パスワードを忘れた? アカウント作成
5915 story

米国防総省、「5年以内にIPv6へ移行」と発表 143

ストーリー by Oliver
127.0.0.1よりも::1 部門より

uhyorin 曰く、 "ZD Netニュースjapan.internet.comニュースによると、米国防総省は13日、戦闘や作戦行動をネット中心型にするという目標に向けて、Internet Protocol Version 6 (IPv6) への移行を始めると発表した。
分散型ネットワークモデルとしてのARPANetから始まるインターネット網は、1992年頃からすでにIPv4アドレス枯渇問題が協議されているが、NATによるIPv4アドレス枯渇問題はある程度緩和されたものの実質的なIPv6への移行コストはかえって増大しているという見方もある。現在のIPv4は軍事/研究分野から始まり、大学などの教育機関へと浸透し、ここ数年で民間/商用利用による爆発的な普及があったこともあってか、ZD Netニュース内の記事からはIPv6へのパラダイムシフトは2008年以降になると予想している。"

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by terk (8664) on 2003年06月16日 21時34分 (#338910)
    こういうことですかね。
    トンでもなく高価なIPv6 [unixuser.org]
    • 移行に5年かけると言うことは、機器の更新時期が来るたびに それをV6対応に変えてゆくって事じゃないの。だとしたら、 以降コストは押さえられるような。
      親コメント
    • DNS 的な上位レイヤーでラッピングできないものなのですかねぇ、、、
      # 技術的にほとんど知らないので的はずれかもしれませんが
      親コメント
      • by seldon (5637) on 2003年06月17日 14時46分 (#339333)
        ルータなどでDNSの中継をするものがありますが、これとNATを組み合わせて、hoge.sample.co.jpをDNSで引いて1.2.3.4というのが返ってきたらdead:beef::0102:0304と変換、NAT側ではdead:beef::のアドレスは末尾4byte分をIPv4と解釈してNATするという仕組みでやれば、ルータの内側はIPv6だけで世界を構成する事もできるかも。
        もちろん外へのNATだけでなく、内側同士でもNATするようにすれば、ルータの内側でもIPv4とIPv6の混在ができる。
        これならデュアルスタック積まなくてもホスト単位でIPv6へ移行できるので、新規導入マシンはIPv6オンリーという形で順次移行も可。

        問題はルータに負荷がかかるという点がまず一つ。
        特に内部にIPv4とIPv6が混在する場合、その内部の通信をNATしなきゃいけないので、その分負荷が増える。
        外向きへのNATはIPv4でもどうせやってる事なので、負荷としてはあまり変わらない(IPアドレスが長くなるのでNATテーブルが大きくなるというのはあるけど)

        もう一点は、内部でIPv4しかサポートしないサービスがあり、それがブロードキャストとかでセグメントを超える事を想定していない場合、IPv6側からは使えない(or IPv4と統一的に扱えない)というのがある。
        たとえばsmbなどではホストの検索にブロードキャストも使ってたりするので、IPv4しかしゃべれないsmbサーバをIPv6オンリーのクライアントは見つける事ができないし、逆にIPv4しかしゃべれないsmbクライアントはIPv6オンリーのサーバを見つける事ができない。
        また、smbサーバがIPv4/IPv6デュアルスタック対応となったとして、IPv4のホストがIPv6のホストを検索したらどういう返事をすべきかという話もある。
        それが自分自身であれば、IPv4側からの検索であれば自分自身のIPv4アドレスを返し、IPv6側からの検索ならIPv6側アドレスを返すというので良いけど、他のホストの検索をした場合どうなるか。
        まぁこの辺の話になると、それぞれのサイトのポリシーとかの問題も出てくるので、一概にどのような解決方法が良いかというのは言えないけど、何らかの相互接続方法は必要になってくるでしょうね。

        親コメント
        • おおむねイメージしていた物です^^;
          詳しく書いて頂いてありがとうございます。
          IPv4 を IPv6 で覆う事はできても、IPv6 のメリットである
          シンプルさが失われてしまうということですね

          また、全体を眺めてみたのですが、いずれにせよ、
          サーバー側の移行コストは変化しないわけですね、、、

          ただ、IPv4 から IPv6 への移行段階では
          NAT 的なトンネリング(でいいのでしょうか?)が必要になるという理解でよろしいでしょうか?

          # 元の文章に書かれていた事をようやく理解できたような
          親コメント
      • by MLC (6565) on 2003年06月17日 12時00分 (#339238) ホームページ 日記
        IP on IPで、IPv4の上にIPv6をのっけてみる。
        ・・・とか?
         
        --
          --- Melloques Les Covdrasey ---
        親コメント
    • IPv6 対応のファイアウォールがついに登場した、なんてのが「NEWS」になるのが 2003 年の状況なわけで、

      ふつうの人にはまだまだこれからでしょう。
      親コメント
  • by oltio (3848) on 2003年06月17日 12時38分 (#339257) 日記
    都市伝説かもしれないので誰が喋ったかは書きませんが、ある
    データベース系のワークショップでとある人が喋った話。

    とある米軍関係者と大規模DBの話をしていたところ、唐突に彼は
    「米軍が必要とする『大規模』ってのは、50億から100億レコード
    で充分なんだよ」と呟いた。その人は「それってつまり全世界の
    人口って事かい?」と問うと、「その通り」という返事が返って
    きた。

    陰謀論に燃料投下したい訳ではないんですが、なんとなくうなづ
    ける話だなぁ。
    • サブテーブルとかリレーションとかは要らないのか?
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2003年06月17日 15時33分 (#339355)
      某国将官と青いSIerのジョークだったかと

      S「思ったより保守的なシステムで驚きました」
      将「国防に実績を伴わない新規性は害悪だからね」
      S「しかし古過ぎる部分、例えば国別コードが3桁までなのはどうかと」
      将「民族自立がいくら進もうと未来永劫1000を超えることは無いよ」
      S「人事マスターが1000万までしかもてないのですが」
      将「世界大戦が起きても動員はそれ以下ですむ」

      #オチ1
      S「金額のフィールドなのですが」
      将「あ、そこは可変長にしておいてくれ」

      #オチ2
      S「それでも2000年問題は対処したのですね」
      将「あの時の会議はモメたよ」
      親コメント
  • IPv6 (スコア:2, おもしろおかしい)

    by marusa (2274) <{hsaruyama} {at} {gmail.com}> on 2003年06月16日 21時38分 (#338914) 日記
    わが国の首相の所信表明演説に「IP バージョン6」なる言葉が入ったのって
    いったい何年前のことでしたっけ・・・。

    と思って、首相官邸で検索してみたら、2000年9月 [kantei.go.jp]だったようで。

    表明が早かったのは日本ですが、体制が整うのはどちらが早いでしょうか。
    --
    GUST NOTCH な気分でいこう!
  • by Namo (14104) on 2003年06月16日 21時54分 (#338923) 日記
    RMA IPにおける更新戦略。

    1998年後半から、このドクトリンの元、
    米軍は急速な情報集約型に即応した形を辿っており
    各兵士に通信モバイルを装備させたりしてますな。

    しかし、五年以内ってのがなんとも…。
    2000年度国防計画では、あれほど、情報集約型軍隊の推進を
    叫んだ割には、IPv6に限らず、その実現に対しての歩みが、
    遅い感じですな。

    新技術に対して慎重なのか……人員の習熟期間も含んでいるのか

    それとも技術が枯れるのを待ち、無駄な「関連機器逐次更新」のロスを防ぐつもりか……。

    「軍隊は敵と戦う前に、政治(予算獲得)とも闘わねばならない」とは、
    って話があるけど、今や軍隊は装備品を納入する業者とも闘わねばならないのかな?

    米軍には、陸海空/戦略空軍/宇宙軍/サイバー軍/各セクションで
    分配された予算を、独自に貯蓄したり
    運用して利益を上げたりする権限があるから
    作戦の費用対効果上、ペイしない機材や技術導入にも慎重になるのかもしれない。

    それに立つと、IPv6だって、ホントにいるのかどうか…。
    そりゃ、この技術導入の意図は、露外で活動する、情報集約型旅団での運用が前提だから、
    その所属兵士分だけのIPアドレス数が必要なんだろうけど。
    なんだかなぁ

    ま、今の統合参謀本部議長と国防長官が強く推し進める
    このRMA軍事における革命戦略だから、その尖兵機関な感じの
    サイバー軍団(99年創立だったかな?人員は創立時は8名という話しだが今は不明)の政治力が見物かも。

  • by Anonymous Coward on 2003年06月16日 21時23分 (#338896)
    ってことでしょうか、まあRMAがらみで武器には認証をつけると言ってたからその流れとIP枯渇の妥協点なのでしょう
    兵1万にたいして300万ほどの動的なIPがいることになるので、その辺り運用ノウハウを民間へフィードバック
    してくれないものかとかと

    # ついでに無線LANだしなあ
    • by GEORGUE (15681) on 2003年06月16日 23時12分 (#338963)
      時限失効型のアドレス付与と管理なんてのが出てきても良いように思う.必要なモノが必要な時にアクセスできれば良いんでしょ? こういうのって?
      親コメント
    • by ftw (7254) on 2003年06月17日 0時07分 (#339009)
      IPv4じゃ足りないほど盗聴器を仕掛けるとか・・・。
      親コメント
    • by ZooMD (16314) on 2003年06月17日 1時24分 (#339042) 日記

      これで「大量破壊兵器が見つからない!!」などということも無くなると良いなあ。
      --
      *-----------------------*
      -- ウソ八百検索エンジン --
      親コメント
    • by hir_000 (2322) on 2003年06月17日 13時11分 (#339279) 日記
      20xx年某月某日 公示

      Mnnアサルトライフル本体のオペレーティングシステムにおいて、
      外部から任意のコマンド実行を許す脆弱性が発見された。

      外部からの侵入を受けた場合、機能停止・誤動作(暴発)
      など予期せぬ動作をする恐れがあり、非常に危険である。
      システムバージョンnn.nn以下の場合はただちに使用を中止せよ。

      システム本部は本件をMnnライフルの問題と認識し、
      調査中である。

      なお本件についてはA月B日よりセキュリティ本部からの
      アップデート自動配信が実施される。

      該当するシステムバージョンと部隊名:
      (以下略)

      #軍関係はトーシロなのでいいかげんです。
      #しかしいくら未来でも銃がOS積んだりはしないか。
      親コメント
      • by ZooMD (16314) on 2003年06月18日 1時11分 (#339779) 日記
        > #しかしいくら未来でも銃がOS積んだりはしないか。

        # 同じくトーシロですが (^^;
        警官の銃なら、弾丸等の紛失をふせぐために使用履歴・メンテナンス履歴を記録する機能を実装するかも。
        で、そのためにOSを搭載し、履歴ダウンロードとかのために IP アドレスを割り当てる、と。

        いや、待てよ。
        いっそ全ての銃と弾丸に IP アドレスを割り当てて、事件が起きた時に履歴を(生産された工場から流通ルートまで)追跡できるようにするとか……。
        --
        *-----------------------*
        -- ウソ八百検索エンジン --
        親コメント
  • by KAMUI (3084) on 2003年06月16日 21時57分 (#338924) 日記
    Pentagon Wants IPv6 by 2008 [slashdot.org]

    コメント数 371件ってのはあちらとしては多いのか少ないのか・・・
  • 40.*.*.*ってHamに割り当てられているクラスAです。
    日本のHamにも少なくともクラスB一つが配分されているはずです。
    どれだけ使われているか分かりませんが、想像では相当余っているような気がします。

    まぁ、クラスA一つくらいでIPアドレス枯渇問題が解決する訳ではないと思うのですが、
    他にも似たような状況のところはあるでしょう。
    IPアドレスを確保してしまっているところが結構あるのがまずいのではないかとちょっと思います。
    • ここ [rieti.go.jp]にクラスAの割り当てリストがあります。'Eli Lily and Company' というのがHamですか?

      論文は、大量に存在するこれらのクラスAアドレスを解放させる方法にも触れています。v6アドレスを楽しみに現有v4アドレスをケチケチ使うより前に、クラスAの囚われアドレスに自由を、に1票。

      遊休v4アドレスの有効利用に関しても、Anti池田な方々その他の反論求ム。モバイルIPに関しては以前やった [srad.jp]ので。

      親コメント
      • by saitoh (10803) on 2003年06月17日 9時14分 (#339134)
        すでにクラスAをCIDRで分割して配り始めてるんじゃないの? JPNICのwhoisでしらべたら、たとえばso-netは 61.120.160.0/19とか、 61.211.0.0/18を割り当てられていますが。 そもそも「v4アドレスの枯渇まで○年と予想」っていうのは、 CIDRで旧クラスAも使い切る前提での予想ではありませんでしたっけ?
        親コメント
  • 戦場のユービキタスですね。色々な技術的側面がありそうだけれど、知識と想像力が追い付かない(少なくとも24時間以内には無理だ)。とりあえず要望としては、クラスター子爆弾にRFIDを導入しておいて、不発弾を全部回収できるようにする。それらの信号を中継するHome Agent(HA)も複数仕込んでおく。
  • by coco-natade (13903) on 2003年06月16日 23時39分 (#338987)
     少し前の記事で、少々気になっていたもの。
    http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20030610304.html

     恥ずかしながらIPv6の事をあまりよく知らないんだけど、そのIPv6への移行によって現場の負担が軽くなるんでしょうか?
    案外、「4台の無線機と2台のノートパソコン」の装備が5割増量したりして。
    (見当違いだったらゴメン)
    • by Stealth (5277) on 2003年06月17日 13時44分 (#339291)

      Windows XP ですら IPv6 スタックは (とてもまともとは言いがたいものの) 入っていますから、それなりの装備が配られているなら、ハードウェア的には特に増えないでしょう。

      IPv6 対応なんて、所詮プロトコルスタックが増えて、アプリケーションが対応しているかどうか、という程度の話。

      親コメント
  • まだIPv6? (スコア:1, 興味深い)

    by Futaro (2025) on 2003年06月17日 6時33分 (#339095) ホームページ 日記
    IPv6も、アドレス以外の拡張はあるものの、結局IPv4の延長。

    その昔、PCのメモリは1Mあれば十分、HDDは5Gあれば十分、なんて言っていた人もいましたけど、いま、そういうことは言えない。それと同じで、ムダとかなんとか言われつつも、だいたい「あればあるだけ使っちゃう」ものだと思うんだよね。こういうものは。アドレス空間が128ビットだろうが、1024ビットだろうが、同じじゃないのかな?結局のところ。

    それに軍隊も世界に米軍だけじゃないし、軍だけがReachableなアドレスをほしがっているわけでもない。

    アドレスを可変長にするとか、DNSの仕組みよろしく名前空間=アドレス空間にする、という新しい仕組みとか、そもそも今のようなIPを考え直すとか、そういうところに来ているようにも思えますが。
    • Re:まだIPv6? (スコア:2, すばらしい洞察)

      by Ying (4319) on 2003年06月17日 6時54分 (#339102)
      で、あまりの実装コストの大きさに誰にも使われずに消えていくんですね。 :-p

      大抵の状況では万能より単能のほうが役に立つものです。

      親コメント
    • Re:まだIPv6? (スコア:2, 参考になる)

      by saitoh (10803) on 2003年06月17日 10時51分 (#339188)
      1M と5Gでは時代が合いませんよ。 その昔、3Mマシンといって、1メガピクセル、1MBメモリ、1MIPSが ワークステーションの目標性能だった時代もあるし。Sun創業の ころかな。 パソコンで動作するタスクは64KB程度のサイズが有れば十分と いって、8086はセグメントサイズが64Kになったけど、すぐ 足りなくなった。
      親コメント
      • by saitoh (10803) on 2003年06月17日 10時54分 (#339192)
        補足。
        1950年代だったか60年代だったか忘れたけど、最初の市販 メインフレームが出たときには、「世界中の計算需要は この計算機数台で満たされる。それ以上生産する必要は ない」なんて言われたらしい。 これで十分→足りないというサイクルを、計算機業界は 当初からずっと繰り返している。
        親コメント
    • > IPv6も、アドレス以外の拡張はあるものの、結局IPv4の延長。
      移行をなるべく容易に、ってのが要求にありましたからやむを得ないのでないかと。
      ぜんぜん容易じゃないじゃんって意見もあるようですが、まったく無関係なプロトコルだったら
      さらに移行作業が複雑怪奇だったはずです。

      > アドレスを可変長にするとか、DNSの仕組みよろしく名前空間=アドレス空間にする、という新しい仕組みとか
      その手の議論はすでになされていますし、IPv6 の候補の一つに上がっていた TUBA は
      可変長アドレスをサポートしていました。互換性の点で難があり、候補から外れました。
      結局のところ、シンプルさが重視されたようですな。その辺のところは RFC1752 に
      まとまっているはずなんで、一度読んでみて下さい。

      > だいたい「あればあるだけ使っちゃう」ものだと思うんだよね
      僕もそう思います。だからこそ、ハードウェアと同じように必要に応じて拡張していけば
      いいのではないでしょうか。そういう意味では 128bit というのは妥当な解決策(延命策)でしょう。
      --
      This cookie has a scrap of paper inside. It reads:
      If you can't learn to do it well, learn to enjoy.
      親コメント
    • Re:まだIPv6? (スコア:1, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2003年06月17日 11時34分 (#339221)
      えーと、ルーターの処理速度って考えてます?
      アドレスを可変長にしたり、自由に付与できるようにすると
      ルーティングテーブルの増大とか必要処理能力の増加が馬鹿にならないんですが..
      DNSのような分散データーベースを使用すると、レイヤ3のルーティングを実施するのに、レイヤ3以上の上位レイヤの通信が必要になるというなんとも不可解な状況になるのですが...

      下層のプロトコルは単純明快&ルーティング対象以上のプロトコルを使用しないほうが、障害面でも処理速度でも良いかと..

      ちなみに処理速度はプロセッサの速度が増加するから大丈夫と思っていたらそれは甘い
      プロセッサの速度増加と共にデーター送信要求数も増えていくことでしょう
      親コメント
    • by kame10k (16107) on 2003年06月17日 13時32分 (#339287)
      # とりあえずここに付けます

      IPアドレスの枯渇はよく言われますが
      MACアドレスの枯渇ってそれほど騒がれませんよね。

      例えばこんな解説 [ipv6style.jp]がありますが、

      同一セグメントで重複しなけりゃいいとか、
      50年間の一意性が確保できればいいとか、
      (この算出方法も突っ込みどころ満載のような)

      これで良いのでしょうか。
      前から疑問なので教えてください>識者
      親コメント
typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...