パスワードを忘れた? アカウント作成

ログインするとコメント表示数や表示方法をカスタマイズできるのを知っていますか?

13527503 story
交通

軽自動車に乗っている高齢ドライバーの事故の致死率は普通車に乗っている高齢ドライバーの1.6倍 91

ストーリー by hylom
細かいデータがないとなんとも 部門より
maia曰く、

軽自動車でも登録車(普通乗用車)でも、車種や安全装備、乗車位置などによって衝突安全性(事故の結果)に違いはあるだろうが、統計上おしなべてみると、興味深いデータがある(読売新聞)。

統計の解釈は非常に難しいので記事の限りだが、昨年1~11月末の75歳以上の軽乗用車の致死率は1.22%、普通乗用車は0.77%だった。75歳未満だと軽乗用車の致死率は0.59%、普通乗用車は0.47%だった。75歳以上の軽普の比率は約1.58倍、75歳未満だと約1.26倍になる。この差が、骨が弱っている故、肋骨を折るなどの受傷率を意味しているかもしれない。

13521347 story
交通

米Alphabet傘下の自動運転車開発企業Waymo、ミニバンを数千台導入 14

ストーリー by hylom
展開 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米Alphabet傘下で完全自動運転車の開発を行っているWaymoが、クライスラーのミニバン「パシフィカ ハイブリッド」を数千台規模で導入するという。これをベースとした自動運転車を展開すると見られている(WIRED)。

同社は複数の都市で自動運転車の展開を進める予定で、まずは公道でのテストが行われる模様。

13520551 story
日本

西濃もダブル連結トラックを導入 51

ストーリー by hylom
今後普通に見られるものになっていくのかも 部門より

西濃運輸がトラック2台分の荷台を連結した「ダブル連結トラック」を導入する(日経新聞)。

連結トラックの導入はは人手不足の解消などに効果があると期待されており、昨年福山通運が試験的に導入することが報じられていた(過去記事)。大型トラックについては全長が12mまでであれば許可不要、12mから21mまでは審査を受けて許可を得れば公道の通行が可能とされており(国土交通省の「長大トラックの通行について」資料)、福山通運は特別な許可を得て全長25mのトラックを導入していた。今回西濃が導入したトラックは全長約19mとのことで、審査を受けての導入になったようだ。ヤマトホールディングスも同様のダブル連結トラックを導入しているという。

13519891 story
交通

フォルクスワーゲンが人間や猿を対象に排ガス実験を行っていたことが発覚 71

ストーリー by hylom
人体実験か 部門より

フォルクスワーゲン(VW)やBMW、ダイムラーなどが出資している研究機関「運輸部門における環境と健康に関する欧州研究グループ(EUGT)」が、ディーゼルエンジン車の排ガスを人やサルに吸わせる実験を行っていたことが明らかになった(AFPCNNニューズウィーク日本版産経新聞)。

実験ではVWのディーゼル車の排ガスをサル10匹に吸わせたそうだ。しかし、結果が「壊滅的」だったために非公表になったという。また、人間を対象に窒素酸化物を吸引させるという調査も行っているとされている。

これに対し、毒ガスでユダヤ人を多数殺害したナチスドイツのようだとの批判も出ている。

13516054 story
テクノロジー

自動運転中のTeslaが消防車に突っ込む事故、運転手には飲酒運転の疑い 57

ストーリー by hylom
飲んで自動運転は現状NGですよ 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米カリフォルニアで、自動運転中のTesla Model Sが停車中の消防車に時速100kmで突っ込む事故が発生したそうだ。運転手には飲酒運転の疑いがかけられている(EE Times Ars TechnicaMercuty News)。事故によるけが人はいないという。

運転手の主張では、オートパイロットを過信し飲酒していたとのことで、安全性を向上させるはずのオートパイロットが、間違った使われ方で事故率を上げている事例の一つとなるのかもしれない。

以前もオートパイロットを過信して運転手が死亡した事故があったが、この事故では事故相手のトレーラーが白い車体だったため自動運転システムが認識できなかったという話があった。今回は事故写真を見る限り赤い消防車であった。

なお、ボルボスバルの発表では、自動ブレーキシステムは追突事故は7割以上削減、対人事故は5割程度削減できているとのことなので、コンピュータによるアシストは確かな成果を上げていることも確かなようだ。

個人的にはテスラはオートパイロットを強化するものいいが、運転手が本当に運転に集中しているかを判定できるような機能も搭載した方がよいのではないだろうか。

13515141 story
交通

NEXCO中日本、プロピオン酸ナトリウムを使った新型凍結防止剤を試行散布へ 36

ストーリー by hylom
塩化カルシウムじゃないのか 部門より

中日本高速道路(NEXCO中日本)が富山県立大学や土木研究所寒地土木研究所と共同でプロピオン酸ナトリウムを使った新たな凍結防止剤を開発した(NEXCO中日本の発表)。今後この凍結防止剤を高速道路本線で試行的に散布し、散布作業における課題への対応や散布効果の検証を行うという(発表の続報)。

現在高速道路では凍結防止剤として塩化ナトリウムを使用していたが、これらは金属を劣化させる効果(いわゆる塩害)があるため、新たな凍結防止剤が求められていた。

プロピオン酸ナトリウム(CH3CH2COONa)は食品保存料としても使われており、ほとんど金属を腐食しないという。また、濃度20%の水溶液の凝固点は-17.0℃で、凍結防止剤として利用できる可能性があるという。

13514609 story
交通

川崎市が発注した監視船、重すぎて予定の速度が出せず納品できない状況に 94

ストーリー by hylom
どうしてこうなった 部門より

川崎市が発注していた監視船で、完成後に重すぎて納品できないという異例のトラブルが発生している(朝日新聞川崎市の発表)。

この監視船は現在運用されている「つばめ」の後継となる予定だったもので、2016年に入札を経て横浜市の造船会社、東亜鉄工に発注された。しかし、建造が進み試験運行を行った段階で市が求めていた要件である「速度19ノット以上」が達成できないことが分かったという。原因は重量過多で、本来重量は30トンの予定だったにもかかわらず、完成後の重量は45トンもあったそうだ。

造船会社側は市に納品断念の旨を連絡、契約解除となったという。建造費は全額が造船会社の負担となるほか、賠償金(契約金額の1割)や本来退役するはずだった現行の監視船の当面の運用費用も同社が支払うとのこと。

13514014 story
日本

大阪市交通局、民営化後の愛称は「Osaka Metro」 90

ストーリー by hylom
しかもアルファベット 部門より

大阪市で地下鉄や路線バスなどの運営を行っている大阪市交通局が4月から民営化され、大阪市が100%出資する大阪市高速電気軌道となるが、同社の相性が「Osaka Metro」になることが発表された

いっぽう、2004年に発足した東京地下鉄が「東京メトロ」の愛称を使っていることもあり、「二番煎じか」というツッコミもあるようだ。

13513296 story
宇宙

アリアン5の打ち上げ連続成功記録、82回で途絶える 23

ストーリー by headless
異常 部門より
AC0x01 曰く、

2002年以後連続82回にわたって打ち上げ成功を続けてきたアリアン5ロケットだが、1月25日の打ち上げにおいて衛星を予定の軌道に投入することに失敗、その記録に終止符が打たれた模様である。

通算97回目の打ち上げとなったこのミッションでは、当初「テレメトリを一時喪失したものの衛星の軌道投入には成功した」と報じられており、深刻なトラブルではなかったと思われていた(打ち上げ直後のSorae.jpの記事)。しかし、その後の調査で衛星の軌道傾斜角が20度もずれていることが判明。さらにロケット自体も打ち上げ直後から大きく予定経路を外れていたとみられることが明らかになった(Spaceflight101の記事打ち上げ直後の映像)。

現状では情報が錯綜しており原因もはっきりしていないが、アリアン5は競合他社より信頼性が高い事を売りに市場を維持してきたため、大きな影響は避けられないだろう。

今回打ち上げられたのは、ルクセンブルク・SESの人工衛星「SES-14」と、UAE・Yahsatの人工衛星「Al Yah 3」の2機。SES-14はNASAのGOLD(Global-scale Observations of the Limb and Disk)ミッションをホストする。分離後の2機は予定の軌道とは異なるが、安定した軌道に投入されたという。2機とも状態に問題はなく、SESとYahsatはそれぞれ通信の確立に成功しており、今後予定軌道へ向けて移動する計画だ。SES-14は予定よりも4週間遅れで静止軌道へ達する見通しで、NASAは打ち上げ時の異常によるGOLDミッション機材への影響は最低限との連絡をSESから受けているそうだ。ArianespaceはESAの監察官を長として独立した調査委員会を構成し、原因の調査にあたる。なお、Arianaspaceの今後の打ち上げは予定通り実施するとのことだ(プレスリリース: ArianespaceESASESYahsatNASA)。

13512099 story
テクノロジー

デジタルナンバープレート、米国で実用化 33

ストーリー by hylom
日本ではいつ 部門より

米国で「デジタルナンバープレート」の実用化が近いという(Response)。

このデジタルナンバープレートはReviver Auto社が開発するもので、ナンバープレートの代わりにディスプレイを設置し、そこにナンバーを表示するというもの。ディスプレイとは無線で通信が可能で、ナンバープレートの更新作業などが簡単になるほか、メッセージなどを表示させることもできるという。また、さまざまな管理機能や統計情報収集機能も提供されるという。

こういったデジタルナンバープレートはテキサス州とフロリダ州ですでに利用が認められており、またカリフォルニア州とアリゾナ州では試験的に導入が行われているそうだ。

13510289 story
交通

小笠原空路計画、機材と滑走路長の悩み所 60

ストーリー by hylom
なかなか上手い手は見つからず 部門より
maia曰く、

2018年1月5日、小池都知事は次年度予算案に小笠原空路開設のための調査費を計上したことを明らかにした(のりものニュース)。

VTOL機の登場を待たず(運航費も高くつくしね)、洲崎での空港建設前提のようだ。問題の滑走路長だが、当初案1200mでも対岸の山を削る必要があり、もっとSTOL性を増した機材にして、それなら800m程度という可能性もあるようだ。リージョナルターボプロップ機の雄ATR(仏)が2020年に就航させる予定のATR42-600S(48~50席級)が、従来のATR42-600で必要滑走路長1000mであったものを800mに短縮している(Aviation Wire)。エンジン出力の向上、機体の軽量化、ラダーの大型化などが改良のポイント。航続距離は仕様によるだろうが、42-600では1326km~1560kmのようだ。……足りんな。

13510283 story
アメリカ合衆国

デルタ航空、訓練されていない「精神的サポート動物」の機内持ち込みによるトラブルを受け要件の厳格化を発表 21

ストーリー by hylom
そんなシステムがあるのか 部門より
headless曰く、

米国ではペットの動物を手荷物として旅客機の機内に持ち込めるほか、訓練された介助動物や精神的サポート用動物を機内に同伴することが認められている。しかし、機内に同伴した動物に関するトラブルが繰り返されていることから、デルタ航空では3月1日から提出書類の要件を追加するそうだ(ニュースリリースService and Support AnimalsThe Verge)。

ペットを手荷物として機内に持ち込む場合、乗客が自分で用意したケージに入れ、追加料金を支払う必要がある。一方、介助/精神的サポート動物は追加料金なしで同伴でき、ケージも必要ない。特に精神的サポート動物は、同伴が乗客の精神衛生上必要だという精神科医などによる証明があればよいため、ペットを旅先に連れて行く安上がりな手段として使われることも多いようだ。その結果、公共の場で行儀よくふるまう訓練を受けていないペットが精神的サポート動物として同伴され、機内で騒ぐ、機内を汚すといったトラブルのほか、他の乗客にかみついたり訓練を受けた介助動物を攻撃したりといったトラブルも発生している。

3月1日以降は、介助/精神的サポート動物ともに獣医による健康診断書やワクチン接種済みの証明書類を48時間前までに提出することが求められる。精神的サポート動物については精神科医などの証明に加え、動物が訓練済みであることを証明する書類も48時間前までに提出する必要があるとのことだ。

13509390 story
軍事

ドイツ海軍の新型フリゲート、海上試運転の結果受取りを拒否 50

ストーリー by hylom
やり直し 部門より
maia曰く、

ドイツ海軍の新型フリゲートF125の一番艦バーデン・ヴュルテンベルク(排水量7,316トン)が海上試運転の結果、ソフトウェアおよびハードウェアの問題によって不合格となり「返品」された(ウォール・ストリート・ジャーナルTHE DRIVE)。これはドイツ海軍史上初のことらしい。

F125は非対称戦争や国際貢献、遠隔地での長期的な活動をターゲットにしており、上陸支援の艦砲射撃能力に注力しつつ、固有の対潜装備を欠くなど(搭載ヘリ2機に頼る)、やや偏った構成になっている。省力化のため大幅な自動化が進められているが、ソフトウェアのバグなど、うまく機能しなかったようだ。上陸要員など50名の「乗客」のための居住区画もあり、船体中央部の左右に計4艘の11m級複合艇(硬式ゴムボート)を格納するレセスを持つ。上部構造が大きめに感じるが、実際重量過多で余裕がないともいう。根本的な企画、設計ミスとも受け取れるが、同型4艦はすべて建造済みである。

余談だが、現在ドイツ海軍は作戦行動可能な潜水艦が無い状態だという。

13506879 story
軍事

マッハ6で飛ぶ偵察機SR-72、既に試作機が存在か? 85

ストーリー by hylom
まだ2030年まで10年以上もあるのに 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米Lockheed Martin社が、音速の5倍以上の速度で飛行できる航空機を開発しているとのこと。すでに実際にこの速度で飛行できるテスト機が存在している可能性もあるという(ブルームバーグBloombergSlashdot)。

同社は超音速偵察機「SR-71」を1960年代に開発、米軍に納入している。そして、現在この後継機となる「SR-72」の開発に取り組んでいるそうだ。SR-72ではマッハ5以上での飛行能力を目指しているという。

ロッキード副社長の1人、ジョン・オバ二オン氏は、最近のコンピューティング能力と設計ツールにより、スクラムジェットエンジンの3次元設計が可能になったと説明した。同氏によると5年前にスクラムジェットエンジンの試作をしたときには、エンジンが溶けてしまったという。しかし、今ではエンジンの素材に組み込まれた冷却システムを持ち、そのエンジンをデジタル印刷することも可能になったとしている。この発言から、すでに飛行できるSR-72の試作機などが存在するのではないかとの憶測が生まれたようだ。

現時点でスカンクワークスのプロジェクトがどれだけ進捗しているかは不明だ。またSR-72が有人機なのか無人機なのかについても分かっていない。

13506266 story
日本

JR北海道、 一部エリアで「スマホ定期券」開始 37

ストーリー by hylom
設備投資要らず 部門より

JR北海道が石北線・釧網線の一部エリアで、スマートフォンを定期券として利用できるサービスを開始する(発表PDF)。

昨今ではいわゆる「おサイフケータイ」対応機器でのモバイルSuicaサービスなど、ICカード乗車券の代わりに携帯電話やスマートフォンを利用できるサービスが登場している。しかし、今回の石北線・釧網線はJR北海道のICカード乗車券「Kitaca」の利用対象外だ。そのため、スマートフォンの画面に既存の定期券と同様の区間や有効期限、氏名などを表示させ、乗り降りの際にそれを係員に提示するというシステムになっている。

このサービスは高速バスなどの乗車券購入アプリ「バスもり!」を利用しており、決済はクレジットカードやコンビニ支払いなどが利用できるという。また、通勤定期だけでなく通学定期も購入できるそうだ。

typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...