パスワードを忘れた? アカウント作成
8131 story

すりかえられた著作権法改正案、輸入CDは禁止に 371

ストーリー by Oliver
それで古いビジネスモデルは救えない 部門より

brake-handle曰く、"ITmediaの記事によると、邦楽CDの逆輸入を禁止する著作権法改正案が、いつの間にか並行輸入なども含めて輸入CDを無差別に禁止する法改正案にすりかえられていたことがわかった。これを受けて、アーティストや輸入CD販売者、改正案の審議に携わっている国会議員などが5月4日に新宿でシンポジウムを開催し、改正案が通った場合に考えられる影響を議論した。
改正案で問題になっているのは、著作物の輸入権。改正案を音楽CDに適用した場合、内外を問わず、各レコード会社に日本国内へCDを輸入するか否かを決定し、これを実行する独占的な権利が法律により認められる。権利を侵害すると、刑事および民事責任を問われる。"

"当初は条文記述上の問題とされていたのだが、最近これが全米レコード協会(RIAA)国際レコード産業連盟(IFPI)からの圧力だったのではないかという噂が広まった。改正案を提出した文部科学省文化庁は当初「圧力はない」としていたが、改正案が参議院を通過した後に「RIAAおよびIFPIから、輸出権を認めるべきとのパブリックコメントがあった」と公表した。これを知った川内博史代議士(民主党)は文化庁への質問により、CDの輸入権を認めることによって並行輸入が禁止される可能性があると確認した。記事では、海外のレーベルが自社ルートで日本に輸入していないCDについても、個人、販売店経由を問わず、輸入権に基づく禁輸決定を下すことが可能になるとしている。
シンポジウムでは、国内のアーティストからは「還流CDは全く持って少数、しかも還流CDだけを買う人はさらに少ない。法改正は明らかにミスポイントだ」、海外事情通や立法関係者からは「輸入権に再販制度を組み合わせているのは日本だけ。法的にも矛盾があり、両者は両立し得ない」などの発言が相次いだ。法改正案は5月下旬に衆議院で審議入りし、成立すれば2005年1月に施行の見込み。"

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Futaro (2025) on 2004年05月13日 16時32分 (#547234) ホームページ 日記
    「もうCDはやめた。高いから」
    「もうDVDはやめた。面白いのがないから」
    「P2Pもやめよう。警察がひょっこり来たらいやだからね」
    「音楽はもうやめよう。まともに聞きたくなる音楽が減った」
    「音楽とか映像なんて腹の足しになんないよね」
    「お金がないから、音楽聴けないんだよ」
    「お金がないから、デジタルテレビ、見られないんだよ」
    「お金がないから、インターネットできないんだよ」
    「お金がないし、つまらないから、クルマを買うのもやめよう。どうせ土曜と日曜しか乗らないわけだし」

    こうやって文化も産業も衰退していく。

    やがてロビー活動をするためのワイロめいたお金だって、出せなくなるだろうね。

    もともとメインのカルチャーじゃなくて、だかだかサブカルチャー(よく言われる「河原乞食」だな)だったのに、なんで今、大手を振って表通りを歩けるようになったか?それが誰のおかげか、こういう法律を考える人たちは考えておいたほうがいい。

    いま、テレビで流れてる「好評発売中!」「すごい人気!」とかの言葉をマジで聞いてるやつは誰もいないんですよ。そのうち、見放されます。すでにうちではテレビはあるし、小さな子供もいるけど、あまりテレビ見ないね。それ普通になってきたもの。うちがそうだ、って言うわけじゃないが、インテリ家庭ほどテレビを見る時間が少ないんですよ。今は。
  • by Anonymous Coward on 2004年05月13日 15時06分 (#547162)
    ヘンじゃないか輸入権 [asahi.com]で山形浩生氏が書いていますし、
    萩原健太 [rim.or.jp]氏も触れています。

    ま、要するにここ日本ではiSore時代(デジタルデータ社会)に適応
    出来ない人たちが、国家権力を動かして [srad.jp]でも利権にしがみつく、
    という「あかるいみらい」がそこまでやってきています。

    「あかるいみらい」は良い物です、僕は大歓迎いたします(やけくそ)
  • 個人的には (スコア:3, すばらしい洞察)

    by leiqunni (8779) on 2004年05月13日 15時04分 (#547159) ホームページ 日記
    数百円の金額はあまり気にならないし、
    歌詞や日本語訳がついてる(ボーナストラックとかも)
    国内版での方が好きだったりするのですが、
    CCCDの関係で海外版買うときはAmazon.comでまとめて買ったり、

    でも著作権云々ではなく、保護貿易なんじゃないかと思います。
    日本は自由貿易国じゃなかったのかと。
    • by tyosh (12371) on 2004年05月13日 15時30分 (#547180)
      これで海外の販売業者が日本への輸出を渋って日本未発売のCDが手には入らなく
      なるようなら保護貿易どころではなく鎖国ですね。RIAAは自分が儲かれば他国の
      文化なんてどうでもいいんでしょうか。どうでもいいんだろうからやってるんだ
      ろうけど。
      親コメント
    • Re:個人的には (スコア:2, すばらしい洞察)

      by harupunte (10435) on 2004年05月13日 19時27分 (#547418) 日記
      私は音楽CDに興味はないし、年に数枚程度しか
      買わないので差額は気にもしませんが、

      国内版を保護したいってのなら、輸入CDは国内版
      より安い値段で売っちゃダメってすりゃ良いのに。
      これなら、CCCDやらジャケット、ボーナストラック
      違いで欲しいって人も納得じゃ無いのかいな。

      とか思う。
      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2004年05月13日 15時25分 (#547173)
    現状はユーザの選択肢が2つありますが、
    ・日本版Naked (CCCD) :2800円(amazon.co.jp価格)
    ・Naked:18.98$(amazon.com価格)

    こんどの法案が通ると、
    ・日本版Naked (CCCD) :2800円
    ↑こっちだけが選択肢になります。

    建前上個人輸入はOKですが、おそらく小売先に圧力が掛かって(amazon.comクラスならなおさら)、
    あて先が日本だと最後のチェックで跳ねられ、ネット経由での購入は困難になると思います。
    また税関側で区別ができないので、直接個人輸入しようとしても、
    全て税関で取り上げられてしまうだろうと。

    #価格もそうだけど、CCCDってのもね。
    • by frea (6286) on 2004年05月13日 16時28分 (#547228)
      おそらく選択肢は

      ・日本版Naked (CCCD) :3000円

      になるんじゃないかと。
      価格競争する必要なくなりますから。
      親コメント
    • 選択肢が 2 つある作品ならまだよいのです。はじめから選択肢などないような作品 (日本版など存在しない、輸入業者のみの扱いのもの) は、日本国内に住む限り、非常に入手が困難な状況に陥ることになるのです。

      伝聞をあてにせず、試聴だけでモノを買うことの多い私のような人間には、とても承服できない事なのです。。。(T-T)/

      # NAXOS [naxos.co.jp] とか、どうなっちゃうの?

      --
      むらちより/あい/をこめて。
      親コメント
      • >はじめから選択肢などないような作品 (日本版など存在しない、輸入業者のみの扱いのもの) は、日本国内に住む限り、非常に入手が困難な状況に陥ることになるのです。

        これについて、何で? と思う方もいらっしゃるかと思い、追記させて頂きます。
        今回の法案が施行されると、以下のような流れになると思われるからです。

        ・とあるレコード店(仮にA)が、まだ日本での販売契約を結んでいないとあるアルバムを輸入する。そして自分の店で売る。
        (完全に合法です)
         ↓
        ・とあるレコード店(か、レーベル。仮にB)が、上記のアルバムの販売契約を現地のレーベルと結ぶ。
         ↓
        ・するとその時点で、レコード店Aは、上記の輸入したアルバムの在庫を破棄しなければいけません。
        (破棄しない場合は、刑事罰の対象になる)

        これでは、外国のレコードを輸入しようとするレコード会社は現れないでしょう。
        結果、日本版以外の洋楽は、店頭から姿を消すことになると思われます。

        >伝聞をあてにせず、試聴だけでモノを買うことの多い私のような人間には、とても承服できない事なのです。。。(T-T)/

        全く持って同感です。
        親コメント
    • そして、路上販売の中国人の商品が増えるわけだ。

      海外版音楽CDあるよー。

      #都合のいいように法律改正。もう呆れるばかりですな。
      #これらを改善しようという議員は居ないのだろうか。
      親コメント
  • 改革特区で (スコア:3, おもしろおかしい)

    by nInfo (14824) on 2004年05月13日 15時48分 (#547197)
    CDをダメにしてしまうなら、いっそのこと世界中のiTunes Music Storeを
    利用出来るようにするってのはどう?ヨーロッパでも来月始まるようだし。
  • CDの値下げ (スコア:3, すばらしい洞察)

    by k-hello (13137) on 2004年05月13日 16時42分 (#547241)
    この法律が出来たら、 CD値下げに努力 [google.co.jp]なんて、記事かありましたが、
    本当に値下げするのでしょうか・・・
    • Re:CDの値下げ (スコア:3, すばらしい洞察)

      by kmr (7702) on 2004年05月13日 17時43分 (#547314)
      昔々、まだCD-ROMなんてなかったころ、パソコン用のゲームはすべてフロッピーディスクでした。
      で、それらにはコピープロテクトはかかっていたのですが、街にはコピー屋さんがはびこり
      コピープロテクトを外すツールも普通に出回っていました。

      パソコンソフトのメーカーさんは、「コピーのせいでソフトが売れない。だから値段が高くなる」と常々主張していました。

      それから数年、警察の取締りの強化などでコピー産業は駆逐され、一部のマニア向け雑誌等を除き
      ソフトのコピーは、一般人の目には触れられなくなってしまいました。

      しかし・・・ソフトの値段は、やはり下がるわけはなく、むしろ上がっていったのです・・・
      親コメント
    • Re:CDの値下げ (スコア:2, すばらしい洞察)

      by esuyan (7005) on 2004年05月13日 17時20分 (#547286)
      海外版や逆輸入版が入ってきていても全然値下がりしないのに、競争
      相手がいなくなったらもっと下がる要因がなくなると考えるのが普通
      では?
      後で努力するくらいなら今努力してみろ、と言いたい。
      親コメント
    •  私の場合、日本では発売されていないアルバムを聴くことが多いので、輸入ができなくなると選択肢が無くなってしまいます。
       日本のレコードメーカーは大量に売れないからという理由で、例えばウィンダムヒルやナラダといったレーベルの取り扱いやめてるし、例えば輸入全面禁止の暁には、世界中の・少なくともアメリカや西欧で販売されているレーベルのCDは全て取り扱うといったことをしてくれるのかしら。
       再販制度って、文化を守るための制度のはず。制度自体の必要性は十二分に理解できるけど、なぜ還流CDが市場に流れるのか、なぜCDの売上げが落ちるのか、といった問題に取り組まないで、市場を悪報で縛るようなやり方をすることは納得できないです。
       現在でもちょっと前のアルバムはカタログ落ちしたりしてますが、まず業界の保護を求めるなら、リスナーの側にたった音楽文化を守る姿勢を示して欲しい。
      親コメント
    • Re:CDの値下げ (スコア:2, 興味深い)

      by KAMUI (3084) on 2004年05月13日 19時02分 (#547388) 日記

      皮肉な話だがこのタイミングでワーナー・ミュージックが
      アメリカでCD値下げ [cdjournal.com]なんて話が入って来てたりする訳だ・・・って

      $18.98(日本円で約\2,126)から、\13.98または$9.98(日本円でそれぞれ\1,566、\1,118)に引き下げる予定とのこと。また新作の方も$13.98または$11.98に引き下げる計画もあるそうです。
      この改正案が通ると,せっかく安くなっても私らは手も出せないと :-p
      親コメント
  • 文化庁の考え (スコア:3, 参考になる)

    by Fortune (6210) on 2004年05月13日 16時47分 (#547246) 日記
    とりあえず、タレコミ紹介記事の連載第二回 [itmedia.co.jp]

    文化庁の方にこの法案について聞いてきたそうだ。
    確かに文化庁の考えには賛同できるし、言ってる事もそんなに間違ってるようには思えない。

    が、本当に文化庁の考えどおりに運用されるのか、メジャーレーベルが態度を翻す事が無いと信じていいのか、そこが問題なんだよなぁ…。
  • by Anonymous Coward on 2004年05月13日 18時11分 (#547345)
    この改正法案で輸入権が導入されると

    かなり得する人
        ・海外のメジャーレーベル
        ・日本のレコード会社
        ・海外(アジア)の新規邦楽ユーザー

    ほとんど変わらないか、ちょっと得する人
        ・日本のアーティスト、著作権者
        ・海外メジャーのアーティスト
        ・日本の小売店

    損する人、またはかなり損する人
        ・日本の消費者
        ・海外インディーのアーティスト
        ・並行輸入の業者
        ・海外の小売店(注:amazon.com等、日本支社経由の売上が増えて相殺される場合あり)

    大抵、損得を考えれば、「誰が推進して、誰が反対してるのかが分かる」
  • もうヤケクソ (スコア:2, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2004年05月13日 14時56分 (#547146)
    「禁止するの禁止!!」って喚きたくなってきた...
  • by Anonymous Coward on 2004年05月13日 15時03分 (#547157)
    洋楽と邦楽にはさまれて、アジア盤のCDが議論から取り残されているのでは?という指摘があります。アジア音楽(亜楽?)ファンの気持ちはなかなか推し量りようがないのですが、確かにこの話題に関する議論で、アジア製の音楽CDについての言及はあまり見かけたことがありません。

    切り捨てられるアジア音楽ファン【音楽関係者にまで裏切られた!?】 [著作権問題] [kotonoha.main.jp]
    ”冬のソナタ”サウンドトラック輸入盤が買えない! [CCCD/輸入権関連] [babymilk.jp]
  • どうやら 12 インチレコードなども輸入規制の対象になりうるということらしいのですね。

    デジタルなデータとして何らかの方法で入手可能になる(かもしれない)メディアとちがって、
    アナログ盤はレコードそのものに価値(値段とかじゃなく)があるから、
    ヴァイナルジャンキーにとっては事態は深刻なんすよね。
    --
    -- JuNya
  • ん?まてよ? (スコア:2, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2004年05月13日 16時19分 (#547219)
    この法律が成立したとして、さらに前記の「Winny47氏逮捕」なんかとこれがつながると、たとえば今秋葉原で数千円で売っているリージョンフリーのDVDプレイヤーは、輸入した、というだけでお縄になるわけだな。もちろん、リージョンコードの違うDVDは、税関でストップ。

    しかし、なんという世の中なんだ。そのうち、●を3つ並べて書いただけで、ディズニーから訴状が届くわけだ。

    「あのー、僕が書いたのは●が3つじゃなくて、5つ、並んでるやつなんだけど、なんで訴えられたのかな?」

    「なにを言うか!真中の●で重なってるが、ちゃんと●が3つ書いたやつが2つあるじゃないか!」

    「じゃ、日本の日の丸はどうなんだ!」

    「3つ書いた●が1つのところで重なってるヤツだから、ダメ!」

    ●●●●● ....
  • by Anonymous Coward on 2004年05月13日 17時07分 (#547269)
    5月4日に開かれた、音楽プロデューサーの高橋健太郎氏、音楽評論家のピーター・バラカン氏らのよびかけによる、著作権法の改正法案に関するシンポジウムの音声・動画ファイルが
     http://radio.gs/ [radio.gs]
    にて配布されているようです。ファイルサイズが大きいですし、配布元の回線がパンクしちゃう可能性もあるかも知れませんが、各自ミラーリング、再配布よろしくお願いします、とのことです。

    関連:
    高橋健太郎、ピーター・バラカンが〈著作権法の改正法案〉に関するシンポジウムを開催 [bounce.com]
    音楽配信メモ [xtc.bz]

    # こういう用途にこそP2Pによる配布が有用な気がするんで、とりあえずgnutellaあたりで共有してみるTEST
  • 日本音楽業界擁護法案 (スコア:2, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2004年05月13日 18時11分 (#547346)
    法案の名前変えろ。
    これが意図していることは著作権と関係ない。
  • by frigate (10771) on 2004年05月13日 19時13分 (#547405)
    きっと必ず‥‥‥
    -------------
    次のニュースです。
    「成田空港警察の署員が逮捕」。
    成田空港警察の○○巡査は押収した輸入音楽CDの一部を家に持ち帰り、隠し持っていた疑いです。
    巡査の家には大量のCDがあり、そのほとんどが洋楽CDだとのことです。
    現在どれが輸入音楽CDなのか検証を進めています。
    なお○○巡査は熱狂的な洋楽ファンで、常々なぜCDの輸入が禁じられるのかと周囲に漏らしていたとのことです。
    -------------
    こうなること間違いなし。
  • by suexec (16684) on 2004年05月13日 20時54分 (#547483) 日記
    自分は某アーティストのコレクションをしています。

    この法案が通ると問答無用に輸入CDの入荷は少なく
    なるでしょうね。
    今までは普通に手に入ったUK盤、オーストラリア盤は
    無くなり、たまにUS盤が入るだけだと思われます。
    既に輸入盤の輸入がレーベルによって規制されています。
    amazon.comで輸入盤の取り扱いが無くなったのを見れば
    直ぐに分かると思います。
    2,3ヶ月すると普通に入ったりするのですが、これも
    駄目になるでしょうね。
    最近では日本盤と同時に輸入盤が発売される事もありますが、
    値段が輸入盤と変わらない値段だったりします。

    海外の人とトレードもする事もあるのですが、国内の競争相手が
    無くなった日本盤は高価になり、ボーナストラックも無し、
    日本先行発売も無くなり日本盤のアドバンテージは全く無しに
    なると予想出来ます。

    日本の音楽シーンが壊滅した場合は誰が責任を取って
    くれるのでしょう?
typodupeerror

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

読み込み中...