パスワードを忘れた? アカウント作成
198854 journal

SassyOS2の日記: 捕獲後に解放 動物愛護法違反容疑 2

日記 by SassyOS2

捕獲後に解放 動物愛護法違反容疑 : 静岡 : 地域 : YOMIURI ONLINE(現在記事は削除されたため、Google キャッシュより転載)

 藤枝市の市営公園に住み着き餌を与えられていた5匹の野良猫を、近隣住民から苦情を受けた市職員2人が捕獲した。本来、猫は保健所に引き渡すはずが、職員は「殺処分されないように」と、別の公園に逃がした。この行為が「遺棄にあたる」として、動物愛護団体関係者が2人を動物愛護法違反(遺棄)容疑で県警に告発し、県警は2009年10月、2人の捜査書類を静岡地検に送付した。その際、県警は寛大な処分を求める意見を付けたとみられる。2人の行為をどう受け止めるべきか、評価は分かれそうだ。(古屋祐治)

 問題が起きたのは、同市若王子の蓮華寺池公園。市や県警関係者によると、10年以上前から捨て猫が繁殖し、ふんや近隣住民が与えた餌の食べ残しなどが悪臭を放つ。苦情が絶えないため市は不定期に野良猫を捕まえ、保健所に引き渡してきた。保健所はほかの野良猫や野良犬と同様引き取り手を探し、見つからない場合は殺処分している。

 08年10月1日、3人の市職員が同公園で5匹の猫を捕獲した。翌日保健所の回収車に引き渡す予定だったが、3人のうち2人が「殺処分はかわいそう」と考え、5匹を市内の別の公園に逃がした。これを伝え聞いた浜松市の動物愛護団体の代表を務める男性が09年9月、2人を県警に告発。県警は2人から任意で事情を聞くなどしたうえで書類を地検に送付した。

 県警関係者は「違法行為があれば厳正に捜査しなければならない」と話しつつ、「虐待目的などではなかった。難しい判断だった」とも明かした。

 2人のうちの1人は読売新聞の取材に対し、「これまでにも何回か猫を捕獲したことがある。保健所に渡せば新しい飼い主に引き取られることもあるが、ほとんどは殺処分になる。かわいそうだと思った」と語った。

 市花と緑の課の磯部幸弘課長は、「2人ともよかれと思って行ったことだが、5匹が放された先で同じ問題が起きる可能性もある。難しい」としたうえで、「公園の衛生管理は必要で、かといって捕獲すれば『殺すのは残酷だ』と苦情が来る。どうすればいいのか」と困惑する。

 告発者の男性は「野良猫をかわいがり、しっかり管理している人もいる。その猫が勝手に連れ去られるのはおかしい」としたうえで、「捨て犬や捨て猫の命を粗末に扱う自治体はまだ多い。今回のケースが警鐘になればいい」と話している。

■繁殖予防努めるべき

 野良猫などの飼い主探しや不妊・去勢手術の普及などに取り組む「日本動物福祉協会」(東京都品川区)会員でもある獣医師の山口千津子さんの話「猫を別の公園に放した2人の行為は法律違反にあたるにしても、捕獲して殺すことは誰でもしたくない。自治体は、捕獲して減らすのではなく、不妊・去勢手術を徹底して繁殖を防ぐ予防行政に努めるべきだ。野良猫に餌をやる人は、ふんの片づけや苦情の受け付けも自分自身で行うべきだ。『餌をやらないとかわいそう』ではなく、餌をやって不幸な猫を増やすことの方がかわいそうだ」

■システム化断ち切れ

 帯広畜産大の吉田真澄教授(民法、ペット法)の話「職員らの行動の前段に、飼い主が猫を捨てる問題がある。片づけの出来ない人が餌を与え、市民から苦情を受けて、自治体が殺処分する――こうした流れがシステム化しており、どこかの段階で断ち切れば問題は防げる。職員らの行動は心情的にはわかるが、逃がした先の公園で同じ問題が起きる可能性もある。飼い主が猫を捨てる時は『生きて欲しい』『死ぬところを見たくない』といった心情があり、職員らの気持ちはそれに似ている」
(2010年2月21日 読売新聞)

「『餌をやらないとかわいそう』ではなく、餌をやって不幸な猫を増やすことの方がかわいそうだ」、動物を棄てた飼い主が悪いはずなのに飼われていた猫に転嫁するとは獣医師の発言とは思えない。難しい問題だが、追われた動物たちに手を差し伸べられないところまで、日本の社会が堕ちているというところか。

この議論は、SassyOS2 (8523)によって ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
  • 「『餌をやらないとかわいそう』ではなく、餌をやって不幸な猫を増やすことの方がかわいそうだ」、動物を棄てた飼い主が悪いはずなのに飼われていた猫に転嫁するとは獣医師の発言とは思えない。難しい問題だが、追われた動物たちに手を差し伸べられないところまで、日本の社会が堕ちているというところか。

    他人の土地で勝手に野良猫に餌をやってる人に転嫁してるように自分は受け取りましたけど、どう解釈したら猫がとなるんでしょう。転載した分 (引用の度を過ぎてますよね) 以外に何かあったんでしょうか。

    餌を (定期的に) やるからそこに集まり、それが周辺住民の迷惑の閾値を超えてしまったという話でしょう。「かわいそう」だったら己の責任で飼えばいい話 (藤枝市はそういってます [shizuoka.jp]。屋内飼育を推奨するくらい困ってるみたいですね)。そもそも野良猫なら人間様が手を出さずとも適当に生きますよ。
    # 同じ理屈でホームレスに餌やるバカが居るから困りもの。

    商品として生産するなら商品として処分してかないといけないですし、生き物として扱うなら商品としての生産を規制しないといけないとは思いますが、なにぶん金銭が絡んでることですから。

    ところで「堕ちた」ってことは昔は公園に住まわせるのが一般的だったんですか? ペット不可な集合住宅が増えたとか、ブリーダーの生産/供給過剰とか、そういう可能性はないのですか? 『保健所に渡せば新しい飼い主に引き取られることもある』そうですが、すべてを救おうなどとおこがましい事を考えてしまっただけでは?

    • ソース記事が消えていたから全文掲載(脳内処理されないように)したのに、読み手がこれじゃあ意味ないねw

      餌を (定期的に) やるからそこに集まり、それが周辺住民の迷惑の閾値を超えてしまったという話でしょう。

      事件の概要は保健所行きになるのは忍びないから捕獲した猫を別の公園で放したら、動物愛護法違反で捕まったという話。それ以上のことは記事に書いていないから。

      飼い主に捨てられた動物はのたれ死ぬしかないというのが被害住民の声ならごもっともと思うが、こんなことをいう獣医師なり動物愛護団体がいるってことに驚きが隠せないだけ。

      ># 同じ理屈でホームレスに餌やるバカが居るから困りもの。

      どうもあなたは金勘定でしかモノを判断できない香具師みたいなので、今後テキ認定させてもらいますねw

      # 二度とコメントはしないでくださいなw

      親コメント
typodupeerror

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

読み込み中...