パスワードを忘れた? アカウント作成
8173 story

磁石で殺せ、レジオネラ 6

ストーリー by GetSet
温泉愛好家に朗報? 部門より

KAMUI 曰く、 "東京工科大学北里環境科学センターなどの研究チームが,風呂の湯に含まれるレジオネラなどの病原体 感電死させる浄化膜の開発に成功した事を,YOMIURI ON-LINE の記事が伝えている。
磁石の近くを物体が動くと電磁誘導の法則で物体に電流が流れる事を応用したもので,細かな穴の開いた薄膜にフェライト磁石の粉末を塗ったものに風呂の湯を通す事で,湯の中の細菌に電流が流れて感電死する。顕微鏡による観察で実際に細菌が破壊されている事も確認された。
詳細は 26日からの日本防菌防黴学会の年次総会で発表される。
東京工科大の石橋新一郎教授は「温泉の循環装置などへの応用」を目指しているそうだが,(かけ流しでありながら)塩素をぶち込んでいる道後温泉など温泉ファンとしては泣きたくなるようなレジオネラ対策を行う温泉も増えてるので,なるべく早い実用化を希望したい。"

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by y_tambe (8218) on 2004年05月19日 17時41分 (#551581) ホームページ 日記
    詳細な試験方法まではこの記事からだけでは判らないけど、温泉などでのレジオネラ対策を行うには「レジオネラ単体に対する殺菌作用」を見るだけでは不十分です。

    #だからこそこれまでもいろんな不幸な事例があったわけで。

    レジオネラ自体は実はそれほど耐久性の高い菌ではありません。しかし、この細菌は他の細胞内に寄生しうる性質(細胞内寄生性)を持っていて、これがヒトに感染するときもマクロファージ内部の感染に関わるわけですが、自然界においては水中のアカントアメーバなどの原生生物の細胞内に感染して共生しています。このようなアメーバ類はシストと呼ばれる耐久型形態を取ることができ、たとえば循環式風呂程度の加熱であったら、内部のレジオネラ共々生き延びることができます。それが、お風呂などでのレジオネラ感染の原因になってたわけです。
    この他、他の細菌が水中で作り出す細胞外物質(バイオフィルム)なども、公衆浴場などでのレジオネラの繁殖場所として機能するという知見もありますし、レジオネラ単体に対する殺菌作用を検討するだけでは感染に対する問題の解決にはなりません。
    • さすがに北里もかんでいるし、この研究に関しては大丈夫だと思います。
      レジオネラの数を数えているのであれば、アメーバ内の数も入れているでしょうし。

      バイオフィルムに注意しなければならないというのは温泉に限らず重要ですよね。
      単体で毒素を出しているようには見えないのになぜある種の細菌が疾病の原因になるのか、
      という疑問に対しバイオフィルムという物理的な構造を作るためだと分かってきています
      から(釈迦に説法みたいで恥ずかしいですが)。
      しばらく前の日経サイエンスにも特集されていたように記憶しています。

      とりあえず清潔に掃除するのは特定の細菌対策でなくても温泉施設には絶対に必要ですし、
      きちんと管理を行っているところが塩素を入れて風情を失わせなくてもいいようになるので
      あれば歓迎したいところです。
      --
      kaho
      親コメント
    •  
      古代の地球上で、生物の多様性を支え、進化の一部を助けたと考えられているバイオマット。
      [gifu-u.ac.jp]
      http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/stu/kawa/ken/baiomat.htm
      http://www.kurasc.kyoto-u.ac.jp/sgepssdata/1998g/outputHTML/La_0226175... [kyoto-u.ac.jp]

      現代の人類から見れば、単なる邪魔な、風呂場の汚れだが、
      古代と現代で、物理法則や物性に違いが有るわけでは無いので、
      古代のバイオマットと、現代のバイオマットには機能的な差は無い(はず)。

      実は、現代の、その風呂場のヌルヌルから、数億年後に、
      新系統の多細胞生物が生まれる「はず」だった
      --

      _
      # CheapGbE!GbE!!TheKLF!KLF!!TheRMS!RMS!! And a meme sparks...
  • by MIYU (17727) on 2004年05月19日 22時56分 (#551808)
    Biohazard lurks in bathrooms [nature.com]  [mypress.jp]
    2004年のアメリカ科学振興協会の会合での話題です。

    海の向こうでも、Jacuzziでのレジオネラ感染が有るようですが、普通の家庭等ではバスルームのシャワーカーテンが要注意なのだそうです。

    コロラド大学の微生物学の先生が、自宅のシャワーカーテンに形成された何やらをこそげ落として覗いてみたら、細菌がいっぱい ・・・・ 。シャワーを浴びる度に、空気中に大量の細菌が浮遊する状態になっていたそうです。細菌は、人間の咳、げっぷ、おならなどの有機化学物質や、シャワーカーテン用の柔軟剤などを食べているらしく、分析の結果健康な人には問題はないが、傷があったり免疫系が弱っていたりする人(高齢者が当てはまります)には危険があると報告されています。

    先生は自分の目でそれを見た後、しっかりシャワーカーテンを掃除する習慣がついたそうです。日本とはちょっと状況が違いますが、水回りは油断がなりませんので皆様もご用心下さい。

       # レジオネラの話は強い方々がなさっていますので、オフトピ提供
  • by weakness (22246) on 2004年05月19日 15時22分 (#551492)
    水道管を磁石ではさんで、「はい、きれいな水のできあがり!」
    って奴がありますが、あれが殺菌云々の部分を横取りしそうですね。
    --
    --------------------------
    そろそろ時間です。
  • by Anonymous Coward on 2004年05月21日 11時46分 (#552870)
    素朴な疑問なんですが、磁力で人は殺せますかね?
typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...