パスワードを忘れた? アカウント作成

ログインするとコメント表示数や表示方法をカスタマイズできるのを知っていますか?

13704368 story
おもちゃ

雑誌「幼稚園」10月号の付録はガシャポンマシンのペーパークラフト 8

ストーリー by hylom
楽しそうだ 部門より

幼稚園児向け知育学習雑誌「幼稚園10月号付録の紙製「ガシャポン」がよくできているそうだ(Togetterまとめ)。

「仮面ライダージオウ」やバンダイとのコラボで、デザインは現行のバンダイのカプセル自販機「ガシャポン」を再現している。ただし、コインを投入することはできないようだ。価格は940円(税込)。

ちなみに家庭用に小型化されたガシャポンマシンも販売されているが、こちらは希望小売価格7,020円となっている。

13702084 story
おもちゃ

「究極の納豆」調製器、リニューアルして「究極のNTO」として再発売 58

ストーリー by hylom
電動はないのか 部門より

タカラトミーアーツが2014年に発売した納豆をかき混ぜる装置「魯山人納豆鉢」をリニューアル、「究極のNTO」として新たに発売する(毎日新聞)。

魯山人納豆鉢は容器内に納豆を入れてハンドルを回すことで納豆をかき混ぜることができる装置(発売当時のITmedia記事)。回転数をカウントするカウンターが付いており、醤油を入れる適切なタイミングとされる305回やもっとも美味しくなるという424回で自動的にフタが開く仕組みを搭載していた。

「究極のNTO」は生産終了していた「魯山人納豆鉢」のデザインをリニューアルしたものだそうだ。魯山人納豆鉢はたびたび再生産を行うヒット商品となったそうだが、リニューアルによって海外向けの販売も視野に入れているという。

13678994 story
おもちゃ

ヤマハ発動機のペーパークラフト無料ダウンロードサービス、9月いっぱいで終了 15

ストーリー by hylom
欲しい人は今のうちに 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

前世紀末よりヤマハ発動機が提供を続けてきた、オートバイなどのペーパークラフトの公開が9月30日で終了するという。

ヤマハのペーパークラフトページでは、ヤマハのバイクを再現したペーパークラフトのほあ、希少動物や日本の情景、四季など、さまざまな題材のペーパークラフトが公開されている。

13639307 story
変なモノ

「セブンツーセブン」看板、鉄道模型用に商品化 30

ストーリー by hylom
新幹線に乗らない人には全然分からないやつ 部門より

東海道新幹線の車窓からしばしば見える「727 COSMETICS」の看板が模型として発売される(発売元のポポンデッタによる告知)。

この「727」の看板は東海道新幹線の東京ー新大阪間で30以上が設置されているとのこと(乗り物ニュース)。セブンツーセブン化粧品が設置しているもので、会社名を知ってもらうために狙って新幹線沿いに設置しているという。東海道新幹線や山陽新幹線、東北新幹線、上越新幹線の沿線にも設置しているそうだ。

今回発売される模型は鉄道模型向けのもので、正式に商標の使用許諾を得ているという。

13602212 story
おもちゃ

ハズブロ、粘土の匂いを商標登録 5

ストーリー by headless
特徴 部門より
ハズブロの小麦粉ベース粘土「Play-Doh」の匂いが米国で商標登録された(ニュースリリースUS Registration Number: 5467089The Vergeの記事SlashGearの記事)。

Play-Dohブランドが1956年に始まって以来、その独特な匂いはブランドの特徴として常に存在しており、何世代にもわたって子供たちから「Play-Dohの匂い」として認知されるようになっているという。ハズブロは出願書類で、かすかにチェリーも感じさせる、かすかにムスクがかかった甘いバニラの香りと、塩を加えた小麦粉ベースの生地の匂いが混じった匂い、とPlay-Dohの匂いを説明している。
13599054 story
おもちゃ

風刺画「顧客が本当に必要だったもの」、アナログゲーム化 57

ストーリー by hylom
良いネタ 部門より

風刺画「顧客が本当に必要だったもの」が有志によってアナログゲーム化された(ITmedia)。

5月5、6日に開催されたアナログゲームイベント「ゲームマーケット」にて頒布されたもの。 『稀代の風刺画「顧客が本当に必要だったもの」がアナログゲーム化?!』『システム開発の象徴「ブランコの木」を仲間とともに作り上げろ!』『顧客たちが繰り出すメチャクチャな要求をいなしつつ、やった感をアピールしろ!』などと説明されている。顧客による要求(「要件カード」)を満たすように、ブランコの木を「成果物カード」を使って組み立てるという内容になっている。

ゲームマーケットでは完売となり、現在再販準備中だそうだ。

13586138 story
グラフィック

絵文字のピストル、水鉄砲化が進む 68

ストーリー by headless
水圧 部門より
Microsoftは25日、ピストルの絵文字を水鉄砲のデザインに変更する計画とデザイン画像を公開した(MicrosoftのツイートThe Vergeの記事9to5Macの記事Neowinの記事)。

Appleは2016年のiOS 10でピストルの絵文字をリボルバーから水鉄砲に変更しているが、これまでは多くのプラットフォームでリボルバーなど実際の拳銃を元にしたデザインが採用されていた。しかし、Samsungが2月12日リリースのSamsung Experience 9.0で水鉄砲のデザインに変更し、Twitterも4月11日ロールアウトのTwemoji 2.6で水鉄砲に変更した。GoogleはAndroid 9.0 Previewで水鉄砲のデザインを採用しており、Facebookも水鉄砲に変更する計画を明らかにするなど、各社で水鉄砲化が進められている。

一方、Microsoftの場合はもともとおもちゃのピストルのようなデザインだったが、2016年のWindows 10 Anniversary Updateでリボルバーに変更していた。今回の変更は同社の価値観と、フィードバックを反映したものとのことだ。
13576069 story
おもちゃ

Microsoft Research、上におもちゃなどを載せて遊ぶことのできるマット型デバイスを開発 40

ストーリー by headless
識別 部門より
Microsoft Researchは9日、巻いて持ち運び可能なマット型デバイス「Project Zanzibar」のプロトタイプを公開した(Microsoft Research Blogの記事論文GeekWireの記事SlashGearの記事)。

Project Zanzibarのマットは静電容量センサーとNFCを組み合わせ、上に置いたおもちゃなどのオブジェクトやユーザーによるマットのタッチ、空中でのジェスチャーを認識する。静電容量の変化により上に置いたオブジェクトの形を認識できるほか、NFCタグを付けた複数のオブジェクトをマットの表面から高さ30㎜まで個別に識別できるという。ディスプレイは備えておらず、表示画面が必要な場合にはBluetooth接続でタブレットPCなどに出力可能だ。

おもちゃを使うシナリオでは、おもちゃ同士の位置関係を検出して状況に応じたセリフをしゃべらせて遊ぶほか、接続したデバイスの画面にアバターを表示してビデオゲームをプレイしたり、コマ撮り動画を作成したりといったことが可能だ。また、カードを使用した文字・単語の学習やゲーム、プログラミング学習といったシナリオも例として挙げられている。動画ではMRデバイスと組み合わせて使用する様子もみられる。

Project Zanzibarの詳細な研究成果は、今月下旬にカナダ・モントリオールで開催されるCHI 2018で発表予定とのことだ。
13563894 story
おもちゃ

バンダイ、多色成形でリアルな肌の質感を再現したというプラモデルを発表 43

ストーリー by hylom
革命的製品 部門より
northern 曰く、

バンダイが持つプラモデルの成形技術を発展させ、これまでのフィギュアやプラモデルでは実現できなかった表現を研究し、実現に向けて進化させていくプロジェクトの第一弾として、プラモデル「Figure-rise LABO ホシノ・フミナ」が発表された。

第一弾のテーマは「肌」。肌色の下のピンク・オレンジを透過させることで、彩色では実現できなかった今までにない肌の血色感やシャドウを表現と謳っている。

射出成形を使ったプラモデルながら、バンダイの多色成形技術によって微妙な肌色を再現しているのが特徴。無塗装で組み立てるだけで彩色済み製品並のフィギュアが完成するようで、プラモデル愛好家からもその技術に驚く声が上がっている(Togetterまとめ)。価格は5,940円(税込)で、6月発売予定。

13556323 story
おもちゃ

Internet Archive、電子ゲームコレクション「Handheld History」を公開 5

ストーリー by headless
遺産 部門より
Internet Archiveが1970年代~1990年代に販売された電子ゲームをMAME上で再現するコレクション「Handheld History」を公開した(Internet Archive Blogsの記事Ars Technicaの記事The Vergeの記事The Next Webの記事)。

電子ゲームはLCDや蛍光表示管(VFD)、LEDなどを表示に使用し、電池で動く小型のゲーム機(おもちゃ)だ。ほとんどの場合プレイできるゲームは1台に1種類のみで、アーケードゲーム機を小型化して再現したものも多い。コレクションの中には「たまごっち」のようにドットマトリックスLCD上に描画するものもあるが、多くは描画する形状が事前にすべて配置されており、オン/オフを切り替えて動きを表現するものだ。また、LCDゲームでは印刷された背景を使用するものもある。そのため、チップからデータを取り出せば再現できる一般的なエミュレーションとは異なり、分解してスキャンし、トレースするなど相当な手間がかかったそうだ。

現在コレクションに含まれる電子ゲームは74点。随時追加されているようだ。多くは画面のみを再現しているが、「Speak & Spell」のように本体ごと再現されているものもある。
13555130 story
アメリカ合衆国

米トイザらス、米国内の全店舗を閉鎖もしくは売却へ 16

ストーリー by hylom
実店舗は負担でしか無いのか 部門より

米大手玩具販売店Toys R Us(トイザらス)は昨年9月に連邦破産法11条の適用を申請していたが、同社が米国内の全店舗の閉鎖もしくは売却を計画しているという(AFP)。

Toys R UsのDavid Brandon CEOが資産をすべて売却する方針とのこと。同社は米国内で881店舗を展開しているが、Amazonなどのネット通販との競争により経営は厳しくなっていたという。

一方日本でトイザらスを展開している日本トイザらスは米Toys R Usとの資本関係はあるものの、経営は独立しており、国内の店舗に影響はないとしている。ただし、トイザらスアジアおよび日本トイザらスの株主は変更となる可能性があるようだ(東京商工リサーチSankeiBiz)。

13540493 story
クリスマス

レゴブロックの植物関連パーツ、植物由来プラスチックが原料に 26

ストーリー by headless
植物 部門より
LEGOは1日、植物由来プラスチックを原料とするレゴブロックの植物関連パーツの生産開始を発表した(ニュースリリースThe Vergeの記事SlashGearの記事Mashableの記事)。

使われるのはサトウキビから作られたエタノールを原料とする植物由来ポリエチレンで、従来のプラスチックを使用するのとそん色ないという。今後、木や草、葉といったレゴブロックの植物的要素が植物由来ポリエチレンで作られ、年内にはレゴブロックのセットに同梱される。LEGOがプラスチック製品で使用するポリエチレンは1~2%だが、2030年までには主要な製品やパッケージを持続可能な原料に移行し、廃棄物ゼロを目指しているとのことだ。
13489583 story
おもちゃ

「大人の科学マガジン」最新号の付録は「小さな活版印刷機」、人気で品薄に 42

ストーリー by hylom
年賀状シーズンですからねぇ 部門より

12月15日に発売されたムック「大人の科学マガジン」最新号の付録「小さな活版印刷機」が好評で、各所で在庫切れ状態となっているとのこと(大人の科学公式Twitterアカウント)。

ひらがな、数字、アルファベットの162個の活字が付属しており、活版印刷が楽しめるという。また、活字の追加注文もできるそうだ。

13482007 story
アメリカ合衆国

米上院議員、人気のおもちゃを買い占める「グリンチ」ボットへの対策を小売業界団体に要請 89

ストーリー by headless
対策 部門より
転売のため人気イベントのチケットを買い占めるのに使われていたボットがターゲットを人気のおもちゃに切り替えているとして、米上院議員のチャック・シューマー氏が小売業界団体に対策を要請している( プレスリリースVentureBeatの記事Consumer Reportsの記事)。

米国ではシューマー氏らの提案によるBetter Online Ticket Sales Act of 2016(BOTS Act)が昨年成立し、ボットによる大量のチケット購入や転売が禁じられている。しかし、チケット以外の商品には適用されないため、ターゲットを変更したとみられるという。ボットはおもちゃの購入ページが公開される前にURLを推定し、Twitter APIを使用していち早く販売開始を察知する。購入ページではサイズの選択や送付先、決済情報などを瞬時に入力できるため、一般の購入者が入力を完了する前に品切れとなり、eBayやAmazonで数倍以上の価格で購入するしかなくなるとのこと。

ニューヨーク州選出のシューマー氏はボットをクリスマス嫌いのグリンチになぞらえ、「グリンチボットにクリスマスを盗ませたり、ニューヨーカーの財布から金を盗ませたりしてはならない」と述べている。
13477149 story
おもちゃ

スーパーカミオカンデのジグソーパズル、人気を集める 31

ストーリー by hylom
ちょっとほしい 部門より

東京大学宇宙線研究所のニュートリノ観測装置「スーパーカミオカンデ」のジグソーパズルが人気を集めているという(朝日新聞)。

スーパーカミオカンデは大型タンク内に1万本以上の光電子増倍管を設置した構造で、このジグゾーパズルはこのタンク内の写真を使ったもの。サイズは38×26センチで300ピースと比較的小さいが、独特の同じ形の光電子増倍管が並ぶ写真のため難易度が高く、絵柄としても独特なことが人気を集めているようだ。このパズルは公式グッズで、売上は若手研究員の雇用や研究環境整備などに使われるという。

typodupeerror

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

読み込み中...