パスワードを忘れた? アカウント作成

あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

13279512 story
Mozilla

Thunderbirdの将来の家 100

ストーリー by headless
計画 部門より
Mozillaは9日、メールクライアントのThunderbirdについて、Mozilla Foundationがプロジェクトの法的・財政的な本拠地を今後も提供する一方で、Mozilla Corporationのインフラストラクチャーから独立して運営を行う方針を発表した(The Mozilla Thunderbird Blogの記事The Registerの記事Ars Technicaの記事)。

Mozillaは2015年、Firefoxの開発に注力するため、Thunderbirdを切り離す方針を発表。プロジェクトの受け入れ先を探していた。受け入れ先の有力候補としてはSoftware Freedom Conservancy(SFC)とThe Document Foundation(TDF)が挙げられており、Thunderbirdを独立したプロジェクトとしてMozilla Foundationがホストする案も出された。

Thunderbird Councilではこれらの選択肢を検討してきたが、Mozilla以外の組織に移動すると技術的な問題の解決や強力なチームの構築の障害になるとの結論に達したとのこと。また、ThunderbirdはMozillaと近い関係にあり続けたいと考えており、MozillaもFirefoxに注力する一方でThunderbirdの成功を望んでいることもあるようだ。

ThunderbirdプロジェクトがMozilla Corporationからの独立を迅速に進められない場合、Mozilla Foundationの援助が打ち切られる可能性もある。ただし、当面の問題が解決したことで、プロジェクトでは技術的な問題に注力できるとのこと。中期的にThunderbirdはGeckoベースアプリケーションであり続けるが、長期的にはWebテクノロジーベースのコードに移行することを計画している。今後もパフォーマンスが高いオープンソースのセキュアな電子メールクライアントを維持していくため、高度に熟練したボランティア開発者を探しているとのことだ。
13279468 story
Twitter

チキンナゲット1年分獲得を目指したツイート、最多リツイート記録を更新 29

ストーリー by headless
更新 部門より
Wendy'sのチキンナゲット1年分獲得を目指した男性のツイートが、Twitterの最多リツイート記録を更新した(The Vergeの記事Softpediaの記事)。

米Wendy'sの公式アカウントからチキンナゲット1年分を無料でもらうには1,800万回リツイートされればいいとの回答を得た男性は、スクリーンショットを添えたツイートを日本時間4月6日に投稿した。リツイート回数は4月下旬に330万回を超えており、5月9日時点のリツイート回数は340万回を超えている。

これまでの最多リツイート記録は2014年にエレン・ディジェネリスがアカデミー賞会場でのセルフィーを添えて投稿したツイートで、4月6日時点で327万回を超えていた。この件が話題になってからエレンのツイートもリツイート回数が伸びており、男性のツイートが上回ったのは5月9日のことだ。

男性は4月18日にエレンが司会を務めるトーク番組「エレンの部屋 (The Ellen Show)」にも出演。エレンは1,800万リツイート達成に協力する条件として、2人のアカウントで一緒に1,800万リツイートを達成し、エレンの記録を男性が上回らないことを約束させていた。男性は番組で55インチLCD TVなどを贈られていたが、エレンは(セルフィーを撮影した)俳優のブラッドリー・クーパーが引き取りに行くとツイートしている。

なお、Wendy'sでは最多リツイート記録が更新されたことで目標を達成したとみなし、男性にチキンナゲットを贈るだけでなく、子供の里親を探す非営利の慈善団体Dave Thomas Foundation for Adoption(DTFA)に10万ドルを寄附するとツイートしている。ツイートには男性がWendy's発行の最多リツイート記録証明書とギフトカードらしいカードを持った写真が添えられてるが、チキンナゲット1年分に相当するのかどうかは不明だ。
13271854 story
Mozilla

Mozilla、Symantecが発行した証明書の信頼性回復に関する議論に参戦 86

ストーリー by headless
参戦 部門より
Symantecおよびパートナー企業が発行したSSL/TLS証明書の信頼性回復に関する議論にMozillaも参加するようだ。MozillaのGervase Markham氏がSymantecに対する提案の素案を公表し、Googleグループで検討が進められている(素案Googleグループ投稿The Registerの記事)。

Symantecが運営する認証局の過去2~3年にわたる問題はMozillaでも認識しており、調査を進めていたという。問題は2015年に発生したテスト証明書数千件の誤発行をはじめ、パートナー企業での問題を把握せずに放置していた点などが挙げられており、SymantecがCA/Browser ForumのBaseline Requrementなど業界の指針やベストプラクティスに従わず、顧客の利便性を優先してきたなどと批判している。

Markham氏はSymantecの提案による監査強化などの対策について、適切に実施されるかどうか保証がなく、信頼性の回復につなげるのは難しいと述べるなど、提案の実効性について疑問を呈する。その一方で、Googleによる2番目の提案、Symantecが公開鍵基盤(PKI)を刷新して証明書の発行を適切に管理できるようにすることを支持している。

SymantecがPKI刷新を受け入れない場合、PKIヒエラルキーをすべて含み、傘下のCAを含め発行可能な証明書の種類などを記入した組織図の提供を求めている。一方、EV証明書のEVステータス無効化は不要であるとし、証明書の有効期限はGoogleが提案する最長9か月に対し、最長13か月にすると述べている。
13263897 story
GNU is Not Unix

LibrebootはGNUプロジェクトに復帰すべきか 26

ストーリー by hylom
そんなに影響があったのか 部門より
headless曰く、

LibrebootがGNUプロジェクトへの復帰を目指し、Redditでスレッドを立ててコミュニティーの意見を求めている(LibrebootのニュースRedditPhoronix)。

Librebootを率いるメインテナーのLeah Rowe氏は昨年9月、あるFree Software Foundation(FSF)従業員が性転換者であることを理由に解雇されたと主張。FSFとGNUを猛烈に批判してGNU離脱を宣言した。今年1月にはRechard M. Stallman氏が離脱を認めるメッセージをGNUメーリングリストに投稿し、論争は一旦終結していた。

Rowe氏によるRedditへの投稿は具体的な論争の内容への言及を避けつつ、論争による混乱やLibrebootとFSF/GNUとの関係悪化といった出来事は起こるべきではなかったとし、LibrebootはGNUを離脱するべきではなかったと述べている。GNU復帰に関して他のメインテナーから強い反対意見は出ていないが、広い支持を得られるかどうかRedditのスレッドで確認したいとのこと。

これに先立つ4月2日、LibrebootのWebサイトではフリーソフトウェアコミュニティーに宛てた公開書状を掲載している。書状でシステム管理者のAlyssa Rosenzweig氏は、Rowe氏がコミュニティーの意見を聞かず独断でGNU離脱へ突っ走ってしまったと述べている。また、プロジェクトの民主的な運営や、一連の論争で起こった混乱を終結させる必要があるとも述べている。書状の後半では、Rowe氏が自身の行動が誤りであったことを認め、名指しで批判した人々に謝罪している。

13213561 story
スラッシュバック

SpaceX、Falcon 9ロケット第1段の再利用・再回収に成功 39

ストーリー by headless
成功 部門より
SpaceXは日本時間3月31日、過去のミッションで回収したFalcon 9ロケット第1段による商用通信衛星SES-10の打ち上げをケネディ宇宙センターLC-39Aで実施した(SpaceXのツイート[1][2]SESのプレスリリースWebキャスト動画)。

Falcon 9ロケットは日本時間31日午前7時27分に打ち上げられ、約32分後にSES-10を静止トランスファー軌道に投入、打ち上げは成功した。ロケット第1段は打ち上げから約9分後に大西洋上のドローン船「Of Course I Still Love You」に着陸し、再回収にも成功している。ペイロードを保護するフェアリングの回収にも成功したそうだ。

今回のロケット第1段は昨年4月の国際宇宙ステーション(ISS)補給ミッションCRS-8で使われたもので、SpaceXが初めて海上での回収に成功したロケット第1段でもある。SpaceXはこれまでに7機のFalcon 9ロケット第1段を回収しているが、軌道投入能力を持つロケットが再利用されるのは世界初とのこと。
13197624 story
スラッシュバック

ホバーボード飛行距離の世界記録保持者、フランス当局から暫定的な飛行禁止を命じられる 52

ストーリー by headless
禁止 部門より
ホバーボードによる飛行距離の世界記録を持つフランスのFranky Zapata氏に対し、開発中のホバーボード「Flyboard Air」による飛行を当局が暫定的に禁じたそうだ(Zapata氏のFacebook投稿LCIの記事Le Populaire du Centreの記事The Vergeの記事VentureBeatの記事)。

Zapata氏は昨年4月に行ったFlyboard Airの飛行テストで約50メートルの高さを2,252.4メートル飛行し、ギネス世界記録に認定されている。しかし、仏国家憲兵隊から出頭を命じられたZapata氏は、Flyboard Airが無認可の航空機に該当し、都市部を無許可で飛行していると言われたそうだ。Flyboard Airは地面から8センチメートル以上浮上しており、今後もテスト飛行を続ければ実刑になるとも言われたとのこと。

Flyboard Airの飛行テストに対しては、住民から騒音や風などへの苦情も出ていたようだ。民間航空総局は数か月にわたってZapata氏と話し合ってきたが、Zapata氏が事故防止のために十分な対策を行わなかったという。さらに、民間航空総局ではZapata氏が乗務員や操縦士としての試験を受ける必要があるとも述べている。Flyboard Airが規制をクリアし、認可を得れば飛行可能になるとのことだが、人が立って乗る小型飛行機に関する基準が存在しないため、そう簡単ではないようだ。

Zapata氏の会社は昨年、米防衛企業Implant Sciencesからの買収提案を断っているが、その他の企業からもオファーが来ているという。それでもZapata氏は、フランスでの開発を継続したいとのこと。Change.orgではフランス国内でFlyboard Airの飛行テストを継続できるようにすることを求めるキャンペーンも行われている。
13170886 story
Windows

Microsoft、Flash Playerのセキュリティ更新プログラムを定例外で公開 24

ストーリー by headless
例外 部門より
Microsoftは22日、Adobe Flash Playerのセキュリティ更新プログラムを定例外で公開した(セキュリティ情報の概要脆弱性情報MS17-005TechNetブログ — 日本のセキュリティチームの記事)。

この更新プログラムは提供が3月に延期された2月の月例更新の一部だ。修正される脆弱性はリモートでのコード実行が可能というもので、深刻度は「緊急」となっている。対象はWindows 8.1/10/RT 8.1およびWindows Server 2012/2012 R2/2016で、適用後のFlashバージョンは24.0.0.221となる。

AdobeはMicrosoftの月例更新に合わせて脆弱性情報を公表したが、該当バージョンのWindowsではInternet Explorer/Microsoft Edge向けのFlash Playerが更新できない事態になっていた。

更新プログラムはWindows Updateで適用できるほか、Windows RT 8.1を除きMicrosoft Updateカタログからの入手も可能だ。
13163249 story
Windows

Microsoft、Windows 10 RTMのサービス終了を5月に延期 21

ストーリー by headless
延期 部門より
MicrosoftではWindows 10バージョン1507(ビルド10240、RTM)に対するサービスを3月26日に終了すると発表していたが、5月まで延長されたようだ(Windows for IT Prosの記事Neowinの記事Softpediaの記事)。

Windows 10 Anniversary Update(バージョン1607)の更新済みメディアが1月26日にボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)でリリースされており、バージョン1507は60日間の猶予期間に入っていた。しかし、2月3日に更新されたWindows for IT Prosの記事では、猶予期間の日数が削除され、サービス終了が2017年5月に変更されている。なお、具体的なサービス終了日は示されていない。延期の理由として、Softpediaの記事では2月の月例更新プログラム提供延期との関係を指摘しているが、実際のところは不明だ。
13162336 story
ゲーム

モノポリーのコマ「指ぬき」退役へ 31

ストーリー by headless
不運 部門より
ボードゲーム「モノポリー」のコマ(token)として当初から同梱されていた「指ぬき(thimble)」の退役が決まったようだ(Monopoly公式アカウントのFacebook投稿Consumeristの記事PBS NewsHourの記事Fortuneの記事)。

発売元のハズブロは8月にモノポリーのアップデートを予定しており、1月にコマの人気投票を実施している。400万票を超える投票の結果は3月19日のWorld MONOPOLY Dayに発表される予定だが、一足早く指ぬきの脱落が発表された。ハズブロによれば、現在のファンにとって幸運の指ぬきは「輝き」を失ったものになっているとのこと。

指ぬきは「レーシングカー」「ブーツ」「シルクハット」「軍艦」とともに、1935年にコマが導入されて以来同梱されているオリジナルのコマの1つだ。1950年代初めに追加された「スコティッシュテリア」と「1輪の手押し車」、2013年に「アイロン」を置き換えた「猫」の8つが現在モノポリーに同梱されている。
13141860 story
スラッシュバック

生産中止が話題になった林業向けトラック、日野自動車が試作車両の開発へ 15

ストーリー by hylom
ここまではトントン拍子 部門より

先日「林業で使われているトラックが相次いで生産中止に、排ガス規制が影響」という話があったが、この話がネットで話題になったことから、日野自動車が新たな車両の開発を試験的に行うことになったという(Yahoo!個人ニュース)。

まだ試作段階で製品化されるかどうかは分からないが、ネットだけでなく、多くの人や組織から自動車メーカーに対する働きかけがあったようだ。

13129199 story
Mozilla

Mozilla、新ブランドアイデンティティーを発表、新ロゴは「moz://a」に 48

ストーリー by headless
決定 部門より
Mozillaは18日、7か月かけて検討を重ねてきた新ブランドアイデンティティーを発表した。新ロゴは既にMozilla.orgでも使われている(Mozilla Open Designの記事)。

新しいロゴは、「mozilla」をインターネットプロトコル風にアレンジした「moz://a」で、黒い長方形の地にハイライトカラーで抜いたもの。ロゴの書体はスラブセリフ系のフォント「Zilla」を使用する。ZillaはTypothequeがMozillaのために作成したもので、誰でも無償で使用できる。

「moz://a」のアイディアは「Protocol」として、8月に公開されたデザインコンセプト7点にも含まれていた。もともとのスタイリングは「Moz://a」のように先頭が大文字になっており、デザインコンセプトが4点に絞り込まれた9月の時点でも同様だったが、最終的には小文字に変更されたようだ。

ロゴは単体で使用するだけでなく、キャッチコピーやアイコン、イラスト、写真などと組みわ合わせて使用することも想定しているようだ。「moz://a」の文字色はFirefoxなどのWebブラウザーがハイライトカラーとして使用する色をベースにしたとのことで、9色が例示されている。今後スタイルガイドが策定され、色の組み合わせ方法などが決められるようだ。
13123685 story
スラッシュバック

SpaceXが5か月ぶりのFalcon 9ロケット打ち上げ、海上での回収も成功 19

ストーリー by headless
復活 部門より
SpaceXは日本時間15日、昨年8月以来5か月ぶりとなるFalcon 9ロケットの打ち上げを米国・カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地で実施した(WebキャストSpaceXのニュース記事SpaceXのツイート[1][2]Iridiumの更新情報)。

今回のミッション「Iridium-1」はIridiumのNEXT衛星10基を地球低軌道に投入するというもの。Falcon 9ロケットは日本時間15日2時54分に打ち上げられ、4時15分までに10基すべての配置完了を確認。打ち上げは成功した。ロケット第1段は打ち上げからおよそ8分後、太平洋上のドローン船「Just Read the Instructions」に着陸、回収も成功している。ドローン船上での回収成功は今回で5回目だ。なお、Iridium NEXT衛星は合計70基の打ち上げが計画されており、今後6回にわたってSpaceXが打ち上げを行う。

Falcon 9ロケットは昨年9月に打ち上げ前の試験で爆発事故が発生し、原因の調査が進められていた。原因としては、液体酸素タンク内の圧力を維持するためのヘリウムを格納するカーボンの外装とアルミニウムのライナーを組み合わせた圧力容器(COPV)の問題であることが10月時点で特定されていたが、1月2日に調査の完了と打ち上げの再開計画が発表された。短期的には固体酸素の発生を防ぐため、より温度の高いヘリウムを格納できるようCOPVの設定を変更するなどの措置が行われ、長期的にはCOPVの設計変更が計画されている。なお、今回のミッションは1月8日の実施予定が天候不順により延期されていた。
13119872 story
iPhone

初代iPhone発表から10周年を迎える 48

ストーリー by hylom
携帯電話でPCと同じブラウジングができた衝撃 部門より
headless曰く、

初代iPhoneが発表されてから1月9日で10周年を迎えた(Apple — iPhone at ten: the revolution continues )。

iPhoneは2007年1月9日、米国・サンフランシスコで開催されたMacworld 2007の基調講演で、スティーブ・ジョブズ氏が発表した。ジョブズ氏は「大画面でタッチ操作のできるiPod」「革新的な携帯電話」「画期的なインターネットコミュニケーションデバイス」の3点を挙げ、これらは3つのデバイスではなく、1つのデバイスだとしてiPhoneを紹介している(動画)。

初代iPhoneが対応するモバイルネットワークはGSM/Edgeのみだったため日本では発売されなかったが、翌2008年に発表された第2世代のiPhone 3GはW-CDMAネットワークに対応し、国内ではソフトバンクが発売する。2011年発表のiPhone 4Sではau、2013年発表のiPhone 5s/5cではドコモも取り扱いを開始。iPhone 5s/5c以降はAppleストアでもSIMフリー版が販売されており、国内市場で圧倒的なシェアを占めている。

13115586 story
EU

勤務時間外の連絡に対する被雇用者の「切断する権利」を規定した改正労働法、フランスで施行 49

ストーリー by hylom
明確化 部門より
headless曰く、

フランスで1月1日、勤務時間外や休暇中に電子メールなどデジタルツールによる連絡について、被雇用者の「切断する権利」を規定した改正労働法が施行された(NPRGuardianLes NumériquesJDN)。

法案を起草したミリアム・エル・コムリ労働・雇用・職業訓練・労使対話相の名前を取って「エル・コムリ法」とも呼ばれる改正労働法は2月に提案され、修正を経て7月に成立した。労働条件の規制緩和などを盛り込んだ法案には強い反対運動が起こったが、切断する権利に対する反対運動が広がることはなかったという。

デジタルツールの普及により勤務時間外でも電子メールなどによる連絡が常時可能となる中で、切断する権利を規定した改正労働法はデジタル時代の労働法と位置付けられる。切断する権利に関する条文では、休息時間や休暇を尊重するだけでなく、個人の時間や家族との時間を尊重するためのものとしている。

切断する権利はすべての被雇用者が持ち、毎年実施が義務付けられている労働条件交渉の一つに組み入れられる。被雇用者が合意すれば、切断する権利を制限することも可能だ。合意が得られない場合、雇用主は従業員代表委員会などと協議のうえで適切な規定を設ける必要がある。

ただし、切断する権利が有効となる時間帯などは法律で規定されておらず、労使の協議に委ねられている。なお、労働・雇用・職業訓練・労使対話省のニュース記事では、50名以上を雇用する企業に義務付けという記述もみられる。

13104969 story
Firefox

Mozilla、FirefoxのWindows XP/Vistaサポートに関する今後の予定を発表 26

ストーリー by headless
計画 部門より
Mozillaは23日、FirefoxのWindows XP/Vistaサポートに関する今後の予定を発表した(Mozillaブログ — Future Releasesの記事Firefoxヘルプの記事VentureBeatの記事)。

9月にFirefoxのWindows XPサポート縮小・廃止計画が話題となったが、Firefox 52がWindows XP/Vistaをサポートする最後のメジャーバージョンになるようだ。2017年3月頃にWindows XP/VistaのFirefoxユーザーは自動的に延長サポート版(ESR)へ移行し、セキュリティアップデートは2017年9月まで提供される予定だという。なお、Firefox 52のリリース予定は2017年3月7日となっている。

9月以降の予定については、2017年中ばにWindows XP/VistaのFirefoxユーザー数を再評価し、最終のサポート終了日を発表するとのこと。ただし、MicrosoftによるWindows XPのサポートは既に終了しており、Windows Vistaのサポートも2017年4月11日に終了する。サポートの終了したOSを使い続けることは危険であり、MozillaではMicrosoftがサポートするバージョンのWindowsに移行することを強く推奨している。Firefoxを使用している企業に対しては、2017年9月をFirefoxによるWindows XP/Vistaのサポート終了日と考えるべきだとも述べている。
typodupeerror

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

読み込み中...