パスワードを忘れた? アカウント作成
6334 story

探査機「はやぶさ」、父のもとへ 16

ストーリー by wakatono
親子の邂逅はいつの日か 部門より

astro-m 曰く、 "宇宙科学研究所今年5月に打ち上げた工学実験探査機「はやぶさ」の目的地、小惑星1998SF36 に、「日本のロケット工学の父」といわれる故糸川英夫博士の名がつけられました。(国立天文台ニュース)(宇宙科学研究所のプレスリリース
この小惑星は、アメリカの地球接近小惑星探査チーム"LINEAR"によって1998年に発見されたものです。小惑星の命名提案権は発見者にありますが、今回は「はやぶさ」を打ち上げた宇宙科学研究所がLINEARチームに命名を依頼し、それが国際天文学連合に認められて正式なものになった、とのことです。
宇宙航空関連3機関が合併して"JAXA"になるまであと1ヶ月半。日本のロケットの基礎を作り上げた糸川博士が抱いていたであろう夢を乗せて、「はやぶさ」と日本の宇宙科学の一層の躍進を期待したい。"

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

読み込み中...