パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのRSSを取り込んでみよう。

13742547 story
マイクロソフト

Microsoftがオープンソースソフトウェアの特許紛争対策組織OINに加入、6万件の特許を提供へ 43

ストーリー by hylom
ソフトウェアの分野で争う時代は終わったのか 部門より

米Microsoftがオープンソースソフトウェアを特許のリスクから保護することを目的としたコンソーシアムOpen Invention Network(OIN)に加入したことを発表した(GIGAZINEOSDN Magazine)。

OINは元々はLinuxやLinux関連アプリケーションに対する脅迫的な特許紛争を防ぐために設立された組織で、IBMやNovell、Red Hat、SONYによって立ち上げられた。その後NECやOracleなども参加し、Linuxに関連する特許をプールしている。

OINが設立された理由の1つとしてMicrosoftとの特許紛争に対する危惧があったが、MicrosoftのOIN加入はMicrosoftとオープンソースとの争いの終わりを象徴する出来事だろう。

13742617 story
海賊行為

海賊版ゲームを大量にインストールしたPS4をeBayで販売していた個人、米国で摘発される 22

ストーリー by hylom
どう見てもアウト 部門より

米国でJailbreak(脱獄)済みのPlayStation 4に大量の海賊版ゲームプリインストールしてeBay販売した個人が逮捕されたという(AUTOMATONTorrentFreak)。

販売価格は定価より200ドル高い499ドルで、プリインストールされていた海賊版は63本にも上るそうだ。また、自身のWebサイトでも改造済みのPlayStation 3およびPlayStation 4を販売しており、このサイトでは「自由を手に入れられる」「ゲームを買うのはやめろ」などと主張していたという。

PlayStation 4は2015年にJailbreak手法が発見されていたものの、その後対策済みファームウェアがリリースされており、最近のゲームは当時のファームウェアでは動作しないためPlayStation 4の海賊版問題はあまり目立たない状況だった。しかし最近になってより新しいバージョンのファームウェアの脆弱性を悪用してJailbreakを行う方法が発見され、不正にコピーした比較的新しいゲームやソフトウェアをJailbreak済み本体でプレイできるようになっていたという(TorrentFreakの過去記事)。

13730189 story
Sony

PS4と他社プラットフォームのクロスプレイが解禁 34

ストーリー by hylom
PlayStation体験とは 部門より

PlayStation 4やXbox One、Nintendo Switch、PC、スマートフォンなどさまざまなプラットフォームでリリースされている人気オンラインゲーム「Fortnite」では、PlayStation 4版のみ他プラットフォームのプレイヤーと対戦/共闘が行えず、またアカウント情報の引き継ぎも制限されていることが以前話題になった。これはSony Interactive Entertainment(SIE)が他プラットフォームとのクロスプレイを認めないためとされていたが、この方針が転換されるという(ファミ通.com4Gamer)。

これを受けて、Fortniteでも他プラットフォームとのクロスプレイを可能にするβテストが開始される(PlayStation BlogGAME Watch)。

今後他のタイトルでもクロスプレイがサポートされる可能性があるが、現時点ではFortnite以外のタイトルにおける対応は未定。

Xboxプラットフォームにおいては、2016年に他機種とのクロスプレイをサポートすることが発表されていた(過去記事)。

13721512 story
ゲーム

プレイステーションミニ発表、残り15タイトルは? 90

ストーリー by hylom
中身はvita-TVだったりして 部門より

PlayStationの筐体をそのまま小型化したような本体にPlayStation向けゲーム20タイトルを収録したゲームハード「プレイステーション クラシック」が発表された(PlayStation.Blog)。希望小売価格は9,980円(税別)で発売日は12月3日。

NurseAngel曰く、

ファミコンミニからスーファミネオジオメガドラに続くミニ化のパクリです。ついにCD世代がシリーズに入るとはびっくりですね。

その勢いでDUOミニと3DOミニとプレイディアミニも早くするんだ!! タイトル数は20、うち5作品が判明しています。

  • ワイルドアームズ
  • JumpingFlash!アロハ男爵ファンキー大作戦の巻
  • 鉄拳3
  • ファイナルファンタジーVIIインターナショナル
  • R4 RIDGE RACER TYPE 4

ということで残り15タイトルを勝手に大予想!(※シリーズ物は初代のみ対象とする)

  • カルネージハート
  • ミサの魔法物語
  • どきどきポヤッチオ
  • プリズマティカリゼーション
  • トイズドリーム
  • 森高千里サファリ東京
  • サイキックフォース
  • ゲッP-X
  • キャプテン・ラヴ
  • アランドラ
  • 天誅
  • プリズムコート
  • 太陽のしっぽ
  • 風のクロノア
  • アインハンダー

これで間違いないだろ!!俺得!!!!

13717961 story
著作権

Sony Music、J.S.バッハの著作権を保有していると主張 122

ストーリー by headless
主張 部門より
ミュージシャンのJames Rhodes氏がJ.S.バッハのパルティータ1番の一部を自ら演奏し、動画をFacebookで公開したところ、Sony Music Entertainment(SME)が著作権侵害を主張して動画の一部がミュートされる問題が発生したそうだ( Ars Technicaの記事EFFの記事Rhodes氏のツイート)。

動画は1分11秒の短いものだが、SMEはそのうち47秒分の音声が同社の保有しているものと一致すると主張。バッハは1750年に死去しているので、楽曲自体はパブリックドメインだ。録音物に関してはSMEが著作権を保有している可能性もあるが、この動画はRhodes氏が自ら演奏したものであり、当然SMEに権利はない。

Rhodes氏は自身の演奏による音声であり、すべての権利は自分が保有していると反論したが、SMEは却下。Sonyのクラシックや広報の責任者に電子メールで連絡し、この問題を報告したRhodes氏のツイートが数千回リツイート/いいねされたのち、ようやくミュートは解除されたとのこと。

著作権侵害の検出は自動化されているため誤検出はよくあることだが、本件では動画を人の目で確認すれば誤検出だとわかるはずであり、反論に対する検証が正しく行われていないようにみえる。
13698034 story
Sony

PlayStation 2や周辺機器のアフターサービス、8月31日で終了 12

ストーリー by hylom
ついに終了 部門より

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアが、PlayStation 2の本体及び周辺機器のアフターサービス受付を8月31日で終了すると発表した(ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアの発表)。

すでに修理部品の在庫がなくなり次第受付を終了するとしていたが、実際に修理部品の在庫が尽きてきたようだ。

13698019 story
携帯電話

多くのAndroidデバイスはATコマンド経由でハックできる? 34

ストーリー by hylom
秘密の命令 部門より
taraiok曰く、

多くのAndroidデバイスではUSB経由で「ATコマンド」というコマンドを使って外部から操作が可能になっているそうだが、各社がそれぞれ独自のATコマンドを提供しており、それによって脆弱性が生まれているそうだ(Bleeping ComputerSlashdot)。

研究チームによると、主要Androidメーカーの多くの製品がATコマンドセットをカスタマイズして搭載しているという。調査対象となったのはASUS、Google、HTC、Huawei、Lenovo、LG、LineageOS、Motorola、Samsung、Sony、ZTEの製品で、その結果これらのデバイスが3,500種類以上のATコマンドをサポートしていることが分かったそうだ。

攻撃者はUSB経由でターゲットとなるデバイスに接続してこういった「秘密のATコマンド」を実行することで、デバイスのファームウェアを書き換えたり、Androidのセキュリティメカニズムを迂回したり、機密情報を抜き取ったり、スクリーンロックを解除するといったことが可能になる。

多くのATコマンドは、電話機のUSBデバッグ機能が有効になっている場合にのみ使用できるとされているが、今回の調査ではロック状態でも攻撃者がATコマンドに直接アクセスできる製品が数多く発見されたとしている。なお、これらの問題はすでにメーカーに通知済みだという。

13693100 story
ハードウェア

ニコン、フルサイズミラーレスカメラ「ニコンZ」シリーズを正式発表 108

ストーリー by headless
発表 部門より
maia 曰く、

ニコンからフルサイズミラーレスカメラ「ニコンZ」シリーズ2機種が正式発表された(プレスリリースGANREFの記事価格.comの記事)。

35㎜判フルサイズ相当という事でFXフォーマットだが、マウントはマウント径55mm、フランジバック16mmの新開発「Zマウント」となっている。「Z7」が4,575万画素(9月下旬発売予定、約40万円)、「Z6」が2,450万画素(11月下旬発売予定、約25万円)、カメラ内センサーシフト式手ブレ補正は5軸駆動で最大5.0段の効果があるという。効果は弱くなるが、マウントアダプター FTZを介してNIKKOR F レンズ使用時にも機能する。

重量はバッテリーおよびメモリーカード込みで約675g、記録メディアはXQDカード。約210万ドットの3.2型TFT背面液晶モニターは上90度、下45度のチルト式でタッチ操作に対応する。約369万ドットの有機ELパネル電子ビューファインダーは視野率約100%、ファインダー倍率約0.8倍となっている。

専用のNIKKOR Z レンズ(ニコン)は、とりあえず「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」が用意される。Sとあるのは「S-Line」の意で、高性能を標榜する新シリーズとのこと。2020年までのレンズ発売ロードマップでパンケーキレンズの予定はないようだ。新製品発売当初の価格と比較するのは気が引けるが、競合となるD850(4,575万画素、約1,005g)は現在約32万円、SONY α7R III(4,240万画素、約657g)は現在約29万円である。

13687547 story
Android

Sony、Android新バージョンがXperiaにロールアウトするまでをインフォグラフィックで解説 10

ストーリー by hylom
そのまま使えばいいのに 部門より
headless曰く、

Sony MobileがブログでXperiaデバイスへのAndroid 9 Pieロールアウト計画を公表するとともに、新しいバージョンのAndroidがXperiaにロールアウトされるまでの流れをインフォグラフィックで解説している(Sony Mobile BlogThe VergeNeowinの記事[1]記事[2])。

まず、プレミアムレンジのモデルXperia XZ2/XZ2 Premium/XZ2 Compact/XZ Premium/XZ1/XZ1 Compactには11月のロールアウトを計画。Xperia XA2/XA2 Ultra/XA2 Plusは2019年初めのロールアウトを計画しているとのこと。ただし、市場やキャリアによっては提供時期や提供の有無が異なることもある。

Sonyによれば、Android新バージョンがXperiaデバイスへロールアウトするまでの流れは以下のようなものだ。

  1. Android新バージョンのリリース数週間前にGoogleからPlatform Development Kit(PDK)が送られてくる
  2. Android新バージョンがリリースされたら、移植作業を開始
  3. HALの開発。SonyはQualcommのコンポーネントをそのまま使うわけではないので、独自の開発が必要
  4. 通話やSMS、インターネット接続などスマートフォンの基本機能を実装
  5. カスタムUIや標準アプリの強化、Sony独自アプリなどを追加
  6. 社内でのテストを開始
  7. 研究室でのテストに並行して社外ユーザーからのフィードバックを受け、安定性や電力に注力したテストを進める
  8. Wi-FiやBluetoothが技術標準に準拠していることを確認。この段階ではすべてのデバイスでの品質とパフォーマンスが最優先課題となる
  9. キャリアパートナーに動作確認を依頼
  10. 規制当局の認証やキャリアの許可を受け、Xperiaデバイスにロールアウト開始
  11. ロールアウト後はマイナーアップデートを計画するため、サポートフォーラムやソーシャルメディアからユーザーのフィードバック収集を継続
13639420 story
変なモノ

Sony、予告編と間違えて(?)映画本編をYouTubeで無料公開 16

ストーリー by hylom
Sonyならミスでやりかねない気も 部門より
headless曰く、

Sony Pictures Entertainmentの公式YouTubeアカウントが3日、予告編と間違えて(?)映画本編をYouTubeで無料公開するトラブルが発生したそうだ(TorrentFreakArs TechnicaThe VergeCBR)。

この映画「Khali the Killer」は引退を決めたイーストロサンゼルスのヒットマンが最後の仕事で難しい選択を迫られるといった内容で、約90分の作品だ。IMDBによると昨年11月にドイツとオランダでDVD/Blu-rayが発売され、今年2月にMammoth Film Festivalで上映されているが、現在まで劇場公開はされておらず、8月31日に米国で劇場公開予定となっている。

しかし、YouTubeで公開された「予告編」のタイトルは「KHALI THE KILLER: OFFICIAL RED BAND TRAILER Now on DVD & Digital」となっていたようだ。動画は6時間ほどで削除されたが、本物の予告編はアップロードされないままだ。

公開から削除までの時間が長すぎることから、実際には間違ったのではなく宣伝ではないかとの見方も出ている。そもそも間違うような場所に映画全編の動画が保存されているのか、8月に本当に劇場公開されるのかなどといった疑問もある。スラドの皆さんはどう思われるだろうか。

13627998 story
Sony

ソニーの株主総会で株主から「NHKが見られない製品」の要望が出る 211

ストーリー by hylom
デジタル放送受信機は自作も簡単ではないからなあ 部門より

ソニーの株主総会で、株主から「NHKが見られない製品」の要望があったという(SankeiBiz)。

テレビを設置するとNHKの受信料の支払い義務が生じることから、「民法もBSも見られるがNHKだけ見られないテレビ」「NHKだけ撮れないブルーレイ」「NHKに接続できないプロバイダ」が欲しいとの要望。

実際にNHKが視聴できないテレビというものが登場した場合、NHKがどのように対応するかは興味深いところだ。

13623035 story
ゲーム

人気オンラインゲーム「Fortnite」スイッチ版、PSNユーザーだけはアカウント共有が不可能に 82

ストーリー by hylom
いつものソニーだった 部門より

Epic Gamesの対戦型人気オンラインゲーム「Fortnite(フォートナイト)」のNintendo Switch版の配信が開始された。すでにWindowsやmacOS、PlayStation 4、Xbox One、iOS版がリリースされているタイトルで、他の機種でプレイしていたプレイヤーは登録していたアカウント情報を入力することで入手したアイテムなどを引き継いでプレイできるのだが、PlayStation 4版でプレイしていたユーザー(PSNアカウントと紐づけていたユーザー)だけはこのアカウント情報の引き継ぎができないという(Engadget Japanese)。

アカウントの管理はEpic Gamesが行なっているのだが、PSNアカウントと紐づけていたアカウントでログインしようとすると、「このフォートナイトアカウントはニンテンドースイッチで遊ぶことを許可してくれていないポリシーのゲーム機のアカウントに紐づいています」と表示されるという。そのため、新規にアカウントを作成しないとゲームがプレイできないそうだ。また、一度PSNアカウント情報の紐づけを行なってしまった場合、それを解除してもこの状況は続くという。

なお、Switch版Fortniteは他機種で遊んでいるプレイヤーとの対戦/共闘も可能だが、PlayStation 4版プレイヤーとだけは対戦/共闘ができないとのこと。PlayStation 4のクロスプラットフォームプレイについては、過去にも人気ゲーム「Rocket League」でPlayStation 4とPC/Xboxとのクロスプラットフォームプレイが行えないことが話題となった

13619176 story
Sony

九州電力、独自のスマートスピーカービジネスに参入 35

ストーリー by hylom
オプションで稼ぐ系 部門より
route127曰く、

九州電力が独自のスマートスピーカーサービス「QUUN」を発表した日経新聞電気新聞)。

機器本体は1万2,000円(税別)で、これに別途各種センサを組み合わせて利用する。音声の声優には雨宮天さんを採用、ニュースや天気などを音声で読み上げるサービスを提供するほか、各種センサ・コントローラと連動させたホームオートメーションやセキュリティサービスなどが提供される(料金表PDF)。

7月下旬のサービス開始を前に50世帯のモニタを募集中との事であるので、この手の製品に目がないスラド諸兄は応募してみては如何だろうか。

また国産AIスピーカサービスについての意見なども聞いてみたい。

13618123 story
iPhone

2018年第1四半期の国内携帯電話出荷台数、従来型携帯電話がゼロに 24

ストーリー by headless
従来 部門より
maia 曰く、

IDC Japanのデータによると、国内での従来型携帯電話(キッズ携帯を除く)出荷台数が2018年第1四半期はゼロになったという(プレスリリースiPhone Maniaの記事)。

スマートフォン・従来型携帯電話を合わせた総出荷台数は前年同期比9.2%増の971万台。メーカー別シェアは1位のAppleが前年同期比11.3%増の48.8%となった。2位以下はSharp(15.6%)、Sony(9.8%)、Kyocera(7.3%)、Samsung(5.8%)の順で、SharpがSonyを抜いて2位に上昇した。主にMVNO向けに出荷されるSIMフリーモデルは前年同期から42.4万台減少し、34.2万台となっている。

13612864 story
Android

Android公式サイトから一時「タブレット」セクションが消える 97

ストーリー by headless
復活 部門より
GoogleのAndroid公式サイト「www.android.com」から「タブレット」セクションが一時削除されていた(Android Policeの記事Hiroshi Lockheimer氏のツイート)。

GoogleのHiroshi Lockheimer氏によると、サイト更新の際のバグで削除されてしまったとのことで、現在は復活している。ただし、サイトの内容は削除前とほぼ同じで、米国版の「Tablets」ページにはNvidia Shield Tablet K1/Samsung Galaxy Tab S2 8.0/Sony Xperia Z4 Tabletと古い機種のみがラインアップされている。日本版は米国版よりも多くの機種がラインアップされているが、大半が販売を終了した機種のようだ。

GoogleはPixel C以来Androidタブレットを発売しておらず、Android Pベータプログラム対応機種にもタブレット端末は含まれていない。Android Policeは公式サイトからのタブレットセクション削除について、GoogleがAndroidタブレットへの興味を失ったことを示すものだと述べていた。スラドの皆さんはどう思われるだろうか。
typodupeerror

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

読み込み中...