パスワードを忘れた? アカウント作成

今週も投票をしましたか?

15553613 story
ロボット

イングランド・ウェールズ・スコットランドの法律委員会、自動運転車におけるユーザーの免責を勧告 49

ストーリー by headless
免責 部門より
イングランドとウェールズ、スコットランドの法律委員会が共同報告書を作成し、自動運転車における責任者ユーザーに対する免責を勧告している (報告書: PDFThe Guardian の記事The Next Web の記事)。

報告書では自動運転システム有効時 (自動運転レベル3または4) に運転席に座る人を運転者ではなく責任者ユーザー (user in charge) と定義し、責任者ユーザーは直接的な運転操作による違反行為から免責すべきだと勧告している。責任者ユーザーの責任範囲としては、必要な保険への加入や自動運転システムへ適時にアップデートを適用すること、子供にシートベルトを締めさせることなどが挙げられる。

なお、乗車している全員が乗客となる完全な自動運転を指して「autonomous (自律)」運転という用語が使われることもあるが、哲学者は主観に従って行動するといった意味で使うこともある。そのため、システムを擬人化することにもつながるとして、法律の条文では「automated (自動)」運転という用語を使用するよう勧告している。

フランスの法律では自動運転システムを利用規約に従って有効化した場合にのみユーザーの免責を認めると定めており、英国の法律 Automated and Electric Vehicles Act 2018 でもユーザーが不適切な場面で自動運転を開始した場合は保険会社の責任範囲外と定めている。しかし、たとえば規約に豪雨時の自動運転を禁ずる条項がある場合、ユーザーが豪雨かどうかの判断を迫られることになる。

これはメーカーが自動運転時の責任範囲を狭くするために複雑な利用規約を策定する動機にもなる。そのため、自動運転を有効化できるかどうかは自動運転システム側で判断すべきであり、責任者ユーザーが自動運転システムの警告を無視して危険に対応しなかった場合などを除き、自動運転有効時の交通違反から免責すべきとのことだ。
15550634 story
ロボット

ロボット掃除機、英国のホテルから大脱走 6

ストーリー by nagazou
探さないでください 部門より
headless 曰く、

英国・ケンブリッジのホテル Travelodge Cambridge Orchard Park で 20 日、作業中のロボット掃除機が脱走したそうだ (BBC News の記事The Guardian の記事The Register の記事Travelodge UK のツイート)。

既に削除されている Reddit 投稿によると、ロボット掃除機は玄関の段差を検出して引き返すはずだが、この時に限って段差を無視してホテルから出て行ってしまったという。これに従業員が気付いたのは 15 分ほど後のことで、探しても見つからなかったようだ。適合する充電器やドッキングステーションはホテルにしかなく、充電が切れたら何の役にも立たないとも説明されていた。

BBC News によれば、翌日ロボット掃除機はホテルの清掃担当者(人間)により垣根の下で発見されたそうだ。今は汚れを落としてもらい、ロボット掃除機の家族と幸せに棚の上で休んでいるとのことだ。

15546424 story
英国

英ジョンソン首相、ピーク過ぎたとしてコロナ規制廃止へ。フランスでは急増中 77

ストーリー by nagazou
いつも解除が早いような 部門より
イギリスのボリス・ジョンソン首相は19日、現在イングランドで導入されているマスク着用義務やワクチン接種証明の提示を27日から廃止すると表明した(BBC産経新聞)。

在宅勤務の推奨もなくなるとしている。同首相は「(ロンドンを含む)イングランドでの感染水準が低下している」とし、ワクチンの追加接種が進んだこと、全国的にオミクロン株の流行はピークを過ぎたと判断したことから「プランB」と呼ばれる規制は撤廃するとしている。同国の19日の感染者数は10万7450人となっている。10日連続で減少傾向にあり、ピークだった1月2日からは半減しているという(ロイター)。

一方でフランスでは感染者が急増しており、18日には1日の新規感染者数が46万4769人に達し前日から4倍以上増えているという。欧州ではデンマークも同日に新規感染者が3万3493人となり最多記録を更新している。イタリアでも前日の8万3403人から22万8179人にまで増加しているという(BBC)。
15544349 story
テレビ

英文化相がBBCの受信料制度廃止を示唆して騒ぎになるも内容は料金凍結 25

ストーリー by nagazou
肩透かし 部門より
NHKの受信料制度のモデルとなっているイギリス公共放送BBCの視聴契約料(ライセンス料)制度。イギリスではBBCの視聴契約料として年間159ポンド(約2万4900円)の支払いを国民に義務付けている。そんな中、同国政府のデジタル・文化・メディア・スポーツ相が16日、「これが視聴契約料に関する最後の発表になる。(受信料不払いを理由に)高齢者が刑務所行きだと脅されたり、廷吏が扉を叩く日々はもう終わりだ」とする視聴契約料の廃止を示唆するかのようなツイートを行い、当事者のBBCも「英文化相、BBCの受信料制度廃止を示唆」などと報じて大きな話題となった。国内でもNHK受信料にも影響するのではないかとする報道が見られた(Nadine Dorries大臣の問題のツイートBusiness Journal時事ドットコム)。

その翌17日、同相は下院で新たな発表を行った。BBCの国内の視聴契約料の年間159ポンド(約2万4900円)で2年間凍結する方針というもので、受信料は今後2年間、年159ポンドで凍結され、その後4年間は物価上昇に応じて引き上げられることになった。一方で28年以降の受信料に関して、外部の放送サービスなどに加入できる現在、受信料不払いに対する刑事罰が適切か議論する必要があると話した。これらに関しても議論する用意があるとしている(BBCロイター)。
15503350 story
英国

英国で知覚のあるロブスターを茹でることが禁止されるかも 91

ストーリー by nagazou
熊にも法を守ってもらおう 部門より
英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの研究チームは11月19日、タコやイカ、カニなどにも苦痛を感じる痛みを感じる「知覚」があるとする報告書をまとめた。この調査は動物福祉法改正を進める英政府の委託により行われたもの。同チームでは約300種に当たる生物に関して知覚があるかを調査した(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス報告書[PDF]The Guardiannewscentermaine.comハフポスト時事ドットコム)。

その結果、タコやカニ、ロブスターなどの無脊椎動物が知覚を持つ動物として候補に挙がった。中でもタコは知覚能力が高いという。動物福祉法改正法案が可決されれば、英国政府はこれらの生物をより高いレベルで扱うことを余儀なくされる。報告書では、これらの生物を生きたまま冷凍したり、茹でて調理したりすることは、非人道的な屠殺方法だとしている。同様の考えに基づいた法律はスイスで施行されているものがある
15432483 story
交通

英国でガソリン売り切れ続出、運転手不足で運べずパニック買い発生 105

ストーリー by nagazou
パニック 部門より
英国で現在、ガソリン不足が発生しているという。原因は輸送に必要な運転手が不足したためだとされる。これに合わせて英石油大手BPがガソリンスタンドを閉鎖する動きなどを見せたことから、供給が滞るとの不安が広が広がり、人々がパニック買いに走った。ガソリン小売協会によると、ガソリンスタンドの50~90%でガソリンが枯渇した状況にあるとしている(日経新聞BBC)。

また、一部の販売業者などは値上げの動きを見せているという。英国政府は軍を動かし、輸送車両運転手を150人程度確保、輸送需要に対応する方針であるとしている。ただEU離脱とコロナ禍による労働力不足から、英国ではトラック運転手が10万人以上不足すると見込まれており、ガソリンだけでなく物流全体に影響が波及しているようだ。
15424537 story
ハードウェアハック

訃報: 英発明家 クライブ・シンクレア卿 52

ストーリー by headless
訃報 部門より
英国の発明家で企業家のクライブ・シンクレア卿が 16 日、ロンドンの自宅で死去した。81 歳だった (The Guardian の記事 [1][2]The Register の記事 [1][2][3]BBC News の記事)。

シンクレア氏は 1940 年生まれ。電気製品の小型化に情熱を燃やし、1960 年代に設立したSinclair Radionicsでは小型アンプやポケットラジオ、ポケット電卓などを販売していたという。ポケット電卓はよく売れたが規模の大きなライバルに押され、最終的に会社を手放すことになる。

シンクレア氏は新たに設立した会社で小型のホームコンピューターを開発し、1980 年に発売した ZX80 は 100 ポンドを切る価格で英国の家庭にコンピューターを普及させた。後継の ZX81 や ZX Spectrum もヒットし、1983 年にはナイトに叙せられる。

全ての製品が成功したわけではなく、電動三輪車 Sinclair C5 やポケットテレビ TV80 など商業的に成功しなかった製品もある。シンクレア氏は C5 の失敗により大きな負債を抱え、コンピューター事業を Amstrad に売却することになる。

発明に情熱を燃やす一方で自分の発明品を使うことは少なく、ポケット電卓の代わりに計算尺を持ち歩き、コンピューターや電子メールを使うこともなかったという。シンクレア氏はがんと診断されて 10 年ほど闘病生活を続けていたが、亡くなる前の週まで発明に取り組んでいたとのことだ。
15254896 story
英国

訃報: 英国のフィリップ公 46

ストーリー by headless
訃報 部門より
英国のエリザベス女王は9日、夫のフィリップ公(エディンバラ公爵フィリップ)の逝去を発表した(英王室公式サイトジョンソン英首相の声明BBC Newsの記事The Independentの記事)。

フィリップ公は1921年生まれ。1947年に当時は王女だったエリザベス2世と結婚し、英国史上最も長く君主の配偶者を務めた。今年2月16日に体調不良で入院したが、3月16日には退院してウィンザー城に帰っており、9日午前にウィンザー城で安らかに息を引き取ったとのこと。99歳だった。エディンバラ公爵の位は息子でウェセックス伯爵のエドワード王子がいずれ継承するという。

英国政府は同日から英国が服喪期間に入り、葬儀の日の午前まで8日間続くと発表した。そのため、葬儀は4月17日に行われるとみられている。
15226102 story
変なモノ

英バーガーキング、女性シェフを増やす取り組みを紹介するつもりが「釣り」だと批判される結果に 36

ストーリー by nagazou
羊飼いと狼 部門より
headless 曰く、

英バーガーキングが3月8日の国際女性デーに合わせて女性シェフを増やす同社の取り組みをTwitterで紹介しようとしたのだが、うまくいかなかったようだ(Birmingham Liveの記事CityAMの記事Liverpool Echoの記事Mirror Onlineの記事)。

一連のツイートは何の前置きもなく「女性はキッチンに属している」というものから始まる。次のツイートでは「当然そうしたいならの話だが」と展開。現状の女性シェフは20%に過ぎないこと、同社は女性従業員に料理人としての道を進めるよう機会を提供してレストラン業界の男女比を変えるべく取り組んでいることを説明し、最後に国際女性デーを示すハッシュタグ「IWD」がようやく登場する。3番目のツイートは、料理人を目指す同社の女性従業員向けに奨学金プログラムを開始したことを発表する内容だ。

バーガーキングとしては最初のツイートでショックを与えて注目を集める作戦だったようだが、性差別を「釣り」に使ったなどと批判を浴びる結果となった。ツイートを削除すべきだとの指摘に対し、重大な問題に関心を呼ぶためのツイートを削除する理由がないと反論するなど、バーガーキングは多数コメント投稿して反論したものの、一連のツイートはその後削除されている(Internet Archiveのスナップショット: ツイート[1][2][3])。

15221790 story
ビジネス

AI翻訳業のロゼッタ、全社員に「英語禁止令」発令。英語は本業の能力とは何の関係もない 133

ストーリー by nagazou
楽天のこと意識してるよなあ 部門より

MATRIXに所属するロゼッタグループは3月1日、全社全社員に対して英語を話すことを全面禁止する「英語禁止令(外国語禁止令)」を発令した(株式会社ロゼッタリリース[PDF]PC WatchLedge.ai)。

MATRIXはVR空間上で同社の翻訳技術を使い、外国語が話せなくても意思疎通が可能だとする「言語フリー・スペース」の実験に成功したという。このことから、同社社員は仕事中に日本人が英語を、外国語を話す人が日本語を話すことを同時に禁止する方針を決めたとしている。

同社社員が言語を超えたコミュニケーションが必要な場合には、「言語フリー・スペース」内に接続して行うことが求められる。なおネイティブ並みに話せる社員に関しては、代表承認を得ることで外国語を話すことを例外的に許可するとしている。

同社は社内向けの発表文において

人種や性別とまったく同じように、英会話力など、本業の能力とは何の関係もありません。

としており、社内の公用語を英語にしている楽天とは真逆となる挑発的な文言も含まれている。

あるAnonymous Coward 曰く、

英語強制の楽天と、母国語強制のロゼッタ、どっちが正しい?

情報元へのリンク

15037798 story
英国

イギリスがEUを離脱へ。まずはタンポン税を廃止 60

ストーリー by nagazou
おめでとうこございます 部門より
2016年6月の国民投票から約4年半が経過した20年12月31日23時(日本時間2021年1月1日8時)、イギリスは欧州連合(EU)からの完全離脱を果たした。これに伴い英・EU間の自由貿易協定(FTA)が暫定発効した。またEUを離脱したことにより、EUの規定していた経済連携協定(EPA)の影響外となった。このため日英間では新たに締結したEPAが1月1日に発効している(時事ドットコムAFPBB NewsNHKSankeiBiz)。

イギリスでは今回の離脱により、EUに合わせていた税制や労働環境などの規制条件に縛られなくなり、独自の政策が行えるようになる。まずはEUでは義務づけられていた生理用品への5%の税金が廃止となったそうだ(CNN)。イギリス国内では、生理用品を必要不可欠でないぜいたく品として扱うこの税制に不満が出ていたのだという。イギリスのスナク財務相も、タンポン税を廃止できたこと誇りに思うとする声明を発表したとのこと。
15000301 story
犯罪

英国でPlayStation 5のすり替え配送などが多発。Amazonが問題を認める 31

ストーリー by nagazou
取引量が多いから事故も多い 部門より
イギリスでは11月19日のPlayStation 5の発売以降、購入したが中身がすり替えられたり、配達員によって配達されずに盗まれてしまうといった事例がいくつも発生していたそうだ。iamadamsullivan氏の場合は5kgの米に、yonic sleuth氏の場合はキャットフード、ジャーナリストのBex May氏はエアフライヤーが入っていたとしている(Game Spark)。

Amazonはそうした事例の一件について認めた。英オックスフォードシャー州ラントンに住むJenni Walkerさんの身に起きた件で、子どもの誕生日ように購入したPlayStation 5が、まったく無関係な小包3つに入れ替わっていたという。Jenni Walkerさんの場合、家の監視カメラ映像に配達員の犯行の証拠が残っていたことが大きいようだ。

その動画では、配達員が本物のPS5本体と思われる荷物の伝票をスキャンし、別の荷物をJenni Walkerさんの玄関に持っていく様子が映っていたとされている。この件でAmazonは「当該配達員は、もはやAmazonの名の下で配達を行うことはありません」とする声明を出したとしている(Oxford MailGame SparkGIGAZINE)。
14926111 story
地球

イングランド、使い捨てのプラスチック製ストローなどを禁止 65

ストーリー by headless
禁止 部門より
イングランドで10月1日から、ストローなど使い捨てのプラスチック製品の提供や販売を禁ずる法律が施行された(プレスリリースBBC Newsの記事Sky Newsの記事Independentの記事)。

この法律はもともと4月の施行が予定されていたもので、プラスチック製ストローのほか、飲み物をかき混ぜるプラスチック製マドラーとプラスチック軸の綿棒も禁止の対象となる。イングランドでは年間47億本のプラスチック製ストローが使い捨てにされており、マドラーは3億1,600万本、綿棒は18億本が消費されているという。ただし、2017年にはイングランドのビーチで100メートルあたり31本の綿棒が落ちていたのに対し、2019年には8本まで減少しており、既に移行は進んでいるとみられる。なお、障害や疾患のある人へのストローの提供は今後も続けられる。

イングランドでは2015年から大手小売店を対象にプラスチック製のレジ袋有料化(5ペンス)を義務付けており、現在までにレジ袋の販売数は95%減少しているそうだ。2021年4月には対象をすべての小売店へ拡大し、価格は10ペンスに引き上げられる。プラスチック製ストロー・マドラー・綿棒の禁止は、プラスチックの使い捨てによる環境汚染対策の取り組みをさらに一歩進めるものになるとのことだ。
14211139 story
英国

英運輸省、COVID-19パンデミック中の安全な空の旅に関するガイダンスを公開 19

ストーリー by headless
安全 部門より
英運輸省は11日、COVID-19パンデミック中の安全な空の旅に関する旅行者向けガイダンスを公開した(ガイダンスインフォグラフィック: PDF)。

ガイダンスでは7日以内にCOVID-19の症状があった人や14日以内に感染者と濃厚接触した人などは旅行を避ける、他人とは安全な距離(可能であれば2m)を保つ、頻繁に手を消毒または洗う、可能な限りマスクを着用する、といった一般的な注意事項のほか、空の旅に特有の注意事項も挙げられている。

たとえば、空港スタッフとの対面時間や保安検査・搭乗時間を短縮して感染リスクを下げるため、オンラインチェックインの利用や、手荷物を極力預け入れて機内持ち込みを最小限にすることが推奨されている。空港でのマスクの着用は義務付けられていないが、航空会社が搭乗時のマスク着用を必須としている場合、搭乗拒否されることもある。

また、空港内で人の多い場所を必要以上に歩き回ることは避け、機内では可能な限り着席した状態でいるべきだという。単なる見送りや出迎えのため旅行者以外が空港に行くべきではなく、出発時・到着時に旅行者が手伝いを必要とする場合に限って空港へ行くべきとのこと。目的地到着後はできるだけ早く空港を離れることも推奨される。

なお、現在英国に入国する場合、直前まで14日以上連続滞在していた場所がアイルランド・チャネル諸島・マン島の場合を除き、国籍にかかわらず到着の48時間以上前にオンラインで「Public Health Passenger Locator Form」に記入して完了画面のスクリーンショット(印刷したもの、または携帯電話の画面に表示)を入国審査で提示する必要がある。到着後は14日間の自己隔離も必要だ。英国への入国制限については在英日本大使館の記事が詳しい。
14179314 story
ニュース

英国では新型コロナ感染拡大の影響で科学者の発言を重視する傾向が強まる 121

ストーリー by hylom
日本はどうでしょう 部門より

taraiok曰く、

英国では、新型コロナウイルス(COVID-19)への感染拡大やそれに関するデマの広がりを受け、科学者や健康に関する専門家への信頼が高まっているという(The GuardianSlashdot)。

Open Knowledge Foundationによる世論調査によれば、有権者の64%が科学者や研究者、専門家の助言に耳を傾けるとし、逆に否定的な人はたった5%に過ぎなかった。また、51%がFacebook、Twitter、Instagramなどのソーシャルメディアで「次世代携帯通信網(5G)がコロナウイルスの感染を加速させている」といった偽ニュースを見たとの結果も出ている。

また、有権者の過半数(59%)は、ロックダウンの解除や社会的距離のルールを変更する時期について、政府が正しい決定を下すと信頼している。一方で35%は政府を信用していないと答え、分からないと答えたのはわずか6%だったという。

国民の多くは信頼できる科学的データへのアクセスを望んでおり、情報を制限することには否定的との結果も見られたという。たとえば有権者の67%が、Covid-19の関連ワクチンの調査結果について無償で公開すべきだと答えている。また97%は政府機関などがポリシーを通知するために使用している非機密データを公開するべきであるとし、95%は原則としてデータを常に公開しておくべきであると回答したとしている。

typodupeerror

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

読み込み中...