パスワードを忘れた? アカウント作成
130 story

IANAのTCP/UDPポート番号表に何か。発見 11

ストーリー by Oliver
デスクトップに活気を 部門より

wakatono 曰く,"IANA の管理する TCP/UDP のポート番号表だが、久しぶりに見てみたら、面白いエントリを見つけた。sstp-1とsstp-2のエントリである。SSTP とは、何か。(仮)で使われるプロトコルであるが、IANA管理のポート番号一覧にまで登録されてるとは知らなかった。"

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • (嫌味にとられそうで怖いけど)
    「何か。」が、既存の冗長性があるプロトコルに乗らずに、独自のSSTPを規定するというのは、何かメリットがあるんすか?
    素人考えでは、メリットよりもデメリットのほうが多い気がするんですが…
  • SSTP on NetBSD (スコア:1, 興味深い)

    by Anonymous Coward on 2001年06月05日 13時36分 (#1068)
  • メリットはあんまり、ないでしょうね。 でも、デメリットもそんなに思いつきません。 あれ自体なんか、非常に狭い範囲で利用(?)される アプリケーションですので。。。
  • プロトコルには詳しくないんです質問なのですが
    サーバは一度に一つのクライアントにしか接続しない。
    ある時間を超えると強制切断(SSTPでは2秒)
    この様な既存プロトコルは存在するのでしょうか?

  • ??
    何を狙っているのかよくわからんのですが、
    1) サーバは一度に一つのクライアントにしか接続しない。
      = forkしないで直列に処理する鯖を書けばいいのでは?
    2) ある時間を超えると強制切断
      = タイムアウト張って勝手に切ればいいでしょう。

    まぁ、プロトコルで規定してもいいけど、実装でカバーできるのではないかと。
  • たとえばHTTPの上物として乗せることを考えてみてください。
    1) 一般的なHTTP-Proxyを通過できる
    2) SSLレイヤをかぶせて暗号化できる
    3) 既存のライブラリを活用できる
    逆に、それらを全部自前で実装しなくちゃならない、というのは、十分デメリットだと思うのですが。
  • どうやらSSTPにおけるサーバとクライアントの 関係を勘違いされてるようですね。 一度使用してみたらいかがでしょうか
  • ふむ。まずこれをよく読めということですね。

    http://sakura.fairy.cc:8080/sstp.html

    なるほど、認識はさかさまでした。
    けど、それで私の答えが変わるかというと、やっぱり変わらないと思いますけど。
    独自プロトコルで規定することは、一見実装が楽になるように見えます。
    しかし、プロトコルの妥当性・運用性のブリーフィングをやり直さなくてはならないという点で、実は茨の道を歩いています。
    ICQふたたびというところか。

    ] 一度使用してみたらいかがでしょうか

    遠慮しときます。
  • 所詮ホビーですから。:-> いまのままで、ありのままで、いいんじゃないか と思うんですが。 エスケープシーケンスみたいなもんで、 信号送れるのは実装側にとってはラクだし都合もいいです。文章の解析もしやすい。 (実際、ゲームか何かのスクリプトが原型になっているんでしょうね) それでも、HTTPにしたいというのならそういった プロキシを書けばいいんではないでしょうか?
  • ] 所詮ホビーですから。:-> いまのままで、ありのままで、いいんじゃないか と思うんですが。

    そですね(^^;。使わない人間が口を挟むことじゃなかったかも。失礼しました。
    いや、サーバプッシュ的ショートメッセージ配信プロトコルとして有望であればパクりたいなぁという期待があったので、ちょっと厳しい目で見てしまったのでした。悪しからず。
  • by chonan (2706) on 2001年06月12日 10時22分 (#1724)
    CVS log のコメントもなかなかアレゲですね。

    曰く、
    add a new IANA-registered port, SSTP. (a well-known P2P protocol in Japan.)
    だって。

    どうやら日本の well-known なプロトコルと理解されてるらしい :)
typodupeerror

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

読み込み中...