パスワードを忘れた? アカウント作成

ハザードマップによると、自宅の浸水した場合に想定される水深は

投票結果を表示しています。
0~0.5m未満
  508 票 / 47%
0.5~1.0m未満
  67 票 / 6%
1.0~2.0m未満
  56 票 / 5%
2.0~5.0m未満
  78 票 / 7%
5.0m以上
  72 票 / 6%
見た事無いので知らない
  157 票 / 14%
見たけど忘れた
  84 票 / 7%
ハザードマップが無い
  49 票 / 4%
合計 1071 票
投票所 | 他の国民投票
  • 選択肢が少なくても文句禁止。だって、そもそもがジョークだし、場所は有限だし、選択肢を決めるのに事前投票なんてできないから。
  • なんか良い投票ネタがあったら是非タレコんでくれ(国民投票用と明記)。毎回かなり悩みまくりなんだな、これが。ぶつぶつ言わずに助けてくれよぅ。
  • この投票はとってもテキトーだ。四捨五入の誤差、投票マニア、ダイナミックなIP、 システムのバグ、プロキシーやファイヤウォールなんて考慮しちゃいない。統計だと思って このデータを大事な事に流用しようと思うなら小学校からやり直しましょう。

最新の国民投票

  • 横浜市西部、山のてっぺんの公営住宅。浸水は心配なし。
    土砂災害も、造成時に極端な盛土や切土はしていないようなので、ある程度は安心できそう。
    山は北と南に下りることができますが、南北どちらも狭い川が走っており、浸水の恐れありとのこと。

    つーか横浜市よ、ハザードマップをFlashで提供するのはやめろ。
    そして、PDFのレンダリングの遅さにマシンのリプレースを考える。
    MacBook Mid2010。
    Core 2 Duo&HDDには、最近の諸々には荷が重いのかな。
    i7&SSDにすると、人間側の待ち時間がちょっと減るのかしら?

    Windowsマシンもあるから、この際Macは切るか…迷いどころ。

    # すっかりオフトピになってしまったorz

    --
    死して屍、拾う者なし。
    ここに返信
    • by wood377 (46309) on 2018年07月14日 18時09分 (#3443266) 日記

      こっちも浸水の心配は少なし。
      ただし、土石流の心配あり。
      何年か前、近くの斜面が崩れて、近所の家を襲った。
      もう、修復も済んで、戻っているようだが。

      • ここにコメントします。

        >3442988氏
        多摩丘陵の東端で、場所によっては
         なぜ、わざわざここに家を建てる?
        的な急傾斜地に建物が立地したりします。近所だと、保土ケ谷区の帷子川(かたびらがわ)付近に多いです。
        私が住んでいるところはなだらかな山なので、急激な崩壊はなさそうですが、大雨の際には警戒するようにします。
        港周りであっても、港の見える丘公園なんか急傾斜地の上ですからねぇ…。

        >wood377氏
        直接被害がなかったとはいえ、心配ですよねぇ…。
        「修復が済んで、戻った」というのは、地形のことですか?住民のことですか?
        一度被災した場所に戻るというのもチャレンジャーな気がしますが、
         補修が済んだから、むしろ安全!
        かも知れないし、人によっては土地が先祖伝来などの事情があるかも知れないし…その立場に立つと、悩ましいですね。

        --
        死して屍、拾う者なし。
        • by wood377 (46309) on 2018年07月14日 21時37分 (#3443360) 日記

          > 「修復が済んで、戻った」というのは、地形のことですか?住民のことですか?
          両方。
          住人は、親族とか、知合いの家にしばらく居たとか。
          地形の方は、割と早かった。
          我が家にも避難指示が来たのだが、結局、避難せず。親は問題無いが、、、、
          近くの家(上記の被害とは別)は、障碍者が住んでいたのだが、避難できたか?
          心の問題もあり、我が家でさえ、(その両親が無くなって)やっと認識されたレベル。
          知らない消防団の人に声掛けられたろうか?
          認知症だったりすると、拒否されりするかも。(と言っても見捨てられないし、、、)

    • by shinshimashima (9763) on 2018年07月15日 13時33分 (#3443515) 日記

      うちも坂登った上の台地なんで浸水系の心配は皆無
      (ただ、台地上でも窪んでる場所は内水の被害はあり得る。巨大水たまり)

      ただ盛土、切土はわからんなぁ。最近はなくても仁徳天皇とか大内義弘とかの時代までは

      坂=断層なんで、地震は危ないかも。津波は平気

    • by Anonymous Coward

      横浜は関東大震災のとき、がけ崩れの被害がひどかった。
      山の上なら要注意。

  • by manmos (29892) on 2018年07月27日 14時45分 (#3450400) 日記

    延喜式以来とされる神社のその裏の岡の、40年前まで竹薮だったところ(私たちのエ○本供給地)なので安全!
    うちが沈むくらいならワニがでる!

    とか思ってたら、うちから30mほど先で斜面を削り取った擁壁が地震&大雨のダブルパンチで一部崩壊。
    上の住宅2件が解体中。

    あと、うちの近所の川は今でこそ護岸もしっかりしているが、もとは、それなりの河岸段丘を作った荒れ川で私が小学校の時は大雨の時に早く帰らされたりしたとこなので、飲み友達たちにはしっかり伝えてます。
    #当然、市のハザードマップには浸水地帯として書かれてます。

    20数年前、1時間100mmクラスの雨喰らったときは、雷もすごかったなぁ。

    ここに返信
  • by manmos (29892) on 2018年08月01日 10時20分 (#3453083) 日記

    うちが水に浸かるくらいだと、近所にワニがでます。7mくらいあるそうなのでちょっと怖いです。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年07月13日 20時54分 (#3442943)

    ウチのあたりのハザードマップ、これを機に見てみましたけど一世代ほど昔の河川改修前に豪雨で水没したことのある地域がそのまま描かれてますね。
    古い人に聞けばそのとおりの証言が得られると思います。
    で、マップ見るとそのエリアが見事に新興宅地化してるんですよね…まるで水没地帯を埋めるようにビッシリと家がならんでいます。
    こ、これは…怖い…

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      わざわざそんな場所を選んで住んでるんだから自己責任でしょ。

      • by Anonymous Coward

        事前に昔の地名やハザードマップ等で調べて土地を買う人がどの程度いるか、だけどね

        あと、土地や家を売る側がその辺の情報を隠したまま(聞かれれば答える)というケースも多そう

        • 以前、貸家に住んでいたころに地元の方に「この辺りは昔古墳でそれを切り崩して埋め立て、小学校を作った。小さい頃ここから向こうは水で船で通ったものだ。」とか聞いたことがありました。そういえば小学校のそばに古墳の記念石碑が立っていたなぁと。

          その後ハウスメーカー担当者からいくつか土地を紹介され現地確認もしたことがありましたが、その中で丸い河原石ががゴロゴロとした造成地で、近所の方に聞き取り確認すると他にも前は鶏舎だったと。。。なかなか販売側から情報取るのだけでカバーするのは難しいですよね。 結局その担当者を信用できなくなって、他に決めちゃいました。
          購入時には造成前の古い地図を調べて盛土か切土かとか検討ましたね。

          --
          The 'Through'-Force is with you, young srader, but you are not a Hacker yet.
  • by yasuchiyo (11756) on 2018年07月13日 23時25分 (#3443017) 日記

    あれが溢れたら3mくらい来るっぽい。
    津波は一応届かないことになってるけど、海抜10mないとこなんか絶対アウトやと主張する人らもいる。

    そっちのリスクを重視するなら山というか台地の上の方が安全だしそういう立地の物件もあったんだけど、地方都市なので普段の買い物とか公共交通機関へのアクセスが壊滅的に不便という、日常生活へのネガが大きいんだよな。

    ここに返信
  • いずれにせよハザードマップでは危険区域ではないんだけど、以前住んでた場所が海近くのペンシルビルみたいなアパートの5階だったんだよなぁ。
    近所の広域避難所のすぐ裏が山なので津波はともかく今回のような大雨だと非難するとかえって危険だろうなぁという……。

    マンション高層階なら、ある程度食料の備蓄があるなら水害では避難する必要はない気がする。

    ここに返信
    • by Anonymous Coward on 2018年07月14日 2時21分 (#3443054)

      そういうわけで「東京に水害直撃すれば死者XX万人!」みたいなのってどこまで信用して良いのやら。
      たとえ避難がおくれても、近くのマンションの上の階に上ればとりあえず死ぬことだけはないだろう。
      #もちろん被害金額は膨大な物なるかもしれんが。

      長野県民は自宅の標高を知ってて当然という噂もあったな。
      そういう地域だとハザードマップの意味も変わってきそう。
      https://togetter.com/li/1240596 [togetter.com]

      • >「東京に水害直撃すれば死者XX万人!」
        持っているとは思うけれども、東京のほとんどは河川よりも下に位置するので 洪水とか起きれば
        海抜によっては11階ビルでも6階まで浸水することを考えれば万単位の死人はでそう
        (要するに洪水で退路を断たれる&水でない、うんこ流れない)

        • by Anonymous Coward

          海抜によっては11階ビルでも6階まで浸水することを考えれば万単位の死人はでそう

          6階まで浸水する規模の洪水だと、避難所がよほどの高台にないと意味がなくて、結局逃げても逃げなくても変わらない、になりそう。

    • by Anonymous Coward

      マンション高層階なら、ある程度食料の備蓄があるなら水害では避難する必要はない気がする。

      水の備蓄もお忘れなく。飲み水と雑用水。
      ある程度は給水タンクに入ってるけど、早いもの勝ちだし。
      あとは電気? (ラジオ、携帯電話、etc.)

  • 先日の大雨の後、市が提供しているハザードマップを確認したら、
    大雨による河川の決壊では、自宅はギリギリ浸水被害が無かった。

    徒歩0分の用水路は、夫が子供の頃に排水対策をきっちりやったらしく、
    大雨初日の夕方に通りがかったら全く増水していませんでした。
    対策以前は、近所で浸水被害が出たこともあったそうですが。
    数キロ先の天井川2つは、今回結構ヤバかったですが、ギリなんとか。
    決壊しても我が家は被害が出ませんが、夫の取引先は浸水被害出ただろうとの事。

    ハザードマップでは、数年前の大雨により、二か所ほど床下浸水被害があったようです。
    用水路からは微妙に離れた土地で、多分、微妙にそこら辺りだけ窪んでいて、
    雨水が溜まったのではと思われます。

    河川の近くで内陸の我が家ですが、
    川の氾濫は気にしなくても大丈夫で、津波被害は可能性があるとか、
    用水路の近くも、歩いてもさほど実感が判らない高低差で、
    実は浸水被害の出る地域、出ない地域があるとか、
    用水路の近所より、線路付近の方が浸水被害のリスクがあるとか、
    天井側が決壊した場合、自宅からどれくらいの距離まで浸水被害が出るとか、
    古くから住んでいる土地の住人は、
    ハザードマップ以上の情報を持っていて参考になります。

    --
    ☆大きい羊は美しい☆
    ここに返信
  • 自分の家は
    ・川面から一段高い河岸段丘上
    ・段丘の法面から100mちょっと離れた位置
    ・最近、家から川方面に50mほど行ったところで五千年くらい前の遺跡が出土

    ということで浸水も土砂崩落も低リスク
    ついでに地盤も硬いらしく、地震が起きても近隣自治体より震度が1低く発表される
    ここに返信
  • by aruefu (34582) on 2018年07月19日 13時54分 (#3445489) 日記
    長崎市内ですが1982年7月23日の長崎大水害でもまったく冠水被害がない高台なのでソッチの問題はないです。

    今年7月6日に大雨の特別警報が出たときに17時で会社は全面閉鎖と追い出されたとき、自宅近くで見慣れない作業服のかたとすれ違いました。こんな時のこんな時間に何だろうかと思ってたら、市役所かその委託先の巡回だろうとわかりました。

    昔の長崎大水害の時に、自宅地域は無事だったものの谷を隔てた反対側(とはいえ歩いて10分もかからない場所)とか3kmくらい上のエリアとかでは大規模な崖崩れなどで死者が出た地域でもあるのでそちらの方で警戒したほうがよい地域ではあります。

    (そうでなくても今年7月6日・7日は人身被害はなかったものの崖崩れが災害等の速報のメールが入った分だけでも十数カ所で起こっていました。)
    ここに返信
  • 住んでるトコ、元々が干拓地で海抜0メートル程度。

    この辺りは伊勢湾台風で近くの堤防が切れて水没した歴史があるので、1メートルと言い切って良いのかはちょっと疑問。
    堤防とポンプ排水が効いてる間は大丈夫なのかもですが、市内では東海豪雨の時にポンプ場が水没した例もあるので。

    #最近は学区のあちこちで住宅建設が増えてて一寸心配ではある。
    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年07月13日 16時42分 (#3442802)

    国交省のハザードマップ [gsi.go.jp]へのリンク

    自宅・会社周辺はもちろんのこと帰宅ルートとよく行く得意先あたりもチェックしていた方がいいと言われました。

    だいたい土砂災害のハザードマップと洪水のハザードマップは同じ地域には両立しにくいですが、両立している地域の人とかは大変だろうなとおもいます(KONAMI缶)

    設問への文句は無粋ですが、
    ハザードマップは、河川氾濫などで浸水したときに想定される浸水深表記しかしてないので水深という表記はちょっとおかしい。微妙なニュアンスの違いだけど。
    自宅”の”という表記がよけい混乱を助長している。
    あと、ハザードマップがないのではなく洪水危険区域ではないため洪水ハザードマップはないが土砂災害ハザードマップは対象だったりします。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年07月13日 17時02分 (#3442820)

    設問に対応したハザードマップは無いしー

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      股間に対応したハザードマップ
      空目してしまった…

      • by Anonymous Coward

        ふーぞくのお姉ちゃんとかに「俺の股間のハザードマップ見るかい?」なんて言ってみたり

  • by Anonymous Coward on 2018年07月13日 17時27分 (#3442831)

    前提となってる環境条件って、マップを作成している地域ごとに違うようなので、参考程度の確認ですね。
    所詮想定以上の雨量になれば、今回の「平成30年7月豪雨」のような被害はおきるでしょう。

    ・崖下じゃない
    ・海岸線から10km以上離れている
    ・100m四方を見て周辺よりも2m~5mの高台
    ・地盤がしっかりししている
    ・駅から徒歩10分以内
    ・駐車場価格が、月1万円以下
    が、理想ですが、通勤圏内ではなかなかないですねぇ
    東日本大震災から、この位の基準で住むところ探してますが、全部そろってる場所って難しい・・・
    今回の災害で、更に川から離れている所も入れたくなってしまった。

    ここに返信
    • 三個目以外は満たしているなぁ
      ま、マンションの三階なんで水に浸かるようなことはまず無いけど
    • 現住所は海岸から10Km以上離れていますが、過去、津波での浸水記録が残っています。
      海と自宅の間に丘陵地帯があるのですが、
      それを津波が超えると、先にある低地はほぼ全域が浸水するようで……。
      東南海地震で想定される津波の高さでは、ほぼ床下浸水は免れない、
      もしかしたら床上浸水するかもと言われています。

      --
      ☆大きい羊は美しい☆
    • by Anonymous Coward

      ほぼ上記を満たしている場所に住んでます。海岸線から数キロな点だけ未達だけど、海岸が崖っぷちなお蔭で海面よりも50m以上の高さなので問題ないはず。
      ただ、原発まで数キロなので一部の人にはNGかもしれん。

  • by Anonymous Coward on 2018年07月13日 18時25分 (#3442854)

    水が増えるだけじゃなく、もっと危険な場所に注意したほうがいい。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年07月13日 21時48分 (#3442966)

    あの限定本も、あの限定BDもみんな水の下になってしまう。
    HDDに入ってるあのデータはむしろ飛んでくれると助かる(マテ)
    2階建てアパートの1Fに住んでて、堤防が決壊したら5m以上の浸水地域に住んでるもので…

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年07月13日 23時02分 (#3443009)

    天井川が近くにあるので堤防が決壊するとどっぷりと水につかる

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年07月14日 1時48分 (#3443046)

    ハザードマップ表記で言う、色が塗られてないエリアとかに居住している人も多いハズ。

    //しかし、川ごとにハザードマップがあるのか……

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      低い、ってなんか逆な印象あるけど、自分の所も0未満だった。

      でもね、氾濫のハザードマップって河川が氾濫した時の話で、許容量を超える大雨で都市の排水が間に合わなかった場合の水害は考慮してないっぽいのよね。

      自宅近辺は以前は床下浸水常習地域だったけど、下水を改良でもしたのか、あるとき以降水が出なくなったね。

    • by Anonymous Coward

      >しかし、川ごとにハザードマップがあるのか……
      これ常々どうかと思ってるのよね。私が住んでいるところは河川ごとに7個のハザードマップがある。
      実際に災害級の雨が降ったら複数の川同時氾濫なんて事もあり得るだろうとは想像出来るのですが、
      そのとき複数の川のハザードマップ見比べながら適切な避難所と道のりを選べるかと問うと私でも難しい。
      偏見混じりとなりますが高齢者世帯でこれの判断はおそらく不可能でしょう。

      • 先日NHKでやってましたが逃げマップだか逃げ道マップを作っとけとか

        この辺に常日頃はいて、避難場所をどこにして、どのくらいかかるか
        途中の経路は危険を明記したうえでどうとるかを決めておくのだったかと
        ♯ここは崩落リスクありだとか。確かめに行くわけにもいかんし
        したがって複数河川があるならここはどうあっちはどうとやる

        歩行速度などが個人属性になっちゃうので行政などには作れない
        ♯確か一番遅い人を基準にして避難所までの分単位で色分けしておく

        高層住宅は今でも屋上タンクに揚水なのかな

        中低層だと直接給水に切り替えていってるようだけど

        • 被災した人の話を人づてで聞いたところによると
          車で避難しようとしたが渋滞で動かなくなったので仕方なく自宅に戻ったのが失敗で車3台が駄目になったらしい。
          2階に避難していたがそれでも水が来たのでタンス?を船にして屋根(隣家?)に逃げたらしい。
          緊急事態になると想定してたようにはならないこともあるので臨機応変さや万一に備えた準備も必要と思った次第。

  • by Anonymous Coward on 2018年07月14日 3時21分 (#3443058)

    うちは、自宅も実家も、ほぼ洪水被害の可能性が無い。

    ただ、火災で全部持って行かれたことはあるので

    クラウドサービスを積極的には使っているけど
    回線が遅すぎて、無理が効かないんだよね。

    ここに返信
  • by Anonymous Coward on 2018年07月14日 7時50分 (#3443083)

    住めるところが無い@日本

    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      そりゃ極論。
      想定外の災害形態はともかく、わかっているリスクはコスト見合いで可能な限り避けるのが吉。

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

処理中...