パスワードを忘れた? アカウント作成
3932 story

日本レコード協会が音楽CDのコピー状況を調査 206

ストーリー by Oliver
取れない狸の皮算用 部門より

Anonymous Coward曰く、"日本レコード協会が音楽コンテンツ個人録音及びそれに関わるCD-R等の利用実態を調査したそうです。恣意的な部分も多く見られ、結果を鵜呑みにすることはできないでしょうが、CD-Rによる音楽CDの複製が一般層にまで普及してきているのは、紛れもない事実でしょう。今後、コピーコントロールCDを肯定したり、ファイル交換ソフトを糾弾するために、いろいろなところで日本レコード協会がこのデータを持ってくるような予感。今後、私的複製も含めたリスナーの「音楽を聴く権利」はどうなっていくのでしょうかね?"

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Futaro (2025) on 2002年09月20日 9時53分 (#169082) ホームページ 日記
    1.サンプリングが1000人と非常に少ない。
    場合によったら、恣意的なサンプルベースの選択が行われた可能性が拭いきれない。

    2.「なぜコピーをするのか」という「動機」が忘れられている。
    簡単に言えば「今の音楽CDは高いと思うか?安いと思うか?」「だいたいいくらであれば買う気になるか?」というような調査も同時に行うべき。これを抜きにした調査は、「なぜ」を解明できず、結果として対策としての価格調整などの「有効であるかも知れない方策」の選択肢がないことになってしまう。CDはコピーされることが多いとしても、ではなぜ同じ情報産業である書籍や雑誌はコピーされることが少ないのか?あるいはされたとしても、それが一定以下の問題としてしか捉えられない社会的コンセンサスができているのか、ということに、業界は答えを出さなければならない。これを抜きにした今回の「調査」は意味がない。

    「世の中の流れ」は、音楽産業も含めたすべての産業の縮小に向かっている。この現状にあって、自産業だけは同じ規模で守ろう、ということ自体が噴飯もの。これから、どれくらいの縮小を何年までに余儀なくされるから、これくらいの人間の解雇が必要であり、何年には業界全体としてこれくらいの事業規模になることが望ましい、というようなまともなレポートが基礎にあった上で、今回のような内容のレポートが出されなければ意味が全くない。

    もともと、たかだか可処分所得の末端にあった娯楽のための消費がいくら失われようと、庶民は知ったこっちゃないんですよ。だいたい、普通は食っていくのに精一杯なんだから。その上で、これだけ時間や手間が余計にかかるコピーをされて使われる、なんてのは、むしろ喜ばしいこと、くらいに考えなくちゃ。

    もしも、世の中の景気がとても良く、可処分所得が上がり、消費が全体的に上がっているのに、CDが売れない、というのであれば、このような調査でも良かったのですけれどね。
    • by syun1rou (9886) on 2002年09月20日 11時27分 (#169136) 日記
      > ではなぜ同じ情報産業である書籍や雑誌はコピーされることが少ないのか?あるいはされたとしても、それが一定以下の問題としてしか捉えられない社会的コンセンサスができているのか

      先週か先々週辺りに日系産業新聞で記事になってましたが、
      医学書とか技術書の現場でのコピーが
      問題として取り上げられつつあるようです。
      # ソースの提示が出来なくてごめんなさい。

      ここ [jrrc.or.jp]に著作権法上の複製についての説明がありますが、
      会社でのコピーは基本的に対価を払うべきものですね。
      # うちの業界は技術書=RFCだからありがたいなあ。
      親コメント
    • by Ying (4319) on 2002年09月20日 10時36分 (#169111)
      ではなぜ同じ情報産業である書籍や雑誌はコピーされることが少ないのか?
      コピーするのにかかるコストを考えれば自明だと思いますが?
      親コメント
    • Re:調査結果のPDFを見ると (スコア:2, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2002年09月20日 13時05分 (#169206)
      >1.サンプリングが1000人と非常に少ない。
      >場合によったら、恣意的なサンプルベースの選択が行われた可能性が拭いきれない。

      朝+日+新聞だったら「大学入試受験者30人に聞きました」で一面トップですが、なにか?
      親コメント
  • 直接「CD複製問題」と関係ないのですが、
    CDなり本なりの著作権関連グッズには、
    費用の内訳って書いてないじゃないですか?

    消費者が支払った金が、
    最終的に誰の手元にどういう名目で届くのか、
    全然わからない、って言うのは、
    著作権を商売にしている割には「フェアでない」ですよね。

    支払った金額の内訳を確認して、
    「CDの複製という行動は誰に対していくら損害を与えているのか?」
    が明確になっていれば、(シェアウェアの支払いと同じように)
    消費者側でも責任というものをきちんと認識できると思うのですよ。

    仮に、

     60%はレーベルへ
     10%は作曲者へ
     10%作詞者へ
     10%は演奏者へ
     05%はパッケージ製作者へ
     05%はお店や流通業者へ代金

    なんて状態なら、
    レーベルなんぞに言われる筋合いがないじゃあ、ないですか。

    権利者やその他の皆さんにお金払わないのはいけないことだよな、
    って、認識できるだけの情報を敢えて全く隠蔽することで、
    商売を成り立たせてる、ってあたりはいかんですよ。

    著作権教育をしましょう、とかホザク以前の状況を作っているのに、
    「平民どもよ著作権様にお金をはらうのだー」みたいなやり方、
    このへんからでなおしてこい、って感じです。

    #文章が荒れてますけど。許してくださいませ。
    --
    -- LightSpeed-J
  • by Anonymous Coward on 2002年09月20日 8時23分 (#169044)

    のような気がしてなりません。

    販売数の落ち込みはコピーの蔓延よりも、使い捨て化された楽曲の台頭にこそ理由があるという事実は無視なのでしょうか。

  • 私は、CDは主に新品を購入するのが好きで、専らHDDにWMAでコピーして利用しているのですが、このような結果でまたどこゾ「コピー・コントロール」とか言いださないか、とっても危惧してるです。

    調査の結果から、CD-Rの用途は音楽CDのコピーが多いらしいけれど、ホントそ~なのかなぁ~。ウチなんか殆どがテレビ番組とかの録画で、SVCDでMPEG2ファイル焼いたり、データのバックアップの用途にしか使っていないのに‥。

    個人的には、CD-Rより、オリジナルのCDが好きなんだけれどね。「コピーコントロール」とか言ったら、MP3プレイヤとか使えなくなるからホントに参るよ。「私的複製」の自由は、どこに‥!?

    ウチ、バックアップすると言っても、カーステレオ用か家族にオールデイーズCDコピーしてあげるくらいだからなぁ~。
  • by deyamato (10705) on 2002年09月20日 9時11分 (#169059) ホームページ
    この調査の資料にもある通り「過去半年間のCD-R使用枚数はあくまでも意識上の枚数データ」なんだから、そこから国内流通のCD-R/RWの何パーセントが音楽複製用途に使われている、って言っていいものなんだろうか…。

    百歩譲ってそういうことにしたとしても、CD-Rと「RW」について調査してるんだったら年間何枚焼いたとしても、それが流通枚数の何パーセントが音楽用に使われている、というのは無理だよなぁ。CD-R/Wだったら内容を消去してまた同じ板に焼きなおしてるかもしれないじゃないか。
    • by Jadawin (2174) on 2002年09月20日 14時49分 (#169277) 日記
      私は、吹奏楽やピアノの演奏会の録音を頼まれることがありますが、
      実際に渡せるようになるまでに、結構大量に使いますよ。

      まず、初期バックアップ用、ディスクに余裕をもたせるための中間
      バックアップ用、PCへの移動用とかで、2時間の録音に20枚ぐらい使う
      こともあります。

      あ、ちなみに演奏者に与えられた録音権の代行です。演奏者の数以上
      のコピーはしません。演奏会自体で使用楽譜に対する著作権使用料を
      払うので、音楽用CD-Rを使わなくても合法だと考えてます。

      #間違いがあれば、教えて下さい。(_O_)
      親コメント
      • ライヴ録音は通常、2種類の権利を録音(?)していると考えられます。

         一つは、楽曲の著作権。作曲家の権利ですね。

         もう一つは、実演家(この場合は演奏者)の著作隣接権です。

         アマチュアの演奏会という前提で書きます。
         
         頼まれて録音しているので、著作隣接権は問題がないと思います。
         問題があるとすれば、楽曲の著作権でしょうね。建前としては、著作権切れになっていない楽曲を演奏する場合は、作曲家に対して著作権料を支払う必要があります。(大きなホールだとホール側から、入場料の有無等を質問されますが、前述の事があるためみたいです)
         また、これを録音して配布する場合も、枚数に応じて支払いの義務があります。多分楽譜の著作権使用料とCDとして配布する時の使用料は別の気がしますが、調べてはいません。
         
         さらに、音楽用CD-Rは、素人のcasual copyに対しての補償金が含まれていますので、正式に(?)著作権をクリアした(著作権使用料)を支払った場合、お書きになった様に不要でしょう。(プロ用録音機が音楽用CD-Rでなくても、録音出来るのはこのため)

         これは学校での場合 [jasrac.or.jp]ですが、一般的な事も書かれているので参考になります。
        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2002年09月20日 9時22分 (#169063)
    自分たちの利権を広げるために、都合のいい解釈を加えたものなので、信用するに値しません。彼らはこの(捏造したとも思える)調査結果を根拠に、これから「CDまがい」を普及させていこうと試みるのでしょうね。

    レンタルにおいて、私的複製を禁止してますか?私的複製そのものは認められた権利だったと思うのですが、それ自体をいけないことのように書いてます。ジャケットのコピー機でのコピーなんて、カセットテープ時代から比較的あたりまえにされてることです。パーフェクトコピーの問題が主眼であるであろうに、そんなこと出してどうするんでしょうね。
    (ま、ジャケットのコピーもそれはそれで問題かもしれませんが)
    ジャケットやレンタルを根拠のひとつにあげてくるというのは論点のすり替えとも思えてしまうのでした。

    レンタルを根拠のひとつに挙げてるのなら、試しにレンタルを禁止にして、購入のみにしてみてください。今の音楽をそこまでして買おうという人がどれだけいるかという現実を見てください。

    ...あぁ、なんか支離滅裂、マイナスモデレート必至
  • もうすでに (スコア:2, 興味深い)

    by tyuu (9154) on 2002年09月20日 9時28分 (#169068) ホームページ 日記
    CD を売る時代ではない。
    初回限定みたいに、何か付加価値つけなきゃ。
    # 本人のサインだったり、コンサートチケットだったり

    CD はコアなファンに売り、それ以外の人にはデータを売るべき。

    データは SD とかに記録させれば良いはず。
    タワーレコードや HMV などの店頭にSD へ音楽を書き込む端末を希望。

    一曲 100 - 500 円ぐらい。アルバムなら 600 位からかな。
    # レンタル CD と同じっていくらでしょ?
    # 最近、借りてないので分からないです。
    そうすれば、レンタル屋から借りてダビングする手間を
    ペイできるから、消費者は不正コピーをしないでしょう。

    SD は大容量になってもらわないと困るけど
    大量に出回れば、生産コストさがるでしょう。
  • けど矛盾してるよな。 (スコア:2, すばらしい洞察)

    by krackmania (7864) on 2002年09月20日 12時10分 (#169169) 日記
    音楽COPY用のCDには合法的にCOPY出来る権利料が含まれてるのに、
    その金はどこにいったんだと不思議に思う。
    ちゃんと作家さんたちに返されてるのかな?
    あとデジタルは劣化しにくいだけで、
    ちゃんと時代と複製ともに悪化するような気がする。
    SONYのオッサンもCDは20年しか持たないとかいってました。
  • 俺的統計によると (スコア:2, おもしろおかしい)

    by anything (2697) on 2002年09月20日 13時21分 (#169219)
    国内で一般に流通するCD-R/RWの約48%が音楽コピーに使用されているとか愉快な事言ってますなぁ。

    彼らはゲームのコピーに50%程度しか使われてないと言うんだろうか???

    #CDのコピーよりこっちの用途の方が格段に多いように思うんですけどねぇ(w
    #音楽CDのコピーはMD使ってる方が多いんじゃないかと。
  • by usay (8) on 2002年09月20日 16時11分 (#169339) 日記
    今年の4月の宇多田ヒカルの公式サイトでの氏の問題提起に対して、
    私は、「流通の方法自体を見直す時期に来ているのではないでしょうか?」
    (銀盤で提供する時代は終わったとも書いたかも)とコメントを送りました。
    その他の方々からも多くのコメントが届いたと思いますが、
    それらを受けての氏のコメント [toshiba-emi.co.jp]です。
    感涙ものでした。ちゃんと現場の人たちは聞いてくれている。と。

    提供する側、正規のユーザーはまともなのです。
    仲立ちする協会(権威を盾に周りを顧みない金の亡者達)と
    悪質なユーザーがいるから、良い状況にならないのだと。
    今の状況は、決してアーティストにも良いとは思えません。
    ということで、おそらく一番売れている宇多田氏両名宛てにコメントしたのですが、
    手ごたえがあった気がしました。
    --
    May the source be with you... always.
  • by Anonymous Coward on 2002年09月20日 8時53分 (#169052)
     「社内ネット不正使用」のタレコミでもそうだけれど、こうした調査や報告は発表者の意図が反映されているのは当たり前。
     それを「ウソだ」とか「おかしい」などと取り上げなければならないほど、みんなこうした発表に踊らされているの?
     少なくともここにいる人たちは、そうしたものを看過した上で情報を受け止めていると思うのだけれど

     もし取り上げるのであれば、こうした恣意的な発表に対し、揚げ足取りでないきちんとした論理で対抗できるか、ということでは?
     そうでなければ無視が一番
    • by Napper (6812) on 2002年09月20日 10時03分 (#169091)
      こういう調査って、質問の仕方一つで結果が大きく変わると
      思うんですが、どういう設問だったのかには触れられてない
      のが気になります。
      サンプル数は書いているものの、有効回答数が見当たらないし、
      調査報告としてはかなり杜撰な印象ですね。
      しかし、一番問題なのは、この調査では「コピー経験者がいる」
      ということしか判明していないのに、それがすなわちCDの売上
      減少要因であるかのような論調にすり替えられている部分では
      ないでしょうか。
      でも、「マスコミ」の報道ではそんなことには触れないだろう
      し、わざわざ発表資料 [riaj.or.jp]をダウンロードして確認
      するような物好きもどちらかというと少数派でしょう。
      こうして世論は操作されてゆくんですね。
      親コメント
    • わかっているからこそ (スコア:2, すばらしい洞察)

      by uncle_atom (3264) on 2002年09月20日 9時24分 (#169064) ホームページ 日記
      >それを「ウソだ」とか「おかしい」などと取り上げなければならないほど、みんなこうした発表に踊らされているの?

      世間一般はケッコウ躍らされてるかも。

      >そうでなければ無視が一番

      無視してたら、しらない間にそういう方向に流されちゃうかも。

      論理的であれ、揚げ足取りであれ、こういった恣意的と感じられるプロパガンダには何らかの対抗策を出していかなければ、我々の権利を守ることはできない。アーティストの権利を守ることも大切だが、聴く側の権利も守らなければ。

      あ、不正コピーはもちろん反対です。

      #CCCD独り不買運動実行中
      親コメント
      • > 恣意的と感じられるプロパガンダには何らかの対抗策を出していかなければ、我々の権利を守ることはできない

        同感です。ただちょっと違うなと思うのはアーティストの権利。このタレコミの場合、協会とレコード会社の利益を守ることだと思う。私的録音補償金が値段に含まれた音楽用CD-Rにせよ、レンタル料金に含まれるものにせよ、放送局が支払う「まとめてナンボ」式の金にせよ、アーティストに払われているかどうか眉唾なんですよね。(ごっちゃまぜでスマン)どっか明確にしてるところがあったら教えて。私のひいきのアーティストいくら貰っているか確認したいよ。お金なくて地方のライブで食いつないでいるってよく聞くもんだから…。

        >CCCD独り不買運動実行中
        私も参加させて下さい。
        親コメント
  • リッピングどうこう以前に
    PCやゲーム機での再生が「保証されている」音楽ソフトしか
    買うつもりがありませんが何か?

    もしそういうのが出なくなるのであれば、
    録音済カセット初めて自腹で買ってから今年でちょうど20年だけど
    短い付き合いだったな…(遠い目)
    • by Anonymous Coward on 2002年09月20日 10時09分 (#169098)

      むしろどこかのレーベルで全く逆を行って「(a) PCでもゲーム機他でも再生を完全保証します」ってやってくれないかなぁ。

      従来の「(b) PCやゲーム機他でおそらく再生できるだろうCD」が「(c) PCやゲーム機他で再生できないCD以外の何か(仮)」に汚染されていくと、(b)さえも(c)ではないかと疑われてしまうような気がします。なにせ購入後開封したら返品できるものではないですし。

      また、(a)と(c)をぶつけることで消費者による市場選択が行なわれ、消費者が果たして(c)を受け入れるのかを明確に知る術にもなりますし。

      親コメント
      • こないだ、ZONEだっけが、3タイプを同時に販売したが、その要領で、通常版とCCCDの廉価版の2タイプを売りに出して、反応を見れば面白いかも。

        価格差をどれぐらいにするのが妥当かは微妙ですが。
        --
        written by こうふう
        親コメント
        • いいアイデアです。でも価格差は当然ナシでしょう。コピーはしてはいけないものだと断固主張し、コピーがなければ自分たちが潤っていたと考えるならば、価格差をつける理由がありません。
          親コメント
          • > コピーがなければ自分たちが潤っていたと考える

            だからこそ、価格差があると思うのですが。。。値段が一緒なら、コピー可能な方が売れるのはあたりまえで、検証の意味がありません。

            つまり、自分たちが潤っていたはずと思う分だけ、コピー可能なものは、付加価値が高いわけですよね?じゃあ、その付加価値分、価格差をつけてみれば?という話ですが。。。

            つまり、
            「CDの価格」=「コピー可能であることの付加価値」+「音楽データの価値」
            と仮説を置いて、それを検証してみればというつもりだったのですが。

            結果、CDの価格のうち、音楽データの価値がほとんど無いとか言う結果になるかもしれないし、コピー可能であることの付加価値がないということになるかもしれないですけど。
            --
            written by こうふう
            親コメント
  • by syun1rou (9886) on 2002年09月20日 9時28分 (#169069) 日記
    「私的録音補償金が値段に含まれた音楽用CD-Rにコピーしてくださいね」という
    啓蒙を行ってほしい。

    データ用CD-Rにコピーする人が多いことを問題視してるんだよね?
  • 売り上げ向上を図るには
    ・レンタル廃止
    ・友達に貸すなキャンペーン
    が、いちばん効果的って書いてあるようにみえるね。

    CD-Rの消費データだって信用できないなぁ。。
    個人的には「ファイル」「えっ●な画像」のバックアップと…ああでも
    買ったCDをカーステ用に焼いたりはするな。

     # 夏冬のビッグサイトで消費される分は未カウントかよとか(笑)
    • 僕も、

      ・一番多い個人コピーはMDである。
      ・諸悪の根元はレンタルである。

      としか読めませんでした。
      #レンタル廃止したところでコピー即中古売却が大流行する罠

      あと気になったのは、

      ・CD-Rの孫コピーは6%
      #意外とまだ良識は残ってるのね(w

      ・コピー用メディア CD-R<カセットテープ
      #まだまだ現役だったのね(w

      CD-RよりもMDとカセットテープへの録音をまず何とかしなきゃ(w

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2002年09月20日 11時54分 (#169155)
        >一番多い個人コピーはMDである。

        そして調査結果から計算するとMDメディアの出荷量よりもMDへの音楽コピーの件数のほうが一桁多くなりかねない罠。
        親コメント
        • by foota (10594) on 2002年09月20日 12時59分 (#169197) 日記
          >そして調査結果から計算するとMDメディアの出荷量よりも
          >MDへの音楽コピーの件数のほうが一桁多くなりかねない罠。

          ありそうだなあ。
          MDに個人コピーされた楽曲の多くが、

          保存されることなく消去・上書きされている

          ということか。
          哀れ、使い捨て音楽の末路か…

          なんか音楽業界に哀れみの念すら感じてきました。(w

          親コメント
  • 所詮は人気商売なんだから、真似されるのも、パクられるのも覚悟の上での商売じゃないの?
    販売数が落ち込み、事業やギャラに金かけすぎて、収益出せないような業種だったら、利権だけで
    利益出せるような業種に切替えるぐらいの発想の切替えとかも出来ないだけでは。
    それに、いつまでもCDの売上が伸びるような確実性ある商売でもないのに、ネットバブルみたいな
    夢を当り前のように事業計画に織り込んでいるあたり、真っ当な経営していない様に
    みえるんだけどね。
    --

    /* Kachou Utumi
    I'm Not Rich... */
  • by shadowfire (6584) on 2002年09月20日 11時29分 (#169137) ホームページ
    カセットでもこういう調査をしたりしたんだろうか?
    市販されてるカセットテープのほぼ100%が楽曲コピーに
    利用されてます、とか。

    カセットへのコピーが黙認されてる一因は
    「聞けば聞くほど音質が劣化する」
    からだろうけど、これも変な話で、作者としては
    どうせコピーされるならオリジナルに近い音質で
    聞いてもらうことを望ましく思うんじゃないんだろうか?


    --
    --------------------
    /* SHADOWFIRE */
  • by QwertyZZZ (8195) on 2002年09月20日 12時08分 (#169167) ホームページ 日記
    個人的には先にアメリカでポシャッたDIVXみたいなCDが欲しい。

    取りあえずレンタル値段で買ってきて、そのままだと1週間で聞けない。
    でも、気に入って登録すればずっと使えるとか。

    今のCDって、他の商品と比較すると圧倒的に高価に感じるので、「とりあえずちょっと聞いてみるか?」って感じには買えないんで。

    #実は有線放送が普及して、なんとなく聞く音楽をDJが曲名・歌手名なんかを教えてくれなくなったってのも影響あったりして。

  • CD-R やネットでのコピーだとか、音質が悪くなればいいとか、そんなみみっちいことをイタチゴッコするのであれば、いっそ完璧なコピーガードができるメディアに乗り換えてしまうべきです。

    コピーを完全に不可能にしたなら、当然返品も可能にすべきです。全額返金あるいはレンタル相当の値段だけでいいとか。

    あと、割れたり読めなくなった CD を送れば実費だけで新しいのを送ってくれるとか。百枚に一枚もアクシデントなんて起きませんから、焼く手間を考えれば「バックアップ」なんていうふざけた言い訳も封じることができます。
  • by nobuo (263) on 2002年09月20日 14時38分 (#169268) 日記

    こいつらがターゲットとしている、CDを買わない若者(すいません、私は若者グループではなくなってるのです)の平均像って、みんなパソコンを持ってCDを不法にCD-Rに焼き付けているわけ?

    私の回りの若者(あぁ、爺臭い表現だ)は

    • レンタルCDを借りてきて(もしくは友達から借りてきて)
    • MDに録音して
    • それをMDヘッドホンステレオ(か、クルマ)で聴く

    というのが一番多いというか、大多数なんですけど。

    --
    nobuo * Who's gonna die first? *
typodupeerror

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

読み込み中...