パスワードを忘れた? アカウント作成
471870 journal

Pravdaの日記: 「江戸っ子狩り」はあったか?

日記 by Pravda

先週出た漫画雑誌をパラパラめくっていると、みやわき心太郎『江戸しぐさ残すべし』という全40ページの漫画が載っていて、その作品によると明治維新の頃「江戸っ子狩り」による入牢、強制移住、虐殺などの大弾圧が行われたのだそうです。

今日の昼、それをネタにゲラゲラ笑って話をしていたら(注:「江戸っ子狩り」の説をネタにしてるのであって「江戸しぐさ」を嘲笑しているのではない)、「本当にあったかもしれないじゃないか、あんたは歴史の専門家でも何でもないだろう」と突っ込まれました。

たしかに歴史の専門家じゃないものの、近代以降の歴史学の方法論は多少のキキカジリがあります。歴史学はデータ重視で、たとえばAという学説をくつがえすB説を唱えた時、ではA説が根拠として示した史料をどう解釈するのかが常に問題になるワケで、言いっぱなしの説は通用しないし、またデータの裏づけのない説も殆んど問題にされません。ジンギスカン=源義経説 [wikipedia.org] とか。まあ、歴史学がそうなったのも、偽書や偽史料に振り回された過去の苦い経験があるからですが。

明治維新の前後で江戸の人口が急減したのは事実で、その理由は、江戸は消費都市であり、幕府瓦解で諸藩大名が江戸を捨てて国許に戻ってしまったから、というのが通説のようです。武士が居なくなれば、その衣食住を支えて来た呉服屋魚屋大工などはメシの食い上げですし、またそれら出入り商人にサービスを提供していた他の町人たちも同様。さびれた江戸をあとに、帰る故郷の無い町人の結構な数は当時勃興期にあった横浜に移ったそうですけれど。

江戸っ子狩りの話はさておき、この漫画によると「NPO法人 江戸しぐさ」という団体が出来たそうで、Webページは以下の通り。
・特定非営利活動法人「江戸しぐさ」
http://www.edoshigusa.org/

前のエントリ [srad.jp] であげた、粋!「江戸しぐさ」 [edosigusa.com] なるサイトとは別のようです。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

読み込み中...