パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのTwitterでストーリをフォローしよう。

13661406 story
インターネット

Spotifyの有料ユーザー数、3か月で800万人増加 20

ストーリー by headless
大幅 部門より
SpotifyがCompany Infoページを更新し、有料ユーザー数が6月30日時点で8,300万人となったことを明らかにした(The Vergeの記事VentureBeatの記事9to5Macの記事)。

これまでの数字は3月31日時点の7,500万人だったので、2018年第2四半期の3か月間で 800万人増加したことになる。一方、アクティブユーザー数は3月31日時点の1億7,000万人から1,000万人増加して1億8,000万人となっている。つまり、増加したユーザーの80%を有料ユーザーが占めることになる。

この2年ほど、Spotifyの有料ユーザー数3か月換算で500万人前後増加し、アクティブユーザー数は1,000万人前後増加してきた。2018年第1四半期は有料ユーザー数が400万人増、アクティブユーザー数は1,100万人増となっていた。有料ユーザー数は多い時には月200万人以上増加することもあったが、増加分に占める有料ユーザー数の割合がここまで増加したことはない。なお、有料ユーザー数の比率は増加しているが、Spotifyはプロモーションを通じて有料ユーザー数を増やしてきたため、ユーザー1人当たりの売上は減少しているという。

一方、Apple Musicの有料ユーザー数は3月中旬にSXSWで発表された3,800万人超という数字以降、公式に発表されたものはない。ただし、Apple Musicの有料ユーザー数は月200万人程度のペースで増加してきたため、現在も同じペースが続いているとすれば4,700万人を超えている可能性もある。
13659726 story
音楽

坂本龍一、近所のレストランのBGMが酷すぎるとしてプレイリストを提供 85

ストーリー by hylom
教授らしい 部門より

作曲家・ピアニストの坂本龍一氏が、米ニューヨーク氏の自宅近くにあるレストランでかかっているBGMがあまりにもひどいとしてBGM用のプレイリストを提供したそうだ(amassNew York Times)。

氏はこのレストランの料理を高く評価するも、BGMについては「トランプタワーのようだ」と酷評、ノーギャラで選曲を行なったという。このプレイリストを再現したものはSpotifyで公開されている

13655133 story
変なモノ

ジョン・ケージ「4分33秒」の公式アプリがリリースされる 25

ストーリー by hylom
無音の裏にある音 部門より

一定時間の無音を奏でるという楽曲、通称「4分33秒」のスマートフォンアプリが登場したjohncage.orgApp Store)。

このアプリは作曲者のジョン・ケージ氏の権利を持つJohn Cage Trustおよび楽譜出版社ペータース公認のアプリで、いつでもどこでも「4分33秒」のパフォーマンスを楽しめるほか、その際の周囲の環境音を録音して共有する機能も備える。

13653278 story
Opera

プレミアムイベントの当選メールが送信されず、来場者がゼロになるトラブル 122

ストーリー by headless
観客1名で上演したことはあるが、誰のミスでもないと言わせていただこう 部門より
simon 曰く、

シンガーソングライター・奥華子さんの限定版BD購入者だけが抽選で参加できるプレミアムイベントで、メール配信システムのエラーにより1回分の当選メールが送信されないトラブルが発生していたそうだ(ポニーキャニオンの告知ねとらぼの記事)。

プレミアムイベントは15日に東京で2回、16日に大阪で2回開催されたが、大阪での第二部は開場時刻になっても来場者がなく、メールの送信ミスが判明した。公式サイトによると、大阪第二部の応募者には振替公演の案内をメールで送付し、改めて募集を行うとのこと。

担当者にしてみれば真っ青になった事故だろうと思うが、スラドの諸兄諸姉はこういう応募系のシステムで失敗したことはおありだろうか。

13650008 story
音楽

フロッピーディスクで楽曲をリリース 40

ストーリー by hylom
8ビットというのはジャンルなのか実際のビットレートなのか 部門より
maia曰く、

フロッピーディスクで楽曲をリリースするレーベルがあるそうだ(RollingStone)。

ヴェイパーウェイヴ(Vaporwave)のレーベルStrudelsoftpowerlunchが3.5インチのフロッピーディスクで作品をリリースしている。フロッピーディスクが今や高価なので、中古でかき集めることもしているとか。フロッピーはコピーも早く、カセットテープより送料も安くつく。容量は1.44MBしかないが、圧縮音源なら11分38秒収録が可能と主張している。

よく分からないが、16kbpsの計算かな。40kbpsという事例も記事にあるが、普通は最大3曲という感じ。フロッピーのレトロ感、質感や音質を含めての作品なのだな。ドライブは大丈夫なのかと思ったら、意外に製品あるんですね。ディスクはBlu-ray並みに高い感じ。文章とかの原稿がフロッピーで送られてきたら切れるけどね。

13646255 story
音楽

VOCALOID 5発売。井上喜久子の声を使ったライブラリも発表 26

ストーリー by hylom
17歳 部門より
NurseAngel曰く、

ヤマハが歌声合成ソフトウェア「VOCALIOD」の新バージョン「VOCALOID 5」の発売を開始した。また、VOCALOID 5に対応する音声ライブラリ(ボイスバンク)も各社から発表され、その1つとして声優の井上喜久子さんの声を元にした「VOCALOID 桜乃そら(はるのそら)」が7月26日に発売される(発売元であるAHSの製品ページ)。

AHSの音声合成ソフトウェア「VOICEROID 2」シリーズでも同じく井上喜久子さんの声を元にした「VOICEROID2 桜乃そら」が提供される。どちらのバージョンも音声ライブラリに加えてMMD形式の3Dモデルデータも収録されるほか、Live2D用モデルデータも今後提供予定だそうだ。

すごいけど、本人の声として聞くとやはり違和感はあるな。ボカロは使いこなせないので買わないと思うけど、ボイロのほうは買う。

そういえば5万支援した東北イタコボイロはいつ発売されるんだろう? あと塩沢兼人とか銀河万丈とかそっち方面のボイロもほしい。

VOCALOID 5は「STANDARD」版と「PREMIUM」版が提供され、STANDARD版では4つ、PREMIUM版では8つの音声ライブラリが付属する。新たにVSTやAUといった形式に対応するプラグインとして利用できるようになったほか、MIDI経由でのリアルタイムレコーディングをサポートするなど、連携機能が強化された。また、多数のプリセットフレーズが提供されるほか、パラメータが調整しやすくなるといった強化が行われている。対応プラットフォームはWindows 7/8.1/10、OS X 10.11以降(いずれも64ビット版のみ)。

13635904 story
著作権

フェアユースに対する不当なDMCA削除要請をめぐる「Dancing Baby」裁判、和解に達する 15

ストーリー by headless
和解 部門より
フェアユースにあたる著作物を含む動画に米デジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づく削除要請をしたのは不当だとして、動画の撮影者がUniversal Musicを訴えていた裁判が和解に達したそうだ(EFFのブログ記事Ars Technicaの記事The Registerの記事裁判所文書YouTube動画)。

この動画は子供たちが遊んだり踊ったりする様子を母親が撮影した29秒間のホームビデオだ。母親は2007年2月にYouTubeで動画を公開したが、背後にプリンスの「Let's Go Crazy」が流れていることを理由にUniversalが削除要請を行う。動画はいったん削除されるが、フェアユースにあたるとする母親の異議申し立てを受けて同年6月には動画は復元された。

DMCAでは、故意に著作権侵害に関する誤った主張をして削除要請を行った者がそれによる損害の責任を負うと定められている。そのため、母親はEFFの支援を受けてUniversalを同年7月に提訴。その後10年以上にわたって争われるこの裁判は、「Dancing Baby」裁判とも呼ばれ、削除要請の正当性をめぐる数少ない例となった。
13624229 story
著作権

クローンで有名な楽器メーカー、中国の音楽制作情報サイトによるパクリの指摘を名誉棄損だと主張 45

ストーリー by headless
無敵 部門より
hylom 曰く、

楽器メーカーのBehringerが、有名楽器のパクリを指摘する中国の音楽制作情報サイトMidifanの記事が名誉棄損にあたるとして、記事を修正しなければ刑事訴訟を提起するなどといった内容の書状を送付したそうだ(Midifanの記事ICONの記事Synthtopiaの記事)。

問題となったのは、5月のSuperbooth 2018にBehringerが出展したRoland TR-808似の「Rhythm Designer RD-808」やRoland SH-101似の「MS-101」などの紹介記事のほか、多数記事。Behringerは記事の「抄袭狗(盗作犬)」「人不要脸(恥知らず)」といった表現を問題視し、削除を求めている。

Behringerは安価な音響機器を開発・販売しているメーカーで、他社の著名製品に似た製品を多数発表していることでも知られる。そのため、これらの製品についても「またBehringerか」といった感じであるが、Midifanは以前Behringerの中国工場で労働者の健康問題などを理由としたストライキが発生したことを報じており、それに対する報復の可能性もあるという。

13614427 story
音楽

「アンバランス伝送でバランス伝送と同等の音質」をうたうケーブル 34

ストーリー by hylom
じゃあそのケーブルでノイズまみれの空間を50mくらい引き回してみましょうか 部門より

アンバランス伝送用でもバランス伝送と同等の音質」を実現できるとうたうケーブルが発売された(AV Watch)。

信号伝送では、ノイズの影響を軽減するために接地されていない2本の信号線を使って片方にオリジナルの信号、もう片方に逆位相の信号を送る「平衡接続(バランス接続)」という手法がある。バランス接続で機器間を接続する場合、通常は2本の信号線とグラウンドに接続された接地の合計3本の導線を利用することになる。しかし、一般的な民生用オーディオ機器の多くはバランス接続に対応せず、接地線と信号線の2本だけで機器間や機器とヘッドホン間を接続することがほとんどだ。

今回発売されたケーブルでは、「信号経路における電子伝送の安定性を最大限に高めるというもので、両方の信号線が同じ極性の信号を伝送するバランスケーブルと同様の効果が得られ、高SN比な伝送を可能にする」「信号経路全体で電子と抵抗の両方が均等にならないため、PBは電子伝送の過程でトラフィックを誘導するガイドとして機能。PBを使用することで、すべてのケーブル素材はオリジナリティーを発揮し、自然かつ原音に近いサウンドクオリティを実現する」という。

13605535 story
著作権

米議会、1972年以前の録音物について2067年まで著作権保護期間を延長する法案を議論中 13

ストーリー by hylom
文化ではなく資本家の保護 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米連邦議会が著作権法の改正を検討しており、その1つとして古い録音の著作権保護期間を延長する案「CLASSICS Act」が検討されているという(GIGAZINEP2Pとかその辺のお話R)。

この著作権法改正では、ストリーミング配信などでの音楽配信に向け、使用料の徴収と権利者への適切な分配を行う第三者的な組織を創設する「Music Modernization Act(MMA)」という法案が議論されている。

一方で、米国においては1972年2月15日以前に録音された録音物については、連邦政府の著作権法の管轄外となっている(カレントアウェアネス・ポータル)。そのため、新たに1923年から1972年までの録音物については著作権保護期間を2067年にまで延長されるという法案「CLASSICS Act」も同時に議論されているという。しかし、1972年以前に発表された楽曲にはもはや権利者が誰かも分からないものも多く、単にレコード会社を儲けさせるだけのものだという批判が出ている。

さらに、レコード会社とのライセンス契約には多額の費用がかかる状況となっており、そのためストリーミング配信で1972年以前の録音を聞こうとした場合、必然的にPandoraやSpotifyといった大企業のサービスを利用する必要が出てくる。そのため、この法案は特定の企業に競争力を与えてしまうことになりかねないとして反対意見を表明する団体も出ているという。

13600877 story
音楽

ティム・クック曰く、Apple Musicのユーザー数は5,000万人以上 6

ストーリー by hylom
Spotifyは無料でも広告収入源になるけどAppleは 部門より
headless曰く、

Apple CEOのティム・クック氏がBloomberg Televisonのインタビューで、Apple Musicのユーザー数が5,000万人を超えたことを明らかにした(BloombergVentureBeat9to5MacSlashGear)。

ただし、この数字は試用期間中のユーザーと有料ユーザーを合わせたものだ。通常、Apple Musicのユーザー数は有料ユーザー数しか発表されないが、4月中旬にVarietyが入手したエディ・キュー氏のメモによれば、有料ユーザーが4,000万人以上、試用期間中のユーザーがおよそ800万人となっていた。キュー氏は3月中旬にSXSWで有料ユーザー数が3,800万人に到達したことを明らかにしており、同じペースが続いているとすれば有料ユーザー数は4,200万人を超えているとみられる。

このほかインタビューでクック氏は、4月にドナルド・トランプ米大統領と会談した際、中国製品に高関税を課す通商政策や、移民政策を批判したことなどを明らかにしている。インタビュー全体の模様は「The David Rubenstein Show: Peer-to-Peer Conversations」で6月に放送されるとのことだ。

一方、Spotifyは5月初めに新しいCompany Infoページで有料ユーザー数7,500万人、アクティブユーザー数1億7,000万人という数字を発表している。発表当初は5月2日時点と記載されていたが、その後3月31日時点に変更された。その前の数字は2017年12月31日時点の有料ユーザー数7,100万人、アクティブユーザー数1億5,900万人というものだ。有料ユーザー数は3か月間で400万人増加しているが、月200万人以上増加していた昨年後半と比べると遅いペースになっている。アクティブユーザー数の増加ペースは加速しているようだ。

13590117 story
Windows

Windows 10 April 2018 Updateで削除された機能、何か使ってた? 120

ストーリー by headless
削除 部門より
先日一般向け提供が始まったWindows 10 April 2018 Updateで削除された機能および、開発を終了した機能をMicrosoftがまとめて紹介している(Microsoft Docsの記事BetaNewsの記事Windows Centralの記事Neowinの記事)。

削除された機能は以下の通り。
  • Groove Music Pass
  • Peopleで未保存の連絡先を候補表示する機能
  • 「言語」コントロールパネル
  • ホームグループ
  • 「設定」アプリの「ネットワークとインターネット→Wi-Fi→推奨されたオープンホットスポットに接続する」
  • Peopleでオフライン、またはOffice 365以外のメールアカウントを使用している場合の会話表示
  • XPS ビューアー

ホームグループについては、新たに作成・設定することはできなくなるものの、これまでに設定した共有項目は引き続き使用できるとのこと。XPSビューアーについては、以前のバージョンからApril 2018 Updateに更新した環境ではこれまで通り使用できる。新規インストールした場合にも「設定」アプリの「アプリと機能→オプション機能の管理」から追加可能だ。また、オープンホットスポットのオプションでは「近辺の推奨されるオープンスポットの有料プランを探す」も削除されている。

13590115 story
ビジネス

失われてしまったカセットテープの「オートリバース」 208

ストーリー by headless
反転 部門より
hylom 曰く、

オーディオカセットテープを利用可能なカセットデッキやラジカセといった製品は現在も新製品が登場しているが、かつて多くの製品に搭載されていた「オートリバース」機構は「失われた技術」のようになっているそうだ(BCN RETAILの記事)。

オートリバース機構に必要な部材や製造サービスを提供できるサプライヤーがなくなってしまったのが原因だという。もちろんメーカーが独自に技術開発を行えば実現はできるだろうが、そのコストを回収できる見込みもないというのが現実なのだろう。

13588779 story
ビジネス

米大手ギターメーカーGibsonが経営破綻 28

ストーリー by headless
レス・ポールは似合わないといわれたのでSG 部門より
hylom 曰く、

老舗ギターメーカーとして知られる米Gibson Brandsが、米連邦破産法11条に基づく再生手続きを裁判所に申請した(朝日新聞デジタルの記事)。

Gibsonは1900年代初頭からギター製造を続けている老舗。同社の開発したエレキギター「レス・ポール」はエレキギターのスタンダードモデルの1つとなり、現在でも多くのメーカーがレス・ポールに似た外見のギターを販売するなど、多くのメーカーに影響を与えている。

経営破綻の原因としてはいくつか挙げられているが、1つはエレクトリックミュージックやヒップホップのようなギターを使わない音楽がブームになり、その結果「若者のギター離れ」が起きてギター人口が減っていることがあるようだ。ただ、ギターとは直接のシナジーが少ないオーディオ機器・音響機器・音楽関連ソフトウェアメーカーなどを買収するも目立った結果を残せないなど、経営的な問題も指摘されている。

今後はギター事業は継続しつつ、不採算事業を切り離す方針のようだ。Gibson傘下のTEACはプレスリリースで、同社への影響は僅少との見方を示している。

13586290 story
Windows

iTunes、ついにMicrosoft Storeで提供開始 44

ストーリー by headless
開始 部門より
Microsoft Storeで26日、iTunesの提供が始まった(Windows Experience Blogの記事SlashGearの記事Neowinの記事Windows Centralの記事)。

Microsoft StoreでのiTunes提供は昨年5月のBuild 2017で発表されたが、提供開始が遅れていた。通常のWindowsデスクトップ版の最新バージョンは12.7.4.80なのに対し、Microsoft Store版のiTunesはバージョン12.7.4.81。「ヘルプ」メニューから「更新プログラムを確認」が削除されているぐらいで、機能的には変わらないようだ。デフォルトのライブラリ保存場所は通常版と同じ「%userprofile%\Music\iTunes」フォルダー以下で、CDからのインポートも特に問題なく実行できる。一方、デバイスのバックアップ保存場所は通常版の「%appdata%\Apple Computer」以下から「%userprofile%\Apple」以下に移動している。Microsoft Storeのレビューにはデバイスと同期できないという報告もみられる。

Microsoft Store版iTunesの使用対象はPCのみで、対応OSバージョンはWindows 10 ビルド16299.0以降、アーキテクチャは「X86 X64 必須」となっている。なお、通常版のiTunesとは共存できず、通常版がインストールされた環境では初回起動時に通常版の削除が行われる。逆にMicrosoft Store版がインストールされた環境では、事前に削除しておかなければ通常版をインストールできない。
typodupeerror

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

読み込み中...