パスワードを忘れた? アカウント作成
4050 story

スーパーカミオカンデの修復工事終了 202

ストーリー by Oliver
世界に誇れる逸品 部門より

skimsr 曰く、 "昨年11月に光電子増倍管が連鎖的に破裂するという事故があったスーパーカミオカンデですが,このたび修復工事が終了したそうです。この12月にも観測を再開する予定とのこと。asahi.comの記事に経緯がまとめられています。
事故の原因は,光電子増倍管の交換時に,底にある増倍管の上に発砲スチロールを敷いてその上で作業したために蓄積されたダメージである,とされています。元々11,146本あった増倍管は5,240本になり,完全復旧は2006年の予定。完全復旧にはまだ時間がかかるようですが,それでも観測を再開できる事は非常に喜ばしい事だと思います。
事故の発生への対処・原因究明と検証・学生ボランティアの力を借りての修復作業,という一連の作業を一年という短期間で進められたのは,関係者の努力のたまものだと思います。この一連の作業についてKEKのページに解説がありますが,そこに引用されている戸塚洋二氏の声明文の一節が非常に印象深いです。

"We will rebuild the detector. There is no question."
スーパーカミオカンデの学術的な重要さについての自負と,それが故の「早く復旧させなければ」という意思を強く感じました。関係者の皆様,修復作業お疲れ様でした。"

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 終了? (スコア:2, 参考になる)

    by udonium (4048) <udonNO@SPAMmacosx.com> on 2002年10月06日 3時23分 (#177962) ホームページ 日記
    「完了」ではないだろうか?
    --
    [udon]
  • by otiak (11469) on 2002年10月06日 9時14分 (#178008) 日記
    学生だったら間違いなく修復に参加してたと思う。
    そう言う意味ではちょっとだけ残念だったかな。
    そのこと自体にどれだけ意味があるかはともかくとして、 これだけのものに直接触れる機会ってなかなかないですからね。
typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...