パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのRSSを取り込んでみよう。

13692229 story
ゲーム

Valve、Linux版のSteam PlayベータにWindows版ゲームサポート機能を追加 38

ストーリー by headless
追加 部門より
Valveは21日、Linux版のSteam PlayベータでWindows版ゲームのプレイをサポートする機能の追加を発表した(Steamコミュニティの記事SlashGearの記事Phoronixの記事Ars Technicaの記事)。

Linux上でのWindows版ゲームプレイサポートはWineをベースにした「Proton」により実現されている。Vulkanを使用するゲームタイトルではパフォーマンスが低下する基本的な理由はなく、DirectX 11/12の実装もVulkanベースになったことで互換性やパフォーマンスへの影響が小さくなっているという。また、素のWineを使用する場合と比べてマルチスレッドゲームでのパフォーマンスは大幅に向上しており、フルスクリーンサポートやゲームコントローラーのサポートも向上しているとのこと。Steam Playでは先日、他OS版ゲームを実行可能にするオプションのテキストリソースが発見されて話題になっていた。

この機能を利用するには、Steam Client Betaにオプトインすればいい。SteamOS以外のLinuxディストリビューションを使用している場合は、最新ドライバーのインストールが必要になる。現在、27のゲームタイトルが互換性確認済みとしてサポートされているが、ホワイトリストに入っていないタイトルもオプションを設定することでプレイ可能だ。ただし、DRMを使用するタイトルやチート防止機能を搭載するタイトルは動作しない可能性が高いという。なお、WineはMac OSもサポートするが、現在のところProtonでMac OSをサポートする計画はないそうだ。ProtonのソースコードはGitHubで公開されている。
13502143 story
Android

子供向けアプリを装ってアダルト広告を表示するマルウェア、Google Playで60本以上見つかる 52

ストーリー by headless
発見 部門より
子供向けゲームアプリなどを装い、アダルト広告やユーザーを欺く内容の広告を表示するマルウェアがGoogle Playで60本以上見つかったそうだ(Check Point Researchの記事The Next Webの記事The Vergeの記事The Registerの記事)。

発見したCheck Pointが「AdultSwine」と名付けたマルウェアは、C&Cサーバーから表示する広告や表示条件、アンインストールされにくいようにアプリアイコンを隠すかどうか、といった設定をダウンロードする。広告の内容はアダルト広告のほか、端末がウイルスに感染したとしてウイルス除去とは無関係とみられるアプリをインストールさせるスケアウェアタイプ、賞品が当るなどと称して有料サービスに登録するもの。広告はアプリ本体がフォアグラウンドで実行されていないときにもポップアップ表示されるようだ。

リストアップされている「AdultSwine」アプリは63本で、ダウンロード数が最も多い「Five Nights Survival Craft」は100万~500万ダウンロードとなっており、63本合計で少なくとも300万回はダウンロードされている。子供向けアプリのインストールでアダルト広告が表示されるようになったといった苦情もGoogle Playのレビュー欄に投稿されていたらしい。

Googleはこれらのアプリを既に削除しており、開発者アカウントも停止したとのコメントを出しているそうだ。また、The Vergeに対しては、「親子向け」カテゴリーのアプリでは人の目で広告をチェックして子供の安全を守るようにしているが、問題のアプリはこのカテゴリーに含まれていなかったと説明したとのことだ。
13348463 story
Wine

GNOMEのファイルマネージャーで任意のVBScriptコードを実行可能なバグ「Bad Taste」 32

ストーリー by headless
不味 部門より
GNOMEのファイルマネージャー「GNOME File (Nautilus)」で任意のVBScriptコードを実行可能な脆弱性「Bad Taste」が発見された(発見者による解説記事The Registerの記事Neowinの記事Bleeping Computerの記事CVE-2017-11421)。

問題はWindowsの実行ファイル(.exe)やWindowsインストーラーパッケージ(MSIファイル: .msi)などのアイコンをGNOME File上で表示するために使われる「gnome-exe-thumbnailer」のバージョン0.9.4-2以前に存在し、Wineがインストールされた環境で再現する。また、GNOME Fileのほか、「Cinnamon Nemo」や「MATE caja」といったファイルマネージャーも影響を受けるとのこと。

バージョン0.9.4-2までのgnome-exe-thumbnailerはMSIファイルを処理する際、Wineが利用できる場合には一時ファイルとしてVBSファイルをテンプレートから生成し、スクリプトを実行して「WindowsInstaller.Installer」オブジェクトからファイルバージョンを抽出する。しかし、スクリプトにはMSIファイルのファイル名が記述されるため、VBScriptコードとして解釈可能なファイル名にすることで任意のVBScriptコードを実行可能になる。
13313375 story
GNU is Not Unix

米成人の7%、チョコレートミルクは茶色い牛から採れると回答 152

ストーリー by headless
茶色の牛乳 部門より
米国の成人を対象に実施された乳製品に関する調査で、回答者の7%がチョコレートミルクは茶色い牛から採れると回答したそうだ(TODAYの記事Food & Wineの記事Consumeristの記事Dairy Goodの記事)。

調査は乳製品業界団体のInnovation Center for U.S. Dairyが4月にオンラインで実施したもので、1,000人以上が参加したという。チョコレートミルクが茶色い牛から採れると答えた回答者は7%のみだが、何から採れるかわからないと答えた回答者は48%にのぼる。また、自分が飲みたいチョコレートミルクを購入する言い訳に子供を使う回答者が29%いたとのことだ。
13213301 story
クラウド

メキシコ観光局、テキーラの雨が降る雲を開発 12

ストーリー by headless
酒雲 部門より
テキーラの雨が降る雲「Tequila Cloud」をメキシコ観光局が開発したそうだ(Adweekの記事Foodbeastの記事動画)。

Tequila Cloudは超音波加湿器でテキーラを霧状にするという仕組みで本物の雲ではないが、テキーラのしずくが雨のように降るようだ。装置は雨の多い冬のドイツでメキシコ観光を宣伝するために広告代理店が作成したもので、ベルリンで展示されているという。テキーラの雲は外で雨が降っているときにのみ出現するが、雨は毎日のように降るため、1日に1回は見られるそうだ。ドイツはテキーラの輸入量が世界で2番目に多いこともあってテキーラの雲が選ばれたらしい。
12884310 story
ビール

誤ってアルコール製剤(食品添加物)で作った酎ハイを提供 104

ストーリー by headless
接続 部門より
maia 曰く、

鳥貴族のある店舗で、「アルコール製剤(食品添加物)」を焼酎のサーバーにセットして酎ハイを151杯提供してしまった(お詫びとお知らせ: PDF朝日新聞デジタルの記事)。

通常の酎ハイより泡立ちが多く、客から「味がおかしい」との指摘もあったという。店では誤接続時点でサーバーの不具合と考えていたが、5日目にメンテナンスで原因が判明するまで誤った商品を提供していたとのこと。問題のアルコール製剤はサトウキビから作られたエタノールが主剤だが、泡立ちからすると、pH調整や機能の安定化に使用される副剤があったのだろう。

誤提供があったのは鳥貴族 南柏店で、7月19日~23日までの期間。同社では食品添加物アルコール製剤を手指消毒用に使用しているが、焼酎の容器と形状・サイズが似た抽出口付きの透明容器に入っており、梱包していた段ボール包材を外して使用していたため区別がつきにくかったという。さらに、食品添加物アルコール製剤の抽出口の口径がドリンクサーバーの接続口の口径に近かったため、強引に接続可能だったとのこと。南柏店ではマニュアルを誤認識し、厨房内に段ボール製の包材を置いてはならないと思っていたようだ。

鳥貴族では該当商品を該当期間に注文した客に返金対応を行う。レシートがない場合も、来店日時や商品名、来店人数などを確認の上で返金するとしている。また、他店での誤接続がないことは確認済みであり、一目で区別できる容器の食品添加物アルコール製剤への一斉入替を手配するなど、再発防止策をとったとのことだ。

12811562 story
変なモノ

ブドウなしでワインをつくろうとしているスタートアップ 59

ストーリー by hylom
古くて新しい 部門より

米Ava Wineryというスタートアップ企業が、ブドウを使用せずにワインを化学的に合成するための研究開発を行っているという(WIRED)。

Ava Wineryは既存のワインの成分を分析し、香料やエチルアルコールなどを組み合わせてそれを忠実に再現することを目指しているという。すでにシャンパン「ドン・ペリニョン(ドンペリ)」を再現するための研究が進められているそうだ。

ただ、現段階では色や泡の出方や香りなどが本物と異なるとレビューされているという。なお、日本では古くから「合成清酒」という、人工的に合成した日本酒(のようなもの)が存在している。ワインやウイスキー的なものをエチルアルコールをベースに作った合成ワインや合成ウイスキーなどもかつては多くあったようだ。

12786058 story
Windows

日本国内でWindows XP Professional搭載PCが新発売される 54

ストーリー by hylom
新品で欲しい方向け 部門より
caret 曰く、

ロジテックINAソリューションズ株式会社は5月19日、Windows XP Professional for Embedded Systems Service Pack 3 x86をインストールしたスリムデスクトップの産業用・業務用カスタムコントローラ「LC-66N08/XP」を5月下旬より数量限定で発売すると発表した(プレスリリース製品情報PC Watchマイナビニュース)。標準価格はオープンプライス。

本製品は産業用PC・工業用PC として位置づけられ、カスタムコントローラと称されているが、実質的には通常のスリムタワーのデスクトップPCとなる。Windows XP Professional for Embedded Systemsはエンベデッドシステム(組み込み)向けにライセンスされているというだけで、中身は一般のWindows XP Professionalとまったく同じ。延長サポートも2014年4月8日に終了しており、更新プログラムの提供などのサポートは受けられない(Windows Embedded 製品のサポート ライフサイクルに関する FAQXPのエンベデッド版とはなんなのか? | Device & Service Blog – OPM(OEM Program Manager) Japan Team)。

CPUはPentium E6500(2.93GHz)、メモリは2GB、HDDは500GB。拡張スロットはすべて Low-Profileで、PCI Express x16、PCI Express x1、PCIを備える。そのほかパラレル ポートやシリアル(COM)ポートなど、レガシーなインターフェイスを豊富に搭載している。

なお、Windows XP Professional for Embedded Systemsは2016年12月31日をもって販売が終了し、プレ インストールされたデバイスの出荷は不可能となる。個人的には2019年まで延長サポートが提供されているWindows XP Service Pack 3ベースのWindows Embedded Standard 2009を採用した方がよかったのではと思うが、こちらは完全な組み込みシステム向けなので、信頼性を最重要視した結果なのだろうか……。

12546841 story
Wine

10式戦車にワイン入りワイングラスを乗せて操作するデモ 112

ストーリー by hylom
誰でもこんなことができるのだろうか 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

自衛隊武器学校・土浦駐屯地開設63周年記念行事で、10式戦車の砲身横にワインを入れたワイングラスを設置した状態で車体姿勢変更などを行うデモが公開された(YouTube)。

動画では主砲身のたわみを検出するためのものと思われる砲先端右横の光学センサー機構カバー上に、ワインを4分の1ほど注いだワイングラス2個を置いたうえ、長距離照準自動追尾を働かせ、油気圧走行懸架機構による前後左右への車体姿勢変更と左90度の超信地旋回、車体姿勢変更とそこからの復帰を行い、その間ワイングラスが落ちない・倒れない・零れない演技を成功させている。

現状の主力戦車=MBTは、その主砲をいかに運搬し敵装甲車両に指向砲撃するかが、事実上の存在意義である。自衛隊の装備する最新MBTは「10式戦車」(三菱重工業製)であり、その主砲44口径120mm滑腔砲(日本製鋼所製)の「行進射撃」や「スラローム射撃」を可能にする、高度な砲安定機構を有する。

今年の富士総合火力演習では10式戦車の履帯が外れてその信頼性に土を付けたが、幾分なりとも回復できたのではないだろうか。

12390040 story
Wine

Amazon、ワインに特化したサービスを日本で開始 21

ストーリー by hylom
10年前にこんなことが予想できただろうか 部門より
Fagnux 曰く、

アマゾンジャパンは、Amazon.co.jpで販売されているすべてのワインを一定の温度帯で保管、または管理するための「定温倉庫」を稼働した。それと同時に、配送時にも温度管理を行う「保冷お届けサービス」も開始された(RBB TODAYINTERNET WatchITmediaMarkezineZUU Online)。

定温倉庫は、ワインの品質や風味を保つため、20度を目安とした一定の温度帯で保温される。ただし、高価なワインは倉庫内のワインセラーで17度の温度と70%の湿度で徹底的に管理される。

保冷お届けサービスは、有償で定温倉庫から出された後の発送時にも温度管理を行うもの。1回につき税込み300円。このサービスは夏季での利用を推奨している。

12382727 story
携帯電話

LGの二つ折り型Androidスマートフォン、日本など数か国で発売へ 49

ストーリー by headless
発表 部門より
LGが二つ折り型のAndroidスマートフォン「LG Wine Smart」を日本など数か国で発売すると発表している(ニュースリリースSoftpediaの記事GSMArenaの記事Gizmagの記事)。

LG Wine Smartは、7月末に「LG Gentle」として韓国国内向けに発表されていたもの。8月中に日本のほか、フランス、イタリア、ポーランド、スペイン、カザフスタンなどの国で発表される予定だという。なお、LGは韓国国内でWine Smartという名前の二つ折り型Androidスマートフォンを販売しているが、これとは別のモデルとなる。

日本でもAndroidベースのOSを採用したシャープと富士通の二つ折り型携帯電話がauドコモから発売されているが、PlayストアなどGoogleのアプリは利用できない。LG Wine SmartはAndroid 5.1.1(Lollipop)を採用し、3.2インチのタッチスクリーンディスプレイを搭載。Playストアを含むGoogleのアプリがプリインストールされている。

二つ折り型の携帯電話は比較的年配のユーザーに根強い人気があるものの、日本と韓国以外での需要は少ないとの見方もある。韓国ではLGとSamsungが二つ折り型のAndroidスマートフォン数機種を韓国国内向けに展開している。Samsungには中国市場専用とみられる機種もあり、ヘキサコアのSnapdragon 808を搭載したハイエンドの二つ折り型Androidスマートフォンを中国で先日発表した。
12241270 story
ゲーム

FF14のMac版、パフォーマンスが悪いと批判を受ける。開発側はMacの環境に原因があると釈明 105

ストーリー by hylom
ちゃんと工数は割いたのでしょうか 部門より
insiderman 曰く、

人気MMORPG「ファイナルファンタジー14」のMac版クライアントが6月23日に発売されたのだが、これについてパフォーマンスの問題があるとしてプレイヤーから苦情が出ている模様(Game Watch公式フォーラム)。

これについてFF14のリードプログラマーが公式サポート掲示板でコメントを投稿、理由として次のようにMacの環境に原因があると述べている。

Windows版ではグラフィックスAPIとしてDirectXを使用しています。それに対してMac版ではOpenGLを使用しています。(中略)OpenGLはDirectXに比べてパフォーマンスが劣る状況が発生します

Windowsはゲームを制作するための各種要素が多く整えられていますが、Macはゲーム制作のための要素が少ないため、その差が基礎的なパフォーマンス差を生んでしまいます

Mac版ではプログラムを並列化するためのスレッド処理のスケジューリングにおいて、Windows版でチューニング可能な部分が、Mac版ではチューニングできない部分があります

FFXIVのMac版は、Windows版の実行ファイルを使用し、Windowsの機能をMacで実行可能な機能に読み替えて動作させるというミドルウェアを利用して制作されています。そのため、常にこのミドルウェアがMac版のために動作しており、Windows版にはないオーバーヘッドが存在しています。

突っ込みどころは多数あるのだが、これらコメントから察するに、Mac版FF14はWINEのようなWindows APIエミュレータを介して実行されている模様。実際、以前からWINEでFF14はほぼ問題無く動作するとの報告はある。

近年ではMac版がリリースされるゲームも少なくなく、たとえばオンラインゲームでも人気RPGシリーズのオンライン版「The Elder Scrolls Online」はPC版とMac版が同時にリリースされ、Macでのプレイ感も悪くなかった。WINE経由ならパフォーマンスが落ちるのは当然だが、さすがにそれを自分たちに責任はない、どうすることもできないというように発表するのはどうなのかと思ってしまう。

また、PC版では事前にリリースされていたベンチマークテストがMac版では配布されていなかったり、Mac版の動作環境について曖昧な記述しかなかったり(FF14の公式ページ)する点も批判されている。

12022249 story
Google

Googleマップでイタズラ、皇居内にオウム真理教道場が出現 75

ストーリー by hylom
これはひどい 部門より
wine 曰く、

Googleマップで皇居(東京都千代田区)を見ると、「オウム真理教皇居支部道場」や「恒心教 総本山」と表示される現象が起こっているようです(ITmedia)。

これらは、Google+のアカウント情報からマップ上にラベリングできる機能を悪用して行われているようです。未確認ですが、東京以外にもこのような記述が見つかっているそうです(朝日新聞)。

こういったイタズラに対し Google がいつ、どういった対策をするのか興味のあるところです。

10905247 story
Linux

エロゲのために自分専用PCをねだった18歳の若者、父親からLinux入りノートPCを渡されて四苦八苦 112

ストーリー by hylom
WINEで頑張ればいけるんじゃないの(適当) 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

とある18歳の若者が手に入れた「自分専用のノートパソコン」のOSがLinuxだったという話がTogetterでまとめられている。この若者は自室でエロゲをプレイするために自分用のPCを欲していたそうだが、当然ながらプレイできず、使い方も分からずに四苦八苦している様子。父親からは「富士通のOS」と言われて渡されたそうだが、当初はそれがLinuxであることですら気付かなかったようだ。

テレホーダイ時代に効率良く肌色成分の多い画像を集めるためにプログラミングを覚え、男女プロレスが主題の小説を見栄え良く印刷するために作ったアプリを公開し、気がつけばオプソで仕事しているタレコミ子としては、彼をより 深淵に引きずり込んで立派なアレゲに魔改造 高みへと導いて今まで知らなかった新しい世界を知ってもらうよい切っ掛けになるとよいなと願っている。

彼は始めそれがLinuxである事に気付けないほどであり、言わば、広大なLinuxの世界に旅だったばかりの若き勇者である。ただし、身近にはPCにLinuxを入れて渡す程度にはLinuxに詳しい父親がついているようだ。そんな環境にいる彼に対して、スラドに集うかつて同じ若者だったであろう賢者の皆様に、取り急ぎ彼が求めるソリューションをLinuxプラットフォーム上で簡単に実現する方法や、彼が今後Linuxを使いこなしていくアドバイスを頂きたい。

すでに寄せられた反応には「Lindows」と言った懐かしくも悲しい名前や、「Wineで」、「ブラウザゲーにしておけば」と言ったアドバイス、「エロを糧に頑張れ」「エロは偉大なり」「エロパワーを糧にLinuxを勉強してなんかのプロジェクトのメンテナーにでもなればいい」と言ったものがある。

また真面目に、フィルタリングなどはルーターなどの機能で済ませ、子どもにLinux系OSを入れたPCを渡す事の可否やその効果、渡す際に配慮すべきな事などについても話題にしていただけたら幸いである。

10819498 story
Chrome

WineはChrome OS上では動かない 57

ストーリー by hylom
Windowsを捨てよう 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

先日VMwareとGoogleが提携し、Chrome OS上でWindowsアプリケーションを実行させるための仮想デスクトップサービスを提供することが発表されたが、オープンソースのWindows API実装であるWineがChrome OS上で実行されるのはほぼ不可能であることがPhoronixで取り上げられている。

Ubuntuがベースであるため、一見Chrome OSでWineを動かすのは容易であるように思えるが、Chrome OSでネイティブコードを実行するための環境である「Google Native Client」は基本的にサンドボックス内のコードしか実行できない。そして、コード実行の前にそのコードおよびそのコードが参照しているライブラリを精査する。

Wineは実行後にWindows実行ファイルを読み込むため、サンドボックスをから離れれば実行できるかもしれないとお思いの方もいるかもしれない。たとえば、Linux上のFirefoxでSilverlightやFlash、Unityなどを実行する「pipelight」はNPAPIを用い、さらに別プロセスから通信することで任意のプログラムの実行を可能にしている。しかし、NPAPIのサポートを打ち切ったChromeではこれは使用できない。さらにWineはシステムコールを多用しているが、NaClではシステムコールは利用できない。

以上の理由により、余程のリソースを変更しない限り、WineをChrome OS上で動かすことは不可能となっている。

typodupeerror

ソースを見ろ -- ある4桁UID

読み込み中...