パスワードを忘れた? アカウント作成

今週も投票をしましたか?

13344941 story
電力

充電中のスマートフォンを入浴中に浴槽へ落として感電死する事故が発生 63

ストーリー by hylom
入浴中は低電圧でも危険 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米国で、入浴中にスマートフォンを使っていた14歳女性が感電死する事件が発生していたそうだ(ギズモード・ジャパン)。入浴中にスマートフォンを充電しながら使っており、それを浴槽に落としてしまったのが感電の原因ではないかと見られている。

同様の事故はモスクワやフランス、イギリスでも発生しているそうだ(CNET Japan)。

なお、人体内部の抵抗値はほぼ一定だが、皮膚については状態によって抵抗値が変化する。皮膚が濡れている状態では乾燥時と比べて抵抗値が大きく低下するため、低い電圧でも感電時の被害が大きくなる。そのため日本においては、人体が著しく濡れている状態での許容接触電圧は25V以下、人体の大部分が水中にある状態の場合の許容接触電圧は2.5V以下とされている。

13343500 story
電力

「電気代が安くなる」とうたうマンション1棟での「高圧一括受電サービス」、実際には割高になるケースも 53

ストーリー by hylom
これは業者が悪いわ 部門より

マンション内の各住居および共用部で、まとめて電力会社との契約を行い、高圧受電を行うことで電気料金を削減できるという「高圧一括受電」が近年注目されている。マンションで使用する電力を託送料金が安い高圧で一括して購入し、それをマンション内の施設で低圧に変換するというやり方だ。しかし、一部のマンションでは共用部の電気料金が割高になっており、そのため、各戸が支払うトータルの電気料金も割高になっているケースがあるという(朝日新聞)。

高圧一括受電を利用する場合、電圧の変換や各戸の電気使用量の検針、支払いのとりまとめ、設備管理などが必要となる。そのためそれを代行する企業が登場しているのだが、今回の問題ではその企業が本来割安な高圧電力を利用していたエレベータなどの共用部についても、低圧に準じた料金設定にしてしまったのが原因のようだ。

13340544 story
ハードウェアハック

iFixit、Galaxy Note FEを分解してGalaxy Note 7と比較 5

ストーリー by headless
確認 部門より
Galaxy Note 7の整備済製品として先日韓国で発売されたGalaxy Note FEを早速iFixitが分解し、以前分解したGalaxy Note 7と比較している(iFixitのブログ記事分解リポートThe Vergeの記事Neowinの記事)。

iFixitが保有しているGalaxy Note 7は北米バージョンであり、韓国向けのGalaxy Note FEとはアンテナアセンブリーやプロセッサーが異なる。プロセッサーはRAMで覆われているため型番は確認できないが、箱にオクタコアとの記載があるためiFixitではExynos 8890と判断している。なお、北米バージョンの低価格なGalaxy Note 7にはクアッドコアのSnapdragon 820が搭載されている。Galaxy Note FEではSnapdragon 821に置き換えられるとの噂も出ていたが、変更されなかったようだ。

3,500mAhから3,200mAhに変更されたバッテリーは2017年6月20日製造と印字されており、外寸はGalaxy Note 7と比べて微妙に小さくなっている。バッテリーの外寸は個体差があるため別の個体では異なる可能性もあるが、ターゲットサイズ自体が小さくなっているものとみられる。

このほかは接着が強力で分解・修理しにくい点も含めてGalaxy Note 7と同じ。修理しやすさスコアは10点満点中4点となっている。
13338079 story
電力

ソフトバンクがモンゴルから日本への送電を計画中 88

ストーリー by hylom
効率的にはどうなのだろうか 部門より

ソフトバンクが、モンゴルで発電した電力を日本に送る計画を進めているという(毎日新聞)。

ソフトバンクは現地企業とともにモンゴル南部の南ゴビ砂漠に土地を確保、出力700万kWの風力発電所を建設し、発電した電力を中国や韓国、ロシア経由で日本に送電するという。速ければ2020年にも送電開始を目指すそうだ。

経済成長が続くモンゴルでは電力の需要も増えているが、国内の発電施設はまだこの需要を満たせていないという(ITmedia)。しかし、砂漠や高原の多いモンゴルは風力発電や太陽光発電による発電に適しているとされており、今後開発が進めば周辺諸国に電力を輸出できるポテンシャルは十分にあるという。

13334951 story
電力

地熱を利用した家庭向け冷暖房システムを開発するGoogle傘下の「Dandelion」 17

ストーリー by hylom
自然への影響は大丈夫なのだろうか 部門より
taraiok 曰く、

Googleの研究部門Xから「Dandelion」という新しいスタートアップ企業が誕生した。Dandelionは、地熱を利用した住宅の冷暖房システムを開発しているスタートアップだという(CNNSlashdot)。

地熱による冷暖房システムを一般住宅に導入するためには、井戸を掘るワイドドリルで地下1000フィート(304.8メートル)までの穴を掘る必要があるため簡単では無い。しかし、Dandelionは細くて掘削速度の速いドリルを使うことでコストの問題を解決できるとしている。具体的には、従来の工法では60,000ドルが必要だったのに対し、Dandelionの工法であれば2万~2万5,000ドルまで下げることができるとしている。

13334192 story
テクノロジー

NASA、小型原子力発電装置を開発中 66

ストーリー by hylom
宇宙では便利な原発 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

NASAは火星への有人探査を計画しているが、火星における居住施設のための電力供給元として原子力発電を選択肢に入れているようだ(Scientific AmericanSputnikSlashdot)。

NASAは宇宙用原子炉開発計画「Kilopower」プロジェクトの一環として小型原子炉を開発している。ここで開発されている標準的な原子力発電装置はサイズが高さ2m以下と小型ながら10kWの発電量を得られるという。この装置は太陽光で電力が得られない場合などに備えたもので、火星基地に8人の宇宙飛行士が住むためにはこの規模の原子炉が4台必要だと見られている。

今回の原子炉のテストは9月に開始され、2018年1月に終了する予定だそうだ。

13333208 story
統計

LinuxノートPCの3割がWindowsとのデュアルブートという調査結果 86

ストーリー by headless
切替 部門より
Phoronixが実施した「2017 Linux Laptop Survey」によると、ノートPCでLinuxを利用するユーザーの29.3%はWindowsとのデュアルブート構成にしているそうだ(Phoronixの記事)。

調査は6月23日~7月6日に実施されたもので、30,171人が回答したという。Linuxとデュアルブート/マルチブートで使用するOSではWindowsが圧倒的に多く、4.4%が複数のLinuxディストロ、3.5%がmacOS(3.5%)と回答している。一方、デュアルブートにしていないというユーザーが62.2%を占めており、BSDとSolarisは合計で0.6%となる。

最も直近に購入したノートPCにLinuxがプリインストールされていたという回答は10.3%にとどまり、およそ9割は購入後に自分でインストールしているようだ。ノートPCを選択する際に重視するポイントでも、Linuxがプリインストールされているとの回答は14.1%にとどまる。これに対し、製品の造りの良さを重視するとの回答は30.7%に上り、パフォーマンス(25.2%)と合わせて過半数を占める。

使用ディストロ(複数回答)ではUbuntuが38.9%を占め、ArchLinux(27.1%)、Debian(15.3%)、Fedora(14.8%)、Linux Mint(10.8%)が続く。LinuxノートPCで主に実行する作業としては、Webブラウズが最も多い82.5%。ソフトウェア開発(73.1%)、オフィス業務(47.7%)、マルチメディア(45.2%)、学校の勉強(25.3%)が続く。SteamのOSシェアでLinuxは1%未満となっているが、こちらでもゲームに使用するとの回答は21.1%にとどまる。
13332554 story
テクノロジー

空飛ぶ自動車「Moller Skycar」の2001年製プロトタイプ、eBayに出品中 17

ストーリー by headless
出品 部門より
スラドでこれまで話題になった「空飛ぶ自動車」の中で、フルスケールで実際に浮上可能なものとしてはおそらく最も古い「Moller M400 Skycar」のプロトタイプがeBayに出品されている(オークションページプレスリリースThe Vergeの記事)。

M400 Skycarは4人乗りで、8基のRotapowerエンジンを搭載し、垂直離着陸(VTOL)が可能だ。出品されているモデルG90は2001年製で、現行のSkycar 400のデザインとは異なり、翼は搭載されていないようだ。G90は2001年以来何度も飛行テストを行っているが、損傷はないという。

ただし、米連邦航空局(FAA)の認可は受けておらず、現状では飛行不可能とのこと。そのため、博物館などでの展示を想定した出品となっている。実際、Moller InternationalのWebサイトに掲載されている動画も、クレーンで吊った浮上テストの様子を撮影したもののみとなっている。

G90の最低入札額は100万ドル、即決価格は500万ドル。Moller Internationalでは過去30年にわたり、1億5,000万ドル以上を開発に費やしており、今回の売り上げも開発資金の足しにしたいようだが、現在のところ入札者はいない。過去の出品でも契約は成立しなかったとのことだ。
13329763 story
電力

米カリフォルニア州、太陽光発電による発電が増えすぎたため電力網に負荷 79

ストーリー by hylom
柔軟に対応できれば良いのだが 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

カリフォルニア州は、太陽エネルギーの申し子とも言える存在だ。2016年には、州の電力の13%が太陽光発電によるものだという。しかし、太陽エネルギーの発電量が多すぎると、電力網に負担が掛かり停電が発生する可能性があるという。実際、カリフォルニア州は太陽光による発電量が増えすぎたため、電力線への過負荷を防止するため余剰電力を他州に提供している。アリゾナ州もその提供を受けており、2017年は電力コストを減らすことに成功している(MicLos Angeles TimesSlashdot)。

しかし、それは一般人が考えるほど環境に優しいわけではない。先のアリゾナ州でも、化石燃料の代わりに独自の太陽エネルギー導入を検討している。しかし、天候などに左右される再生可能エネルギーには化石燃料のような冗長性がないことから、化石燃料から太陽エネルギーへの置き換えが進むとアリゾナ州がカリフォルニア州と同じ問題を抱えることになりかねない。

13329587 story
スラッシュバック

Samsung、Galaxy Note 7の整備済製品「Galaxy Note FE」を正式発表 44

ストーリー by hylom
欲しい人は日本にもいそう 部門より
headless曰く、

Samsungは2日、発火問題により生産終了・全品回収となったGalaxy Note 7の整備済製品を韓国で7日に発売することを正式に発表した(9to5GoogleNeowinニュースリリース製品情報ページ)。

整備済版のGalaxy Note 7は「Galaxy Note Fan Edition(Galaxy Note FE)」という名称になる。Galaxy Note 7のバッテリーや外装を交換した整備済製品を発売する計画は2月から報じられていたが、未開封のGalaxy Note 7と未使用部品を組み合わせて製造したとのことで、一般的な整備済製品とは異なるようだ。バックパネルには「Galaxy Note Fan Edition」とはっきり印刷されている。

基本スペックはGalaxy Note 7と変わらないが、ソフトウェアはGalaxy S8/S8+と共通のUXを採用し、Samsung独自のパーソナルアシスタントBixbyの機能も一部利用できるという。GSMArenaによれば、OSはAndroid 7.11 Nougatとのこと。

発火の原因とされるバッテリーはオリジナルの3,500mAhから3,200mAhに変更され、安全検査も厳しく行われているとのこと。重量は2g軽い167gとなっている。価格はGalaxy Note 7よりも3割前後安い69万9,600ウォン(約69,000円)で、40万台限定。韓国以外での販売については検討中のようだ。

13327623 story
携帯電話

スマホが机の上にあるだけで人の注意力は失われる 32

ストーリー by hylom
魔法の板 部門より

電源が入っていないスマートフォンが視界に入っているだけで、人間の注意力が失われるという調査結果が明らかになった(GIGAZINEScienceAlert)。

米テキサス大学オースティン校の研究チームが520人のスマートフォンユーザーを対象に行った「集中力が必要なテスト」による実験によると、スマートフォンを別の部屋に置いた状態でテストを受けた被験者グループと、机の上にスマートフォンを置いてテストを受けた被験者グループでは、前者のほうが高得点を出す傾向が見られたという。いっぽう、スマートフォンを別の部屋に置いたグループと、ポケットやカバンにしまった状態でテストを受けたグループでは、若干であるがやはりスマートフォンを別の部屋に置いたグループのほうが高得点を出す傾向が見られたという。

また、275人の被験者を対象を行った別の実験では、事前にスマートフォンへの依存度を尋ねておいた上で同様のテストを行ったという。その結果、依存度が高いと答えた被験者らは、スマートフォンを机の上に置く、もしくはポケットやバッグにしまっていたケースでより得点が低くなる傾向が見られたそうだ。

13327809 story
ビジネス

再生可能エネルギー全量買い取り制度がスタートして5年が経過 127

ストーリー by hylom
「安全安心」の対価 部門より

2012年7月1日に日本において再生可能エネルギーの全量買い取り制度がスタートして5年が経過したのを機に、報道各社が現状をリポートしている。NHK産経新聞では消費者の負担増について取り上げられているが、これによると再生可能エネルギーの全量買い取り制度による消費者の負担額合計は2017年度は年間2兆円、電気代の約1割に相当する状態になっているという。

これは、太陽光発電に参入する企業が増え、電力会社が買い取らなければならない電力量がここ5年間でおよそ7倍に増えているため。なお、買い取り単価は当初のほぼ半額に下がってはいるそうだが、太陽光発電事業者側は現在の買い取り単価でも安すぎると主張しているようだ。

ちなみに発電全体のうちの再生可能エネルギーの割合は現在で15%とのこと。再生可能エネルギーの利用が進んでいるというドイツの再生可能エネルギー割合は30%ほどだが、電気料金が日本のおよそ2倍だという。

再生可能エネルギーについては、それ以外の問題もある。東北では多くの太陽光発電施設が稼動しており、発電量は原発3基分に相当するという(河北新報の記事1)。しかし、事業者の多くは東北外の企業や外資系企業で、地元からの反発などもあるようだ(河北新報)。また、送電網の空き容量が青森・岩手・秋田の3県ですでに0になるといった問題もあるという(河北新報の記事3)。

13327505 story
統計

6月のデスクトップOSシェア、Windows XPが再び増加 12

ストーリー by hylom
いったいなにが 部門より
headless曰く、

Net Applicationsの6月分デスクトップOSシェアデータによると、Windows XPが1.28ポイント増加して6.94%となり、Windows 8.1を再び上回って3位に上昇した(Desktop Top Operating System Versions Share TrendDesktop Operationg System Market ShareDesktop Top Operating System Share Trend)。

前月から1ポイント以上変動したのはWindows XPのみ。Windows 10は0.02ポイント増の26.80%となり、過去3か月で1.44ポイント増と停滞が続いている。Windows 7は0.42ポイント減の49.04%、Windows 8.1は0.34ポイント減の6.40%、Windows全体では0.13ポイント減の91.51%。Mac OS X 10.12も0.10ポイント減の3.49%となり、Mac OS全体では0.24ポイント減の6.12%となった。OS種類別で唯一増加したLinuxは0.37ポイント増の2.36%となり、過去最高シェアを更新した。

一方、StatCounterではWindows 10が最も多くシェアを伸ばしており、0.86ポイント増の30.87%。Windows 10以外でシェアが増加したのはWindows 8(2.03%)とLinux(1.74%)のみで、いずれも0.08ポイント増となっている。このほかWindows 7が0.32ポイント減の38.59%となったのをはじめ、OS Xが0.17ポイント減(11.59%)、Windows 8.1が0.03ポイント減(7.9%)、Windows XPが0.15ポイント減(4.1%)となり、上位は軒並みシェアを減らしている。

StatCounterのデータを国や地域別にみると、チリクロアチアホンジュラスラトビアでWindows 10がWindows 7を初めて上回って1位となり、Windows 10が1位の国・地域は前月の74か国から82か国まで増加。前月はアジア以外でWindows 10が減少していたが、6月は南極を除く全地域で増加した。日本ではWindows 10のシェアが0.2ポイント減の36.87%となり、Windows 7も0.55ポイント減の31.71%。OS Xは1.27ポイント増の16.71%となっている。政府がWindows 10の格安アップグレードをMicrosoftに要請しているインドではWindows 7が52.33%と半数以上を占めており、Windows 10のシェアは19.76%。Windows 8/8.1は合計13.39%で、Windows XPは4.93%に過ぎない。

Steamでは、前月に50%を割っていたWindows 10 64 bitが1.22ポイント増の51.23%となり、再び50%を超えた。32ビット版との合計では1.22ポイント増の51.23%となっている。このほかのOSバージョンで増加したのは、0.99ポイント増で1.18%となったMacOS 10.12.5 64 Bit(macOS Sierra)のみ。MacOS全体では0.10ポイント減の2.95%、Linuxも0.09ポイント減の0.72%となり、Windows全体では0.18ポイント増の96.24%となっている。

13323189 story
テクノロジー

低消費電力で安定した長距離通信が可能なソニーのLPWA技術 43

ストーリー by hylom
色々出ている感 部門より
maia 曰く、

旧聞だがSONYが4月末に実機を展示したLPWA(Low Power Wide Area)関連技術が興味深い(ASCII.jp)。

LPWAはIoT向けに特化した低消費電力、長距離、低速、安定な無線技術のコンセプトで、各社が各方式の開発を競っている(ITmedia)。

ソニーのLPWA技術は見通しの実験で274km、公称は見通しで100km以上。100km/hといった高速移動中の安定通信が可能で、外部ノイズに強い。1日1回の位置データの送信なら、コイン電池で10年動作可能。周波数帯は免許不要でISM帯(Industry Science Medical)といわれる920MHz帯(日本の場合)で、転送レートは80bps。今時としては超低速だが、利用法として、ザックに放り込んでおいて登山中の位置情報を常時送信したり、ライフジャケットに埋め込んでおいて捜索に役立てるといった例もあげられている。

13323047 story
電力

東京都、7月10日より白熱電球のLEDへの無償交換を開始 31

ストーリー by hylom
不正できそうな気が 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

東京都が、7月10日より白熱電球をLED電球に無料で交換できるキャンペーンを開始する(NHK)。対象は18歳以上の都民で、交換は1人1回まで。

地域の電器店に白熱電球2個を持ち込むとLED電球1個に交換できるというもの。交換時には住所氏名の提出が必要となる。家電量販店は対象外だそうだ。

typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...