パスワードを忘れた? アカウント作成

あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

13166531 story
国際宇宙ステーション

SpaceX、歴史的な発射台LC-39AからのFalcon 9ロケット打ち上げに成功 5

ストーリー by hylom
民間でも使えるのか 部門より
headless 曰く、

SpaceXは19日、国際宇宙ステーション(ISS)の補給ミッション(CRS-10: PDF)のため、Dragon宇宙船を搭載したFalcon 9ロケットの打ち上げを実施した(SpaceXのツイート[1][2][3]NASAのツイート動画The Vergeの記事[1][2])。

打ち上げが行われたケネディ宇宙センター第39複合発射施設のLC-39Aは、アポロ11号やスペースシャトルの打ち上げに使われた歴史的な発射台だ。SpaceXは2014年にNASAと20年間のリース契約を結んでいるが、実際の打ち上げに使われたのは今回が初めてとなる。もともと今回の打ち上げはケープカナベラル空軍基地の発射台を使用する予定だったが、昨年9月に発生した打ち上げ前試験中の爆発事故による損傷が大きく、LC-39Aに変更されたとのこと。

Falcon 9ロケットは東部時間19日9時39分(日本時間19日23時39分)に打ち上げられ、約10分後にDragon宇宙船を予定軌道に投入。打ち上げは成功した。Dragon宇宙船は打ち上げから約2日後にISSとドッキングする。約1か月後には地球へ帰還し、メキシコ・バハカリフォルニア沖の太平洋上に着水する予定だ。

ロケット第1段は打ち上げから約8分後にケープカナベラル空軍基地のLanding Zone 1(LZ-1)に着陸し、回収も成功している。今回の打ち上げは東部時間18日10時1分(日本時間19日0時1分)の予定だったが、ロケット第2段の問題を確認するため13秒前になって中止となり、翌日に延期されていた。

13165871 story
バグ

スポーツくじ「BIG」でランダムなはずの予測結果が2連続で一致するも「偶然」との回答 89

ストーリー by hylom
シードの選択がアレだった疑惑 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

コンピュータがランダムに抽選した予測が試合結果と合えば当選というスポーツくじ「BIG」において、14試合×5口分の予想結果が2回続けて全く同じという極めて不自然な結果が出力され、システムの不具合や不正ではないかと一騒動となっているようである(公式の調査発表ITmediaの記事1記事2)。

BIGでは1口分が14試合で、予想結果は勝ち・負け・引き分けの3パターンあり、これをコンピュータがランダムに抽選するため、同じ結果が出力される可能性は極めて低い。が、15日に楽天totoにて全く同じ結果が出力されたという画像付きの報告がTwitterに投稿され、不具合や運営側が意図的な操作をしているのではないかといった憶測が飛び交う事態となった。

20日にはくじを運営する日本スポーツ振興センターと楽天から調査結果の発表がなされたのだが、「くじは確かに販売されたものである」「重複した投票内容の出現はあり得る」といった「不具合や不正ではない」というものであった。しかし5口分の予測が一致する確率は0.0000000000000000000000000000001%というとで、さすがにキャッシュや乱数アルゴリズムのミスなどではないだろうか?

13158801 story
プログラミング

JavaScript、なんて略してる? 107

ストーリー by hylom
拡張子由来でJSと呼んでいる気がする 部門より

「JavaScript」を「ジャバスク」と略す人達というブログエントリがきっかけで、「JavaScriptをどのように略すか」「ほかの言語はどう略すか」といったことが話題になっている(インターネットコムはてなブックマークTwitter)。

JavaScript(ジャバスクリプト)の略称としてはJS(ジェーエス)が広く使われているが、「ジャバスク」という呼び方をする人も一定数存在するようだ。そのほか「ジャバス」などの呼称があるという話もあるという。

なお、JavaScriptを開発したNetscape Communicationsの流れをくむMozilla Japanでは、「ジェーエス」と呼ぶことはあっても「ジャバスク」と呼ぶことはないという。

13157953 story
インターネット

ロシアがスノーデン氏を「贈り物」として引き渡し検討 56

ストーリー by hylom
人身御供 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ロシア政府はトランプ大統領への「贈り物」として、米国家安全保障局(NSA)によるネット監視をリークしたエドワード・スノーデン氏を米国に引き渡すことを検討しているという(CNET JapanHuffington Post)。

トランプ氏は2013年という早い時期から、自分が大統領ならスノーデン氏をすでに米国に連れ戻していただろうと主張していた。なおスノーデン氏はTwitterで「私がロシアの諜報関と決して協力しなかった動かぬ証拠だ。スパイをみすみす手放す国なんてない」と強気なコメントを出している。

13157783 story
携帯電話

企業が最も禁止しているモバイルアプリはゲーム「Angry Birds」 32

ストーリー by hylom
意外に真面目なラインアップ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

MobileIronが14日に発表した報告書によると、ビジネス用モバイルアプリの使用は急増、10以上のビジネス用アプリを使っている企業は全体の80%近くを占めているという。そんな中、企業が使用禁止アプリとしてブラックリスト入りしている上位10位が発表された。2016年第4四半期の上位10アプリは以下の通り(プレスリリースFORTUNESlashdot)。

  • 1位:Angry Birds
  • 2位:Dropbox
  • 3位:Facebook
  • 4位:Whatsapp
  • 5位:Twitter
  • 6位:Skype
  • 7位:OneDrive
  • 8位:Outlook
  • 9位:Netflix
  • 10位:Google Drive

この調査では、2016年10月1日から2016年12月31日までの期間、世界中の7800社に対してアンケートを行った。Android、iOSおよびWindows端末のアプリを対象に調査しているという。

情報流出のリスクがあるものが大半を占めているが、1位のAngry Birdsはゲームであるため、ほかのアプリとはやや毛色が違う。Angry Birdsは年齢や住所、デバイス識別番号などを暗号化無しに送信していることが知られており、世界中の企業で個人情報流出のリスクの高いアプリとして知られているのが理由であるようだ。 。

13154694 story
Twitter

Twitterが決算を発表、広告売り上げが減少傾向に 33

ストーリー by hylom
この先生き残れるか 部門より

米Twitterが2月9日、2016年第4四半期の決算を発表した(日経ITproITmedia)。

Twitterの2015年第4四半期決算ではアクティブユーザーが微減となったことが話題となったが(昨年のTechCrunch記事)、今四半期の売り上げ高はデータライセンシングなどの売り上げ増によって前年同期比で1%増と微減にとどまったものの、広告売り上げ高自体は減少傾向にあり、純損失も拡大。Twitterは平均日間アクティブユーザーは前年比で11%増加したとしているが、収益には結びついていないようだ。

13149662 story
Twitter

Twitter、嫌がらせアカウント作成の抑止といった嫌がらせ対策を発表 39

ストーリー by hylom
大統領のアカウントはどうなる 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

Twitter上での嫌がらせや差別的発言はたびたび問題となっているが、Twitterがこれら問題に対する3つの対策を発表した(窓の杜GIGAZINE)。

まず1つめは、「嫌がらせアカウント作成の抑止」。アカウントを永久的に停止されたユーザーが新しいアカウントをつくることを阻止するシステムを導入するという。また、問題のあるコンテンツやブロックしたアカウントからの投稿を検索対象外とする「セーフサーチ」機能を提供するとともに、「嫌がらせになるであろうというツイートや質の低い返信ツイートを識別し、表示を抑える一方で、関連度の高い会話を目につくところに表示する」機能も導入するという。

13148642 story
Twitter

学校向けのTwitter監視サービスは「鍵付き」アカウントも監視できるという噂、Twitterは否定 16

ストーリー by hylom
監視できないとは言えないのか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

学校などに向けてSNSの投稿監視サービスを提供する「スクールガーディアン」が、Twitterのいわゆる「鍵アカウント」も監視できるという噂が出ている(ITmedia)。

サービスを運営するアディッシュ社側はこれについて「企業秘密」として回答を避けたが、「SNSの利用規約に抵触するような行為はおこなっていない」という。いっぽうTwitter側は特定の企業に対して「鍵アカウント」の投稿を許可していない相手に見せることはない、としている。

13147626 story
テクノロジー

米IT大手など97社、入国禁止に反対する法廷助言書を提出 84

ストーリー by hylom
米国を馬鹿にする政策 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

シリコンバレーとトランプ政権の対立が深まっている。Apple、Facebook、Google、Microsoft、Netflix、Twitter、Uberなどの米IT大手97社は米国時間2月5日、Donald Trump米大統領の入国禁止令を非難する法廷助言書を提出した。曰く大統領令は差別的で、移民法に違反しており、世界中から人材を集められなくすることで米国企業に損害を与えると主張している(TheWashingtonpostTechCrunchCNETCNNSlashdot)。

現在、入国制限の大統領令は、連邦地裁の決定により一時差し止め中。トランプ政権側は不服を申し立てていて、7日に口頭弁論が行われる予定。審理が行われる第9巡回連邦控訴裁判所は米国の中でも特にリベラル寄りという評判があるため、連邦最高裁に持ち込まれる公算が大きいとのことで、この件は長引きそうな雰囲気であるようだ。

13147621 story
ゲーム

乳揺れならぬ「ペニス揺れ」を再現したゲーム 78

ストーリー by hylom
対称性 部門より
insiderman曰く、

ゲームにおける女性キャラクターの「乳揺れ」が度々議論になるが、一方で男性キャラクターにおいてはこのような議論は今まで存在しなかった。背景には男性キャラクターにおいては一般的には揺れる「モノ」が描かれないということもあるのだが、このたび男性キャラクターの陰茎や睾丸がキャラクターの動きに合わせて揺れるというゲームが登場したそうだ(AUTOMATON)。

このゲームは、英雄コナンをモチーフにした「CONAN EXILES」というゲーム。現在早期アクセスというステータスで、日本からもSteamで購入が可能(日本語字幕もあり)。未開の世界で生き残り、資材を集めて町を作ったり、他のプレイヤーの町を破壊するといった要素を楽しむオープンワールド型のゲームなのだが、このゲームではキャラクターエディット画面で男性器の大きさをユーザーの好みに調整することができるという(Chris Livingston氏によってTwitterに投稿されたデモ画面)。さらに、下半身に何も装備していない状態ではこれが物理演算によってリアルに揺れる(動画がまとめられている、Livingston氏が執筆したPC GAMERの記事)。

日本から購入したバージョンでもこの仕様になっているのか、また日本国内では法的に大丈夫なのか心配ではあるが、乳が揺れてペニスが揺れないのは確かにリアルではないわけで、個人的には面白いと思う。

13145287 story
日本

秘密裏に情報提供を命ることができる米国の「国家安全保障書簡」 28

ストーリー by hylom
日本ではどうでしょう 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米連邦捜査局(FBI)には、裁判所の令状不要で企業などの組織に情報提出を命じることができる国家安全保障書簡(National Security Letter:通称NSL)という仕組みがあるそうだ。この仕組みを使った情報提供が求められたことは、情報提供対象に通知できないという(CNET JapanTheInterceptthe guardianSlashdot)。

最近ではIT企業などが「透明性レポート」として政府からの情報提供要請について発表することが少なくないが、Twitterは1月27日、2015年と2016年にFBIからNSLを使った情報提供命令があったことを公開した。その内容は連邦機関からあるユーザーアカウントの名前と住所、そのほかの関連情報を提供するというもの。また、GoogleやYahooなども同様に「情報解禁」となったNSLの公開を行っているという。

ターゲットがジャーナリストの場合は、司法省との相談が必要とされている。しかし、外国諜報機関と関連している可能性があれば司法省の連絡は不要だという。なお、FBIは2015年には13,000通ものNSLを出しているそうだ。

13144178 story
Chrome

Googleのエンジニア曰く、行儀のいいアンチウイルスはWindows Defenderだけ 100

ストーリー by headless
作法 部門より
Googleのエンジニア Justin Schuh氏によれば、経験上得られた多数のデータからみて、行儀のいいアンチウイルスと呼べるのはMicrosoft Defender(Windows Defender)だけだという(On MSFTの記事)。

先日、Microsoft以外のアンチウイルス製品は使用すべきではないというRobert O'Callahan氏のブログ記事が話題となった。このO'Callahan氏の発言を誘発したのが、安全なブラウザーを出荷する最大の障害はアンチウイルスなどと指摘したSchuh氏の一連のツイートだ。

Schuh氏の新たな発言は、O'Callahan氏のブログ記事を話題にした一連のツイートからの流れで飛び出したもの。行儀のいい唯一のアンチウイルスなので、ブラウザーメーカーはWindows Defenderに苦情を言わないと述べている。また、Windows Defenderは「第一に害を及ぼさない」というルールを守っている、Chromeのセキュリティメカニズムを壊したことのない唯一の存在、などとも述べている。
13138245 story
テクノロジー

イーロン・マスク、会社から空港までのトンネルを掘るつもり? 43

ストーリー by hylom
本気なのか 部門より
maia曰く、

昨年の12月17日、イーロン・マスクがtwitterでトンネルを掘ると言い出した。「渋滞には本当にうんざりだ」という動機(?)。どうやら、スペースX社の近くから掘削を始め、ロサンゼルス国際空港までの移動時間を短縮するつもりらしい(autoblog)。

調べてみたら、自動車で約10km。大した距離ではないが、それにしても、一体トンネルとは何なのか。やはりハイパーループ?

13137558 story
Twitter

35万以上のアカウントから構成されたTwitterボットネットが発見される 15

ストーリー by hylom
なぜわざわざジオタグを付けた 部門より

35万以上のTwitterアカウントから構成された、「Twitterボットネット」が発見された(BBCGIGAZINESlashdotMIT Technology Review)。

このボットネットを発見したのは、University College Londonのサイバーセキュリティ研究者ら。研究者らは自動投稿アカウントに関する調査のため、英語で投稿を行っているアカウントからランダムに選んだ600万アカウントの詳細情報を取得して統計処理を行っていたそうだ。その1つとして投稿者の場所を示すジオタグ付き投稿を調べたところ、砂漠や海上といった人が住んでいないような場所から行われている投稿が異常に多いことに気付いたという。そこでこのような投稿についてより詳しく調べたところ、これらジオタグが指す位置は米国およびヨーロッパの特定エリア内に分散しており、さらにこれらアカウントは11個以上の投稿は行っておらず、フォロワーは10人以下、フレンドは31人以下で、投稿はすべてWindows Phone向けのTwitter公式クライアントから行われていたことが分かったという。

これらアカウントはStar Warsの小説からランダムに引用した文章をランダムなハッシュタグ付きで投稿していたという。そのため、このボットネットは「Star Wars botnet」と名付けられている。さらに、これらアカウントは2013年の6月から7月にかけて作られており、その間に1日あたり15万投稿を行っていたが、2013年7月14日に突然活動を停止したそうだ。

これらアカウントは「偽のフォロワー」を作り出すためのものではないか、などの推測はあるが、誰が何のために作られたかは不明のようだ。

13136135 story
Windows

Windows 8.1/10ではサードパーティーのアンチウイルス製品を避けるべき? 112

ストーリー by headless
安全 部門より
Mozillaの元開発者 Robert O'Callahan氏が、Microsoft以外のアンチウイルス製品は使用すべきではないと主張している(Eyes Above The Wavesの記事Ars Technicaの記事The Registerの記事Softpediaの記事)。

これはGoogleのJustin Schuh氏が昨年、安全なブラウザーを出荷する最大の障害はアンチウイルスだと指摘した一連のツイートに呼応するものだ。O'Callahan氏はMicrosoft以外のアンチウイルス製品がセキュリティーを改善するとの証拠はほとんどなく、むしろセキュリティーを低下させると主張する。

たとえば、Firefoxに初めてASLRを実装した際、多くのアンチウイルスベンダーがFirefoxのプロセスにASLRを無効化したDLLをインジェクトして台無しにしたという。また、アンチウイルスソフトウェアはFirefoxのアップデートを何度もブロックしており、開発者はアンチウイルスに起因する問題に対処するために多くの時間を無駄にしていると述べている。

GoogleのProject Zeroで指摘されるようなアンチウイルス製品のバグは、開発者が一般的なセキュリティープラクティスを守っていないことを示すものだが、(おそらく最近のGoogleを除く)ソフトウェアベンダーは問題解決にアンチウイルスベンダーの協力が必要なため、声を大にして指摘できないとのことだ。

なお、Windows 7やWindows XPの場合はサードパーティーのアンチウイルス製品を使用することで、少しはましになるかもしれないともO'Callahan氏は述べている。つまり、Windows 8.1/10では標準のセキュリティー対策機能のみを使用すべきということだ。スラドの皆さんはどう思われるだろうか。
typodupeerror

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

読み込み中...