パスワードを忘れた? アカウント作成
5797 story

サイボウズとネオジャパンが著作権侵害訴訟で和解 9

ストーリー by Oliver
あっという間の2年 部門より

Anonymous Coward曰く、"2年前の「ボウズマン、iOfficeの動きを封じる!?」と去年9月の「サイボウズOfficeの表示画面の著作権侵害認められず」で話題となった著作権侵害訴訟で、両者が和解したと毎日新聞が伝えている。ネオジャパン社のサイトに掲示されている和解条項には、

...の開発に当たり、「サイボウズ Office2」を参考にした点があることを認めるとともに、上記の参考の仕方に行き過ぎた点があったとの控訴人の主張を真摯に受け止め、今後のビジネスソフトの開発に当たって、その点に留意するものとする。
とあり、毎日新聞はこれを「ネ社は一審でサ社に勝訴したが、違法コピーを事実上認めた。」と表現している。一方ネオジャパン社は、同ページに「和解条項についての説明」を掲載しており、「先行製品を研究することは、当たり前の行為である」、「本件に著作権侵害等はないことからも、サイボウズ社の訴訟提起等は過剰な権利主張であった」と主張している。現時点ではサイボウズ社のサイトにこれに関する発表は見あたらない。
ネオジャパン社は去年12月に、iOffice V3の販売を2003年3月末で終了すると告知していたが、毎日新聞の記事では「現行製品「iOffice V3」の販売を継続する」と伝えている。ネオジャパン社のiOffice V3のサイトを見ると、販売は継続されているように見える。"

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 両社の言い分 (スコア:4, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2003年05月31日 2時59分 (#326570)
    んと、まずはネオジャパンのプレスりリース [neo.co.jp]。

    んで、サイボウズのプレスリリース……は、まだサイトに上がってないけど、
    メールが流れてきたので、「当社のコメント」の部分だけ以下にコピペ。
    ■当社のコメント

    当社は、ビジネスソフトウエアの創作的な価値を、「機能」「デザイン」そし
    て「使い勝手」の 3 つから構成されると考えております。うち「使い勝手」
    は特に重要であり、保護されるべき価値だと考えています。当社の技術者は、
    如何に使いやすくするか常に知恵を絞っていますが、こうしたノウハウは、特
    許や著作権などの法的保護が与えられるかどうかが慎重に判断される場合もあ
    ると認識しています。

    当社は今回の裁判を通して、ハードウエアとは違ったソフトウエアに代表され
    る目に見えない価値の権利が著作権法等現行法の枠組みで必ずしも全て保護さ
    れるものではないと感じています。今後も、ソフトウエア開発のインセンティ
    ブを損なわれることなく、開発ソフトの価値が十分に尊重されるような環境整
    備に働きかけ、業界全体の発展に貢献していくつもりです。 また当社は、こ
    の様な問題を抱える環境の中で、ネオジャパン社が本和解の合意に至ったこと
    を評価し、これが「今後は、業界発展と共創の意識を持ち、切磋琢磨して社会
    に貢献して参ります」との相互の意識確認に至ったものです。
    • by Anonymous Coward
      あ、ネオジャパンはタレコミにリンクあったか。
      #326570の最初の一行は無視したって下さい^^;;
  • by Anonymous Coward on 2003年06月01日 10時13分 (#327158)
    この不景気な中、裁判を行うほどの体力が無いんでしょうね。
    それほど、iOfficeを真似たと思わないのですが・・・
    同種のソフトは必然的に似通うと思います。
    ただ、聞いた話ですが、readme.docがそのまま、iOfficeの
    モノだって!?ホントでしょうか?
    • by Anonymous Coward on 2003年06月01日 12時51分 (#327208)
      > それほど、iOfficeを真似たと思わないのですが・・・

      真似たのと真似られたのとが逆ですよ。

      > ただ、聞いた話ですが、readme.docがそのまま、iOfficeの
      > モノだって!?ホントでしょうか?

      ここに証拠が挙げられています [cybozu.co.jp]。
      親コメント
    • by Anonymous Coward
      ネ社のiOfficeがサ社のサOfficeを真似たとして
      2001年からサ社はネ社を相手に訴訟を起こしてきたわけだが
      それに関しては今まで/.jで話題に登っている。
      /.jのみならず報道サイトや各地の掲示板サイトでも幾度と無く話題にされている。

      そして今回和解となり、ネ社は
      「著作権は侵害していない」という主張とそれを認める一審判決を前提の元、
      サOfficeを参考にしたこととそれに行き過ぎがあったことを認め
      今後は同じことをしないよう留意する(和解条項を勝手に意訳)
      という態度になっている。
      すなわちサ社がネ社を真似たという争いは存在しておらず、
      両社ともサ社がネ社を真似ていない
typodupeerror

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

読み込み中...