パスワードを忘れた? アカウント作成

国立大学の学費は

投票結果を表示しています。
現状程度で変更しなくて良い
  176 票 / 15%
私大並に上げるべき
  36 票 / 3%
税金を上げてでも下げるべき
  254 票 / 22%
保護者の収入に応じて変えるべき
  158 票 / 14%
学費は下げずに給付型の奨学金を拡充すべき
  275 票 / 24%
国立大学は不要、廃止すべき
  37 票 / 3%
そのほか
  45 票 / 4%
どうでもいい
  135 票 / 12%
合計 1116 票
投票所 | 他の国民投票
  • 選択肢が少なくても文句禁止。だって、そもそもがジョークだし、場所は有限だし、選択肢を決めるのに事前投票なんてできないから。
  • なんか良い投票ネタがあったら是非タレコんでくれ(国民投票用と明記)。毎回かなり悩みまくりなんだな、これが。ぶつぶつ言わずに助けてくれよぅ。
  • この投票はとってもテキトーだ。四捨五入の誤差、投票マニア、ダイナミックなIP、 システムのバグ、プロキシーやファイヤウォールなんて考慮しちゃいない。統計だと思って このデータを大事な事に流用しようと思うなら小学校からやり直しましょう。

最新の国民投票

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2015年06月15日 20時49分 (#2831296)

    入学・進級・卒業が超難関だけど学費・授業料が格安、もしくは無料。(A)
    入学はゆるい、受講は可能、卒業はそれなりで学費・授業料は数倍高い。(B)
    AとBは卒業後も区別される。
    Aを数人養うためにBがいる。むしろ、BはAを金銭的に援助したという名誉を名乗る事ができる。

    • by Anonymous Coward on 2015年06月18日 13時40分 (#2832864)

      そのA、Bがかつて国立大学の学費が安かった頃の国立、私立とも言えますね。
      Aに入れたのは本当の秀才か、潤沢な資金で教育を受けられた子息という。
      実際、今あの頃の学費に戻したらどうなるんだろう?
      入るのはそれまで高額な教育費をかけられた人だけだったり?

      #「学費値上げ反対運動だって?金持ちのボンボンの遊びだ!バイトで学費を稼ぐ自分には関係ない!」byヤング島耕作

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      大学院ならできる可能性はあるかも?

      • by Anonymous Coward on 2015年06月16日 13時39分 (#2831664)

        そもそも大学院生に給料が支払われてない時点でおかしいんだが
        本来なら国を背負って立つ優秀な人材のはずが、子供扱いされるのが日本の大学院生。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          実際、子供だから!!!!

      • by Anonymous Coward

        ありゃ、すば洞ついちゃったな。
        おそらく、現実を少し明示しただけだと思うんだけど。

        多くの学生は極少数の学生のための養分です。多分な。
        #卒業してそうとう経って、マイケル・サンデルの本読んで気がついた。
        #それ自体は否定しないが、明示しないといけないと思う

        Bは「名誉〜」という名前にするとか。

        大学院だと本音を明示すると少し悲しいかもしれない。
        修士(ただし、労働力であった対価)とか。

  • とりあえず、私学に税金を入れる必要はない。私学は、お金持ちのお坊っちゃま、お嬢さまが行けば良い。
    まずは、私学助成金をなくした分、国立大学に入れてほしい。

  • 結果にコミット (スコア:3, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2015年06月15日 22時12分 (#2831340)

    満足行く結果が得られなければ学費は返金いたします!

    ※ただし当学の基準により認められた者に限る。

  • 戦前 (スコア:2, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2015年06月15日 22時42分 (#2831359)

    戦前のように
    「選ばれし者だけが大学へ」
    なら、大学無料化もできるだろうね・・・

    今の世の中は・・・特定の大学だけ予算つけて無料化すると
    「不公平だ」
    の嵐で政治的にできないだろうね。

    • by Anonymous Coward

      なんだか携帯電話の契約みたいだが、自治医大とか防衛医大みたいに、9年縛りで在学中の学費無料という制度が今でもできるのだから、似たような制度を展開したらどうだろうか。
      「選ばれし」の程度次第だが、教員養成とか弁護士養成とか公務員養成とか。単なる日本国内の労働力の養成だけなら、学費5%割引くらい。

    • by Anonymous Coward

      当時もいろんな場面で「不公平だ」という声や思いはあったのかもしれませんが、力づくで黙らせていたのかもしれません。
      そんな世の中が良いとは思えません。

    • by Anonymous Coward

      たしかに、昔のように「選ばれし者だけが大学へ」ではなく、今は大勢の人が大学に行く時代になりました。

      今は「選ばれし者だけが博士課程へ」といった感じでしょうか。

  • C言語のwcslenはやっかいなことに文字数を返すって書いてあるリファレンスばかりなのだが、

    サロゲートペアに関しては、記載されてない。

    噂ではwindowsとlinuxで実装が違うとか違わないとか、
    めんどくさいことこの上ない

  • by Anonymous Coward on 2015年06月16日 4時40分 (#2831445)

    サボったわけではなく色々あって中退したが、奨学金の返済がなかなかつらい
    数百万円の借金と中退の汚名がダブルでのしかかってくる
    #自己破産でチャラという裏技もあるが諸刃の剣

    高校の成績が良くて大学に首尾よく入れても
    環境の変化についていけなかったり壁にぶち当たったりで
    中退する確率が無視できないほど多いわけで、なかなかギャンブルな話である

    • Re:奨学金 (スコア:3, 興味深い)

      by matlay (32743) on 2015年06月16日 7時02分 (#2831461) 日記

      進学というのは実は結構リスクが高いギャンブルである事を気づいてないのかもしれない。
      参考になるかわかりませんが。 [hatelabo.jp]

      私はもろその通りで、
      ・高校の成績が良くて推薦枠で入れた
      ・田舎から出てきて、学力から環境の変化から何からついていけなかったので、登校拒否もしたりして留年
      ・やっとこ単位だけ揃えて、裏ワザというか相当ずるい事をやって卒業させてもらった
       (違法ではない)
      ・就職氷河期初期にぶち当たる(初期なので周囲・本人の認識が甘い)
      ・運よく、働いている一定期間はボーナスがついてきたので、なんとか奨学金は返済できた
       (まあ、昔の話なので金額的負担も比較的少ないのだろう)

      なので、未だに学歴はできれば言いたくない。

      昨日、うっかり大学サークル関係のツィートを見てしまい、死にたくなった。
      #希死念慮はまずないと考えていたのだけど、本当に不意だったのでちょっとやばかった

      ああ、そうそう忘れてた。強く生きてください。

      --
      #存在自体がホラー
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2015年06月16日 9時17分 (#2831511)

        おれの学歴は厳密に言えば中卒。
        高校はほとんど行かなかったけど、いんちきで卒業になった。
        大学は行ったけど、卒業してない。
        でも大学の授業が役に立たなかったわけではなく、
        自分で新しい分野を勉強するというノウハウは
        学んだ、と思う。
        学んだ知識や思考方法は、仕事には役に立っていないが、
        世の中を見る力は備わったと感じてる。

        学歴と収入という側面だけが、教育のすべてではないと思うよ。

        親コメント
        • by matlay (32743) on 2015年06月16日 9時32分 (#2831525) 日記

          蛇足もいいところでみっともないんですが、

          >学歴と収入という側面だけが、教育のすべてではないと思うよ。
          ただ、その2つがうまく噛み合っていると、見なくていいものとか、悩まなくていいものとか、
          そんなものの存在すら知らずに生きていけるんだとちょっと考えるとね。しかも顔見知りだったりすると。

          >学んだ知識や思考方法は、仕事には役に立っていないが、
          >世の中を見る力は備わったと感じてる。
          それはすごく感じています。世の中を見る力というか、知らない物に対してどう振る舞うのかというか。

          #メイド(姉)さんは言いました。「教育がなければ、その必要すら理解できないのです」
          ##記憶で書いてるので多分細部は違う

          --
          #存在自体がホラー
          親コメント
      • by Anonymous Coward

        >ああ、そうそう忘れてた。強く生きてください。

        どうも。
        今はハローワークもなかなか頼りがいが出てきて良い感じ
        良い世の中になったものだ・・・

        #中退だと年齢的ハードルも上がって三重苦ですな

  • by Anonymous Coward on 2015年06月16日 8時58分 (#2831500)

    貧乏人も金持ちも、教育の機会を等しくしたほうが、社会全体の活性化につながる。じっさい、ヨーロッパでは大学の授業料が無料か著しく安い。となりの中国も安い。

    日本はどうやら、記憶力重視の学力と高額の授業料でもって、新たな身分制を作りたいようだ。まるで中世への回帰。

    どうでもいいけど、授業料を下げる選択肢に「税金を上げてでも下げるべき」しかないのは、かなり恣意的だな。設問を作った人間の思想が透けて見える。

  • by Anonymous Coward on 2015年06月16日 10時30分 (#2831560)

    大学というのは100%卒業できるわけではないのに、
    その費用はかなりの額に上る。
    しかし貸与型奨学金では貸し借り両方に負担が大きく、
    給付型では財源の確保が難しい

    そこで、株式奨学金を導入する
    支援した大学生が無事卒業できれば返納と配当金が得られ、
    出来なかったら学生側は返納義務無しとする
    投資側は小口の株を買えばリスクを抑えられ、学生はもしもの時に負債を負わずに済む

    これぞ21世紀の奨学金である!

    #なお何百万という学生の銘柄を管理、精査出来ないのでNG

    • by matlay (32743) on 2015年06月19日 10時26分 (#2833314) 日記

      そういえば、学資保険というものがあってですね....。
      それを発展させればいいような気がする。
      #発展させすぎると、「それ税金じゃん!!」と突っ込まれる

      --
      #存在自体がホラー
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2015年06月19日 18時34分 (#2833625)

        学資保険。
        昔だったので、利率は8%位あり、20年かけると 数百万円の支払いで、1千万円位になりました。
        バブル後は、定期預金に毛の生えた程度。親が元気なら学資保険のメリットは有りません。

        親コメント
        • by matlay (32743) on 2015年06月19日 19時13分 (#2833651) 日記

          ああ、一般に学資保険って、基本、定期預金に毛の生えたものなんですね。
          子供の進学先に応じた保険金が払い戻されるようなもんだと考えていました。
          #ん....多分、そっちにしても仕組み的にはおかしくないよな。単に進学(受験)に懸賞金つけたようなもんだし。
          ##あ、駄目だ。保険金詐欺とか不正とか横行しまくるような気がする

          >親が元気なら学資保険のメリットは有りません。
          いやいや、保険って、その最初の前提のリスクに備えるもんですから。

          --
          #存在自体がホラー
          親コメント
    • by Anonymous Coward

      >#なお何百万という学生の銘柄を管理、精査出来ないのでNG

      いや、そこでITですよ。
      #Information technology の事な
      ##最近、付き合いのあるIT○○...のITはそれでない事に気がついた。

  • by Anonymous Coward on 2015年06月16日 10時44分 (#2831569)

    元々私立大学と差が大きすぎて商売の邪魔してしまうから値段を上げましょう、だったはずです。
    とあ国立大学の工学部>大学院理工学研究科と通いましたが、どう考えても学生側が払う学費なんて大学側の必要経費に対して雀の涙なんですよ。
    ある程度でも真面目に払うと、アメリカの大学にそれなりに裕福な外国人の家庭の子が行く時のように、年1000万円前後払わないとダメになります。

    原資がないというのなら腹くくって定員削減を実施してもらって、支給される補助金の総額変えないで授業料を35年とか40年前の半年で10万円とかって水準まで下げるのがいいのかと思います。
    学生減ったから補助金も削減、っていう馬鹿げた発想を捨てるのは、予算付ける人たちには極め困難だとは思いますが。

    あと、補助金の原資確保のための他の手として、高校生までに出来るようになっておくべきことしか教えないような名ばかりの大学は各種学校に変更して助金カットでいいと思います。
    裾野を広くしないと頂点が高くならないから幅広い人に大学に行ってもらうというのは正論ではありますが、
    それは大学じゃないだろって施設を大学扱いするのは正しくないと思います。

    • by Anonymous Coward

      > 高校生までに出来るようになっておくべきことしか教えないような名ばかりの大学は各種学校に変更して助金カット

      それって、到達してない生徒を「排出」する高校が悪いのであって、
      大学のせいじゃなくね?
      やむを得ずやっているというか。
      #もっと言うと小学校や中学校が(以下略

      • by Anonymous Coward on 2015年06月17日 15時33分 (#2832316)

        >小学校や中学校が(以下略

        に関しては、年齢で強制進級と言う現行のシステムを変えない限りどうしようもないと思います。

        分数の計算ができない生徒は怠慢でそうなっただけではなく、
        たまたまカリキュラム上それを覚えるべきと決められた年齢で理解する事ができなかっただけの話です。
        その「たまたま」が義務教育の年齢では十分起こりえます。
        そういう生徒は義務教育においては「落ちこぼれ」として、半ば居ない者として扱われるしかないのです。

        一度躓いたらわからないまま先に進まされる。
        それで後から追いつくのはかなり低い確率でしょうし、そういう生徒を掬い上げる仕組みはまったくありません。
        生徒もまったく学習に対して楽しみも目標もなくなると思います。

        習熟度別学習ってもう少し積極的に取り入れてもいいと思います。
        その方が教える方も教わる方もスムーズに進行できると思うんですけどね。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        そんな学生を「合格」させなければ良いじゃないですか
        学生の人数が足りなくなって経営が成り立たないなら、それは「過当競争」ということ

  • by Anonymous Coward on 2015年06月16日 15時33分 (#2831727)

    優秀な大学生がほしいなら、その人数に応じて企業が出資すべきでしょう。
    推薦は高校からではなく、企業からの推薦枠のみにする。
    完全な投資にしてしまうわけです。
    研究室で人員を確保したい場合はその分は大学や研究費から拠出します。
    公務員や諸官庁で必要な人員ももちろん予算出してもらいます。

    で、学生には最小限の学費のみ。ただし結果を出せなければ即退学。

    # 三流企業が募集要項に大卒のみとかふざけたことを書かせないためにもぜひ。
    # 出資した企業は元を取らずに逃げられたら人事部の責任問題ね。

    • 今の時代、企業が4年後(修士卒が欲しければ6年後)に必要な人材を
      予測して推薦枠の人数を決めることは難しいと思います。

      # 3年次からは「XX演習」という名の無給インターンになりそうな気もするけど
      親コメント
      • 推薦枠なんて言わずに、寄付講座。
        ここは学費ただ、で、企業は優先採用。
        授業の半分くらいは、その会社で将来役に立つ(と思われる)授業。

        そうすれば、即戦力がすぐにできる。
        > # 出資した企業は元を取らずに逃げられたら
        企業も優先採用なだけで、確約しなけりゃ、どっこいかと。

        互いに投資です。

        親コメント
  • 私の父は旧制世代です。(旧制中学4年から受験合格だったので多分一番若い最後の世代。)本人の談によると当時大学生は人口の1%程度だったそうで、その点ではまさにエリートでした。
    この程度の人数ならば学費免除も可能でしょうし、将来の日本を背負うべき人材としての価値もあったでしょう。
    今は状況が違います。従兄(地方国立大学)の学費は年額4万円だったそうですが、子供の頃から勉学に投資しいわゆる一流国立大学に入るのは裕福な家庭の子弟です。私学並みに学費を上げても親に痛痒はないと思います。
    #ちなみに私は私学出身。学費が高かった。
  • 学生の質をどうするかとか、どんな教育を施すかとか、障害教育は、入試は。

    議論すべき事が山盛りで、それをどのように変更してどこを目指すのか、
    そのためにはコレだけの経費がかかるという議論が筋なのだろうに、
    金額だけ切り離したアンケートに意味があるのか。

    #「ここ数年の物価変動に会わせた値上げ」というのならまた話は変わるけど、
    #このアンケートはそういう方向性のものでは無いだろう。

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

処理中...