パスワードを忘れた? アカウント作成

今週も投票をしましたか?

13265206 story
おもちゃ

東京サマーランド監修・大型流しそうめんマシーンが登場 23

ストーリー by hylom
複数台つなげて改造したい 部門より
nemui4曰く、

タカラトミーアーツが家庭用流し素麺マシン「ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラジャンボ」を発売する(毎日新聞)。

これで素麺ほかを食べさせてくれる夏限定店舗の需要がありそうな予感。

世界流しそうめん協会の認定も受けた製品で、従来製品の「そうめんスライダー エクストラ」と比べて幅が78cmから120cmに、スライダーの全長は3.6mから5.0mに大型化された。また、東京サマーランドにあるファンネル状のコース「DEKASLA」をモチーフとしたギミックや、「ザブーンバケツ」、「くじらそうめんゲート」なといったギミックも内蔵する。メーカー希望小売価格は1万6,800円(税抜)。

13199473 story
プログラミング

Microsoft、視覚障害を持つ子供向けの「フィジカルプログラミング言語」を発表 18

ストーリー by headless
発表 部門より
Microsoftは15日、視覚障害を持つ7歳~11歳の子供がプログラミングの概念を学ぶことを可能にする「Project Torino」を発表した(Next at Microsoftの記事Survey Gizmo — Project Torino BetaThe Next Webの記事Neowinの記事)。

現在、子供向けのコード学習ツールとしてはビジュアルプログラミング言語を使用することが多い。しかし、視覚障害を持つ子供がビジュアルプログラミング言語を使用するのは困難だ。Microsoftが「フィジカルプログラミング言語」と呼ぶProject Torinoでは、条件分岐やループなどのコマンドを示す「ポッド」と呼ばれる物体をつなぎ合わせることでコードを作成できる。

主に視覚障害の子供を対象にしたProject Torinoだが、視覚障害の有無にかかわらず幅広い学習者にアピールするツールとなることが期待される。Project Torinoの開発にあたっては、子供を障害の有無で分け隔てすることなく、クラス全員が一緒に使えるものを作るということが基本の一つになっているという。最終的には視覚障害の子供だけでなく難読症や自閉症の子供を含め、ソフトウェアエンジニアや計算機科学者への道を開くことが目標とのことだ。
13168055 story
プライバシ

無線通信機能を備える「喋るおもちゃ」に脆弱性、盗聴や任意の言葉を遠隔から喋らせることが可能 21

ストーリー by hylom
一歩間違えばホラー 部門より
taraiok曰く、

ドイツで無線通信によるインターネット接続機能やマイク、スピーカーを備えたおもちゃの人形「「My Friend Cayla」が、「盗聴器」に当たるとしてトラブルになっているという(THE VERGEBBCPHYS ORGSlashdot)。

この人形はユーザーの「質問」に対し、インターネット経由でサーバーに接続してその回答を喋らせる機能を備えている。しかし、2015年にソフトウェアに脆弱性が発見され、この人形を「ハック」して音声を盗聴したり、任意の言葉を喋らせたりすることが可能になる状態になっているという。

13127587 story
おもちゃ

きのこの山とたけのこの里をモチーフとしたオセロゲームが登場 50

ストーリー by hylom
すぎのこ村がなくなったせいでこんなことに 部門より

明治の「きのこの山」と「たけのこの里」はともに人気のお菓子で、どちらを好むかで論争になることも多い。これをテーマとしたオセロゲーム「きのこの山VSたけのこの里 オセロ ゲーム3」がバンダイ傘下のメガハウスより発売される(電撃オンライン)。

6×6の盤面上に、片側がきのこの山、片側がたけのこの里になっている立体的なオセロ石を配置していくゲームでルールはオセロと同じ。「オセロの他、はさみ将棋や四目並べでも遊べます」とのこと。

12995565 story
おもちゃ

約2万円の食玩「機動戦士ガンダムユニバーサルユニット ガンダム試作3号機 デンドロビウム」発売 68

ストーリー by hylom
様式美 部門より

バンダイのショッピングサイト「プレミアムバンダイ」限定で、アニメ「機動戦士ガンダム機動戦士ガンダム0083」に登場する大型機体「ガンダム試作3号機(デンドロビウム)」の立体モデル「機動戦士ガンダムユニバーサルユニット ガンダム試作3号機 デンドロビウム」が発売される。デンドロビウムのフィギュアやプラモデルはすでに複数製品化されているが、本製品は食品のおまけとして玩具が付属する「食品玩具(食玩)」として発売される。

価格は1万9,224円で、商品サイズは約210mm×580mmと食玩としては非常に大きい。なお、商品の「食品部分」はガム3個とのこと。

12978553 story
おもちゃ

欧州司法裁判所、ルービックキューブの立体商標登録を無効と判断 8

ストーリー by headless
回転 部門より
欧州司法裁判所は10日、ルービックキューブの立体商標を無効とする判断を示した(判決文The Guardianの記事Ars Technicaの記事欧州司法裁判所のプレスリリース: PDF)。

ルービックキューブの立体商標は欧州で1999年に登録されている。これに対してドイツのSimba Toysが2006年、ルービックキューブの形状は立体パズルの回転機構と強く結び付いているため、立体商標の登録は無効であるとEU知的財産庁(EUIPO)に訴える。しかし、EUIPOでは1審・2審ともに訴えを却下しており、この判断の取り消しを求めた訴えも欧州一般裁判所に棄却されたため、Simba Toysが欧州司法裁判所に上訴していた。

欧州司法裁判所では共同体商標に関する欧州共同体理事会規則40/94の第7条(1)(e)(ii)が技術的な方法や機能による特徴の独占を防ぐためのものであると指摘し、ルービックキューブの形状と機能の結びつきを考慮する必要があったと述べている。さらに、出願書類では回転機構について触れられておらず、形状と機能の結びつきを判断できなかった点も指摘。欧州一般裁判所の判決を破棄し、ルービックキューブの立体商標登録を有効としたEUIPOの決定を無効と判断した。
12838243 story
Google

Pokemon Go、ついに海外でリリース。日本ではもうちょっと先? 42

ストーリー by hylom
海外ではすでにハマっている人がいる模様 部門より
Ingressの開発で知られるNianticと任天堂、ポケモンなどが共同開発するVRアプリ「Pokemon GO」が、海外でリリースされた模様(TechCrunchEngadget Japanese)。日本向けは「もうちょっと先」のリリースになるようだ。

Pokemon GOは基本プレイ無料でアプリ内での購入がいくつかある模様。iOS版Android版ともに現時点での評価は良い雰囲気だ。TechCrunchの紹介記事によると、それなりにバッテリは消費するようだ。

12760665 story
おもちゃ

バンダイ、塗装ではなく成形技術で顔を再現したフィギュアプラモデルを発売へ 38

ストーリー by hylom
金太郎飴方式 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

バンダイのプラモデルでは、複数色の樹脂で成形された部品を1つのランナーに納めることで、塗装無しで原作の色をある程度再現することができるようになっているが、これをさらに進化させ、塗装無しでキャラクターの顔などを実現する技術が開発されたそうだ。これを使った新プラモデルシリーズ「フィギュアライズバスト」が発売される(GUNDAM.INFO)。

印刷ではなく成形でキャラクターの瞳や眉毛などを再現しているのが特徴。まずは「機動戦士ガンダムSEED」のキャラクター「キラ・ヤマト」と「アスラン・ザラ」の胸像フィギュアが6月25日に発売されるとのこと。価格は1,200円(税抜)。また、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の「三日月・オーガス」や「機動戦士ガンダム 00」の「刹那・F・セイエイ」の発売も予定されている。

従来のキャラクターフィギュアでは人間の手による細かい塗装が必要だったが、この手法であれば(金型を作るのは大変だろうが)大量生産が容易になりそうだ。

12695451 story
おもちゃ

米銃器業界、「カラフルな銃」で子供に銃への興味を持たせようと画策 63

ストーリー by hylom
若者の銃離れ 部門より

米国の銃器業界では、子供向け市場の開拓に向けて軽量な銃やカラフルな色の銃を取りそろえるといった試みが行われているそうだ(AFP)。

銃による暴力の撲滅を目指す米非営利団体「バイオレンス・ポリシー・センター(Violence Policy Center)」によると、子供に銃器に親しんで貰うことで「銃の売上増への期待と同時に、次世代の銃所持賛成派を育成して将来の政策論争に備えようともくろんでいる」という。

12686387 story
Windows

Internet Archive、Windows 3.1アプリ1500本以上を集めたライブラリを公開 33

ストーリー by headless
公開 部門より
Internet Archiveは11日、Windows 3.1アプリ1,500本以上を集めたソフトウェアライブラリーを公開した(Software Library: Windows 3.xInternet Archive Blogsの記事Ars Technicaの記事Softpediaの記事The Vergeの記事)。

Internet Archiveでは2015年にMS-DOSゲームなどを集めたソフトウェアライブラリを公開しており、2月5日にはMikko Hypponen氏の提供により、MS-DOS上で動作するマルウェアのコレクション「The Malware Museum」を公開している。これらのソフトウェアはDOSエミュレーター「Em-DOSBox」を使用して、Webブラウザー上で実行できる。

今回公開されたライブラリーはゲーム (1,067本)を中心として、シェアウェア (62本)、デスクトップアクセサリー (46本)、生産性ツール (282本)、ショーケース (49本)といったカテゴリーに分けられている。これらのアプリもWebブラウザー上で実行でき、画面上の電源ボタンをクリックするとWindows 3.1がブートしてアプリが起動する。

著作権的にはグレーなものもありそうだが、問題が見つかったアプリはすぐに削除するとしている。公開にはMicrosoftも協力しているとのことだ。The Vergeの記事では、「SkiFree」や「SimEarth」など10本のゲームをお気に入りとしてリストアップしている。公開されているアプリは英語版ばかりのようだが、皆さんが昔お気に入りだったアプリや、今試してみて気に入ったアプリなどはあるだろうか。
12642636 story
ネットワーク

ヤマハがルーター4製品のペーパークラフトを公開 17

ストーリー by hylom
どこに需要が 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ヤマハがこれはヤマハネットワーク機器20周年記念企画として、同社製ルーター「RT100i」および「RTA50i」、「RT60w」、「RTX1210」のペーパークラフトを公開した(クラウドWatch)。

ヤマハのルーターと言えば、ISDN全盛期にRTA50iが有名で、これを使っていた人も少なくないのではないだろうか。なお実寸大ではなく、1/2.5スケールとなっている(PDFデータなので2.5倍のサイズに出力すれば実寸大になるが)。

12627502 story
情報漏洩

サンリオタウン、アカウント情報330万件が公開状態になっていた 26

ストーリー by headless
公開 部門より
サンリオの公式オンラインコミュニティサイト「サンリオタウン」のユーザーアカウント情報330万件を含むデータベースが公開状態になっていたそうだ(The SanrioTown OFFICIAL Blogの記事CSO Onlineの記事V3.co.ukの記事The Guardianの記事The Registerの記事)。

公開状態になっていたデータベースのレコードにはユーザーの姓名、エンコードされた(ただし簡単に復元可能な)誕生日、性別、国名、メールアドレス、ソルトの使われていないSHA-1パスワードハッシュ、パスワードのヒントと答えが含まれるという。

この件についてサンリオは、サーバーの設定ミスによりデータベースが公開状態になっており、サーバーのIPアドレスを知っていればアクセス可能であったと発表。設定は報告を受けて修正済みで、実際にユーザー情報にアクセスされたり、悪用されたりした形跡はないとのこと。なお、公開されていたデータベースには18歳未満のユーザーのレコード18万件以上が含まれるとのことだ。
12625623 story
娯楽

今年の親から子へのクリスマスプレゼント、人気1位は知育玩具 41

ストーリー by hylom
少子化の影響だそうで 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

親から子に贈る今年のクリスマスプレゼントとしてもっとも人気なのは「知育玩具」だそうだ(朝日新聞)。

バンダイの調査によるもの。昨年まで13年連続でトップはゲームソフトだったが、今年は知育玩具が1位で、ゲームソフトは2位になったという。3位以下はぬいぐるみ・人形・フィギュア・ロボット、車玩具、絵本・本・図鑑、ブロック・パズルだという。なお、金額は昨年比約400円減の約6500円だったそうだ。

自分の子供がいなくても、甥や姪に贈る方もいるかと思うが、どのような物を選んでいるだろうか。

12624589 story
おもちゃ

球体関節人形「ドルフィー・ドリーム」と同サイズ、Raspberry Piで動かせるドール 35

ストーリー by hylom
ロボットドールブームは来るか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

模型メーカーのボークスとロボット開発を手がけるスピーシーズが共同で、ボークスの球体関節人形「ドルフィー・ドリーム」と同サイズの動くドール「ドルフィー ハニー」を開発したそうだ(発表資料)。

「多関節両引きワイヤー駆動方式」を採用しているのが特徴で、間接自由度は腰3軸、足4軸×2、腕7軸×2、頭部3軸。制御にはRaspberry Piを利用できるほか、MikuMikuDanceを使用したモーション作成が可能だという。

人形のサイズはドルフィー・ドリームと互換性があり、衣服や頭部がそのまま利用できるとのこと。基本開発は終了し、今後商品化を進めるという。

12608871 story
おもちゃ

IoTバービー人形でさまざまなセキュリティ上の問題が見つかる 11

ストーリー by headless
barbie-on-barbie 部門より
Wi-Fiでクラウドに接続し、AIを使用した会話のできるマテルのバービー人形「Hello Barbie」で、専用アプリやサーバーにさまざまなセキュリティ上の問題が見つかったそうだ(Bluebox Securityのブログ記事The Registerの記事BetaNewsの記事Ars Technicaの記事)。

Hello Barbieは発表当初からプライバシー侵害が懸念されており、11月には実際盗聴などが可能だと報じられていた。一方、Hello Barbieの技術面の開発を担当したToyTalkでは、報じられている「ハック」は人形への物理的なアクセスが必要なものや専用アプリの設定インターフェイスを使用するもので、録音された音声や登録メールアドレス、Wi-Fiパスワードといった情報にアクセスすることはできないと説明している。

モバイルアプリはToyTalkが開発したもので、サーバーもToyTalkの管理下にある。AndroidとiOSに対応するアプリは攻撃者が認証情報の再利用が可能となっており、名前に「Barbie」が含まれる任意のWi-Fiネットワークに接続してしまうという。クライアント証明書の認証情報はアプリ以外でも使用可能で、攻撃者が任意のHello Barbieクラウドサーバーを調べることが可能となる。さらにToyTalkのサーバードメインは、POODLE攻撃の影響を受けやすいクラウドインフラストラクチャ上に置かれていたとのこと。

なお、これらの問題を発見したBlueboxでは公表前にToyTalkへ連絡しており、多くは既に修正済みとのことだ。
typodupeerror

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

読み込み中...