パスワードを忘れた? アカウント作成

あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

15502136 story
テクノロジー

自己複製する生体ロボット「ゼノボット」 7

ストーリー by nagazou
自己進化、自己再生、自己増殖まであと一歩 部門より
maia 曰く、

アフリカツメガエルの胚から摘出した胚細胞から合成された「プログラマブル」な生体ロボット「ゼノボット」(Xenobot:WikipediaGithubForbesGuardian)が自己複製の機能を持つという(CNN)。遺伝子操作は行っていないが、ゼノボットは動植物とは違う自己複製の方法を見つけた。ゼノボットが使った複製プロセスは「キネティック・レプリケーション」と呼ばれ、分子レベルでは知られていたが、細胞レベルで観察された事はなかったという。ゼノボットが効果的に複製を行えるよう、ゼノボットは「パックマン」に似たC字形に設計された。

15500642 story
スラッシュバック

警備用ロボットがエレベーターの出入口を塞ぐトラブル。安全装置がアダに 131

ストーリー by nagazou
問題は通報時のサポート対応ではないかと 部門より
警備業務などにロボットが導入される大型施設も増えているようだが、それに関連したトラブルも起きているようだ。Togetterにまとめられた内容によれば、11月21日にエレベータの乗り降り口でロボットが入り口を塞いでしまい、足の不自由なお年寄りがエレベータから出られなくなったというトラブルがあったようだ(keijitakedaさんのツイートTogetter)。

元となったkeijitakedaさんのツイートによれば、そのエレベータには3名が搭乗しており、その人物は日本語の分からない外国人男性で、かつ介助が必要な足の悪い高齢者だった。さらにエレベーター内には付き添いの女性が二人おり、荷物もたくさん入っていたようだ。そこでロボットはドアの上に止まり、エレベーターのドアに挟まれ、乗客の進路を塞いでいる状況にあったという。

keijitakedaさんが緊急通報などを行ったものの、サポートの対応が機械的で問題があり、結局keijitakedaさんがロボットを抱き抱えてドア前から排除することで対処することでなんとかなったようだ。同氏は動画でもその様子をアップしている(動画ツイートその1動画ツイートその2)。

このトラブルとなったロボットのメーカーであるSEQSENSEは11月24日、お詫びとご報告という内容の案内を出している。その案内によれば、同社はロボットの安全装置を作動させたが、周囲に人がいる状況であったため、それにより安全装置が働いてロボットの後退ができなくなったことが原因であったと説明している(SEQSENSE:お詫びとご報告)。
15493520 story
ロボット

Alphabet X の普段使いロボットプロトタイプ、Google のキャンパスに進出 21

ストーリー by nagazou
ロボットのいる日常 部門より
headless 曰く、

Alphabet の X が開発する普段使いのロボット「Everyday Robot」がラボ環境を離れ、Google のキャンパスに進出しているそうだ (The X Blog の記事9to5Google の記事The Verge の記事)。

車輪で移動し、1本の長いアームで作業する Everyday Robot はゴミの分別やテーブルのふきん掛け、会議室の椅子の片付けといった日常的に必要な作業をこなし、生活を楽にする汎用ロボットを目指す。現在では 100 体ほどのプロトタイプが Google のオフィスで仕事をしているという。2 年前に X が初めて紹介した Everyday Robot はゴミの分別をしていたが、同じ型のロボットが現在はアームにスクイージーを装備してテーブルを拭き、カップをつかむのと同じグリッパーでドアを開けることを学習できるそうだ。

現在は多くのロボットが専用に設計された環境でプログラムされたとおりに作業しているが、現実的な環境で役立つロボットにするには自ら学習可能なロボットが必要だ。2016 年に X がラボ環境で産業用ロボットに小さな日用品をつかむことを学習させようとした際、1 台のロボットが 75 % の成功率に到達するのに 4 か月相当の時間がかかったという。現在はドアを開けたり椅子をまっすぐに並べるといったより複雑な作業でも 1 日以内で 90 % の成功率に到達できるそうだ。汎用ロボットの開発は壮大な計画であるが、Everyday Robot の現状はそれが不可能ではないことを示すものとのことだ。

15461263 story
スラッシュバック

米国家運輸安全委員会、2 名が死亡した Tesla Model S の死亡事故で運転席にドライバーが座っていたとの見解 13

ストーリー by headless
有人 部門より
米国・テキサス州で 4 月に 2 名が死亡した Tesla Model S の衝突事故について米国家運輸安全委員会 (NTSB) が事前報告書を更新し、運転席にはドライバーが座っていたとの見解を示した (プレスリリース報告書The Verge の記事SlashGear の記事)。

この事故では当初、Autopilot 有効かつ運転席が無人の状態で走行していたと報じられたが、Tesla は誰かが運転席に座っていたとの見解を示しており、NTSB は衝突現場付近で Autopilot を有効にできなかったとの見解を 5 月に事前報告書で示していた。

NTSB の新たな見解はハンドルのフォレンジック調査と EDR から復元したデータの分析結果によるものだ。ハンドルの損傷は衝突後の火災によるものだが、変形は衝撃が加わったことによるものとみられる。

また、EDR から復元したデータによれば事故当時は運転席と助手席の両方に人が座っており (遺体は助手席と後部座席に 1 名ずつ)、シートベルトのバックルが固定されていたという。さらに、事故直前にドライバーがアクセルを強く踏み込んでいたというデータもあり、EDR が記録している最高速度は衝突 5 秒前の時速 67 マイル (約 108 km / h) とのことだ。
15456404 story
変なモノ

米国で四足歩行ロボット用の銃器が開発される 39

ストーリー by nagazou
ドローンで暗殺が行われる時代ですから 部門より
ターミネーターシリーズの影響から、ティストピアというと無人兵器に支配された世界といったイメージもあるが、米国では四足歩行ロボットに取り付け可能な専用銃器が開発されたそうだ。この銃器はSWORD International製の「Special Purpose Unmanned Rifle(SPUR)」製で米Ghost Roboticsが開発した「Vision 60」という四足歩行ロボットに取り付けるものであるという。SPURは有効射程は1200メートルで暗視用サーマルカメラを備えているとのこと(The VergeGIGAZINE)。

nemui4 曰く、

METALMAXのポチを思い浮かべたけど全然違った(当たり前)。有効射程1200m
射撃の精度はどれくらいなんだろう。

偵察用ロボとか地雷散布用ロボとか対ロボ用ロボとかいろんなの出てくるんやろか。

15444948 story
ロボット

ロボット掃除機、使ってる? 92

ストーリー by headless
掃除、してる? 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ロボット掃除機の元祖として高い知名度を持つ iRobot 社のルンバだが、10 月 8 日に廉価モデル「ルンバ e5」およびスタンダードモデル「ルンバ i3 / i3+」の計 3 製品を最大 3 割 (最大 2 万円) 大幅値下げすることを発表した (プレスリリース: PDF家電 ASCII の記事家電 Watch の記事日本経済新聞の記事)。

改定により、価格は e5 が 49,800 円 → 39,800 円、i3 が 69,800円 → 49,800 円、i3+ が 99,800 円 → 79,800 円となる。また月額制で試せるサブスクリプションプランも合わせて値引きされる。今回の値下げは、ロボット掃除機の世帯普及率 10 % を目指すとともに、パナソニックや低価格の中国勢への対抗措置とみられている。

タレこみ子が使用している i3 は上位機種と違いカメラなどを搭載しないものの、リビングの隅々までしっかり掃除してくれていて満足している。が、定価販売の今年発売の新機種だったにも関わらず買ってすぐ 2 万円も値引きされてちょっと衝撃である。ロボット掃除機、スラド諸氏は活用しているだろうか。

今回の価格改定は 9 月 9 日に実施した設立以来最大規模というグローバル単位でのリブランディングに伴うものだ。今回のリブランディングでは「暮らしを、もっとあなたらしく。」というスローガンを掲げており、より多くの人に自由な時間を提供するための値下げとのことだ。

15440450 story
テクノロジー

海洋ドローンでハリケーン内部の撮影に成功。米海洋大気局公開 26

ストーリー by nagazou
妙に映画感のある映像だ 部門より
米国の研究者がカメラ付き海洋ドローンによるハリケーン内部の撮影に世界で初めて成功したそうだ。このドローンはサーフボードに帆を付けた形となっていて「Saildrone Explorer SD 1045」という名称だという。全長7メートルほどあり、風速や風向き、気圧、温度、塩分濃度、湿度などを計測できる。プロジェクトは米海洋大気局(NOAA)と共同で行われたもので、Saildrone Explorerは、大西洋で発生したカテゴリー4ハリケーン「Sam」の内部を撮影することに成功した。この撮影では5台のSaildrone Explorerが投入されたとしている(SaildroneリリースAFPBB News)。

あるAnonymous Coward 曰く、

日本の気象庁は、台風内部の気圧すら観測できていないので、この手の類を大量導入すれば、コースが合えば幾らかでもマシな観測が出来る様になる(海保・海自担当かも)。
但し日本の場合は特に太平洋側の潮流が厳しいので、回収・輸送・再投入が必要となるかも。

15433826 story
クラウド

Amazon、家庭用ロボット「Astro」から15インチ「Echo Show」まで複数製品を発表 22

ストーリー by nagazou
ほとんど日本での発売は未定ですが 部門より
Amazon.comは9月28日にオンラインイベントを開催、複数のデバイスを発表した。ほとんどの製品で音声アシスタントである「Alexa」を採用した製品が多くなっている。日本国内での発売時期などに関しては未定のものがほとんどとなっている(ITmedia価格.comマガジン)。

新たなジャンルの製品としては、家庭用ロボット「Astro」がある。部屋の中を自由に移動できる能力があり、Ring社の警備サブスクリプションサービス「Protect Pro」と連携することにより、屋内を自動でパトロール、異常を通知させるといったこともできるという。Astroに関しては、米国でβ版プログラム「Day 1 Editions」にて999.99ドルで販売される(ITmediaCNETEngadget)。

このほか、部屋の温度を継続的に計測、エアコンなどと連動して室内の温度調整などを行うことのできる「Smart Thermostat」も登場している。「Alexa」から操作可能で「おやすみ」のルーティンを設定すると、家の中の冷暖房を適切なものに変更するとしている。米国では11月4日に発売予定で価格は59.99ドルとなっている(Engadget)。

「Echo Show 15」は壁掛けタイプのAlexa搭載のスマートディスプレイ。従来のEcho Showシリーズの中では最大となる15.6型のフルHD(1920×1080ピクセル)ディスプレイを搭載しているのが特徴。こちらは日本国内での発売が決まっており、価格は2万9980円(税込)になるという。発売時期に関しては未定となっている(AV WatchTechCrunch)。

「Amazon Glow」は子ども向けの卓上プロジェクター付きガジェット。子どもが家族や親戚などとインターネット経由で一緒に遊べるようにするデバイス。小型プロジェクターが内蔵され、白いシリコン製プレイマットにゲームなどを問う追いする機能がある。遠隔地にいる家族や親戚らは、「iOS」もしくは「Android」用の専用アプリケーションを使ってビデオ通話ができる。米国での通常価格は299.99ドルで国内展開は未定(CNETロボスタ)。

「Halo View」はAmazon初のディスプレイ付きフィットネスバンド。利用には月額3.99ドルのサブスクリプションサービス「Halo」への加入が必要となっている。日本での発売は未定(CNET)。このほか自律型ドローンのセキュリティカメラ「Ring Always Home Cam」、Wi-Fiルータとホームセキュリティ機能が融合した「Ring Alarm Pro」、Googleのドアベルの対抗製品であるスマートインターホン「Blink Video Doorbell」、セキュリティカメラ「Blink Floodlight Camera」と小型ソーラーパネル「Blink Solar Power Mount」などが発表されている。
15417735 story
Twitter

Twitter、ボットが投稿するアカウントへのラベル付けをテスト 9

ストーリー by nagazou
ラベル 部門より
headless 曰く、

Twitter は 10 日、ボットアカウントに自動化された投稿であることを示すラベルを付けるテストの開始を発表した(Twitter Support のツイートTwitter のヘルプ記事Mashable の記事Twitter Safety のツイート)。

ラベルはアカウント情報に表示される「Automated by [@ユーザー名]」というものと、投稿に表示される「Automated」というものがあるようだ。現在のところボットアカウントを運用するユーザーの一部に招待制でラベル付けを可能にしているとのことで、実際にラベルの付いたアカウントを見つけることはできなかった。そのため、日本語版でどのような表示になるのかは不明だ。

Twitter によれば、ラベル付けによりアカウントが情報提供を目的としたものであることをわかりやすくし、他のユーザーがそれに応じた利用を可能にすることが目的とのことだ。

15415230 story
ロボット

iRobot、人工知能とコンピュータービジョンでペットのフンを検出・回避可能な新型ルンバを発表 30

ストーリー by headless
回避 部門より
iRobot は 9 日、人工知能とコンピュータービジョンでペットのフンを検出・回避できる新型ロボット掃除機 Roomba j7 / j7+ を発表した (プレスリリースThe Verge の記事SlashGear の記事動画)。

ロボット掃除機がペットのフンを家中に塗り広げてしまうトラブルは「Poopocalypse」などと呼ばれて何年も前から問題になっており、iRobot では解決方法を研究してきた。Roomba j7 / j7+に搭載された PrecisionVision Navigation はペットのフンや充電コードなどよくある障害物を認識して回避するほか、iRobot Home アプリに写真を送って今後の処理に関する指示をユーザーに求めるという。さまざまな色や形のフンを検出するため、iRobot では模型を作ってアルゴリズムに学習させたそうだ。

北米と欧州では既に発売されており、米国での価格はクリーンベース (自動ゴミ収集機) 付きの Roomba j7+ が 849.99 ドル、本体のみの Roomba j7 が 649.99 ドル。2022 年中に主要市場で展開するとのこと。なお、Roomba j7+ がペットのフンを回避できなかった場合、購入から 1 年間に限って本体の交換を行う保証 Pet Owner Official Promise (P.O.O.P.) も提供される。Roomba j7 に対する P.O.O.P. 保証の有無はプレスリリースに記載されていない。
15403062 story
Google

伊万里市ホームページがGoogle八分に。外部からの助言で10日目に復帰するも…… 99

ストーリー by nagazou
これは責任問題なのでは 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

佐賀県の伊万里市ホームページが8月1日から10日までの10日間にわたり、GoogleやYahoo!の検索で一切表示されない事態となっていたそうだ(障害報復旧報ITmedia NEWS佐賀新聞LiVE(8/7付)佐賀新聞LiVE(8/12付)Togetter)。

8月1日に市職員が問題に気付いたというが、市情報政策課は「検索エンジン側の認証が外れた」などとする供述をしており、「他の検索サイトから表示できるので、大きな影響はないと考えている」と事態を楽観視。

7日に佐賀新聞が問題を報じると、Twitterでは有志らによる原因探しが始まり、程なくして市のホームページ管理システム(CMS)が異常な動作をしていることが判明。本来、存在しないページにアクセスにはHTTPステータスコード「404」(NotFound)を返すべきところ、なぜかコード「500」(Internal Server Error)を返す状態となっていた。そのため、クローラの従うべき動作を定義したrobot.txtへのアクセスも500エラーとなり、Googlebotがサイトをクロールして検索結果に表示して構わないかどうかの判断が不可能になってしまったというのが真相のようだ。

10日になっても問題は解消されず、「市はベンダーのいい加減な説明に丸め込まれているのでは?」との懸念を感じたセキュリティ専門家の徳丸浩氏が市に連絡を取り、ひとまず空のrobot.txtが設置されたことで、その日のうちに伊万里市ホームページは検索結果に表示されるようになったという。

12日に佐賀新聞が報じたところでは、市情報政策課は「ホームページに掲載している有料広告欄の運用が、グーグルが検索対象に求める不正防止のためのガイドラインに違反していることなどが原因となり、検索結果から除外されたとホームページの保守業者から報告を受けた」と、有志らの調査結果とは異なる見解を述べており、保守業者が責任逃れのため虚偽の報告をしているのではないかとの見方も出ている。

平時であればともかく、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種予約に遅れが出たり、台風9号の接近に伴う災害・避難情報にアクセス出来ないとあっては命に係わる。受発注者共に適正な能力に基づいた業務の遂行を願うばかりである。

15391938 story
アナウンス

テスラ、完全人型のロボット「Tesla Bot」の開発を表明 40

ストーリー by nagazou
この見た目が再現できたらすごいけれども 部門より
電気自動車で知られるTesla(テスラ)が18日、Tesla AI Dayのイベントでヒューマノイドロボットの開発を表明した。このロボットの名称は「Tesla Bot」で身長は約173cm、体重は約57kgに設定されている。昔の未来人のイメージ的なぴっちりスーツを着た完全な人間体型のデザインとなっており、約20kgの荷物を運搬することが可能で時速8kmの移動能力があるとしている。また方から上の部分は黒くなっているが、顔面にあたる部分にはディスプレイが埋め込まれており、さまざまな情報表示に行えるようだ(ロボスタMONOistWIREDCNET)。

Tesla Botでは、同社の自動車で使用されたAIエンジンなどを活用、オートパイロットカメラや完全自動運転用コンピュータなどを搭載するとしている。外形素材には軽量で安全な素材を検討しており、手首に関しても完全に人間互換の多指型を計画しているとのこと。脚部も二足歩行式で腕部で12個、首部で2個、胴体で2個、手部で12個、脚部で12個の合計40個のアクチュエーターを搭載する。イーロン・マスク氏は2022年内にプロトタイプを提示する方針だと話している。
15390139 story
ロボット

Amazon は Alexa という名前を人類から奪ったのか 139

ストーリー by headless
人類 部門より
Amazon がバーチャルアシスタントの名前に選んだことで、「Alexa」が人名としては使えない名前になってしまったと The Atlantic が主張している (The Atlantic の記事GeekWire の記事)。

スラドでは米国の新生児名に対するバーチャルアシスタントの影響が 2018 年に話題となったが、女児名の Alexa は米国で Amazon Alexa がリリースされた翌年 (2015 年) の 6,050人 (32 位) をピークに減少しており、この時点 (2017年) で 2001 年以降最低の 3,883人 (65 位) となっていた。米社会保障局の「Popular Baby Names」によれば、2018 年は 3,064 人 (90 位)、2019 年は 1,998 人 (139 位) となって 1998 年以降初めてトップ 100 落ちし、2020 年には 1,272 人 (239 位) まで減少している。英国やカナダでも Amazon Alexa リリース以降、新生児名の Alexa は大幅に減少しているそうだ。

しかし、The Atlantic によると、影響を受けているのは新生児の名前だけではないという。米国では過去 50 年間におよそ 127,000 人が Alexa と名付けられており、75,000 人以上が 18 歳未満だ。Amazon Alexa はユーザーの命令に従うバーチャルアシスタントであり、Alexa という名前の子供が学校でいじめの対象になることも多く、子供の名前を変えたり、ミドルネームを使ったりする親も多いとのこと。

Apple の Siri も女性名であり、米社会保障局のデータには過去 70 年以上にわたって含まれている。2006 年から 2012 年までは 100 人を超えていたものの、iPhone 4S の Siri 搭載 (2011年) による増加は特になく、2013 年には 42 人まで減少。2020 年は 10 人となっている。Siri という名前がより一般的な北欧でも減少しており、デンマークで昨年 Siri と名付けられた新生児は 1 人だったとのことだ。
15384875 story
アメリカ合衆国

米国家運輸安全委員会、停止している緊急車両に Tesla 車が衝突した 11 件の事故に関する正式な調査を開始 47

ストーリー by nagazou
調査 部門より
headless 曰く、

米国家運輸安全委員会 (NHTSA) 欠陥調査室 (ODI) は 13 日、Tesla 車が緊急車両に衝突した複数の事故に関する正式な調査の開始を発表した (調査概要: PDFThe Verge の記事The Guardian の記事)。

事故は 2018 年 1 月にカリフォルニア州で Tesla Model S が消防車に衝突した事故をはじめ、今年 7 月までに計 11 件発生している。いずれも緊急車両が出動した現場付近をさまざまな構成・モデルの Tesla 車が通りかかり、路上に停止している緊急車両に衝突したというもの。Tesla 車はすべてオートパイロットまたはトラフィックアウェアクルーズコントロールが有効になっていたことが確認されている。

多くの事故が発生したのは日没後の時間帯であり、事故現場では緊急車両が緊急灯を点灯していたほか、発光式矢印版やパイロンの設置などが行われていたという。事故では計 17 名の負傷者と 1 名の死者が出ている。

ODI では 2014 年式 ~ 2021 年式の Model Y / X / S / 3 でオートパイロット (レベル2の先進運転補助機能) の初期評価を開始しており、オートパイロット中にドライバーがすべき操作を監視・強制する方法や技術の評価などを行うとのことだ。

15381060 story
ロボット

極限のドライブ環境を再現する Ford Weather Factory で働くロボットテストドライバー 20

ストーリー by headless
極限 部門より
Ford Europe がドイツ・ケルンの Ford Weather Factory で働くロボットテストドライバー、シェルビーとマイルズを紹介している( Ford Europe のブログ記事SlashGear の記事動画 )。

Weather Factory は高湿度や高温・低温、高標高など、世界中のすべての気象条件での走行テストを可能にするために作られた施設だ。しかし、人間のドライバーが極限の環境でのテストをするには救急救命医の待機などさまざまな安全要件を満たす必要があり、特に高標高のテストでは条件が厳しいという。シェルビーとマイルズは -40 ℃ ~ +80 ℃ の環境で運転でき、非常に高い標高にも対応する。ロボットの脚はアクセル・ブレーキ・クラッチペダルに取り付けられ、腕の 1 本はシフトチェンジに、もう 1 本はエンジン始動・停止に使われるとのことだ。
typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...