パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記の更新状況はTwitterの@sradjp_journalsでもチェックできます。

13160957 story
交通

オプションのソーラー充電システムで一日当たり平均2.9㎞走行可能なプリウスPHV 141

ストーリー by hylom
そんなに走れるの 部門より
maia曰く、

トヨタがこれからのエコカーの大本命と位置づける新型プリウスPHVでは、メーカーオプションで屋根に搭載できるソーラー充電システムが提供される(朝日新聞Response)。

名古屋地区の年間日照データを基準にすると、充電量は1日当たり平均で2.9km、最大6.1kmのEV走行に相当するという。バッテリー容量は68.2km走行分あるので、日常ユースにはEV走行だけでほぼ足りるが、屋根だけのソーラー充電で約3㎞走れるというのは、意外に多い気もする(1㎞先なら行って帰ってこれる)。でもガレージの屋根は無しにしないと駄目だな(ガレージの日当たり問題で)。

13152168 story
交通

輪島市、ゴルフカートを市街地の交通システムとして利用 65

ストーリー by headless
自動 部門より
maia 曰く、

都市型交通システムとして、BRTやLRT、各種軌道システム、コミュニティバス、自動運転バス・タクシーなど色々ありうるわけだが、石川県輪島市では保安部品を追加したゴルフカートを軽自動車登録して、定時運行させる「エコカート」の社会実験を行っている(輪島商工会議所 次世代交通対策事業乗りものニュースの記事)。

市内の観光スポットを巡るコースや病院・商業施設を結ぶコースなど計3コースで、ゴルフ場と同様の「電磁誘導線」が埋め込まれた一部の区間では昨年11月から自動運転による走行を行っている。停止中の車両を避ける場合などはドライバーによるハンドル操作で自動走行が解除され、電磁誘導線上に復帰すれば再び自動走行に切り替わる仕組みだ。カートはドライバー含めて4人乗り。最高時速19km、自動運転区間では時速12kmで走行し、料金は無料となっている。

各コースで定められた停留所でのみ乗降可能で、午前は10時台~11時台、午後は13時台~14時台に運行している。なお、「輪島キリコ会館コース」と「輪島病院コース」は平日のみの運行、「塗めぐりコース」は水曜のみ運休とのことだ(エコカート運行案内)。

13149660 story
交通

高速道路の特定区間で一時下車を可能にするサービス、今夏に試験導入 65

ストーリー by hylom
全区間で導入されても良いんじゃないの 部門より
NurseAngel曰く、

高速道路の「途中下車」を可能にするサービスが、今夏から試験的に導入されるという(ITmedia)。

このサービスは「賢い料金」と呼ばれており、ETC2.0搭載車が対象。高速道路から降りた後、所定の道の駅などに立ち寄って約1時間以内に再度高速道路に入れば、その際の追加料金を徴収しないというもの。まずは「玉村宿」(群馬県)、「もっくる新城」(愛知県)、「ソレーネ周南」(山口県)の3か所で実施される。休憩施設同士の間隔が離れている「空白区感」への対策のための施策だそうだ。

ちょっと時間が短いのと名前がアレですが、とてもよいサービスではないでしょうか。空白区感だけではなく、ぜひ全ICで対応してほしいところです。

13148580 story
交通

青函トンネルの「先進導坑」内部で坑内の変形が確認される 18

ストーリー by hylom
50年近く前のトンネルです 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

青函トンネルの「先進導坑」で幅が縮んだり底部が隆起するといった変形が確認されているとにう。外部からの圧力が原因のようだ(北海道新聞)。

先進導坑は排水や換気などを行うトンネルで、列車が走る本坑とは分かれている。変形は数センチメートル程度で、本坑や作業坑などで安全上の問題はないとのこと。先進導坑は本坑に先行して掘削が行われていたため、老朽化が進んでいるのも原因のようだ。

現在は応急処置が行われているとのことで、今後抜本的な対策工事を行う予定とのことだが、工費の問題も出ているようだ。

13141860 story
スラッシュバック

生産中止が話題になった林業向けトラック、日野自動車が試作車両の開発へ 15

ストーリー by hylom
ここまではトントン拍子 部門より

先日「林業で使われているトラックが相次いで生産中止に、排ガス規制が影響」という話があったが、この話がネットで話題になったことから、日野自動車が新たな車両の開発を試験的に行うことになったという(Yahoo!個人ニュース)。

まだ試作段階で製品化されるかどうかは分からないが、ネットだけでなく、多くの人や組織から自動車メーカーに対する働きかけがあったようだ。

13139891 story
ソフトウェア

オープンソースの自動運転ソフトウェアで事故が起きた場合、責任を負うのは誰か 89

ストーリー by hylom
免責事項は効かないのだろうか 部門より
taraiok曰く、

以前、自動運転システムがオープンソース化されるという話があったが、これをめぐって別の問題が議題になっているという。それはこのソースコードを使って自動運転車を開発して事故を起こした場合、法的責任は誰にあるのかということだ(IEEE SpectrumHOT HARD WARESlashdot)。

このソフトウェアを開発したcomma.ai社は、当局による干渉に反発して自動運転システムを製品化する前に開発を終了し、ソースコードをオープンソース化した。同社CEOのGeorge Hotz氏は、ほかの人がこのコード使って問題を起こしても同社に損害賠償責任はないと主張している

一方、消費者団体「Consumer Watchdog」のJohn Simpson氏は、いかなる損害についてもHotz氏側に責任があると主張している。また、ソフトウェア専門家Heather Meeker氏は、原因がソフトウェア側にある場合、Hotz氏側が責任を負う可能性はある。しかし、それ以外の場合は利用者が責任を負うことになるとした。製品責任事例専門の弁護士であるLarry Coben氏は「わからない」と述べている。そもそもソフトウェアが「製品」であるかどうかについては弁護士や裁判官の間でも一致した見解のない状態だそうだ。

13137507 story
ビジネス

JR北海道、国の追加支援が終了した場合2020年度末で資金不足に陥るとの試算を公表 187

ストーリー by hylom
選択と集中が進まない 部門より

JR北海道が経営難に陥っていることは以前より報じられており、具体的に廃止を検討している路線が明らかにされているが、路線の廃止に対しては様々な意見があり、容易には進まない情勢だ。そんななか、JR北海道が2016年度以降毎年180億円規模の経常損失が見込まれ、さらに設備投資や借入金の返済などで300億円規模の資金不足が発生するとの資産が公表されたという(産経新聞北海道新聞J-CASTニュース)。

2018年度までは国による支援も予定されているが、その終了後の2020年度末には同社の資金残高はマイナスになる見込みだという。

13131525 story
テクノロジー

MRJ、納入延期に 42

ストーリー by hylom
結局延期に 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

三菱重工業傘下の三菱航空機が開発するジェット機「MRJ」の量産初号機の引き渡し予定が、2018年半ばから2020年半ばに延期された(三菱重工業および三菱航空機の発表)。

MRJについては昨年10月に納入時期を延期するという報道があったが、その時点では三菱航空機から納期変更を決定した事実は無いとの発表が出されていた。

13130526 story
ビジネス

川崎重工、空自向け新型輸送機「C-2」の民間転用を断念 88

ストーリー by hylom
どうしてこうなった 部門より

航空自衛隊の輸送機「C2」は川崎重工が製造を行っており、民間旅客機への転用も検討されていたが、「型式証明」の取得コストなどから民間転用が断念されたと報じられている(日経ビジネス)。

C2の開発には2600億円以上が投入されたとのことで、これをカバーするために民間転用が検討されていた。しかし民間機として利用するために各国の航空当局から取得が必要な必要な「形式証明」の取得にはさまざまな試験が必要になり、そのコストが見合わないことが民間転用断念の理由だという。また、軍用機としての海外輸出も検討されているそうだが、こちらも難しいという。

13130524 story
交通

鉄道の遅延度合いに応じて料金を割り引く制度の導入を国会議員が提案 192

ストーリー by hylom
一極集中の問題 部門より

民進党・藤末健三参議院議員が、東急田園都市線の大幅遅延を受けて「遅延度に応じて料金を割り引く制度の導入を提案して行きます」と主張したことが波紋を呼んでいる(ITmedia)。

神奈川・中央林間駅と東京・渋谷駅を結ぶ田園都市線では通勤時間帯などに頻繁に遅延が発生しているが、これに対し藤末議員は「独占企業の地位に甘んじている」と批判、30分以上遅延したら無料にすべきと主張した。

通勤時の田園都市線は最大で一時間当たり20本の列車が運行されており、小さなトラブルが大きな遅延を引き起こしやすい状況となっているのが大きな原因であるが、遅延による割り引きなどが発生した場合に安全対策がおろそかになるのではないかという指摘も出ている。

13130410 story
交通

緊急車両が近づくとカーステレオを強制停止させるシステム 42

ストーリー by hylom
既存車両でも対応できる点が良さげ 部門より

救急車などの緊急車両が近づいた際に自動的にカーステレオを停止させるとともに音声で車両の接近を知らせるシステムが開発された(Engadget Japaneseシステムを開発するスウェーデン王立工科大学のニュース発表)。

このシステムは「EVAM」と名付けられており、現在スウェーデン・ストックホルムで実証実験が行われているという。ヨーロッパや北米で普及しているFMラジオ向けの情報表示システム「Radio Data System」を利用して実装されており、また走行速度によって通知距離を制御できるそうだ。ただ、緊急車両が走行しているのとは違う道を走っている車両でも、緊急車両が近づくと通知が行われるという問題点もあるようだ。

13128432 story
交通

千葉市で「一人乗りロボット」の移動実験が行われる 43

ストーリー by hylom
ロボットである意味は 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

千葉市で「一人乗りロボット」の走行実験が開始された(NHK)。

観光客などがロボットに乗り街を移動できるサービスの実現を目指すもので、2020年の東京オリンピックでの運用を目指しているという。実験はAmazonのドローンなどと同じく美浜区の幕張新都心で実施。ロボットは高さ60センチ程度、最高速度は時速3.6kmで、センサーで計測した地形や障害物などの状況をもとに自動で走行できるとしている。周囲の歩行者に危険が及ばないかの検証や、走行ルートの検討なども行うようだ。

13123860 story
電力

オランダ鉄道が風力で電車を運行 89

ストーリー by headless
風車 部門より
route127 曰く、

オランダ鉄道は1日から、風力発電による電力ですべての電車を運行しているようだ(化学業界の話題の記事AFPBB Newsの記事)。

オランダといえば風車小屋が有名だが、実際に16世紀末から17世紀にかけて活躍したシモン・ステヴィンはオランダの強い風を利用して帆走車を製作している。

オランダ鉄道では2016年に電力の大半を風力発電でまかなっており、少なくとも半年前には2017年の完全移行を発表していたようだ。昨年末には2017年1月1日以降すべての電車が風力発電で走るとも報じられている(オランダ鉄道の記事Eneco NS Groene TreinTreinreiziger.nlの記事AD.nlの記事[1][2])。

13122105 story
交通

東京メトロ、開業当時の銀座線をより再現した特別仕様車を運行へ 37

ストーリー by hylom
知らずに見たらびっくりしそう 部門より

東京メトロ銀座線で、開業(1927年)当時の車両をモチーフにしたデザインの車両が走行するという(The PAGE)。

この車両は、「旧1000系」をモチーフにしたもので、外観だけでなく内装も旧1000系に近づけているという。前灯は1つのみでつり革はストラップがない「リコ式」、「ポイント部を通過する際に天井灯が消えて側面の予備灯がつく」使用も再現しているそうだ。

この車両は1月17日より運行されるという。

13122096 story
テクノロジー

自動車の低速走行時の急加速を防ぐ「保護ブレーキシステム」 58

ストーリー by hylom
過渡期の混沌 部門より

ブレーキとアクセルを踏み間違えたことが原因とみられる事故はたびたび発生しており、これの対策方法がいくつか考案されているが、その1つとして「保護ブレーキシステム」というものが考案されているという(西日本新聞)。

この装置は民間車検工場の経営者が開発したもので、時速16km以下で走行中、アクセルを踏んで急加速するとブレーキがかかるというもの。6~7万円程度で取り付けられるという。

よそ見→クラクション→慌てて加速→装置作動して(進むと信じ込んでいる後続車に)追突される気がするが、まだこっちのほうがいいかな?

typodupeerror

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

読み込み中...