パスワードを忘れた? アカウント作成

過去1週間(やそれより前)のストーリは、ストーリアーカイブで確認できますよ。

14089158 story
NTT

ドコモショップが客を「クソ野郎」などと称する社内メモを作成、誤って客に渡して発覚 59

ストーリー by hylom
規制すべきはプランではなく売り方 部門より

ドコモショップ市川インター店で、客を侮辱するような内容の文言が書かれた内部メモが作られており、それが誤って客に渡されるトラブルが発生した(ITmediaFNN PRIME読売新聞)。

このメモは顧客の要望をヒアリングする際に使う用紙に書かれていたもので、「クソ野郎」「親が支払いしてるからお金に無頓着」といった内容だったという。これは本来顧客には渡すものではないが、誤って渡してしまったことで発覚した。

このトラブルの発覚後、問題が起きたドコモショップの運営会社である兼松コミュニケーションズに客が問い合わせを行なったことで同社が問題を把握、最終的にNTTドコモの千葉支店長と営業部長、兼松コミュニケーションズの首都圏支店長と営業部長が客に謝罪するに至っている(NTTドコモによる謝罪文兼松コミュニケーションズによる謝罪文)。

14087533 story
NTT

アレゲ住宅に必須な設備は? 197

ストーリー by headless
住宅 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

友人が戸建ての注文住宅を建てようとしているのだが、アレゲ住宅に必須の設備や、こうすればいいというアドバイスを頂けないだろうか。

各部屋に有線LAN(無線LANがあればいらないかも)とか、コンセントをたくさんつけるとかを思いつくのだが、他に俺はこんなものをつけたとか、これは無駄だったとか、ないだろうか。

ちなみに友人は各部屋にTVのアンテナ線はいらん、とか言っているのだが、将来子供に恨まれないか心配である。子供が大きくなるころにはNetflixしかみない時代かもしれないが。

14084625 story
NTT

フレッツ光、10Gbpsオプションを東京の一部で4月より開始へ 65

ストーリー by hylom
問題はそこではない 部門より

Anonymous Coward曰く、

NTT東日本が東京23区の一部で最大通信速度10Gbpsのフレッツ光サービスを4月より提供開始するという(日経xTECH)。

フレッツ光契約者だけでなく、いわゆる「光コラボ」の形式でも提供される予定だそうだ。料金は既存のほか事業者が提供する10Gbpsサービスと同水準になるという。

とはいえ、フレッツ光と言えば終端装置での輻輳がかねてから問題となっており、同じ仕組みでは10Gbps回線となっても期待ほどの通信速度が出ない可能性もある。どう対応するのだろうか。

14084531 story
ビジネス

学生に人気の就職先、IT企業トップはアマゾンジャパン 39

ストーリー by hylom
どういう基準で見ているのだろう 部門より

Anonymous Coward曰く、

学情が、「2021年卒 就職人気企業ランキング」を発表したITmedia)。

ITmediaの記事ではIT企業ではアマゾンジャパンが最上位、とされているが、IT系的な要素が多々あるだろう任天堂がアマゾンより上位の9位。いわゆるITベンダーだとSkyが45位、NTTデータが58位、アクセンチュアが73位、野村総研が85位。20位に東京都が入っているのも興味深い。

14077449 story
お金

3キャリア、MVNOともにユーザーが支払った平均月額料金は増加傾向 30

ストーリー by hylom
2極化 部門より

MMD研究所の調査結果によると、NTTドコモ・ソフトバンク・auの「大手3キャリア」ユーザーと「格安SIM」などと呼ばれるMVNO系通信事業者ユーザーのどちらも、2016年から2019年にかけて支払料金の平均額は増加しているという(ケータイWatch)。

2016年にユーザーが支払った平均月額料金は、大手3キャリアの場合7,433円、格安SIMの場合2067円。一方、2019年の平均月額料金は大手3キャリアが8,023円、格安SIMが2,889円となっている。

いっぽうで大手3キャリアユーザーでは支払っている月額料金が6,000円未満と1万円以上が増加傾向で、逆に6,000円以上1万円未満の数は減っているという。また、格安SIMユーザーは2,000円未満が減少し、2,000円以上6,000円未満の数が増加しているようだ。

14071819 story
インターネット

IPv4には未来がない 131

ストーリー by hylom
対応したいですね 部門より

IPv4への投資に意味はあるのか

IPv4アドレスの世界的な枯渇がたびたび報じられているが(過去記事)、今でもIPv4ベースのインターネットは問題なく稼動しており、またIPv6への移行の動きも鈍い。これに対し、技術カンファレンス「IPv6 Summit in TOKYO 2019」で「IPv4の劣化」についての議論が行われたそうだ(INTERNET Watch)。

この議論によると、昨今IPv4ベースのインターネットは「劣化」しているという。一例としては、NTT東西のフレッツ網ではIPv4通信において輻輳が発生していることが挙げられている。さらに、1つのIPv4アドレスを複数ユーザーで共有する仕組み(アドレスシェア)がよく使われているが、たとえばオンラインゲームの分野ではこれが原因の問題も起きているそうだ。しかし、IPv4からIPv6への移行を行ったところで売上が増えるわけではなく、一方で工数は増えることから優先度を上げられないという事情もあるという。

しかし、今後IPv4には対応しないプロトコルが登場する可能性があり、またIPv6を優先的に扱うような仕組みも登場している。さらにGoogleやFacebookといった大手IT企業ではIPv6への移行が進んでいること、モバイル端末ではIPv6が標準になる可能性が高いことから、カンファレンスでは「IPv4には未来がない」とし、IPv6への移行を推奨している。

14071764 story
クラウド

多くの自治体が利用する日本電子計算のクラウド障害、バックアップに問題があり15%は復旧不可に 102

ストーリー by hylom
クラウドでもローカルバックアップは必須なのか 部門より

12月4日、NTTデータ傘下の日本電子計算が運営・提供しているクラウドサービス「Jip-Base」で障害が発生した。これによって複数の自治体のシステムに影響が及んでいるが、同社が12月16日に記者会見を行い、障害の詳細を説明した(日経xTECHITmediaINTERNET Watch)。

すでにストレージ関連の不具合が発生していたことは明らかにされているが、バックアップ機能にも不具合が発生しており、これによって全データのうち15%は単独での復旧が不可能な状況になっているという。ただ、一部は自治体が独自にバックアップを作成している可能性があるようだ。

問題のストレージについてはEMCジャパンと保守契約を結んでおり、障害が発生した4日にEMCジャパンとともに調査を行ったという。その結果、5日にはストレージのファームウェアに問題があることが判明、ファームウェアのアップデートを実施したものの、論理的なデータ不整合が発生していたためにそれだけでは復旧できないことが分かったという。

日本電子計算はファームウェアの検証などは行っておらず、ベンダー側からの情報提供に頼っていたようだ。また、EMCジャパンはファームウェアの不具合について知っていたものの、日本電子計算側にはそれが伝えられていらず、さらにEMCジャパンはこの不具合が重要なものだとは認識していなかったという。

また、バックアップについてはソフトウェアのトラブルで一部が適切に行われていなかったとのことで、これは日本電子計算側に問題があったようだ。

14070992 story
お金

米国でベーシックインカムの実証実験が広がる 110

ストーリー by hylom
今世紀中に広まるだろうか 部門より

taraiok曰く、

政府や自治体がすべての国民・住民に無条件で一定額を定期的に支払う「ベーシックインカム」の実証実験が広がっているようだ。その1つである非営利団体の「Springboard to Opportunities」が、ミシシッピ州に住む無作為に選ばれた20人の女性に対し、月額1,000ドルを支給するテストを行っているという(NBCNews)。

また、米国大統領候補の一人、アンドリュー・ヤン氏はベーシックインカム導入を公約に入れている。氏はベーシックインカムをコンピューターに仕事を奪われるような人の貧困と所得の不平等を減らす方法の1つとして考えているという。現在、氏は14人を対象に試験的に「Freedom Dividend Pilot Program」というベーシックインカムを実施している。このFreedom Dividend Pilot Programでは、1年間に月額1,000ドルを受け取ることができる。なお、米連邦選挙委員会は、このプログラムがヤン氏のポケットマネーから支出されていないことから、違法な行為になるのではないかとみているようだ(CBS MoneyWatch)。

カルフォルニア州ストックトン市でも28歳の若き市長Michael Tubbs氏がベーシックインカムを提唱している。同市でも実験的に年収が46,000ドル未満の125人に対し、月500ドルを支給している。ほとんどの参加者は、ベーシックインカムの支給金額で食料品を購入し、働いた給与は借金の返済に充てていたという。この結果はベーシックインカムがストックトン市に利益をもたらすという自信につながった。さらには所得の不平等の国家的解決策としても役立つと語っている(Business InsiderSlashdot)。

14068809 story
Chrome

Appleによる広告のためのユーザー追跡禁止方針、広告市場に大きく影響を与える 48

ストーリー by hylom
その広告、本当に意味があるのか 部門より

Anonymous Coward曰く、

Appleは2017年9月から、Web上のユーザーを追跡するターゲティング広告を制限する方針を取り始めた。たとえばSafariでは、「Intelligent Tracking Prevention」(ITP)というサードパーティーCookieをブロックする機能が導入されており、これによって広告企業はターゲティング広告のための情報の大部分を失うこととなった。その結果、Google Chromeで表示される広告に対する広告費は若干ながら上昇したのに対し、Safariでは大きく減少したという(GIGAZINEThe InformationSlashdot)。 。

また、Google Chromeをスマートフォンで使っているユーザーの場合、Web上での行動のうち79%を追跡できるが、iPhoneとSafariを使っているユーザーの場合、追跡できるのは全体の9%ほどしかないという。しかし、一般的に裕福とされるユーザーの多いiPhoneの所有者は広告主にとっては魅力的であり、加えてWeb分析サービスStatscounterによると、Safariは米国のモバイルブラウザ市場の53%を占めている。そのため、iPhoneユーザーに対しターゲット広告を出すための手法の開発が続けられているそうだ

14063803 story
プログラミング

葛飾区、ダンボールロボットキット「embot」を小学校で導入へ 18

ストーリー by hylom
楽しそう 部門より

東京都葛飾区が小学校でのプログラミング教育に向け、段ボールロボット「embot」を導入するそうだ(ロボスタ)。

embotは段ボール製の外装と電子工作キット、タブレットやPCで動作するプログラミング環境がセットになったもので、NTTドコモとインフォディオ、タカラトミーが共同でプロジェクトを進めている。実際に葛飾区ではこれらを使った教育プログラムを導入するという。

まずは今年度中に先行して一部の小学校に導入し、その後すべての小学校や特別支援学校に導入するとのこと。導入数は1,980セット+組み立て段ボール174組で、計上された予算は合計1,400万円程度だという。

14063787 story
NTT

日本電子計算のクラウドで障害、全国約50自治体に影響 10

ストーリー by hylom
二重化すべきか、それともそこまでの必要はないのか 部門より

NTTデータ傘下の日本電子計算が提供しているクラウドサービス「Jip-Base」でストレージ障害が発生し、このサービスを利用している全国約50の自治体のシステムで影響が出ているという(日本電子計算の発表日経新聞日経xTECH)。

ストレージシステムのファームウェアに不具合があり、データへのアクセスができなくなったのが原因。先日「HPEのサーバーやストレージで使われているSSDで不具合、SHRT_MAX+1時間の稼働でデータ喪失」という話もあったが、今回の障害はHPEのストレージ問題とは関係ないという(日経xTECHの続報日本電子計算の発表2)。

障害の影響で、中野区では戸籍関連の証明書の発行ができなくなったほか、中野区・練馬区で区の運営する一部のWebサイトが閲覧できなくなる、愛知県岩倉市・津島市・蟹江町・東浦町・美浜町や福井県若狭町で転出入の届出や税務処理ができなくなるといったトラブルが発生している。

14062763 story
spam

世界の迷惑電話、18%も増加 29

ストーリー by hylom
通信事業系と電力系が最近多い印象 部門より

Anonymous Coward曰く、

世界的に迷惑電話(スパムメールではない)が増えているそうだ。クラウド電話帳アプリを提供しているTruecallerの年報によると、今年の全世界での迷惑電話は前年比で18%も増えたという(TechCrunchSlashdot)。

今年の1〜10月までの間で、全世界で発生した迷惑電話は260億回で、前年同期の177億回から増加している。また、米国では「ロボコール」と呼ばれる、自動化された迷惑電話が35%増加。迷惑電話による被害も大きく、昨年は推計4300万人の米国人が騙され、損害額は合計で約105億ドルだという。

なお、最も迷惑電話が多いのはブラジルで、ブラジルでは通信事業者やISPなどからの迷惑電話が非常に多いという。また、第2位はペルー、3位はインドネシア。ペルーでは1カ月に30回以上の迷惑電話がかかってくる。クレジットカードやローンをしつこく勧める迷惑電話が多いとされる。

TechCrunchの記事では「日本はランク外」とされているが、個人的には日本でもオレオレ詐欺などは多いし、通信事業者による悪質な迷惑電話としては、解約金の高いNTTの「ギガらくwi-fi」を契約させようとする悪質な営業がかなり増えているように感じる。数字として出ていないのは、国内でTruecallerがあまり使われていないこともあるんじゃないかと思う。

14057937 story
電力

データセンターで電源設備関連の作業中に電源トラブルが発生する事例2件 14

ストーリー by hylom
おそろしい 部門より

多くのデータセンターでは電源停止によるトラブルを防ぐため無停電電源装置が設置されているが、電源関連の設備に関する作業中にこれが動作せず、結果としてサーバーなどが停止する事例が2件発生している。

1つは、11月23日に発生した九州電力子会社QTnetのデータセンターで発生したもの。すでにスラドでも取り上げられているが、日経xTECHによると無停電機能を外して電源設備の更新作業を行っている最中に電力の供給元が予備電源に切り替わり、その際に7秒ほど電力供給が止まったという。

もう1つは、11月25日に岐阜県内のNTTコミュニケーションズのデータセンターで発生したもので、こちらは「無瞬断切替装置の切り替え作業中に過大な電流が流れたためUPSが停止し電源断になった」という。これによって岐阜県内の28自治体のシステムで影響が発生し、住民票や印鑑証明、納税証明の発行などができない状況になったという。

14057308 story
NTT

NTTコミュニケーションズのクラウドサービス「Cloud n」、2020年末でサービス終了 38

ストーリー by hylom
エコシステムに対抗するのはなかなかハード 部門より

Anonymous Coward曰く、

NTTコミュニケーションズのIaaS型クラウドサービス「Cloudn」が2020年12月31日をもってサービス終了する(サービス終了のお知らせ)。

Azure、AWSを前にして国産クラウド撤退のお知らせ。API公開とか、基盤がNGNとか、かなりがんばったと思うんだが。

14057125 story
NTT

ドコモ、Amazonプライムが1年間無料というキャンペーンを発表 32

ストーリー by hylom
そう来るか 部門より

Anonymous Coward曰く、

NTTドコモが、「ギガホ」もしくは「ギガライト」サービスの契約者が1年間Amazonプライムを無料で利用できるというサービスを開始する(ケータイWatch)。

また、同じく「ギガホ」「ギガライト」契約者に対しディズニーの動画サービス「Disney DELUXE」が毎月700円割引になるキャンペーンも開始する(ケータイWatchの別記事)。

どちらも新規契約だけでなく既存の「ギガホ」「ギガライト」契約者も利用可能。ただし「はじめてスマホ割」または「ドコモの学割」契約者は対象外。

typodupeerror

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

読み込み中...