パスワードを忘れた? アカウント作成

アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

13818718 story
Windows

Windows 10 Mobileは12月10日でサポート終了、一部の機能は順次利用不可に 61

ストーリー by headless
終了 部門より
Windows 10 Mobileのサポート終了に関するFAQページをMicrosoftが公開している(Windows 10 Mobileのサポート終了: よくあるご質問2019年のWindows 10 Mobileのサポート終了On MSFTの記事Neowinの記事)。

Windows 10 Mobileは2017年10月リリースのバージョン1709を最後に新バージョンが提供されておらず、バージョン1709のサポートは12月10日に終了する。現在のところ2017年4月リリースのバージョン1703もサポート期間中だが、こちらは6月11日でサポート終了だ。そのため法人向けを含め、12月10日をもってWindows 10 Mobileの全バージョンのサポートが終了することになる(Windows 10 Mobileのライフサイクル)。

サポート終了後は更新プログラムが提供されなくなり、無料のサポートオプション提供や無料のオンラインテクニカルコンテンツ更新が行われなくなるほか、いくつかの機能は順次利用できなくなるという。新規デバイスバックアップ作成については2020年3月10日まで、写真のアップロードやデバイスバックアップからの復元といったサービスはサポート終了後少なくとも12か月間は提供されるとのこと。ただし、別の項目では12月10日までにデバイスバックアップを実行するよう推奨している。

一方、Windows Device Reovery Toolによるデバイスイメージからの復元は引き続き動作し、既存のアップデートをWindows Updateから削除する計画もないとのこと。アプリストアに関しては、引き続き機能する場合があるという説明になっている。なお、サポート終了後はサポートされるAndroidまたはiOSデバイスへの移行が推奨されている。
13818233 story
Windows

Windows 10 バージョン1809、段階的なロールアウトを開始 58

ストーリー by headless
段階 部門より
Microsoftは16日、Windows 10 バージョン1809(October 2018 Update)のWindows Updateを介した段階的なロールアウト開始を発表した(Windows 10およびWindows Server 2019の更新履歴Ars Technicaの記事BetaNewsの記事On MSFTの記事)。

10月2日にリリースされたバージョン1809はファイル消失の問題が発生して数日後に提供を一時停止11月に再リリースされ、インストールメディアの提供も再開されたが、Windows Updateでは「更新プログラムの確認」をクリックした場合にのみの提供となり、問題が確認されている環境ではアップグレードをブロックしていた。12月17日には「更新プログラムの確認」をクリックした上級ユーザーへの提供を全面的に開始した。

現在もブロック対象となる問題は複数残されているが、「次世代の機械学習モデルに基づき、最高の更新エクスペリエンスが得られると考えられるデバイス」から順次提供していくとのこと。そのため、環境によっては自動更新によるアップグレードがすぐに始まる可能性もある。アップグレードの準備ができていない場合、Windows 10 Proなら「設定→Windows Update→詳細オプション」で機能更新プログラムのインストールを延期できるが、Windows 10 Homeにはオプションが用意されていない。
13818230 story
Windows

Windows 10 Insider Preview、Cortanaと検索が分離 59

ストーリー by headless
分離 部門より
Microsoftは16日、Windows 10 Insider Preview ビルド18317をファーストリング向けに提供開始した(Windows Experience Blogの記事)。

本ビルドでは、タスクバーの検索とCortanaが分離しており、タスクバーには「検索」と「Cortana」を個別に表示できるようになった。「設定」アプリでも独立した設定項目が用意されている。この機能は数ビルド前からWindows Insider Program参加者の一部に提供されていたが、本ビルドでは全員が利用できるようになった。

このほか本ビルドではスタートメニューの信頼性を高めるために独立したホスティングプロセス(StartMenuExperienceHost.exe)が割り当てられており、「設定」アプリではフォント設定ページの改善やWindows Insider Program設定ページの簡素化が行われた。また、Windows Consoleも改善されている。
13817665 story
Windows

Windowsのビルド番号情報サイトBuildFeedが閉鎖 12

ストーリー by hylom
ニッチな 部門より
headless曰く、

Windowsのビルド番号情報サイトBuildFeedが閉鎖を発表した(公式サイトのアナウンスBuildFeedのツイートOn MSFTBetaNews)。

当初の発表で創始者のThomas Hounsell氏は最近2年間日々の運営にかかわっていなかったとし、内部からの圧力とMicrosoftを含む外部からの圧力により、自身がBuildFeedを開始当初の基本理念に基づいて運営できなくなったと述べていた。

ただし、追記によればサイト閉鎖や情報提供者の開示など、Microsoftから具体的な働きかけが行われたことはなかったとのこと。最終的な決断を下した理由はHounsell氏の過去のいくつかの失敗による内部からの圧力が高まったことだといい、閉鎖は時間の問題だったそうだ。

最近BuildFeedには興味深いビルド文字列が多数投稿されて話題となっていたが、これらはMicrosoftの従業員が投稿したものだという。具体的には書かれていないが、ここ数日の出来事により心の整理がついたとのことだ。

なお、BuildFeedのソースコードはGitLabで公開されており、これまでのビルド情報データはJSONファイルとしてダウンロードできる。Hounsell氏はBuildFeedの後継者が出現することを望んでいるようだ。

13815125 story
Windows

Microsoftのライセンス認証サーバーで不具合、多数のWindows 7が「非正規品」扱いされる 44

ストーリー by hylom
11月にもありました 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

Microsoftが1月8日に公開したWindows 7およびWindows Server 2008向け月例セキュリティパッチに不具合があり、導入後に「正規の製品でない」と表示されるようになったり、デバイスが動作しなくなったり、リモート共有フォルダが利用できなくなるといった不具合が確認されているという(ZDNet JapanITProSlashdot)。

その後Microsoftは「非正規品」と表示される問題に対する見解を発表した。これによると問題の原因はライセンス認証や検証を行うMicrosoftのサーバーのアップデートによる不具合とのこと。すでにこの問題は修正されている(ZDNet Japan)。

13815075 story
ハードウェアハック

映像出力なしのRX470を改造して映像出力できるようにする方法 18

ストーリー by hylom
これで需要が増えるとは言えない難度 部門より

最近では仮想通貨のマイニングなどで利用される、映像出力端子が搭載されていないGPGPU向けグラフィックカード(Radeon RX470)の中古品が安く出回っており、これを活用する方法が先日話題になった(映像出力端子がないGPGPU向けグラフィックカードをゲームで活用する方法)。こちらはWindows 10の機能を使って別のGPU経由で映像を出力するというものだったが、ハードウェア的な改造を行なって映像出力端子を追加するという別の手法がDMM.make モノづくりログで紹介されている。

映像出力のないRX470カード内には実はHDMIコネクタが実装されているが、いくつかの部品が実装されていないために利用できない状況になっているという。そのため未実装のパターン部分にチップコンデンサやチップ抵抗を実装し、ブラケットを加工して外部からHDMIコネクタにケーブルをさせるようにすることで映像出力を行えるそうだ。さらに、追加でHDMIコネクタや部品を実装することで2つのHDMIポートを同時に利用できるようになるという。

13814375 story
Windows

サポート終了まで残り1年のWindows 7、依然として高いシェアを保つ 146

ストーリー by headless
人気 部門より
Windows 7の延長サポート終了まで、1月14日で残り1年となった(Windowsライフサイクルのファクトシート)。

しかし、Webサイトへのアクセス数を基準にしたNet ApplicationsやStatCounterのデータでは、Windows 7が依然として高いシェアを保っている。Net ApplicationsのデスクトップOSバージョン別シェアデータでは2018年12月にWindows 10が初めてWindows 7を上回っているが、その差は2.32ポイントと小さい。12月時点のWindows 7のシェアは36.90%であり、2017年12月(43.08%)から6.18ポイントしか減少していない。

StatCounterのWindowsバージョン別シェアでは2018年1月にWindows 10がWindows 7を上回ったが、2017年12月から1年間で6.26ポイントしか減少しておらず、2018年12月も35.36%を占める。2014年4月のサポート終了後も高いシェア(記事掲載当時のデータはデスクトップOS全体に対するシェア)を保って話題となったWindows XPでも、その1年前となる2013年3月のシェアは27.10%に過ぎない。

StatCounterでWindows XPのシェアが35%台だったのは2012年4月(35.82%)のことであり、当時のWindows 7のシェア(53.62%)との関係は現在のWindows 10とWindows 7の関係に近い。Windows XPは2012年3月から2013年3月の1年間で10.37ポイント減少したが、2013年3月から2014年3月の1年間では6.33ポイントしか減少せず、サポートが終了した2014年4月のシェアは19.24%だった。

Net ApplicationsはデスクトップOS全体のバージョン別シェアデータ、StatCounterはWindowsバージョン別シェアデータと異なるが、12月時点のWindows 7のシェアはいずれも似通った数字になっている。現在のペースが続けば、Windows 7のシェアは1年後も30%前後を保っているかもしれない。スラドの皆さんは個人や仕事でWindows 7を使用しているだろうか。移行計画はどのようなものだろう。
13813369 story
アメリカ合衆国

米国家安全保障局、WikiLeaksが存在を明らかにしたリバースエンジニアリングツールを公開へ 21

ストーリー by headless
開発 部門より
米国家安全保障局(NSA)のシニアアドバイザー、ロバート・ジョイス氏が3月のRSA Conference 2019で、リバースエンジニアリングツール「GHIDRA」のデモを行い、同時に一般提供も行うそうだ(RSA Conferenceのセッション情報BetaNewsの記事HackReadの記事)。

GHIDRAはWikiLeaksのVault 7プロジェクト第一弾として2017年3月に存在が明らかにされた米中央情報局(CIA)のハッキングツールの1本で、NSAが開発したものだ。WindowsやMac OS、Linuxを含むさまざまなOSに対応し、各種プロセッサーの命令セットをサポートするという。GHIDRAプラットフォームには、商用のハイエンドツールに期待されるすべての機能が含まれるとのこと。Vault 7で公開された情報によれば、実行にはJavaが必須となるようだ。
13813372 story
ストレージ

Microsoft、Windows 10 バージョン1903で導入予定の「予約済み記憶域」機能を解説 77

ストーリー by headless
予約 部門より
Windows 10の今春の大規模アップデート(19H1、バージョン1903)で導入予定の「予約済み記憶域」についてMicrosoftが解説している(TechNet Blogs — Storage at Microsoftの記事Windows Experience Blogの記事)。

ユーザーが保存したファイルでシステムドライブがいっぱいになると新たな一時ファイルを格納できなくなり、システムやアプリが正常に動作しなくなることがある。19H1では更新プログラムや一時ファイルなどが自動的に予約済み記憶域へ保存されるため、このような問題が発生しにくくなり、更新プログラムもスムーズに適用可能になるという。不要になった一時ファイルはストレージセンサーが自動で削除するが、予約済み記憶域がいっぱいになった場合には一時的に他のディスク領域を使用するため、システムやアプリの動作に影響を与えることはないとのこと。

予約済み記憶域の機能はWindows 10 Insider Preview ビルド18298以降で利用可能となっているが、テストするにはフィードバックHubのクエスト「予約済み記憶域を有効にする」に従ってレジストリを設定する必要がある。設定後、より新しいビルドにアップグレードすれば予約済み記憶域が有効になる。MicrosoftのCraig Barkhouse氏のコメントによると、予約済み記憶域の機能は、サービシングスタック専用の領域を予約する新機能がNTFSでサポートされたことにより実現したそうだ。
13811797 story
ハードウェアハック

映像出力端子がないGPGPU向けグラフィックカードをゲームで活用する方法 38

ストーリー by hylom
普通にGPGPUとしてもお買い得だと思う 部門より

仮想通貨ブームがひと段落したことから、最近ではマイニング向けハードウェアの価格が下落している。グラフィックカードも例外ではなく、特に映像出力を備えないGPGPU向けグラフィックカードは大きく値下がりしており、たとえば映像出力なしのRadeon RX470(8GB)が税別5,980円で投げ売りされたりしている

しかし、Windows 10ではこういった映像出力なしのGPUとマザーボード内蔵GPUを組み合わせて利用することが簡単にできるそうだ(「Misc Mods」ブログの「マイニング専用グラボをゲームに転用してみる」記事)。

ブログの著者がIntel UHD630との組み合わせで実際に試したところ、多くのゲームを実際に起動/プレイできたという。

13811093 story
Python

Python 3.7、Microsoft Storeで配布開始 20

ストーリー by hylom
お手軽に 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

Microsoft StoreでPythonの配布が開始されている(Microsoft Storeの「Python 3.7」ページ窓の杜マイナビニュース)。

主に学生向けを想定しているという。教育機関向けの「Windows 10S」ではストアアプリしかインストールできないため、そうした環境用のようだ。

13809170 story
Google

Microsoftのマーケティング担当者曰く「Google開発者の過半数がVS Codeを使用している」、ただし根拠無し 31

ストーリー by hylom
適当な話 部門より
headless曰く、

Microsoft CMO(チーフマーケティングオフィサー)のクリス・カポセラ氏が「Googleの開発者の過半数がVisual Studio Code(VS Code)を使用している」という旨の発言をしたのだが、GeekWireがGoogleとMicrosoftに問い合わせたところ、発言を裏付ける回答はいずれからも得られなかったそうだ(GeekWireCNBCWindows Weekly 600発言の該当部分)。

この発言はポッドキャスト番組「Windows Weekly」の12月19日分で、Microsoftがクラウドビジネスに重心を移動する中、なぜコンシューマー向け製品を作り続けるのかという質問に対する回答からの流れで飛び出したものだ。Windows 95テーマのセーターを着用して番組に出演したカポセラ氏は、番組冒頭で触れていたMicrosoftが「隠された宝石」と考える製品の一つがVS Codeだとし、VS Codeを使用するGoogleの開発者は増加しており、現在は過半数が使用していると述べている。

GeekWireの問い合わせに対しGoogleは、困惑した感じでMicrosoftに問い合わせるよう回答したという。一方Microsoftは、VS Codeが多くの開発者に支持されていると一般的な回答をするのみで、カポセラ氏の発言の具体的な根拠については回答を避けたとのことだ。

13809117 story
バグ

1月2日にWindows Updateで配信されたExcel 2010向けアップデートに不具合 43

ストーリー by hylom
改元対応が簡単だと言った人のご感想を聞きたいところ 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

Microsoftが1月2日にWindows Update経由でリリースしたExcel 2010向けの更新プログラムをインストールするとExcelなどで不具合が発生するとのこと(KB4461627INTERNET Watch情報科学屋さんを目指す人のメモ)。

この更新プログラムの適用後にExcel 2010でExcelファイルを開くとクラッシュする問題が発生するという。KB4461627の説明は既に削除の案内に差し替えられているが、元々は2019年5月1日の日本の改元に対応するためのExcel 2010向けのアップデートだった。

マイクロソフトは問題を認め自動更新でKB4461627が適用されないよう処置されたが、既にKB4461627が適用されてしまった場合は対処法としてKB4461627のアンインストールを案内している。

我が家のパソコンでも白紙のExcelファイル以外クラッシュするのでOfficeを修復したり、システムチェックしたり、1時間ぐらい格闘した。

4日から仕事始めで帰宅時に会社のパソコンに更新を適用した方々は月曜日の出社後トラブルに遭うかもしれない。ご注意を。

新元号関連では、昨年11月にリリースされたOffice 2010向け更新プログラムでも提供開始後に問題が発覚、その後提供が中止されるトラブルが発生していた(過去記事)。

13808496 story
統計

12月のデスクトップOSシェア、Net ApplicationsでWindows 10が初の1位に 15

ストーリー by headless
上昇 部門より
Net Applicationsの12月分デスクトップOSシェアデータによると、Windows 10が初めてWindows 7を上回って1位になっている(Operating System Share by Version)。

Windows 10のシェアは前月から1.08ポイント増の39.22%、Windows 7は1.99ポイント減の36.90%となった。Net Applicationsでは2017年11月分から測定方法が変更されているが、旧データを含めるとWindows 7は2012年8月にWindows XPを上回って以来、6年以上にわたって1位を維持していた。年間を通じてみると、Windows 10、Windows 7ともに増減を繰り返しているが、1年でWindows 10は6.29ポイント増加し、Windows 7は6.18ポイント減少している。

Mac OS X 10.14は1.16ポイント増の4.73%となり、5位から3位に上昇した。4位のWindows XPは0.31ポイント増の4.54%、5位のWindows 8.1は0.14ポイント増の4.45%。Windows XPが2017年10月以来14か月ぶりにWindows 8.1を上回った。OS種別ではWindowsが86.20%(0.83ポイント減)、Mac OSが10.65%(0.94ポイント増)で、Mac OSは2018年2月以来初めて10%を超えた。Linuxは2.78%(0.70%増)で、1年間の最高シェアとなっている。
13808098 story
Windows

Windows 10 Insider Preview、OOBEのCortanaがデフォルト無効に 30

ストーリー by headless
無効 部門より
Microsoftは3日、Windows 10 Insider Preview ビルド18309(19H1)をファーストリング向けに提供開始した(Windows Experience Blogの記事)。

ISOイメージが提供されていないため実際の動作は確認できないが、ビルド18309のPro/Enterprise/Educationエディションでは、初回起動時のOOBE(Out of Box Experience)でCortanaによるセットアップ最終段階の案内がデフォルトで無効になっているそうだ。スクリーンリーダーを使用するユーザーは、Windows+Ctrl+Enterでいつでもナレーターを起動できるとのこと。デフォルト無効と説明されているが、OOBEでCortanaを有効にする方法の有無については記載がない。

このほか本ビルドでは、ビルド18305でHomeエディションにのみ提供されていたサインイン画面でのPIN(Windows Hello 暗証番号)リセット機能や、電話番号を使用して作成したパスワードなしのMicrosoftアカウントでサインインする機能が全エディションで利用できるようになった。また、ナレーターの改善や、「設定→簡単操作→カーソルとポインターのサイズ」で選択可能なポインターサイズの追加も行われている。

なお、ビルド18305では累積更新プログラムKB4483214(ビルド18305.1003)をインストールするとWindows Defender Application GuardやWindows Sandboxを起動できなくなる問題が発生していたが、本ビルドでは修正されているとのことだ。
typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...