パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

13356097 story
ゲーム

Switchの累計販売台数は120万台、スプラトゥーン2は3日間で67万本を販売 24

ストーリー by hylom
好調 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

7月26日に任天堂の第1四半期決算短信が発表されたほか、ゲーム機の販売実績主要タイトル販売実績も公開されている。これによると、6月末までのNintendo Switch販売台数は470万台。前世代機であるWii Uの販売台数が1,356万台とのことなので、発売から3か月でWii Uの総販売台数の3分の1以上を売り上げたことになる。また、主要ソフトの販売実績はゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドが392万本、マリオカート8 デラックスが354万本、1-2-Switchが122万本、ARMSが118万本。

なお、7月21日に発売されたNintendo Switch向けの人気シューティングゲーム続編「スプラトゥーン2」は3日間で推定670,955本を売り上げるなど、好調な出足となっている(ファミ通.com)。

13353780 story
ソフトウェア

Adobe、Flashの終息計画を発表。Flash Playerは2020年末に終了予定 36

ストーリー by hylom
あと3年 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

AdobeがFlashの今後についての発表を行った(Adobeの発表)。

これによると、AdobeはFlashの終了を計画しており、まず2020年末までにFlash Playerのアップデートおよび配布を終了するという。代替技術としてはHTML5を推進し、またアニメーション制作ツール「Animate CC」や動画編集ツール「Premiere Pro CC」では今後HTML 5サポートが継続されるという。

これに合わせて各WebブラウザのFlashサポートも段階的に終息されるとのこと。

13351769 story
Mozilla

Mozilla、音声認識アプリケーションのために「声」の寄付を募集中 12

ストーリー by hylom
日本語にも対応するのかな 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Mozillaが現在、声の寄付を募集している。将来的に音声認識アプリケーションを構築する最初の一歩だという(MashableZDNetSlashdot)。

スタートしたプロジェクトの名前は「Common Voice」といい、一般からオーディオサンプルを約10万時間集めてオープンに利用可能にできるようにするのが目標。音声認識アプリケーションの実現には十分な大きさのデータベースが必要で、それには大量の音声ファルが必要であるということらしい。Mozillaでは、音声をテキストに変換してプログラミングを行えるようなものを作りたいと考えているようだ。

13351761 story
グラフィック

Windows 10 Fall Creators Updateで削除される機能が公表される。ペイントは「非推奨」となりWindowsストアで提供 73

ストーリー by hylom
色々と変わる模様 部門より
headless曰く、

Microsoftは21日、Windows 10 Fall Creators Updateで削除または非推奨となる機能のリストを公開した。海外メディアでは「ペイント(mspaint.exe)」が「非推奨」になったことに注目が集まっているようだ(Microsoftサポート技術情報The GuardianThe VergeBetaNews)。

非推奨の機能は現在アクティブに開発が行われていないもので、将来のリリースでは削除予定とされる。このほか、リストアップされているのは以下のような機能だ。各機能の名称は可能な限り日本語化したが、Windows上での表記とは違うものがあるかもしれない。お気づきの点があればご指摘いただきたい。

  • 削除
    • 3D Builder
    • Apndatabase.xml
    • EMET
    • Outlook Express
    • リーダー
    • Windowsリーディングリスト
    • テーマのスクリーンセーバー機能
    • Syskey.exe
    • TCPオフロードエンジン
    • Tile Data Layer
    • TPM所有者パスワード管理
  • 非推奨
    • 同期の設定
    • IIS 6管理互換性
    • IISダイジェスト認証
    • ペイント
    • IIS用のRSA/AES暗号化
    • システムイメージバックアップ(SIB)
    • TLS RC4暗号
    • TPM.mscおよびTPMリモート管理
    • TPMリモート管理(レガシーコード)
    • System Center Configuration Managerを使用したWindows Hello for Businessの展開
    • Windows PowerShell 2.0

中には「リーダー」アプリのようにWindows 10の標準ではインストールされていないものや「リーディングリスト」アプリのようにWindows 10 Mobileにのみ対応しているものもある。また、「Outlook Express」のように既に機能していないレガシーコードを削除するといったものや、新機能/新バージョンで置き換えられるものもある。EMETは2018年7月のサポート終了に先立って実行がブロックされるため、Windows Defenderセキュリティセンターに追加されるExploit Protection(Windows 10 Insider Previewビルド16241日本語版では「悪用保護 」となっている)の使用を検討すべきとのこと。なお、SMBv1がデフォルトで無効になるについては触れられていない。

ペイントが削除されることは大きな話題となり、これを受けてMicrosoftはペイントをWindowsストアで提供する計画を明らかにした。その一方で、Windows 10 Creators Update以降で利用できる「ペイント3D」アプリにペイントの機能を取り入れていくとも述べている。この点はサポート技術情報にも追記された。

追記(by headless): 「非推奨」の位置がずれていたので修正。TPMのタイプミスも修正した。

13350635 story
ゲーム

会話エンジンを開発する「シーマン人工知能研究所」設立 11

ストーリー by hylom
あのシーマンだった 部門より

ドリームキャストで発売された異色のゲーム「シーマン」の開発者が、「シーマン人工知能研究所」を立ち上げた。「AIによる会話エンジン」の研究を行うという(ギズモード・ジャパン)。

シーマンは、画面内に登場する「人面魚」とマイクを使ってコミュニケーションを取れるというゲーム。このゲームでも音声認識機能は使われていたが、これを発展させて人工知能による日本語での会話を実現させることを目的としているという。なお、「シーマン」の名が冠されているものの、実際にこの技術を使った「シーマン」の新作が登場するかは未定だそうだ。

13349743 story
ソフトウェア

ヤフー、「Yahoo!ツールバー」の終了を発表 22

ストーリー by hylom
スマホアプリを執拗に勧めるのも止めて欲しい 部門より

Yahoo! JAPANがWebブラウザ用ツールバー「Yahoo!ツールバー」のサービス終了を発表したASCII.jp)。

Yahoo!ツールバーのFirefox版については2015年12月に提供が終了していたが、Internet Explorer版については提供が継続されており、セキュリティソフトにマルウェアと誤判定されるケースもあった。

今回のサービスの終了は近年のインターネット利用環境の変化や、利用状況を踏まえたものとされている。また、現在Yahoo!ツールバーをインストールしている利用者に対してはアンインストールが推奨されている。

13349291 story
Ubuntu

Canonical、Ubuntu 18.04 LTSの標準搭載デスクトップアプリに関する意見を募集 30

ストーリー by headless
募集 部門より
Ubuntu 18.04 LTSに標準搭載するデスクトップアプリケーションについて、CanonicalのDustin Kirkland氏が意見を募集している(Ubuntu Insightsの記事Phoronixの記事Softpediaの記事)。

Kirkland氏は3月、Ubuntu 17.10に関する要望をHacker Newsで募集しており、予想以上の成果が得られたようだ。CanonicalはUbuntu 18.04 LTSで標準デスクトップ環境をUnityからGNOMEに変更する方針を4月に発表しているが、これもHacker Newsで要望の多かったものであり、既にUbuntu 17.10のベータコードに含まれているという。

UnityからGNOMEへの切り替えに伴い、Canonicalは同梱するデスクトップアプリケーションの検討を行っているが、幅広い意見を取り入れるために意見募集を行うことにしたそうだ。

意見は記事をクロスポストしたHacker NewsやReddit、Slashdotでコメントとして受け付けることを想定していたようだが、その後Googleフォームから送信可能となった。1つのカテゴリーに複数のアプリケーションを指定する場合はカンマで区切って入力すればいい。FOSSでないアプリケーションは「Vivaldi , non-free」のように「, non-free」を付記、該当カテゴリーで完全にWebアプリケーションへ移行している場合、「Gmail-web」のように「-web」を付記してほしいとのこと。
13349018 story
プログラミング

IEEE Spectrumの人気プログラミング言語ランキングでPythonが1位に 60

ストーリー by headless
人気 部門より
IEEE Spectrumの人気プログラミング言語ランキング「The Top Programming Languages 2017」で、昨年3位だったPythonが1位に上昇している(IEEE Spectrumの記事Neowinの記事The Registerの記事)。

昨年1位のCと2位のJavaはそれぞれ1ランクずつ下げて2位と3位になっている。1位~8位でSpectrum Rankingスコアが減少したのはC(-0.3点)とPHP(-1.3点)のみであり、減少幅も小さい。順位では5位のC#と6位のR、7位のJavaScriptと8位のPHPがそれぞれ入れ替わっているが、4位のC++は昨年と変わらず、上位の変動は少ない。9位のGoは昨年の10位から1ランク上昇(+4.3点)、初のトップ10入りを果たした10位のSwiftは4ランク上昇(+7.4点)している。一方、昨年9位だったRubyは3ランク下降(-1.9点)して12位となった。

このほか、スコアを大きく伸ばしているのは17位のShell(+13.1点、2ランク上昇)、21位のRust(+9.9点、5ランク上昇)、38位のABAP(+9.6点、4ランク上昇)、32位のProlog(+7.7点、5ランク上昇)。逆にスコアの減少幅が大きいのは47位のLadder Logic(-25.7点、12ランク下降)、26位のObjective-C(-7.2点、6ランク下降)、34位のLisp(-3.2点、4ランク下降)などとなっている。
13348058 story
ソフトウェア

AvastがPiriformを買収 20

ストーリー by headless
買収 部門より
Avast Softwareは19日、CCleanerなどのユーティリティーを開発するPiriformの買収を発表した(AvastのプレスリリースPiriformのブログ記事VentureBeatの記事BetaNewsの記事)。

CCleanerは不要なレジストリ項目や不要ファイルを削除することでWindowsを高速化するユーティリティー。その効果についてMicrosoftからは否定的な意見も出ているが、ユーザー数は1億人を超えているそうだ。Mac版Android版も提供されており、Android版のユーザーは1,500万人にのぼるという。

AvastはAvast Cleanupのほか、昨年買収したAVGAVG TuneUpなどの最適化ユーティリティーを提供しているが、CCleanerブランドは別途維持し、継続してサポートしていく。CCleanerが加わることで、パフォーマンスを求めるより広いユーザー層に到達できると期待しているようだ。なお、Piriformが提供しているDefragglerRecuvaなど、CCleaner以外のユーティリティーについては言及されていない。
13341701 story
Windows

Windows Server初のInsider Previewビルドが提供開始 21

ストーリー by headless
提供 部門より
Microsoftは13日、Windows Server初のInsider Preview版となるビルド16237の提供を開始した(Windows Experience Blogの記事)。

ビルド16237はISOイメージとシンボルがダウンロードページで提供されており、Windows Insider Program for BusinessまたはWindows Insider Programに登録したアカウントでログインすればダウンロードできる。コンテナーイメージはDocker Hubで提供される。ビルド16237の使用期限は2017年12月4日まで。プロダクトキーはWindows Experience Blogの記事に掲載されており、プリリリースサイクルを通じて使用できるとのこと。

なお、Windows Insider Program for Buinessの登録にはAzure Active Directory(AAD)アカウントを使用するのだが、ダウンロードページではAADアカウントでのアクセスに一時的な問題が発生しているという。そのため、問題が解決するまではMicrosoftアカウントでWindows Insider Programに登録してアクセスする必要がある。

また、13日にはWindows 10 Insider Preview ビルド16241およびWindows 10 Mobile Insider Preview ビルド15230がファーストリング向けに提供開始されている。本ビルドではWindows 10 Fall Creators Updateで2回目のBug Bashも実施中だ(Windows Experience Blogの記事[2])。
13341658 story
iOS

Apple、iOSの広告ブロックはSafari用のものだけを認める方針か 36

ストーリー by headless
方針 部門より
AppleがiOSの広告ブロックアプリについて、Safari用のものだけを認める方針に転換したと報じられている(9to5Macの記事Mac Rumorsの記事)。

iOS 9以降ではSafariの拡張機能として広告ブロック機能を提供できるようになっているが、VPN/ルート証明書を使用してSafari以外のアプリで広告ブロックを提供するアプリもApp Storeで入手可能だ。こういったアプリを開発するFutureMindがアプリを更新しようとしたところ、App Storeのレビューで却下されたという。Appleは2015年に独自のルート証明書をインストールする広告ブロックアプリをApp Storeから削除しているが、これとは別の理由のようだ。

FutureMindによれば、Appleは今後Safariのコンテンツブロック機能を使用する広告ブロックのみを許可し、VPN/ルート証明書による広告ブロックは許可しないと言われたそうだ。さらに、FutureMindのアプリはApp Store審査ガイドラインの4.2に違反するとも指摘されたとのこと。

ガイドライン4.2はアプリの最低限の機能を規定するものだ。4.2.1では「用途に合ったAPIおよびフレームワークを使用し、アプリケーションの説明に記載」することを求めており、広告ブロックがVPN/ルート証明書の用途に合わないと判断されたものとみられている。

これについてAppleは、ガイドラインを変更したわけではないと9to5Macに説明。App Storeでは他のアプリの機能を妨げるアプリをこれまでも認めておらず、サードパーティーアプリの広告をブロックするアプリは削除するという。さらに、Appleは開発者が収入を得る手段の一つとして、広告を支持しているとも述べたとのことだ。
13335950 story
Android

Google、SMBv1にのみ対応するAndroid用Sambaクライアントを公開 57

ストーリー by hylom
なぜ今更 部門より
headless曰く、

GoogleがAndroid向けのSambaクライアント「Android Samba Client」をGoogle Playで公開したのだが、対応プロトコルがSMBv1のみになっていることが話題となっている(Android PoliceNeowinRegister9to5Google)。

Android Samba Clientはローカルネットワーク上の共有フォルダーをマウントし、Android標準のファイル管理機能でアクセスできるようにするというものだ。ただし、共有フォルダーをブラウズする機能はなく、直接UNCパスを入力してマウントする必要がある。また、マウントを解除する機能が搭載されていないため、マウントを解除するにはアプリのデータを消去するしかないようだ。

SMBv1は30年近く前に開発された古いプロトコルであり、最近はWannaCryptなどSMBv1の脆弱性を悪用するランサムウェアの攻撃が注目を集めた。MicrosoftはWindows 10の次の大型アップデート「Fall Creators Update」でSMBv1を無効化する計画だ。

アプリを公開しているアカウントはChromeアプリなどを提供する「Google Inc.」ではなく、Live Caseアプリなどを提供する「Marketing @ Google」というアカウントだ。共有フォルダーにアクセス可能なファイル管理アプリはGoogle以外の開発者も公開しており、中にはSMBv1にのみ対応するものもある。しかし、他社のセキュリティには厳しいGoogleがSMBv1にのみ対応したアプリを公開したことから、皮肉に受け取られている。

なお、このアプリのソースコードはGitHubで公開されており、SMBv3への対応なども進められている。

13334911 story
インターネット

地方ニュースを自動生成する試みにGoogleらが80万ドルを提供へ 18

ストーリー by hylom
どこまでやれるか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Googleと欧州の出版社が共同で運営している、報道に関する技術や革新を支援する活動であるDigital News Initiativeが、英The Press Assocationに80万5,000ドルを提供し、ニュースの自動執筆ソフトウェアを開発するという(recodeTechCrunch)。

目標は地方に関するニュース(ローカルニュース)毎月3万件を自動作成するというものになっている。現在インターネット上で無料で読めるコンテンツが多数登場しており、その結果地方の中小メディアがダメージを受けている。その結果、地方のニュースが書かれなくなるようになることが危惧されており、それを自動化で補おうというコンセプトのようだ。

13333029 story
パテント

EFF、食事の栄養情報を記録して今後の計画に役立てるというソフトウェア特許を批判 6

ストーリー by headless
献立 部門より
EFFが毎月バカバカしい特許に贈る「Stupid Patent of the Month」の6月分で、摂取した食品の栄養情報を記録してメニューの計画に使用するというコンピュータープログラムの特許が選ばれている(Deeplinks Blogの記事)。

この特許(United States Patent 6,817,863)は2001年に出願され、2004年に登録されている。プログラムは食品の栄養情報を提供するデータベースと摂取した食品を日付ごとに入力するユーザーインターフェイスで構成され、毎日摂取した栄養素のやカロリーといった情報を確認できるというもの。栄養情報は食品カテゴリー別に色分けして表示され、データベースから不要な食品を削除したり、栄養情報を編集することも可能となっている。

これについてEFFは、コンピューターを用いたデータの記録と追跡は2001年時点でも新規性がないだけでなく、抽象的なアイディアをソフトウェア特許として認めないという米連邦最高裁の判決(Alice v. CLS Bank、Alice判決)が出ていることから、この特許の請求項は無効だと主張。特許を保有するDynamic Nutritionは特許侵害訴訟をたびたび提起しているが、最初の訴訟では被告のUnder Armourが棄却申立 を行い、Dynamic Nutritionが反論する前に棄却が認められたという。

コンピューターを用いて食事の計画を行う特許はDynamic Nutritionだけでなく、DietGoalというパテントトロール企業も同様の特許を保有して10件以上の訴訟を提起していたそうだ。DietGoalの特許はAlice判決に照らして無効とする連邦地裁判決が出されており、控訴裁判所でも判決を指示しているという。この判決の論理はDynamic Nutritionの特許にも適用されるとEFFは主張する。

EFFは最近「Saved By Alice」プロジェクトを開始し、Alice判決を根拠とした反論がバカバカしいソフトウェア特許に打ち勝った例をまとめている。
13327619 story
ソフトウェア

「Mir」を「Wayland」のコンポジターとして実装可能か、実現性の検証が行われる 16

ストーリー by hylom
小規模チームにとっては難儀なようで 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

Canonicalが独自のディスプレイサーバー「Mir」を、デスクトップ環境「MATE」がコンポジターとして利用する可能性があるという。

もしかしたら「MATE on Mir on Wayland」が登場する日が来るかもしれません。

今後、ディスプレイサーバーとしてWaylandの採用が増えていくと思われるが、X Window System向けに開発されていたデスクトップ環境がWaylandをサポートするには多くの追加実装が必要となる。そのため、Mirをうまく活用してその工数を減らせないか検討しているという。

typodupeerror

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

読み込み中...