パスワードを忘れた? アカウント作成
6301 story

H-IIA F6は9月10日に打ち上げ 20

ストーリー by Oliver
見せてくれよぉ 部門より

nappa 曰く、 "国産ロケットH-IIAの6号機に関するプレスリリースがNASDAから出されましたので報告いたします。今回のロケットの構成は前回の打ち上げと同じで、搭載衛星は情報収集衛星2機です。打ち上げ予定日は、平成15年9月10日(水)。前回と同じようにライブ中継は無しと思われます。しばらくすると「今の発射場」ライブカメラも停止するでしょう。
私の記憶が確かならば、6号機はMTSAT-1R(運輸多目的衛星)の打ち上げに使われる予定だったはずです。が、MTSAT-1Rは部品の不具合のため打ち上げ延期されたため、情報偵察衛星のほうが先に打ち上げられることとなった模様です。"

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 前回と違う点 (スコア:2, 参考になる)

    by boardwalk (17039) on 2003年08月09日 22時32分 (#375782)
    > 前回と同じようにライブ中継は無しと思われます。しばらくすると「今の発射場」ライブカメラも停止するでしょう。

    前回は打ち上げ前のプレスリリース自体がwebには載らなかったので、今回は(少しだけ)期待してもいいのかも。h2a.nasda.go.jp [nasda.go.jp]は未だに4号機のままだけどね……。
  • >情報偵察衛星のほうが先に打ち上げられることとなった模様

    早く後継の気象衛星を打ち上げて…。
    --
    And now for something completely different...
    • ロケットが準備できても荷物ができていないんじゃ・・・
      金かけても納期が早まるというわけでもないでしょうし

      でも、気象衛星まだぁ~?って感じですね。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2003年08月09日 13時34分 (#375589)
      更に悪い事に... MTSAT-1Rの製造元(SpaceSystems/Loral)がchapter11申請
      親コメント
      • by hima-kichi (16255) on 2003年08月09日 14時09分 (#375603)
        MTSAT打上げ失敗以後の、ひまわりに代わる気象衛星の現在までの流れをまとめてみました。

        1999年)
         11月、MTSATをH-II8号機で打上げ。しかし打上げ失敗。
         予備機もないので、再度製造する必要が生じる。

        2000年)
         3月、MTSAT-1Rの製造を米ロラール社と契約、打上げ予定は2003年1月。
         同年、ひまわり5号が設計寿命を迎える。これ以後、観測範囲の縮小など、減力して寿命を稼ぐ運用が続く。
         後に借りることになるGOES9号も設計寿命を迎える。

        2001年)
         11月、ロラール社が製品輸出の政府許可を取るのに手間取り、打上げ予定を半年延期。

        2002年)
         5月、ひまわり5号のバックアップとして、米GOES9号を使う事が決まる。ただし、GOES9号自体アメリカでは
         予備衛星で、打上げ時期はひまわり5号と同じ95年。いくつか不具合を抱え、98年にバックアップに回って
         いた。
         12月、ペルー沖の上空にいたGOES9号を、日本・アジアを観測できる位置まで移動する作業を開始。

        2003年)
         4月、MTSAT-1Rの新しい気象観測用センサーに不具合が見つかり、予定をさらに半年延期。
         同月、GOES9号の観測準備完了。
         5月、ひまわりからGOES9号へ観測を引き継ぐ。ひまわり5号はGOES9号が観測した画像のリレーを行う。
         その後、地上系でトラブル多発。数時間受像が飛ぶなどの不具合が起こる。5月末までのトラブルは10件以上。
         7月、ロラール社が米国破産法11条を申請して破産。打上げ予定のさらなる延期といった影響があるかは不明。

        現在、MTSAT-1Rの打上げ予定は2004年1~2月頃になっています。
        親コメント
    • そうか!じつは光学衛星のほうを使って気象観測を…(できません
      親コメント
    • 気象衛星がちゃんとしていても、台風被害が防げる訳ではないですね。
      同じように偵察衛星がちゃんとしていても、ミサイル打ち込まれる
      ことや大量破壊兵器製造が防げる訳ではないですが。

      気象衛星の不具合は打ち上げる前にわかってよかったんじゃないでしょうか。
      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2003年08月09日 12時18分 (#375548)
    前の話題のときに誰かが言ってたとおり
    情報衛星が先に上がりましたね
    部品の故障って本当かよと疑ってしまう
    • そう疑われる根拠はなんでしょう?
      わざわざ色眼鏡で見るのは、なにか理由があるんですよね。
      親コメント
      • 親AC とは別人なんですけど……. KENN さんのとっても気になったんだが [srad.jp]って コメントにあるように、 最初っから夏の打ち上げは偵察衛星だったんじゃないのか っていう疑惑と政府の言うことは信用ならんって思いが 重なると、元コメントみたいになるんじゃないかな?

        • そんな狡猾な政府ならもっと以前から偵察衛星
          くらい保有していたような気もするけどね
        • だからといって、安易に陰謀論に逃げるのはどうかと。
          どの衛星を先に打ち上げるのかの決定権を持っている(はずの)政府自身がそんな陰謀を謀るメリットっていったい何? 関係省庁の面子とか?
    • by Anonymous Coward
      > 部品の故障って本当かよと疑ってしまう

      ハンマーで壊してたりして。

      昔の会社ではまだ使えるオシロ廃棄処分にする時に
      無理にハンマーで壊して写真とってた。壊れてるって
      証拠がいるんだそうな
      • by Anonymous Coward
        >昔の会社ではまだ使えるオシロ廃棄処分にする時に
        >無理にハンマーで壊して写真とってた。壊れてるって
        >証拠がいるんだそうな
        オフトピだが、それは経理上の問題で壊してただけですね。
        開発用に買ったモノは、税制面で有利になる代わりに
        開発が終わったら処分しなければならないとか。
typodupeerror

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

読み込み中...