パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記の更新状況はTwitterの@sradjp_journalsでもチェックできます。

13738762 story
ゲーム

任天堂、スマートフォンをゲームボーイ化するケースの特許を出願 46

ストーリー by headless
出願 部門より
任天堂がスマートフォンをゲームボーイ化するケースの特許を出願している(United States Patent Application 20180275769The Next Webの記事SlashGearの記事Siliconeraの記事)。

この特許はゲームボーイと同様の配置でボタンを追加した窓付きカバー型ケースに関するものだ。内側には導電性シートが配されており、ボタンを押すことで静電容量が変化してスマートフォンのタッチスクリーンを操作できる。

米国での出願書類はシンプルに「COVER」と題されたもので、9月27日付で公開されている。この出願書類によれば日本で2017年3月22日に出願(特願2017-055932)されているようだが、こちらはまだ公開も登録もされていない。

ただし、ボタンでタッチスクリーンを操作するという構造から、USBで接続するSmartBoyのような汎用製品にするのは難しいと思われる。そのため、実際に製品化を視野に入れた出願なのか、防衛目的での出願なのかは不明だ。
13730409 story
任天堂

任天堂が公道カートレンタル業者「マリカー」を訴えていた裁判、一審は任天堂勝訴 84

ストーリー by hylom
まじかー 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

任天堂が昨年2月同社とは無関係の公道カートレンタル業者「マリカー」(現社名は「MARIモビリティ開発」)を提訴していた事件で、任天堂は9月27日、東京地裁より任天堂側の訴えを認める判決が出たことを発表したITmedia4GamerEngadget Japanese)。

「マリカー」はマリオのキャラやマリオカート風の車両、キャラ衣装を使用しながら、任天堂やゲーム「マリオカート」とは無関係で全くの別物ですと主張したようだが、裁判所は「マリカー」という標章等が任天堂の商品として広く知られていることを認めた上で、「マリカー」側への任天堂キャラのコスチューム貸与などの不正競争行為の差止と、損害賠償を認める判決を下したとのこと。

マリカー側が今後控訴を行うかについてはまだ明らかになっていない模様である。

13730189 story
Sony

PS4と他社プラットフォームのクロスプレイが解禁 34

ストーリー by hylom
PlayStation体験とは 部門より

PlayStation 4やXbox One、Nintendo Switch、PC、スマートフォンなどさまざまなプラットフォームでリリースされている人気オンラインゲーム「Fortnite」では、PlayStation 4版のみ他プラットフォームのプレイヤーと対戦/共闘が行えず、またアカウント情報の引き継ぎも制限されていることが以前話題になった。これはSony Interactive Entertainment(SIE)が他プラットフォームとのクロスプレイを認めないためとされていたが、この方針が転換されるという(ファミ通.com4Gamer)。

これを受けて、Fortniteでも他プラットフォームとのクロスプレイを可能にするβテストが開始される(PlayStation BlogGAME Watch)。

今後他のタイトルでもクロスプレイがサポートされる可能性があるが、現時点ではFortnite以外のタイトルにおける対応は未定。

Xboxプラットフォームにおいては、2016年に他機種とのクロスプレイをサポートすることが発表されていた(過去記事)。

13727798 story
ゲーム

マザーボード交換も可能な携帯ゲーム機型PC 34

ストーリー by hylom
そういう汎用規格が欲しい 部門より

先週末に開催されていた東京ゲームショウ2018にて、スペインのSMACHというメーカーが携帯ゲーム機型PC「SMACH Z」を出店していたそうだ。携帯ゲーム機のように使えるWindows PCは過去にも存在していたが、SMACH Zはマザーボードが交換でき、将来的にアップデートできる可能性があるという(4Gamer)。

筐体はPlayStation VitaやNintendo Switchのように、中央に大型のディスプレイがあり左右にアナログコントローラやボタンなどが搭載されているデザインとなっているが、左右に配されているタッチパッドは十字キーやアナログスティック、ボタンなどに交換できるという。CPUはグラフィック機能内蔵のRyzen V1605B、メモリは4GBもしくは8GB(DDR4 2133MHz)、ディスプレイは6インチ(1920×1080ドット)、ストレージは64GB。無線LANやBluetooth、USBなどのインターフェイスも備える。メモリはSO-DIMMで、ストレージはM.2 Type2242とのことで後からの交換も可能のようだ。

さらに、SMACH Zでは内部基盤がメインボードとサブボードの2枚で構成されており、交換用のメインボードの提供も検討されているという。

13721512 story
ゲーム

プレイステーションミニ発表、残り15タイトルは? 90

ストーリー by hylom
中身はvita-TVだったりして 部門より

PlayStationの筐体をそのまま小型化したような本体にPlayStation向けゲーム20タイトルを収録したゲームハード「プレイステーション クラシック」が発表された(PlayStation.Blog)。希望小売価格は9,980円(税別)で発売日は12月3日。

NurseAngel曰く、

ファミコンミニからスーファミネオジオメガドラに続くミニ化のパクリです。ついにCD世代がシリーズに入るとはびっくりですね。

その勢いでDUOミニと3DOミニとプレイディアミニも早くするんだ!! タイトル数は20、うち5作品が判明しています。

  • ワイルドアームズ
  • JumpingFlash!アロハ男爵ファンキー大作戦の巻
  • 鉄拳3
  • ファイナルファンタジーVIIインターナショナル
  • R4 RIDGE RACER TYPE 4

ということで残り15タイトルを勝手に大予想!(※シリーズ物は初代のみ対象とする)

  • カルネージハート
  • ミサの魔法物語
  • どきどきポヤッチオ
  • プリズマティカリゼーション
  • トイズドリーム
  • 森高千里サファリ東京
  • サイキックフォース
  • ゲッP-X
  • キャプテン・ラヴ
  • アランドラ
  • 天誅
  • プリズムコート
  • 太陽のしっぽ
  • 風のクロノア
  • アインハンダー

これで間違いないだろ!!俺得!!!!

13719059 story
任天堂

Nintendo Switch向け「ファミリーコンピュータ コントローラー」が登場 24

ストーリー by hylom
おっさんホイホイ 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

任天堂がファミコン風のNintendo Switchコントローラ「ファミリーコンピュータ コントローラー」を9月19日よりオンラインサービス「Nintendo Switch Online」加入者限定で予約販売する(ファミ通.com4gamerGAME Watchギズモード・ジャパン)。

記事の画像を見てもらえれば分かるように、まさに昔懐かしいファミコンのコントローラーである。接続方法は今風にワイヤレスとなっており、充電時はSwitchの側面にドッキングするので不可思議な光景となる。「IIコン」にはマイクも搭載される模様。価格は5,980円(税別)。

ボタン数の関係か(?)、ファミコンソフトの復刻サービス「ファミリーコンピュータNintendo Switch Online」専用コントローラとなっているのでご注意を。

13678984 story
検閲

ドイツ、ゲームでの鉤十字の使用を解禁 55

ストーリー by hylom
時代の流れか 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

8月9日、ドイツのソフトウェア事前審査機構(USK)は、ドイツ国内のゲームに鉤十字を含むナチスのシンボルマークの利用が可能であると述べた。ナチス絡みのマークの利用は学術的なものや歴史的な史料にあたる映像作品にのみ許されていたが、USKは従来方針を転換し、この範囲をゲームまで拡大した。これまでは、鉤十字が入っていると審査対象にすらならなかったが、今後は内容的にナチスを賛美するものかどうかが審査項目に加わることになる(TelegraphNintendoSoupReuters)。

ドイツ版の『Wolfenstein II』は、ヒトラーに口ひげがなく、国旗も鉤十字を使わないように変更されていたため、拘りを持つゲーマーは同じドイツ語版であるPS4のオーストリア版を入手するなどの対処を余儀なくされていたが、これは越境した段階で違法であり、今夏に発売されたNintendo Switch版ではオーストリア版からもヒトラー関連の諸々が削除されている。今回のUSKの発言も『Wolfenstein』シリーズに関する議論が発端であり、これによってたとえば『Hearts of Iron』シリーズなどもパッチなしで他国版と同内容のものがプレイできるようになるとみられる。

13669882 story
ゲーム

NES、なんて読む? 67

ストーリー by headless
発音 部門より
海外版ファミコンNintendo Entertainment Systemの略称「NES」をどう読むかについて、たびたび議論となるそうだ(Ars Technicaの記事)。

発音としては「en-ee-es」のようにアルファベットをそのまま読むイニシャリズムと、「ness」「nezz」のように読むアクロニムに分かれる。米任天堂の公式サイトでは「an NES」のような表記が多く、最初が母音になるen-ee-esだ。英語版の公式YouTubeアカウントの動画でも en-ee-es と発音されているようだ。一方、英国では ness と読む人が比較的多いという。

NESをどう読むのか長らく気になって仕方がないArs TechnicaのKyle Orland氏は、nessも容認するがen-ee-esが公式だと考えていたそうだ。しかし、先日発売された「メイド イン ワリオ ゴージャス」日本語版のゲーム景品コンテンツ「ニンコレ」にはNESの解説があり、「ネス」とふりがながふられている。

Orland氏は英辞郎 on the WEBの「ニンテンドーエンターテインメントシステム」の項に日本の任天堂では「ネス」、米任天堂では「エヌ・イー・エス」と発音されているという説明も発見。日本語でアルファベットを発音すると長くなることから、短い「ネス」が好まれるのではないかと分析している。確かに日本人なら「ネス」と発音しそうだが、スラドの皆さんはいかがだろうか。
13642503 story
ゲーム

Nintendo Switchでは不正行為に対し本体やゲーム単位でのBANが行える 71

ストーリー by hylom
中古品を買う際にはご注意を 部門より

最近ではNintendo Switch向け人気ゲーム「スプラトゥーン2」でのチートが増えているほか、Nintendo Switch向けゲームの海賊版などが出回り始めているという噂がある。しかし、安易にこれらに飛びつくと最悪利用した本体で任天堂のネットワークサービスが一切利用できなくなる可能性もあるようだ。

Nintendo Switchには端末毎に認証用のクライアント証明書が埋め込まれており、これを使って不正な行為を行った端末のブロックが行えることがハッカーによる分析で明らかになっている(Ars Technica)。この情報は、Nintendo Switchのハックを試みているSciresMというハッカー集団が公開したもの。これによると、Nintendo Switchでは非常に強固な海賊版対策機構が導入されており、海賊版ソフトウェアの実行を検知できるという。

Switchでは、ゲームプレイ時にオンライン接続を行う際に次のような手順を踏むという。

  1. インターネットに接続されているかを確認する
  2. 本体固有の認証トークンを取得する(BANされた本体ではこのトークンを取得できない)
  3. ニンテンドーアカウントの認証を行う
  4. プレイするタイトルごとのアプリケーション認証トークンを取得する

2.の本体固有の認証トークンの取得には、本体内に暗号化されて格納されている秘密鍵データを使用し、このデータは工場出荷時に書き込まれるため改変ができないという。このデータはARMの「TrustZone」という技術を使った、アクセスに特別な手順が必要な領域に格納されている。Switch上で動作する一般のソフトウェアからこのデータにアクセスすることは不可能だという。

また、3.のタイトルごとのアプリケーション認証トークン取得については、ゲームカートリッジからゲームを起動する場合はそのカートリッジ毎にユニークな認証データを、ダウンロード購入したゲームを起動する場合はタイトルIDや本体の情報、ニンテンドーアカウント情報などが含まれる「チケット」データを任天堂のサーバーに送信して認証が行われるという。

最近ではこういった不正防止技術が実際に使われ、海賊版の作成に使われたと見られるゲームカートリッジが無効にされるという例も発生しているという(Nintendo Life)。

13623035 story
ゲーム

人気オンラインゲーム「Fortnite」スイッチ版、PSNユーザーだけはアカウント共有が不可能に 82

ストーリー by hylom
いつものソニーだった 部門より

Epic Gamesの対戦型人気オンラインゲーム「Fortnite(フォートナイト)」のNintendo Switch版の配信が開始された。すでにWindowsやmacOS、PlayStation 4、Xbox One、iOS版がリリースされているタイトルで、他の機種でプレイしていたプレイヤーは登録していたアカウント情報を入力することで入手したアイテムなどを引き継いでプレイできるのだが、PlayStation 4版でプレイしていたユーザー(PSNアカウントと紐づけていたユーザー)だけはこのアカウント情報の引き継ぎができないという(Engadget Japanese)。

アカウントの管理はEpic Gamesが行なっているのだが、PSNアカウントと紐づけていたアカウントでログインしようとすると、「このフォートナイトアカウントはニンテンドースイッチで遊ぶことを許可してくれていないポリシーのゲーム機のアカウントに紐づいています」と表示されるという。そのため、新規にアカウントを作成しないとゲームがプレイできないそうだ。また、一度PSNアカウント情報の紐づけを行なってしまった場合、それを解除してもこの状況は続くという。

なお、Switch版Fortniteは他機種で遊んでいるプレイヤーとの対戦/共闘も可能だが、PlayStation 4版プレイヤーとだけは対戦/共闘ができないとのこと。PlayStation 4のクロスプラットフォームプレイについては、過去にも人気ゲーム「Rocket League」でPlayStation 4とPC/Xboxとのクロスプラットフォームプレイが行えないことが話題となった

13619320 story
バグ

エミュレータ移植のWii版マリオ64、浮動小数点演算の関係でオリジナル版とは挙動が異なることが判明 58

ストーリー by hylom
浮動小数点の罠 部門より

エミュレータを使って移植されているWii版のスーパーマリオ64では、特定の場所の「揺れる足場」の挙動がオリジナルのNINTENDO64版とは僅かに異なるという。その原因は、64ビット浮動小数点演算結果を32ビット浮動小数点に変換する際の処理が異なる点にあるそうだ(なぜWii版マリオ64で長時間放置すると足場が浮かび上がるのか(非技術者向け解説))。

ことの発端は、ゲーム内でジャンプ操作を行うための「Aボタン」を押さないでステージをクリアするという縛りプレイを行っているプレイヤー達による研究で、「ほのおの うみの クッパ」というステージではWii版に限り長時間待つと「揺れる足場」が浮き上がっていくことが分かったという(AUTOMATON)。

これは、足場の揺れ具合を計算する処理において64ビット浮動小数点数を32ビット浮動小数点数に変換する際に僅かに丸め誤差が発生し、それが累積することによるものだという。縛りプレイヤーたちはこれを利用して足場を十分な高さまで浮上させることで、Aボタンを押さずにステージクリアを達成することにチャレンジしているようだ。

13597989 story
アメリカ合衆国

米FTCからの警告を受け、5社が米国での製品保証規定を修正 10

ストーリー by hylom
日本でも変更されないかなあ 部門より
headless曰く、

4月に米連邦取引委員会(FTC)が違法な製品保証規定について各社に警告を行なったが(過去記事)、Microsoft(Xbox Oneの保証規定)を除く5社は指摘部分を修正したようだ(The Next WebUSgamerThe Washington Post)。

FTCにより問題が指摘されているのは、保証要件として純正部品・周辺機器使用の義務付けや、「Warranty Void If Removed」などと書かれた保証シールをはがすことを含む分解禁止、指定業者での修理・改造義務付けといった条項だ。

各社による保証規定の変更内容は以下の通り。米国以外ではほぼ変更されていないようだ。

  • ASUSTeK Computer
    • 米国向けサイトで今月に入って各種製品の保証書PDFを更新
    • ZenPadなどタブレット製品の保証書(PDF)で保証シールに関する規定を削除
    • 認定されていない者による分解・修理・改造した場合に保証が適用されないという記述を変更し、ユーザーまたは認定されていないサードパーティによる損傷に限定
  • HTC
    • スマートフォン製品に関する保証規定を古い製品向けのものを含めて更新
    • 保証シールに関する規定を削除
    • 認められていない改造・接続・分解や非認定の部品・業者による修理による動作不良などに保証は適用されないという記述を変更し、改造や保証外修理による損傷に限定
  • Hyundai
    • 製品保証を維持するには純正パーツのみを使用する必要があるとの記述から、非純正パーツを使用したからといって必ずしも保証が無効になるとは限らないとの記述に変更(例: FAQページ
  • Nintendo of America
    • 任天堂が販売またはライセンスした周辺機器以外を使用すると保証が適用されないとの記述(旧バージョン:新バージョンにリダイレクトされる)を変更し、それにより故障した場合に限定(新バージョン
    • 製品の分解や改造で保証が適用されなくなる条件として、それが故障の原因となった場合に限定 サポートメニューに「Updated Warranty」というリンクを用意
  • Sony Interactive Entertainment
    • PS4の保証規定は、旧社名のSony Computer Entertainment America(SCEA)からSony Interactive Entertainment(SIE)に表記を変更し、指摘部分の前後を含めて大幅に更新
    • 互換性のない製品やライセンスされていない周辺機器と組み合わせて使用した場合は保証が適用されないとの記述を変更し、それらが原因で故障した場合に限定
    • 保証シールに関する規定を削除
13594088 story
ゲーム

任天堂、Switchのオンラインサービス詳細を発表 48

ストーリー by hylom
いよいよ開始まであと半年 部門より

任天堂がNintendo Switch向けサービス「Nintendo Switch Online」についての情報を公開した(任天堂のNintendo Switch OnlineページITmedia)。

発表された情報によると、サービス開始は2018年9月で、料金プランは1アカウントあたり300円/30日間・800円/90日間・2,400円/365日間。また、最大8アカウントまで利用できるファミリープラン(4,500円/365日間)も提供される。

サービス開始後は、オンラインプレイ対応ソフトでオンラインプレイを利用したい場合、原則としてNintendo Switch Onlineへの加入が必要となる。これに加えて、オンラインプレイを支援するスマートフォン向けアプリの提供や、セーブデータをインターネット経由で任天堂のサーバーにバックアップするサービス、提供されるファミコン向けゲームを無制限にプレイできる「ファミリーコンピュータNintendo Switch Onlie」が提供される。また、そのほかの特典も検討されているようだ。SNS連携やニンテンドーeショップの利用、フレンドの管理などはNintendo Switch Onlineに加入しなくとも利用できる。

13589669 story
ハードウェアハック

米FTCが違法な製品保証規定について警告した6社が判明 48

ストーリー by headless
警告 部門より
4月10日に米連邦取引委員会(FTC)が違法な製品保証規定について大手6社に警告したことを発表した際、具体的な社名は挙げられていなかったが、このたびMotherboardの情報公開請求により判明した(Motherboardの記事The Vergeの記事)。

違法性が指摘されたのは保証規定に含まれる保証無効化の条項だ。FTCのプレスリリースで引用されていた条項が任天堂とSCEA、Hyundaiの保証規定に含まれることは確認できていたが、警告が送られたのはこれら3社に加えてASUSとHTC、Microsoftだった。

問題とされる条項は保証要件として純正部品・周辺機器の使用や分解禁止、認定業者での修理などを義務付けるものだ。こういった条項はマグナソン-モス保証法やFTC法に違反する。
13585217 story
ハードウェアハック

TegraのUSBリカバリモードに脆弱性、Nintendo Switch上で任意のコードが実行可能に 25

ストーリー by hylom
よくぞ見つけた、という感じではある 部門より

NVIDIAのTegraプロセッサに脆弱性が発見された。この脆弱性を利用することで、Tegraプロセッサを採用するNintendo Switch上で任意のコードを実行できるという(ITmediaIGNGIGAZINE)。

この脆弱性はTegraの「USBリカバリモード」に存在するもの。ハードウェアレベルでの問題であるため、ファームウェアアップデートなどで修正することは不可能だと言う。この脆弱性を発見したのは、過去にもさまざまなゲーム機をハックしてきたハッカーグループfail0verflow。同グループは今年2月にSwitch上でLinuxを動作させるデモを発表していた(過去記事)。

fail0verflowのブログによると、過去にはゲームハードの脆弱性を使って海賊版ソフトウェアを実行させるケースが多かったことから、この脆弱性に関する情報を公開するかどうかは難しい選択だったとしている。しかし、この脆弱性がいつか発見され悪用される可能性は高いということから、Googleの脆弱性公表プロセスを参考に脆弱性を見つけてから90日間の猶予期間を設けたという。同ブログでは脆弱性の詳細についても解説されており、実証コードも公開されている。

typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...