パスワードを忘れた? アカウント作成

最新から新しい日記やタレこみを確認できますよ。

14083655 story
ゲーム

2019年のSteamでの新作ゲームおよびソフトウェアのリリース本数は8396本 18

ストーリー by hylom
一日あたり20本以上なのか 部門より

Anonymous Coward曰く、

PC向けゲーム配信プラットフォームSteamで2019年にリリースされたゲームおよびソフトウェアは 8396本だったという。2018年は8206本とのことで、微増という感じのようだ(AUTOMATON)。

Steamに対抗するゲーム配信プラットフォームとしてはEpic Games Storeがあるが、審査の緩いSteamに対し、Epicは配信タイトルを絞る方針で現状まだ200本程度しか扱われていない(ファミ通)。

コンテンツの提供に役割を絞り、あとはレビューなどのユーザーアクションに任せるスタイルのSteamと、対照的なEpic Store、勝つのはどっちだ。

14082674 story
ソフトウェア

紅白に登場した「AI美空ひばり」に賛否両論 127

ストーリー by hylom
完全なバーチャルじゃないところがまた 部門より

Anonymous Coward曰く、

昨年末のNHK紅白歌合戦では、美空ひばりの歌声をソフトウェアで再現した「AI美空ひばり」が登場したが、これに対し「感動した」「美空ひばりそっくり」という感激の声もある中「気持ち悪い」「死者の声を勝手に再現するのは倫理的に許されるのか」などの意見もあった(Togetterまとめ)。

なかでも間奏で「お久しぶりです。あなたのことをずっと見ていました。頑張りましたね。さあ、私の分までまだまだ頑張って」と語りかける部分は「死者の口を勝手に使って喋らせていいのか」と疑問に思った人も多かったようだ。

スラドの皆さんは死んだアーティストの姿形を再現して『新曲』を作ることについてどのようにお考えだろうか。

14074629 story
マイクロソフト

Microsoft、新旧Microsoft Edgeの共存方法を解説 39

ストーリー by headless
共存 部門より
MicrosoftがWindows 10環境で新旧Microsoft Edgeの共存方法を解説している(Microsoft Docsの記事Neowinの記事Softpediaの記事)。

Chromiumベースの新Microsoft Edge安定版をWindows 10環境にインストールすると、レガシー版(バージョン45以前)のMicrosoft Edgeは使用できなくなる。両方のMicrosoft Edgeを並行して使用できるようにする簡単な方法としては、新Microsoft Edge安定版のインストールをブロックし、新Microsoft Edgeベータ版をインストールする方法が紹介されている。

安定版の新Microsoft Edgeとレガシー版のMicrosoft Edgeを共存させる方法としてはグループポリシーを設定する方法が紹介されている。ただし、エンタープライズ向けに公開されているMicrosoft Edge管理テンプレートには該当するポリシーの説明を含むファイル(ADMLファイルおよびHTMLファイル)が同梱されているものの、テンプレート自体は含まれていなかった。

対応するレジストリ値は「msedgeupdatepolicylist.html」に記載されており、「HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft」にサブキー「EdgeUpdate」を作成し、DWORD値「Allowsxs」を追加して値のデータを「1」にすれば新旧共存が可能になった。レガシー版Microsoft Edgeはスタートメニューに「Microsoft Edge レガシ」と表示される。なお、この設定は新Microsoft Edge安定版をインストールする前に実行しておく必要がある。

多くのユーザーにとっては不要な設定と思われるが、個人的には段組みになる読み取りビューを時々使いたいことがあるので設定しておこうと思う。スラドの皆さんはいかがだろうか。
14073586 story
Chromium

Microsoft、Chromiumベースの新Microsoft EdgeをWindows 10に自動更新で提供へ 24

ストーリー by hylom
さようなら旧Edge 部門より

headless曰く、

Microsoftは17日、Chromiumベースの新Microsoft EdgeをWindows 10バージョン1803以降へ自動更新で提供する計画を明らかにするとともに、自動更新によるインストールをブロックするBlocker Toolkitを組織向けに公開した(Microsoft DocsOn MSFTSoftpediagHacksd)。

新Microsoft Edgeは来年1月15日の提供開始を目指す計画が11月に発表されている。Blocker Toolkitは自動更新によるインストールをブロックするもので、ユーザーによる手動インストールを妨げることはない。また、WSUSなどを導入している組織ではすべての更新プログラムの展開をコントロールできるため、Blocker Toolkitは不要だ。

Blocker Toolkitには自動更新による新Microsoft Edgeのインストールをブロックするレジストリ値をセットするためのコマンドスクリプトとグループポリシーの管理用テンプレートが含まれる。コマンドスクリプトはスイッチ「/B」を付けて実行すればブロック、「/U」を付けて実行すればブロック解除となる。オプションでコンピューター名を指定すると、リモートマシンのレジストリを設定することもできる。

該当のレジストリキーは「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\EdgeUpdate」で、レジストリ値はDWORD値で「DoNotUpdateToEdgeWithChromium」となっている。値のデータは「1」でブロック、「0」でブロックなしとなる。Blocker Toolkitに使用期限は設けられておらず、一度ブロックすれば解除しない限り自動更新で新Microsoft Edgeがインストールされることはない。

また、16日には新Microsoft Edge用の拡張機能ストア(Microsoft Edge Addons)ですべての開発者からの登録受付を開始している。17日には現行版Microsoft Edge(EdgeHTML)向け拡張機能の新規受付は終了し、既存の拡張機能の更新のみが受け付けられる。現行版Microsoft Edgeに拡張機能がインストールされている場合、新Microsoft Edgeのインストール時点でMicrosoft Edge Addonsストアに同じ拡張機能が登録されていれば自動で移行が行われるそうだ。

EdgeHTML拡張機能の開発者が合意した場合、Microsoftが新Microsoft Edge向けの移行を行い、Microsoft Edge Addonsストアに登録するという。移行完了後は開発者に所有権と管理権限が返還され、以降の更新や維持は開発者の責任となる。なお、新Microsoft EdgeではChromium用に作られた拡張機能が基本的にそのまま動作するとのことだ。

14073541 story
ソフトウェア

スマホのナイトモードに寝付きをよくする効果はなく、むしろ逆効果という研究結果 20

ストーリー by hylom
ちゃんと実験したらこうなった 部門より

最近では画面表示の色を変更する「ナイトモード」が搭載されたスマートフォンやアプリが増えているが、こうしたナイトモードには意味がないという論文が発表された(INTERNET WatchGuardianマンチェスター大学の発表)。

実験では、マウスと明るさを変えずに色味のみを変更できる照明を使用して、照明の色によってマウスにどのような変化が起こるかを調べたという。その結果、黄色よりも青色の照明のほうが、マウスの体内時計に与える影響が少ないという結果が得られたそうだ。

「ナイトモード」は、いわゆる「ブルーライト」を減らす効果があるとされるが、この実験では逆に青色よりも暖色のほうが体内時計に与える影響があり、「ナイトモード」に寝付きを良くする効果は無い、という結果になっている。

14070919 story
OS

中国で「Kylin OS」などを開発していた2社、新OSの開発計画を発表 43

ストーリー by hylom
ベースシステムも独自開発するのだろうか 部門より

Anonymous Coward曰く、

中国企業2社が「国内オペレーティングシステム」を共同で開発すると発表した。開発を行うのはChina Standard Software Company(CS2C)とTianjin Kylin Information(TKC)で、どちらも中国政府と深い関係性があるとされている(ZDNet)。

CS2CはWindows XPクローンとして知られる「NeoKylin OS」を作成したことで知られる。TKCはFreeBSDを元にした「Kylin OS」の開発メーカー。政府および軍事組織などに導入されているOSだという。両社は合同で新企業を設立し、新たなOSを開発する。

中国政府は、米トランプ政権による官公庁でのHuawei排除に対抗するため、2020年までに外国産テクノロジー製品を排除する方針を決めたと先日、報道されており、今回の国産OS開発の動きもそれにあわせたものであると考えられる(BusinessInsiderSlashdot)。

14070193 story
Google

Google、スマートフォン向け会話自動翻訳機能を公開 10

ストーリー by hylom
参入 部門より

Anonymous Coward曰く、

Googleが12月12日、スマートフォン向けのリアルタイム翻訳機能の提供を開始した( 朝日新聞CNET Japan)。

「Googleアシスタント」の音声通訳機能として提供されるもので、端末に向かって話した言葉を指定した言語に翻訳して表示するとともに音声で再生する。対応する言語は44言語で、Androidだけでなく、iOSでも利用できる。

14069147 story
マイクロソフト

Microsoft Security Essentialsも1月14日で終了へ 6

ストーリー by headless
終了 部門より
Microsoftが11月末に更新したWindows 7の拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)に関するFAQで、Microsoft Security Essentials(MSE)のサポートが2020年1月14日で終了することを明記している(FAQ日本語版Softpediaの記事Computerworldの記事)。

現在、MSEがサポートするのはWindows 7のみとなっており、Windows 7と同じ製品ライフサイクルが設定されている。これによりESUを利用しているかどうかにかかわらず、Windows 7の延長サポートが終了する2020年1月14日以降はMSEもWindows 7を保護しなくなるという。

一方、System Center Endpoint Protection(SCEP)についてはESUを利用しているかどうかにかかわらず、各バージョンの製品ライフサイクルに従ってWindows 7にもウイルス定義の更新が提供され続けるとのこと。SCEP 2012の延長サポートは2022年7月で終了するが、SCEP Current Branchは2023年1月まで更新が提供される。

当初のMSEは個人ユーザー限定で提供されていたが、2010年10月以降は小規模企業でも利用可能になっている。MSEはWindows XPのサポート終了後Windows Vistaのサポート終了後は各OSに一定期間更新が提供されていたが、今回は延長しないようだ。Computerworldの記事では1月14日以降も更新が提供されることに期待を示しているが、現在MSEで保護されているWindows 7マシンでESUを利用する場合、その後もWindows 7をサポートするセキュリティソフトウェアへの乗り換えを準備しておく必要があるだろう。
14068777 story
ソフトウェア

NGINXの所有者を巡る争い、NGINXオフィスに強制捜査が入る事態に 29

ストーリー by hylom
業務とOSS問題 部門より

12月12日、オープンソースのWebサーバー「NGINX」を開発するロシア・NGINX社にロシア警察の強制捜査が入ったという(ZDNetGIGAZINESlashdot)。

NGINXの創業者はロシア人だが、現在は米F5 Networkの傘下となっている。NGINXに対してはロシアで検索事業などを手がけるRamblerグループか知的財産権侵害の申立が行われている。Ramblerによると、NGINXを開発したIgor Sysoev氏はかつてRamblerで働いており、その時にNGINXの開発を行っていたことからNGINXの権利はRamblerが所有していると主張しているようだ。いっぽうSysoev氏はRambler社で働きながらNGINXを作ったことは認めているが、業務とは関係なく余暇の時間に作っていたとしている。

14068193 story
ソフトウェア

オムロンとスクエニ、人間のモチベーションを高めるAIを開発へ 33

ストーリー by hylom
札束出した方が早いのでは 部門より

Anonymous Coward曰く、

オムロンとスクウェア・エニックスが、「人のモチベーションを高めるAI」を共同で研究することを発表した(ITmediaオムロンの発表)。

オムロンの「人の表情から感情を読み取る」技術と、スクエニの「プレイヤーごとにゲームの展開を変化させる」技術を組み合わせて実現するという。将来的には、AIが人の感情に合わせて仕事の生産性を高めるようなアドバイスを行うサービスの開発を目指すとしている。

まずはオムロンが開発した卓球ロボット「フォルフェウス」にこのAIを搭載し、卓球のラリーを通して対戦相手のやる気を引き出す実証実験を行うとのこと。

14067957 story
Twitter

公衆電話からポケベル風インターフェイスでTweetできるシステム 19

ストーリー by hylom
電話さえあればこれでTweet可能に 部門より

かつてのポケベルのように、電話機のプッシュボタンを使ってメッセージを入力してTwitterに投稿できるサービスが開発された(INTERNET Watch開発者のブログデモアカウントソースコード)。

指定の電話番号に電話をかけ、プッシュボタンで「*2*2」を入力後、ポケベルと同じルールでメッセージを入力、最後に「##」と入力するとその内容が投稿される。

システムとしては、オープンソースのIP-PBXソフトウェア「Asterisk」を使用しているそうだ。

14067951 story
グラフィック

Exifでの写真の縦・横方向指定問題、画像認識ソフトウェアに影響 39

ストーリー by hylom
分かる 部門より

Anonymous Coward曰く、

JPEGなどの画像ファイルに埋め込まれているメタデータ「Exif」では画像の方向(縦もしくは横)を指定できる項目がある。これを利用することで、画像部分のデータを変更することなしに表示方向を制御できるのだが、これを正しく処理できない画像認識ソフトウェアが存在していると言う(GIGAZINE)。

昔はWebサービスでもそういうのがあったけど、人工知能関連だと確かに注意して実装しないとだめだな。

たとえば、画像データは横向きになっていてExif情報でそれを縦に表示するよう指定している場合、それを考慮して90度回転させて処理させなければならないが、そういった処理を行なっていないソフトウェアは少なくないという。

14067190 story
グラフィック

JPEG規格上で最も圧縮した写真が記録できる自作デジカメ 35

ストーリー by hylom
そんな仕様なのか 部門より

Raspberry PiのカメラモジュールAPI「picamera」では、JPEG保存時の画質設定を一般的なソフトウェアよりも大幅に低く設定できるそうだ。これを利用して、最低品質で撮影した画像を保存するカメラを作り撮影を行った話がデイリーポータルZで紹介されている

記事では、モバイルバッテリーとRaspbery Pi、小型液晶ディスプレイ、カメラモジュールなどで作った自作カメラで撮影を行っている。撮影された画像はドット絵のようで、ぎりぎり撮影対象が認識できるかできないかというレベルになっているのが面白い。

14066387 story
MacOSX

16インチMacBook Proでオーディオ再生停止時などにポップノイズが出る問題、Appleはソフトウェアの問題だと説明 48

ストーリー by hylom
そんな問題が 部門より

headless曰く、

16インチMacBook Proでオーディオ再生の停止時などにスピーカーから「プチッ」というポップノイズが出る問題が発生しているのだが、Appleが正規サービスプロバイダーに対し、ソフトウェアの問題だと説明しているそうだ(Mac RumorsSlashGear9to5Mac)。

この問題はオーディオ/ビデオの再生を停止した場合や再生位置を変更した場合などにポップノイズが出るほか、再生中にポップノイズが繰り返し発生することもあるようだ(動画)。Mac Rumorsが入手したApple正規サービスプロバイダー向けのメモによると、Appleは再生終了時に発生する問題を調査しており、将来のソフトウェアアップデートで修正する計画だという。問題はソフトウェアにあるため、修理や交換による対応をしないよう求めている。

14066293 story
ソフトウェア

Excelの表の罫線の引き方、最近は横線しか引かないのが主流? 69

ストーリー by hylom
印刷するならそっちの方が見やすい? 部門より

Anonymous Coward曰く、

Togetterにて、「なぜ最近の若者はエクセルに線を引かないのか?」と言われるが、若いからではなく最近のやり方がこうなのでは?という話が取り上げられている。

Webとか論文とかでは横線だけの表をよく見るけど、Excelでも今はこちらが主流なのか?

typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...