パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

13492736 story
iPhone

Apple、バッテリーの劣化したiPhoneのパフォーマンス低下問題に謝罪 161

ストーリー by headless
謝罪 部門より
Appleはバッテリーの劣化したiPhoneのパフォーマンスを低下させていた問題について、一部の国・地域向けサイト(日本向けサイトは未掲載)※に12月28日付で謝罪の声明文を掲載した。

Appleは謝罪したうえで、故意にApple製品の寿命を短くしたり、アップグレードを促すためにユーザーエクスペリエンスを低下させたりといったことはこれまでも今後もないと述べている。バッテリーが劣化する仕組みと予期せぬシャットダウンを防ぐためにiOS 10.2.1で電源管理機能を強化し、iOS 11.2で対象を拡大したことを説明。パフォーマンスが低下したとのフィードバックについては当初アップデートに伴う一時的なものだと考えていたと主張する。

問題への対処として、iPhone 6以降のバッテリーを製品保証の対象外で交換する場合の料金を値引き(日本では5,600円引きの3,200円、米国では50ドル引きの29ドル、英国では54ポンド引きの25ポンド、ユーロ圏では60ユーロ引きの29ユーロなど)することと、2018年初めにリリースするiOSアップデートにバッテリーの劣化状態を確認する機能を搭載することを挙げている。バッテリー交換料金の値引きは※※1月の終わりまでに開始され、全世界で2018年12月まで継続するとのこと。
13475797 story
ゲーム

Xbox One XとPS4 Pro、熱いのはどっち? 66

ストーリー by headless
暖房 部門より
Xbox One XとPlayStation 4 Pro(PS4 Pro)のどちらがより熱いのか、Windows CentralのRichard Devine氏がサーマルカメラを使用して調べている(Windows Centralの記事)。

両機とも数週間使用しているというDevine氏は、PS4 ProはXbox One Xよりも排気音がずっと大きいのにもかかわらず本体のあちこちが非常に熱くなることに気付き、実際に温度を確認することにしたそうだ。サーマルカメラはAndroid用のUSB-C接続タイプを用い、両機とも最適化タイトル(Xbox One Xは「F1 2017」、PS4 Proは「Call of Duty: WWII」)をそれぞれ30分プレイしてから測定したとのこと。記事では特に説明されていないが、写真を見る限り両機とも縦置きになっているようだ。

Xbox One Xは排気が非常に熱く、およそ65℃に達している。Windows Centralのレビュー記事では68℃と報告されていた。一方、本体の表側は42℃、裏側は36℃とあまり熱くなっていなかったとのこと。これに対し、PS4 Proの本体背面はおよそ60℃だったが、本体表側と裏側には部分的に熱くなる部分がみられる。表側で最も温度が高い部分は51℃、裏側は44℃近くまで上昇していたそうだ。

この結果についてDevine氏は、Xbox One Xの方がPS4 Proよりも小さくてパワフルなだけでなく、冷却もうまくいっていると評している。
13470955 story
人工知能

UEIやソニーCSLなど、深層学習システムを簡単に使えるという製品を開発・リリースへ 20

ストーリー by hylom
手動パラメータ設定無しでどこまでやれるのだろう 部門より

UEIとソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)、米WiLが共同でプログラミングなしに深層学習(ディープラーニング)システムを利用できるという「GHELIA Studio」を開発、本年度中にサービスを開始すると発表したITmedia日経ITpro)。

GHELIA StudioはLinuxおよびNVIDIAのGPUを使用する深層学習システムで、オンプレミスのほかクラウドでも提供する。2017年内にベータ版をリリース、製品版を2018年3月にリリースする予定。最大の特徴はデータを用意するだけで全自動で学習を行える点だそうだ。また、学習モデルを公開できるマーケットプレイス「みんなのAI」も用意するという。

GHELIA Studiは3社が協同で設立した新会社ギリア(GHELIA)によって提供されるとのこと。同社社長にはUEIの清水社長が就任する。

13458696 story
ゲーム

Xbox One X、日本での初週販売台数の少なさが海外メディアで話題に 130

ストーリー by headless
入荷 部門より
日本でも7日に発売されたXbox One Xだが、初週販売台数の少なさが海外メディアで話題になっている(DualShockersの記事Neowinの記事On MSFTの記事Windows Centralの記事)。

話題のデータはメディアクリエイトによるもの。集計期間は11月6日~12日なので実際の販売期間は6日間だが、Xbox One Xの販売台数は1,344台にとどまる。Nintendo 2DS(1,484台)よりも少なく、PS Vita(3,210台)の半分以下だ。1位はNintendo Switch(79,958台)、2位はPlayStation4(20,021台)となっている。ちなみに、Xbox Oneの初週販売台数は26,000台だったそうだ。

日本ではXbox One Xが予約分だけで完売し、発売当日の店頭販売がないことも報じられていたが、入荷台数自体が少なかったものとみられる。Xbox.comの取扱店リンクページに掲載されているオンラインショップではAmazon.co.jpにプレミアムの付いた価格の商品がいくつかあるだけで、その他は軒並み完売もしくは製品ページ自体が存在しない状態だ。

なお、Xbox One Xは英国で初週に8万台近く売れたと報じられている。欧州では全体に英国と同様の好調な売れ行きを見せており、北米ではさらに売れているとのことだ。
13447431 story
ノートPC

超小型電源アダプタ「Dart」は汎用的なACアダプタになるか 83

ストーリー by headless
折れそう 部門より
yagitch 曰く、

Kickstarterでの資金調達により開発されたノートPC向け超小型軽量の汎用電源アダプタ「Dart」が日本国内でも発売された(丸文の製品情報ページAmazon.co.jpの販売ページPC Watchの記事)。

形状はコンセントに直接差し込めるタイプで、本体側の専用端子に付属ケーブルを接続し、各社PCに合わせたプラグを装着して使用する。大きさはメーカー標準のACアダプタの一般的なサイズの約1/4程度。出力は19.5V、65Wとなっている。Acer、Asus、 HP、Dell、Fujitsu、 Lenovo、NEC、Sony / VAIO、ToshibaなどのPCに対応し、価格は12,000円。USB Type-Cモデルは年末発売予定とのこと。

やや高価なところがネックだが、ACアダプタの小型化がここまで進んだということと、もしかすると汎用的なアダプタとして普及するかもしれないという点がアレゲであると思う。PC Watchの記事では、2018年以降発売されるノートPCがUSB Power Delivery(PD)対応になっていくとの予想も出ている。この超小型の汎用アダプタの登場はその汎用化の流れをより後押しするのかもしれない。

ちなみに、DartのKickstarterキャンペーンは2014年4月~5月に実施され、一番遅いものでも2015年12月出荷となっていたが、出荷開始がアナウンスされたのは2016年7月。全品出荷済みということになっているようだが、コメントページには製品が手元に届いていないというコメントが最近も投稿されている。

13445492 story
ロボット

ソニー、愛玩用ロボット「aibo」を発表 124

ストーリー by hylom
電気犬をペットにする時代が再び 部門より

ソニーが1999年に発売した犬型愛玩用ロボット「AIBO」をリニューアル、新たに「aibo」として新モデルを発売する(公式サイトPC Watch)。

新aiboの特徴としては、無線LANだけでなくLTE通信機能を備えている点がある。そのため、利用には本体を購入するだけでなく「aiboベーシックプラン」への加入が必要となる(SIMは内蔵)。常時サーバーとの通信が可能になり、データや利用状況が定期的にサーバーにアップされるほか、これによって利用状況を学習し、動作に反映されるという。

価格は19万8,000円(税別)。aiboベーシックプランの料金は3年一括払いが9万円、月払いが月額2,980円。

ハードウェア的な使用としては、プロセッサがQualcomm Snapdragon 820(APQ8096)、間接の自由度は合計22。目の部分には有機ELが採用されており状況に応じて表示が変化するほか、鼻と腰の部分に魚眼カメラを搭載。そのほか各種センサやマイクも搭載する。専用アプリ「My aibo」も提供される。

13440115 story
Sony

ジョブズがiPodを水に浸して技術者を叱責したという話はデマ、本当はソニーが元ネタ 74

ストーリー by hylom
ジョブズにすり替えたのは一体誰だ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Appleの共同創業者スティーブ・ジョブズが、iPhoneの試作機を水没させて「泡が出るということはまだ隙間がある」と技術者に言ったという「逸話」があるそうだ。しかし、これは実はデマで、元々はソニーの技術者の話だったという(「ネットロアをめぐる冒険」ブログ)。

このブログによると、この話を最初に確認できるのは海外のAtlanticというサイトだったそうだが、そこでは真偽のほどは分からない話として掲載されていたそうだ。また、このブログの著者がiPodの開発者に質問をしたところ、「Fake」「It's a story from Sony Not Apple」という返事があったとのこと。そこから日本国内の文献を調べたところ、元ソニー副社長の高篠静雄氏がハンディカム(小型ビデオカメラ)の開発現場で「隙間がない」という開発者に対してこの発言をしたということが確認できたそうだ(該当の記事)。

13436577 story
Sony

PS4コントローラーにミニ版が登場 21

ストーリー by headless
小型 部門より
insiderman 曰く、

PlayStation.Blog米国版でMini Wired Gamepad for PS4なる製品が紹介されている。子供向けに「40%小型化」したというコントローラーだ。価格は29.99ドル。

ブログにDualShock 4と並べられた画像があるが、PS系コントローラーで伝統的なグリップが廃されているほか、ボタンがやや小さめに、アナログスティックの間隔も狭くなっている。

とはいえ、そこまでコンパクト、という形状ではない気がする。ただ、DualShock 4はお値段が高いので、マルチプレイ向けにローコストでコントローラーを追加したい場合には良いかもしれない。

Mini Wired Gamepad for PS4はHORI製のPS4オフィシャルライセンス商品で、「ワイヤードコントローラーライト for PlayStation4」の北米版のようだ。国内版はホワイトドラゴンクエストスライムエディションのバリエーションがあり、価格は3,218円(税込)。ドラゴンクエストスライムエディションはスクウェア・エニックスe-STOREで10月19日発売予定となっているが、現在は品切れ中だ。ホワイトは10月発売予定となっている。

なお、タッチパッドやライトバー、ヘッドセットジャック、スピーカー、バイブレーション、モーションセンサー機能は搭載されていない。

13433919 story
Sony

ソニー、コミュニケーションロボット「Xperia Hello!」を発表 31

ストーリー by hylom
ペンギンっぽくカスタマイズする人がでそう 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ソニーモバイルコミュニケーションズが、顔認識や音声認識機能を備えるコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」を発表した(ケータイWatch)。

昨今ではAppleやGoogle、Amazonなどが音声認識機能を持つデバイスを提供しているが、Xperia Hello!は音声認識だけでなくカメラを使った顔認識機能も持ち、個人を認識して能動的に話しかけることができるという点が特徴。カメラを使った「見守り」といった機能も利用できる。さらに、LINEやSkypeにも対応、Xperia Hello!経由で通話したり、メッセージの送受信が可能だそうだ。なお、移動機能はない。

個人的には、これでRollyのような移動機能があれば面白そうだと思ったのだが……。

13419231 story
ゲーム

ソニー、新たな携帯型ゲーム機の発売については消極的 45

ストーリー by hylom
差別化は難しそうだ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのアンドリュー・ハウス社長が、Bloombergによるインタビューで携帯型ゲーム機について同社が現在消極的であることを述べている(ブルームバーグ)。

携帯型ゲーム機としても利用できる任天堂のSwitchが好調だが、ソニーは現在携帯型ゲーム機について「大きなチャンスのある市場だとは見ていない」とし、家庭用ゲーム機については据え置き型デバイスに注力すると述べたという。

13412703 story
Sony

ソニー、「肩載せスピーカー」を発表 74

ストーリー by hylom
どういう層が買うのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ソニーが肩に載せて使用するスピーカー「SRS-WS1」を発表した(AV Watch)。店頭予想価格は2万5,000円前後。

音に合わせて振動することで、高い臨場感を体験できるという。深夜に映画やゲームをする場合などには良いかもしれない。ただしお値段は実験的に買うにはちょっとお高い感じだ。

13398382 story
Android

スマートフォンのベゼルレスデザイン、どう思う? 167

ストーリー by headless
外見 部門より
Sony Mobileは8月31日、IFA 2017出展に先立って行われた記者会見でフラッグシップモデルのスマートフォンXperia XZ1/XZ1 Compactを発表した(ニュースリリースSony Mobileのブログ記事The Vergeの記事Softpediaの記事The Registerの記事)。

両モデル共通のスペックはQualcomm Snapdragon 835にAdreno 540 GPU、メインカメラは19メガピクセル(Motion Eye搭載)、RAM 4GB、IP68、USB Type-C、バッテリー容量2,700mAhなど。両モデルともOSはAndroid 8.0 Oreoで、9月発売予定。指紋センサーが搭載されない米国モデルの価格はXZ1が699ドル99セント、XZ1 Compactが599ドル99セントとのこと。

XZ1は5.2インチのHDR対応FHDディスプレイを搭載し、内蔵ストレージは64GB、フロントカメラは13メガピクセル。LTE Cat 16に対応し、最高ダウンロード速度は1Gbpsとなる。サイズは148×73×7.4mmで、重さは156g。

XZ1 Compactは4.6インチHDディスプレイを搭載し、内蔵ストレージは32GB、フロントカメラは18メガピクセルとなる。LTEはCat 15対応で、最高ダウンロード速度は800Mbps。サイズは129×65×9.3mmで、重さは143gとなっている。

両モデルともに最新スペックのスマートフォンではあるのだが、今年各社が発表した/するという噂のフラッグシップモデルとは異なり、ベゼルレスデザインではなく、超縦長画面でもない。そのため、海外メディアではデザインが古いとの評価が多くみられる。スラドの皆さんは、ベゼルレスデザインについてどう思われるだろうか。
13394642 story
著作権

Sony Music、リミックス楽曲内で使われている曲を自動検出する技術を持つDubsetと提携 5

ストーリー by hylom
技術による著作権管理の革新 部門より
insiderman 曰く、

Sony Musicが音楽関連の著作権処理やマネタイズを支援するプラットフォームを提供するDubsetと提携した。これにより、同レーベルが管理する楽曲を利用したリミックス楽曲などを簡単に合法的に配信できるようになる(TechCrunch)。

DubsetはすでにApple MusicやSpotifyと提携しており、Sony Musicが権利を持つ楽曲を使用するリミックス楽曲を、これら音楽配信サービスで合法的に配信できるという。Dubsetはリミックス楽曲などで使われている原曲を自動的に検出する技術を持ち、配信したリミックス楽曲によって得られた収益の一部は適切に著作権者に分配されるという。

13390757 story
Sony

米連邦地裁、防水Xperiaの浸水故障で保証が無効になった消費者への一部返金を含む和解案を事前承認 42

ストーリー by headless
浸水 部門より
SonyのXperiaデバイスの防水機能をめぐり、米国で消費者がSony Mobile Communications(USA)とSony Electronicsを訴えた裁判で、ニューヨーク東部地区連邦地裁がクラスアクション訴訟の請求と和解案を事前承認したそうだ(プレスリリースConsumeristの記事The Vergeの記事裁判所文書[1] / [2]: PDF)。

Xperiaの防水モデルは水中で使用できることを前面に押し出した宣伝がかつて行われていたが、浸水による故障への苦情も多かったようだ。2015年春以降に発売されたIP65/68のモデルは水中使用不可となっている。訴状(PDF)ではSonyがIPレーティングの情報を正しく消費者に伝えず、水中で使用できるかのように偽った宣伝をしていたとし、こういった宣伝を中止した後も以前の宣材による利益を得ていたなどとしている。

和解の内容としては、保証期間内のデバイスについて保証期間を12か月延長、保証切れのデバイスでは最終の判決が出た時点から6か月の保証期間追加、Sonyが米国で「waterproof」および同等のフレーズによる防水性能のアピールをやめ、「water resistant」または同等の表現に変更すること、浸水による故障で製品保証による修理を断られたクラスメンバーに対して製品の希望小売価格の50%を小切手で返金すること、といったものだ。ただし、カバーを閉じずに水没させたといった誤使用による故障は対象外となる。

対象となるのはXperiaスマートフォン/タブレット24モデルで、クラスメンバーは該当モデルを所有する(以前所有していた)米国の消費者。保証期間の延長は自動で適用されるが、返金を受けるには2018年1月30日までに申請する必要がある。なお、Xperiaの最近のIP65/68モデルでは既に「Waterproof」ではなく「Water resistant」という表現が使われている。
13383483 story
ビジネス

Apple、独自コンテンツ制作に向けて10億ドルを用意 47

ストーリー by hylom
いっぽう日本企業は 部門より

Appleが独自に配信するコンテンツ制作のため、10億ドルの予算を用意しているという(ウォール・ストリート・ジャーナルCNET JapaniPhone ManiarecodeSlashdot)。

コンテンツ配信サービスでAppleと競合するNetflixやAmazonも独自コンテンツの制作に力を入れているが、Appleも彼らと競争するために魅力的な独自コンテンツを手に入れようと画策しているようだ。この予算で最大10本の番組が制作でき、またSony Pictures Televisionの幹部を採用するなど、人材面の強化も進めているという。

ただ、Netflixがコンテンツ制作に支出する金額は60億ドル以上、Amazonは40億ドル以上とされており、10億ドルという金額は多いものではないという(ウォール・ストリート・ジャーナルの別記事)。

typodupeerror

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

読み込み中...