パスワードを忘れた? アカウント作成

ログインするとコメント表示数や表示方法をカスタマイズできるのを知っていますか?

13320866 story
携帯通信

携帯電話大手3社、契約時の説明が不十分なケースが多いとして行政指導に 2

ストーリー by hylom
ここまで調べるのか 部門より

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話大手3社が、契約時の説明が不十分だとして総務省の行政指導を受けるという。また、特にNTTドコモについては「電波の受信状況が悪いなどのケースで解約できる初期契約解除制度」があるにも関わらず、解約に応じるケースが著しく少なかったとして別途改善を指導するという(日経ITproITmedia)。

総務省が3社の店舗で「販売員から説明を受け、契約締結の署名(サイン)を求められたとき(直前)にサインをせずに手続きを中断する」という覆面調査を行ったところ、重要事項の説明が不足しているケースが多く見られたという。

この調査については6月22日に行われた消費者保護ルール実施状況のモニタリング定期会合(第3回)で議題となったようだ。詳しい調査結果は「実地調査の主な結果」(PDF)として公開されているが、説明や応対に関してはおおむね「分かりやすい」もしくは「普通」という結果だった一方で、「契約期間がなく、いつ解約しても違約金がかからない選択肢」の紹介があったのは全体の22%のみで、また「初2年間の拘束期間後はいつでも違約金なしに解約できる新料金プランに移行できる」ことの紹介があったのは27%のみといずれも低かったという。

13315168 story
テクノロジー

各社が参加するドローン運行管理システムの共同開発プロジェクト 34

ストーリー by hylom
自主規制 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

複数の企業や研究機関が参加し、ドローンを安全に運航するためのシステム「無人航空機の運航管理システム」の開発を進めるという(日経ITproDRONE BORG)。

これは「ドローン版の航空管制交通システム」のようなものになり、具体的には、地図や気象、電波などの「情報提供機能」・機体情報や飛行計画などの「運航管理機能」・飛行計画の中止変更指示などの「運航管理統合機能」の3つで構成されるという。

プロジェクトにはNEC、NTTデータ、日立製作所、NTTドコモ、楽天、JAXAなどが参加。それぞれが分担して研究開発を進めるという。

13298576 story
ビジネス

NTT東など、ドローンでオフィスを監視し残業を撲滅するシステムを開発 44

ストーリー by hylom
こんなので減るのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

NTT東日本の千葉事業部などが、ドローンを活用してオフィス内を監視し残業を抑制するというシステムを開発した(NTT東の発表)。

このシステムでは、指定した時間・ルートで監視カメラ付きドローンが定期的にオフィス内を巡回する。これによってオフィス内のセキュリティ管理を行うとともに、社員の退社を促すという。2017年10月に商用サービスの提供を行う予定。

13297673 story
携帯電話

ドコモやソフトバンクの光回線と携帯のセット割引きに対し総務省が適切かどうか調査へ 47

ストーリー by hylom
ドコモと並び総務省に突っ込まれる立場に 部門より

NTTドコモやソフトバンクは光回線と携帯電話をセットで契約することで割引きを提供しているが、これに対し総務省が適切かどうか調査を行うという(産経新聞)、日経新聞共同通信)。

NTTドコモは「光セット割」という名称で割引を提供しており、契約プランにもよるが光回線の料金が月額500円から3,200円割引きされる。また、ソフトバンクでは「おうち割 光セット」として月額500円から2000円の割引きを提供している。

13288894 story
インターネット

@niftyの固定回線向けインターネット接続サービス、混雑改善のため帯域制限を導入へ 104

ストーリー by hylom
しわよせ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ニフティが「@nifty」ブランドで提供している固定回線向けインターネット接続サービスにおいて、通信量の多いユーザーを対象にした帯域制限を7月5日より実施することを発表したITmediaINTERNET Watch)。

@niftyの固定回線向けインターネット接続サービスでは、現在特定地域において土日祝日や夜間帯に通信速度が低下する状況になっているという。通信の混雑を回避するため、混雑が発生した際には「その時点において他のユーザーの比較して特に通信量が多いユーザー」から順に帯域制限を行うとのこと。また、IPv6を利用した通信は対象外。

固定回線でのインターネット接続における速度低下については、原因の一つとなっている網終端装置での輻輳回避が困難な状況であることが以前話題となっていた(過去記事:NGN網のオープン化に対する意見、NTTへの不満が集まる)。

13285772 story
NTT

NTT、「マクスウェルの悪魔」を利用した発電に成功したと発表 50

ストーリー by hylom
悪魔的な電力 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

NTTが、トランジスタ内でランダムに動く電子から一方向に動く電子のみを選り分けることで電流を流し、電力を得る実験に成功したという(NTTの発表PC WatchNature Communications掲載論文)。

トランジスタ内でランダムに動く電子は熱ノイズとも呼ばれている。このようにランダムに動く粒子を観測し、特定の動きをする粒子のみを選別することは「マクスウェルの悪魔」と呼ばれており、実現が困難な問題とされていた。

今回発表された実験結果では、トランジスタ内の電子の動きを観測し、そこからある一方向に動く電子のみを選別する、まさにこのマクスウェルの悪魔を実現するものとなる。具体的には、ナノスケールのシリコントランジスタを電子を選別する「扉」として使用し、抵抗の変化で電子の動きの観測したという。

マクスウェルの悪魔というと温度差を作り出すという印象があるが、「シラードのエンジン」の項が今回のケースと思われる。昨年1月にフィンランド・アールト大学が製作したものとの違いは、NTT版においては発電が可能ということのようです。

まさか生きている間にマクスウェルの悪魔が現実世界で実現されるとは思ってもみませんでした。量子コンピュータも実現してますし、この先どんな未来になるのか童心にかえってワクワクしてきました

13275348 story
ネットワーク

ぷららがMVNOによるモバイル通信サービスから撤退 15

ストーリー by hylom
脱落 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

NTTぷららがMVNOとして提供しているモバイル通信サービス「ぷららモバイルLTE」が、11月30日を持って終了される(ぷららの発表)。

すでに新規申込み受付は終了となっており、既存ユーザーにはNTTコミュニケーションズが提供する「OCNモバイルONE」への移行を案内しているようだ。

現在さまざまな企業がMVNOによる廉価な携帯通信サービスを提供しているが、価格だけでなく品質面についても重視する消費者が増え、競争が厳しくなっているような感じではある。今後このようにサービスを終了する事業者は増えるのだろうか。

13272366 story
インターネット

Microsoft Edgeで特定のPDFファイルを印刷すると一部違う内容が出力される問題が見つかる 112

ストーリー by headless
発見 部門より
Microsoft Edgeで特定のPDFファイルを開いて印刷すると、一部表示とは違う内容が出力されることがあるようだ(バグ報告The Registerの記事Softpediaの記事)。

Microsoft Edge Developmentサイトで報告されているのは、0~143の数字と語句の組み合わせを16×9に並べたテーブルを含むPDFファイルだ。このファイルをMicrosoft Edgeで開き、Microsoft Print to PDFでPDFに出力したファイルでは、先頭の0~5が 「1」「1」「4」「4」「4」「7」となっており、続く数字も間違っている。数字の入っていたセルに語句の一部が入っていたり、語句・語順の入れ替わりや重なって表示されるなどの問題もみられる(元ファイル出力結果)。
13270570 story
暗号

一部の大手サイトでTLS 1.0無効化が始まる 27

ストーリー by headless
無効 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

TLS 1.0の無効化は2015年頃から叫ばれていたものの、様々な問題があり延期するサイトが多かった。しかし、とうとうTLS 1.0を無効にする大手サイトが出てくるようだ。

So-netは5月2日以降、一部サービスでTLS 1.0を無効化する。国税庁も5月13日以降、運営するサイトの多くでTLS 1.0を無効化するとのこと 。本番組織でのTLS 1.0無効化を延期していたSalesforceも7月23日に無効化を実施する。

なお、NTT Comは4月に予定していたBizストレージ ファイルシェアでのTLS 1.0の無効化を延期している。TLS 1.0の無効化は混乱なく進むだろうか。

13253782 story
携帯通信

PHSの新規契約等の受付、2018年3月31日に終了へ 97

ストーリー by headless
終了 部門より
kawakazu 曰く、

ソフトバンクとウィルコム沖縄は20日、ワイモバイルで提供するPHS向け料金プランやPHS端末への機種変更などの受付を2018年3月31日で停止することを発表した(お知らせケータイWatchの記事Engadget日本版の記事ASCII.jpの記事)。

対象となる料金プランは「ケータイプラン」や「新つなぎ放題」「迷惑電話チェッカー専用プラン」などPHS回線を対象にしたものだが、PHSを活用したM2Mソリューションは原則受付停止の対象外のようだ。現在PHSを利用中のユーザーは、新規受付終了後も継続して利用できる。また、PHS端末購入時の分割支払いサービス「W-VALUE SELECT」の受付は2017年6月30日で終了する。ワイモバイルを扱うソフトバンク広報室では、申込数などを考慮して受付停止を決定したとのこと。

来年4月からはPHSへの機種変更ができなくなるため、機種変更する場合は3G/4G端末を選択することになる。音声通話に対応するPHS回線はMNPに対応しているので、別会社へ転出することも可能である。ソフトバンクにMNPで転出する場合はメールアドレスを引き継ぐことも可能だ。

タレコミ者はNTTドコモ→ウィルコム→Y!mobileの今でも使ってるPHS音声端末とDDIポケット→AirH"→AIR-EDGE[PRO](ここまでカードタイプ)→Advanced/W-ZERO3[es]のデータ通信端末を利用してた身としてはPHSが消滅への一歩を歩み始めたことは残念だと思う。

なお、ワイモバイルでは2015年発売の「Heart 401AB」以降、PHSの新機種を発表していない。

13239906 story
テクノロジー

空飛ぶ球体ディスプレイ 27

ストーリー by hylom
大量に飛ばしたら色々楽しそう 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

NTTドコモが、映像を表示しながら飛行できる球状のドローンを発表している(ITmediaNTTドコモの発表)。

LEDが球状に配置されているわけではなく、弧状に曲げられた棒内にLEDが組み込まれており、これを高速回転させることで球状の表示を実現するというもの。

球の直径は約88cm。コンサートなどのイベントなどでの利用を想定しており、2018年度の商用化を目指すという。

13228656 story
日本

過去5年間で日本の上場企業から流出した個人情報は単純計算で7545万件 19

ストーリー by hylom
漏えいするものと思って対策した方が良いかもね 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

東京商工リサーチが発表した「上場企業の個人情報漏えい・紛失事故」調査によると、2012年から2016年の5年間で上場企業およびその子会社で発生した個人情報漏えい事件は、公表されているだけで424件、7545万人分だそうだ。7535万人という数字だけ見ると、日本の人口の半分を超えているという(東京商工リサーチZDNet Japan)。

流出数が最も多かったのはベネッセの顧客情報流出事件で3504万件。続いてヤフー(2200万件)、三菱UFJフィナンシャルグループ(672万件)となっている。いっぽうで漏洩回数が多かった企業はNTTグループが最多で29回、続いて東京ガス(12回)、りそなホールディングス(10回)。原因として多かったのは紛失・誤廃棄で、続いて誤表示・誤送信、ウイルス感染や不正アクセスが続いている。

13227531 story
クラウド

Pebble、クラウドサービス終了後もPebbleデバイスの利用を可能にするモバイルアプリをリリース 4

ストーリー by hylom
クラウドなんて要らなかった? 部門より
headless曰く、

昨年12月に主な資産をFitbitに売却したPebbleは全製品の生産を中止し、製品保証の打ち切りを発表したが、4月4日、Pebbleはクラウドサービスに今後アクセスできなくなってもPebbleスマートウォッチを使い続けられるようにするためにモバイルアプリの更新版をリリースした(Pebble Developer BlogThe Verge9to5MacNeowin)。

FitbitはPebbleエコシステムのすべての要素を2017年中は使い続けられるようにすることを表明している。また、Pebbleデバイスはクラウドサービスに依存する部分も多いため、Pebbleではクラウドサービスが終了しても機能が大きく失われないようにするための更新版モバイルアプリ提供を約束していた。

更新版のモバイルアプリを使用すると、たとえばPebbleの認証サーバーに到達できない場合でもPebbleデバイスを使い続けられるようになる。Pebbleアカウントへのログインは省略可能となり、アプリのサイドロードや、ランゲージパックを含む最新ファームウェアのインストールも可能になる。アプリにはオフライン/オンライン切り替えなど、開発者向けの機能も追加されているとのこと。

更新版のiOSアプリはiTunes App Storeで入手可能となっている。Androidアプリはベータプログラム参加者に先行して提供されており、Google Playでも近く提供開始予定とのことだ。

13214043 story
Windows

Windows 10 PC版のユーザーは5日からCreators Updateへのアップグレードが可能に 44

ストーリー by headless
更新 部門より
Windows 10の大型アップデート「Creators Update」のPC版はWindows Update経由で11日以降順次ロールアウトされるが、Windows 10の正規ユーザーはWindows 10アップデートアシスタントを使用することで、5日(日本時間ではおそらく6日)にはアップデートが可能になるそうだ(Windows Experience Blogの記事)。

Microsoftのブログ記事に記載されているアップデートアシスタントのリンクをクリックするとWindows 10の紹介ページが表示されるが、5日以降は新しいアップグレードアシスタントをダウンロード可能になるとみられる。なお、現在のところ「Windows 10のダウンロード」ページからダウンロード可能なアップグレードアシスタントはAnniversary Update用となっている。

PC版のWindows 10 Insider Previewでは30日にビルド15063がリリースプレビューとなっており、31日にはすべてのリングに累積的な更新プログラム(KB4016250)の提供が始まっている(フィードバックHubへのリンク)。この更新プログラムを適用すると、ビルドは15063.11になる。

また、モバイル版のCreators Updateは25日からのロールアウトが予定されているとのことだ。
13209065 story
携帯電話

NTTレゾナントが「gooのスマホ g07+」を発表、ダブルSIM対応&国内主要3キャリアに対応 28

ストーリー by hylom
auガラケーをまだ使ってる人には良いかも? 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

NTTレゾナントが「gooのスマホ」ブランド新モデル「g07+」を発表した(エルミタージュ秋葉原)。価格は1万9,800円(税別)。

W-CDMAとCDMA2000の両方式に対応し、ドコモおよびau、ソフトバンクという国内主要3キャリアすべてに対応する。これにより、たとえば従来型携帯電話の音声用SIMと、格安データ通信専用SIMを組み合わせて利用する、といった使い方ができるという。

OSはAndroid 6.0で、7.0へのアップデートも保証されるという。プロセッサはCortext-A53ベースのMT6750T(1.5GHz×4、1.0GHz×4)で、ディスプレイは5.5インチ(フルHD、IGZO液晶)、メモリは3GB。1300万画素メインカメラ+800万画素フロントカメラや指紋認証センサも搭載する。

typodupeerror

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

読み込み中...