窓の杜)。

一方で何度か話題に取り上げているように、バージョンが3桁になったことによるUA(ユーザーエージェント)の互換性問題が発生する可能性がある。すでにGoogleとMozillaは過去数か月に渡り、各サイトに対策を呼び掛けてきたことから、多くの問題は既に修正されたとしているが、今年の3月段階ではバージョン100問題に対応していないメジャーサイトも多く残されていることが分かっている。
15643499 story
プライバシ

メンタルヘルスアプリのプライバシーやセキュリティ、多くが不十分との調査結果 16

ストーリー by headless
不安 部門より
5 月のメンタルヘルス月間にちなみ、Mozilla がメンタルヘルスアプリやお祈り・瞑想アプリ計 32 本のプライバシーとセキュリティについて調査結果を公表している (Mozilla Foundation のブログ記事The Verge の記事SlashGear の記事Ghacks の記事)。

アプリ 1 本あたり最低 8 時間行ったという調査の結果、ユーザーデータの管理に強い懸念が持たれる「*Privacy Not Included」警告ラベルが付けられたアプリが 32 本中 28 本におよび、Mozilla の最低セキュリティ基準を満たさないアプリも 25 本あったそうだ。評価は Mozilla によるものと、ユーザーの投票によるものとの 2 種類。警告ラベルは Mozilla の評価のみによると思われるが、その評価基準は非常にわかりにくい。

たとえば子供向けアプリ「Breathe, Think, Do with Sesame」は個人情報の必要なアクティビティが少なく、ターゲティング広告にも使用しないと明言しているが、警告ラベルの対象だ。評価の内容をみるとプライバシーポリシーが 2013 年から更新されていないことと、マイクの使用許可が含まれるためアプリの脆弱性により子供のプライバシーが侵害される可能性があることことが懸念点として挙げられている。

具体的にプライバシーポリシーの内容に問題があるわけでも、脆弱性が見つかっているわけではないが、Mozilla の問い合わせに回答がなかった点で警告ラベルの対象になった雰囲気だ。お祈り・瞑想アプリ「Glorify」には当初警告ラベルが付けられていたが、問い合わせへの回答があったので警告ラベルを外したと説明されている。

また、Mozilla の評価アイコンは「👍」「👎」「✋」というもので、👍と👎の意図は明確だが、✋の意図ははっきりしない。✋が付けられているのは瞑想アプリ「Headspace」のみ。このアプリは警告ラベルの対象になっていないものの、Glorify とともに合格点ではないらしい。なお、✋は人差し指から小指までを曲げ、親指で右側を差すハンドジェスチャーの可能性もある。

一方、Mozilla は合格点のアプリとして「PTSD Coach」と「Wysa」を挙げているが、これらのアプリはプライバシー・セキュリティともに問題が見つかっていないため、問い合わせへの回答があったかどうかにも言及がない。
15618678 story
統計

Microsoft Edge、デスクトップブラウザーシェア 2 位に上昇 45

ストーリー by nagazou
上昇 部門より
headless 曰く、

StatCounter のデスクトップブラウザーシェアデータ 3 月分で Microsoft Edge が Apple Safari をわずかに上回り、Google Chrome に次ぐ 2 位へ初めて上昇した (Neowin の記事)。

2 月は Safari・Edge・Mozilla Firefox の順で 0.3 ポイントの僅差にひしめいていたが、3 月は Edge がわずかに増加して 9.65 % (+0.04) となる一方、Safari は 9.56 % (-0.21) まで減少した。Firefox は 1.9 ポイント減と大幅に減少し、7.57 % となっている。1 位の Chrome は Firefox の減少分を吸収する形で 2.38 ポイント増加し、67.29 % となった。

レガシー Edge は -0.03 ポイント減の 0.29 %。レガシー Edge のシェアが 5 % を超えることはなかったが、Chromium ベースになった現行の Edge は 2020 年 1 月の一般リリースから半年余りで 5 % を超え、順調にシェアを伸ばしている。このほか、Internet Explorer が 0.21 ポイント減の 0.92 % となり、StatCounter のデータがある 2009 年 1 月分以降で初めて 1 % を割った。

15616957 story
Firefox

Firefox 100、Windows 7 では KB4474419 が必要 6

ストーリー by nagazou
要インストール 部門より
headless 曰く、

Mozilla が現在 Nightly ビルドで提供している Firefox 100 のリリースノートで、Windows 7 環境で使用するには更新プログラム KB4474419 のインストールが必要だと説明している (Softpedia の記事Ghacks の記事)。

このリリースから Windows 版インストーラーが SHA-1 ではなく SHA-256 (SHA-2) で署名されるようになったためだという。そのため、SHA-2 サポートを Windows 7 / Server 2008 に導入する更新プログラム KB4474419 をインストールしておく必要があるということだ。ただし、この更新プログラムは 2019 年にリリースされたものであり、多くの環境で導入済みとみられる。

15616036 story
Firefox

Mozilla 曰く、Microsoft は既定のブラウザー設定でもっと改善できるところがある 39

ストーリー by headless
既定 部門より
Microsoft は Windows 11 で既定の Web ブラウザーの設定を容易にする設定項目を追加したが、Mozilla はまだまだ不満なようだ (Neowin の記事On MSFT の記事Softpedia の記事Windows Central の記事)。

この設定項目は先日オプションの更新プログラムとして一般提供が始まった累積更新プログラムのプレビュー (KB5011563、ビルド 22000.593) をインストールすることで利用可能になる。ただし、Windows 10 の既定のプログラム設定のように「音楽プレイヤー」「フォトビューアー」「Webブラウザー」といった種類別に一括して既定値を設定するのではなく、アプリの設定ページを開いて設定するため少し手間がかかる。

Mozilla は設定方法の変更を正しい方向だとしつつ、ユーザーが簡単に既定値を選択できるようにすることや、開発者が容易に既定値の設定機能を組み込めるようにすることなど、既定のブラウザーの選択を尊重するためにできることがもっとあるはずだと指摘する。具体的には設定に必要な手順の数を減らすこと、Microsoft のアプリが既定のプログラム設定に使用する API を他のアプリにも開放することを挙げている。
15603741 story
Firefox

PayPay銀行がMozilla Firefoxのサポート終了を発表、理由は今のところ不明 110

ストーリー by nagazou
利用者数減少もあるんだろうな 部門より
PayPay銀行のお知らせによると、同社では3月25日からFirefoxを推奨環境の対象外とすることを発表した。対象外となると画面が正しく表示されなくなる可能性があるとしてMicrosoft EdgeもしくはGoogle Chromeへの切り替えを行うように求めている。加えてInternet Explorer 11.0についても、近日中に推奨環境の対象外となる予定であることも告知されている(PayPay銀行)。

窓の杜の記事では、IE 11はMicrosoftのサポート終了タイミングである6月15日まで利用可能なのに対してFirefoxが直近でサポートが打ち切られることに疑問を呈する記事を掲載している(窓の杜)。
15597808 story
Firefox

Mozilla、Firefoxで検索エンジンのオプションからMail.ruとYandexを削除 8

ストーリー by nagazou
削除 部門より
headless 曰く、

日本語版には以前から含まれていなかったようだが、Firefox 98.0.1 のリリースノートでオプションの検索エンジンから Mail.ru と Yandex を削除したと記載されている (リリースノートNeowin の記事)。

パートナーが配布しているカスタマイズ版 Firefox で Mail.ru や Yandex が含まれていた場合でも、本バージョンに更新すると削除されるとのこと。

ただし、実際に削除されたのは Firefox 98.0 のようだ。ロシア語版の Firefox で Mail.ru と Yandex が含まれていたのは 97.0.2 までで、98.0には含まれない。削除理由は特に説明されていないが、98.0 のリリースノートでは、特定の検索エンジンの正式な (収録) 許可が得られなかったため、既定の検索エンジンが変更される可能性があると説明されていた。

15595927 story
Firefox

uBlock Origin、最もユーザー数の多い Firefox 拡張機能に 44

ストーリー by nagazou
拡張機能 部門より
headless 曰く、

uBlock Origin が Mozilla のアドオンサイト addons.mozilla.org (AMO) で最もユーザー数の多い Firefox 拡張機能となった (Ghacks の記事)。

Firefox 拡張機能では長らく Adblock Plus のユーザー数が最も多く、Internet Archive のスナップショットをみると 2018 年 12 月には 1,100 万人を超えていた。しかし、最近は減少傾向が続いており、現在は 554 万人程度にとどまる。一方 uBlock Origin のユーザー数はこの数年 500 万人前後で推移しており、現在は 557 万人程度となっている。

なお、Chrome ウェブストアでは uBlock OriginAdblock Plus もユーザー数は 10,000,000+ 人となっており、どちらが多いのか確認できない。

15590325 story
Chrome

メジャーブラウザー 4 ベンダーによる相互運用性改善の取り組み「Interop 2022」 33

ストーリー by nagazou
相互運用性 部門より
headless 曰く、

Apple・Google・Microsoft・Mozilla のメジャーブラウザー 4 ベンダーは 3 日、ブラウザーの相互運用性を改善する取り組み「Interop 2022」を Bocoup および Igalia とともに発表した (web.dev のブログ記事BetaNews の記事Neowin の記事Softpedia の記事)。

Google と Mozilla はブラウザーの互換性向上の取り組みを 2019 年に開始し、Compat 2021 につながった。Compat 2021 では Safari が出遅れていたが、2021年末には4つのメジャーブラウザー(Chrome / Edge / Firefox / Safari) すべてでスコアが 90 を超えている。なお、互換性(compatibility)と相互運用性(Interoperability)は似たような意味で使われることもあるが、ブラウザーベンダーは前者をサイト互換性、後者を複数のブラウザーが同じ挙動をとることといった意味で使い分けている。今回の取り組みは後者の改善に相当するため、それに一致する名称となったとのこと。

Compat 2021 では 5 つの領域 (CSS Flexbox / CSS Grid / position: sticky / アスペクト比 / CSS transforms) に注目していたが、Interop 2022 ではカスケードレイヤーや CSS の色機能、新しいビューポート単位など 10 の注目領域が加わり、合わせて 15 となる。現在のところ 4 ブラウザーともに開発版での Interop 2022スコアは70点台にとどまり、安定版ではさらに低いスコアとなっている。

15589014 story
Firefox

Firefox 97.0.2 リリース、2 件の ゼロデイ脆弱性を修正 33

ストーリー by headless
修正 部門より
Mozilla は 5 日、Firefox 97.0.2 および Firefox ESR 91.6.1Firefox for Android 97.3.0、Focus 97.3.0 をリリースした (セキュリティアドバイザリー 2022-09Neowin の記事Ghacks の記事)。

これらのリリースでは深刻度「緊急」の Use-After-Free (UAF) 脆弱性が 2 件修正されている。CVE-2022-26485 は XSLT パラメーター処理に存在する脆弱性で、悪用するとリモートからのコード実行が可能となる。CVE-2022-26486 は WebGPU IPC フレームワークに存在する脆弱性で、悪用するとサンドボックス迂回が可能になる。いずれの脆弱性も既にアクティブな攻撃が確認されているとのことだ。
15585287 story
インターネット

2 月のデスクトップブラウザーシェア、Safari・Edge・Firefox が横一線 35

ストーリー by nagazou
その他横並び 部門より
headless 曰く、

StatCounter のデスクトップブラウザーシェアデータ 2 月分によると、Apple Safari とMicrosoft Edge、Mozilla Firefox がほぼ横一線の状態になっている。

1 位の Google Chrome はシェアが一時 70 % を超えていたが、最近は若干の減少傾向とともに 60 % 台後半で推移しており、2 月は前月から 0.47 ポイント減の 64.91 %。2 位 ~ 4 位は Safari (9.77 %、0.07 ポイント減)、Edge (9.61 %、0.07 ポイント増)、Firefox (9.47 %、0.29 ポイント増)がわずかな差で並んでいる。

Safari は iPadOS 13 の User Agent 文字列変更により iPadOS と macOS の区別が困難になった 2019 年 9 月以降、Safari がデスクトップブラウザーシェアで大きく増加し、タブレットブラウザーシェアで大きく減少した。2020 年半ばには Firefox を上回って 2 位に上昇し、2020 年末 ~ 2021 年第1四半期には 10 % を超えていたが、以降は 9 % 台後半で推移している。

2020 年 1 月に正式リリースされた Edge (Chromium)は自動更新による提供が始まった 2020 年 6 月以降に大きくシェアを伸ばしており、昨年 3 月には Firefox を上回って 3 位に上昇した。レガシー Edge も 2 月は再び 0.32% (+0.17) まで増加しており、Chromium Edge との合計で初めて Safari を超えた。現在のペースが続けば Chromium Edge 単独でも近く Safari を超える可能性がある。

Firefoxは 2015 年の Windows 10 リリースに伴い、Internet Explorer と入れ替わる形で 2 位に上昇した。その後は減少傾向が続き、上述の通り 2020 年には Safari に、2021 年には Edge に抜かれたが、最近は若干の回復傾向がみられる。

なお、StatCounter の Windows バージョン別シェアデータでは 1 月から Windows 10 と Windows 11 を個別に集計している。2 月は Windows 10 が 5.68ポイント減 の 75.47 % となり、Windows 11 が 5.29 ポイント増の 7.89 % となった。Windows 7 は 0.06 ポイント増の 11.98 % となっているが、Windows 11 が追い越す日も近いとみられる。

StatCounter は提携サイトにアクセスしたブラウザーの User Agent 文字列から OS を判別するため、Windows 10 と Windows 11 の識別は困難とみられるが、方法に関しては特に公表されていない。ちなみに、AdDuplexの 2 月分データで Windows 11 のシェアは 19.3 %。こちらは Microsoft Store で提供されている同社 SDK 使用アプリが収集したデータで、Windows 10 / 11 に占める Windows 11 の割合となっている。

15583357 story
インターネット

Anonymous、ウクライナ侵攻を受けてロシア政府系サイトへの攻撃を実施 14

ストーリー by nagazou
うーん 部門より
25日にハッカー集団のAnonymousがロシア政府を標的に対抗作戦を実行すると事前予告したそうだ。直後に攻撃が行われ、ロシア政府公式の「gov.ru」やクレムリンの公式ウェブサイト「kremlin.ru」、ロシア国防省など、一連のロシア連邦政府の関連Webサイトがアクセス不能になっているとのこと。オーストラリア系メディアの報道によれば、ロシアの国営テレビネットワークの「RT.com」も攻撃が行われたことを確認したとしている。この記事によれば現在一部のWebサイトの速度を落としたり、Webサイトを「長期間」オフラインにして対応しているとしている(ITmediaITmediaその2ABCNEWS)。

ITmediaの記事によれば、ロシア国防省の公式Webサイトでは、アクセスすると「418」というエラーコードが返ってくるという。なおすまほん!!の記事によればロシア国内のVPNを使用すれば、国防省の公式サイトが閲覧可能とのことで、ロシア国防省に関してはロシア側が意図的に設定している可能性もありそうだ(ITmediaその3すまほん!!)。
15573137 story
インターネット

Web ブラウザーのバージョン 100 問題、未対策のメジャーサイトも 58

ストーリー by headless
対策 部門より
Google Chrome は 3 月 29 日、Mozilla Firefox は 5 月 3 日にバージョン 100 に到達するが、メジャーなサイトの中にも Web ブラウザーのバージョン 100 問題に対応していないところがまだ残っているようだ (Mozilla Hacks の記事The Verge の記事BetaNews の記事The Register の記事)。

Web ブラウザーのバージョン 100 問題はメジャーバージョンの桁数を決め打ちする User Agent パーサーにより、処理が正常に実行できなくなるというもので、非サポートの古いブラウザーを使用していると誤認識されるものから、一部の機能が動作しなくなるものまでさまざまな問題が発生する。

Webcompat が GitHub で受け付けているバージョン 100 問題のバグリポートでは現時点で 21 件が Closed、22 件が Open となっている。たとえば、ダイムラーのドイツの Web サイト (www.daimler.de) では Microsoft Edge のみバージョン 100 になると非対応ブラウザーと表示されて利用できない。実際に非対応ブラウザーの警告が表示されるのはリダイレクト先の group.mercedes-benz.com で、このドメインのサイトも Edge 100 では利用できない。

また、米 Yahoo の Web サイト (www.yahoo.com) では Firefox のみバージョン 100 でページ内の一部の機能がサポートされないと警告が表示され、ページ上部のナビゲーションコントロールが固定されないなどの問題が発生する。このほか、スタンダードチャータードの一部の市場向けページ (www.sc.com/in/ など)では警告画面が表示されて Chrome / Edge / Firefox ともにバージョン 100 で利用できず、Bathesda のサイト (bethesda.net) では利用自体はできるものの、 Chrome と Firefox のバージョン 100 で最新バージョンへのアップグレードが促される。

一方の Web ブラウザーもメジャーバージョンを 99 に固定してマイナーバージョンでメジャーバージョンを示すといった対策を準備している。Firefoxでは about:compat の「ユーザーエージェントの上書き」でバージョン 100 問題の影響を受けるサイトに対するメジャーバージョン上書きを準備しているが、問題が個別の対応で間に合わないほど広い範囲に影響する場合は一時的にメジャーバージョンを 99 にフリーズしてから他のオプションをテストするとのことだ。
15572330 story
Firefox

Firefox、Pixar の新作映画とのタイアップで 6 色のカラーテーマを期間限定で提供 26

ストーリー by headless
新色 部門より
Mozilla が Pixar・Disney とタイアップし、Firefox のカラーテーマ 6 色を期間限定で提供している (The Mozilla Blog の記事特設サイトNeowin の記事動画)。

この企画は興奮すると巨大レッサーパンダに変身してしまう 13 歳の女の子が主人公の新作アニメーション映画「Turning Red (邦題: 私ときどきレッサーパンダ)」の Disney+ 限定公開に合わせたものだ。Mozilla は Firefox の由来がレッサーパンダであることのほか、初期のバージョンが作られた 2002 年が映画の舞台 となっていることを企画理由に挙げている。なお、Disney の作品紹介ページ英語版掲載のポスターでは学生証に「2002-2003」と書かれているが、日本語版ポスターには年の記載がなく、日本向けの Disney+では 1990 年代が舞台と説明されている。

6 色のカラーテーマは赤 (Rawrrr!)・オレンジ (That's So Fire)・緑 (Vegging Out)・黄色 (Cheese Puff)・紫 (Bomb-dot-com)・青 (Chillaxing)となっており、赤のレッサーパンダとオレンジの主人公メイなど、各色が登場人物に割り当てられている。カラーテーマは Firefox のアドオンマネージャーで設定するほか、特設サイトで設定することも可能だ。映画のリリース日は 3 月 11 日。カラーテーマは 4 月 30 日まで使用可能とのこと (Firefox 97.0 リリースノート)。
typodupeerror

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

読み込み中...