パスワードを忘れた? アカウント作成
8475 story

凍結卵巣による初めての子供が誕生か? 40

ストーリー by GetSet
卵状態でのコールドスリープ 部門より

MIYU曰く、"ドイツ・ベルリンで開催されている「欧州ヒト生殖学会議(ESHRE)」で ベルギーの ルーバン・カトリック大学のマリー・マドレーンドルマンさんが、 癌治療を受けた32歳の女性が治療前に凍結保存しておいた卵巣の組織を 再移植し、自然妊娠する事に成功したと報告しています。 ( 読売新聞の記事 Nature Web News訳文

女性は7年前、25歳の時に悪性腫瘍(ホジキン・リンパ腫)と診断され て治療を受け、体内に残されていた卵巣は生殖能力を失っていました。 現時点で、受精卵が移植した卵巣からのものかどうかは確定していないそうですが、10月に女児が誕生する予定です。
先月には英国で 21年間凍結貯蔵されていた精子によって子供が誕生していた事が報じられています。 癌治療後の生存年数が長くなってきていることに加え、自分の家族を持てるという 事は若い癌患者に希望を与える、と研究者達は語っています。
なお、日本では技術的な理由で、卵子の凍結保存は一般的に行われていないそうです。"

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by zekky (17068) on 2004年07月01日 16時18分 (#580398)
    ツール・ド・フランスの優勝者ランス・アームストロングが睾丸癌の治療をする前に精子バンクに精子を冷凍保存しておき、治療後に体外受精でパートナーとの子をもうけるという話を読んだことがあります。(「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」 [amazon.co.jp])苦しい闘病生活の末に生き延びて、そこでさらに新しい命=子供をも授かるというのは格別なものではないでしょうか。

    あとで他人のを借りるのではなく、自分のものをとり戻すのですし、治療によって失われる能力をあらかじめ保存しておけるのであれば、治療を生き延びていこうという励ましにもなるでしょうし。

    一方で、発癌には遺伝的要素も否定できませんから、そのような因子を持っている可能性のある生殖細胞を冷凍保存してまで使用することの是非も問題になるかもしれませんね。

    身近にもリンパ腫の治療で将来の生殖能力を失ってしまった子供がいるだけに、真剣に考えさせられる「選択肢」ではあります。
    • by Ryo.F (3896) on 2004年07月01日 17時39分 (#580445) 日記
      > 一方で、発癌には遺伝的要素も否定できませんから、そのような因子を持っている可能性のある生殖細胞を冷凍保存してまで使用することの是非も問題になるかもしれませんね。

      ん?それって癌家系の話?それってエスカレートすると、癌家系は子供を残すな、って話になりかねないような…
      違うのかな?生殖細胞が発癌している可能性を言っているんでしょうか…
      親コメント

      • ん?それって癌家系の話?それってエスカレートすると、癌家系は子供を残すな、って話になりかねないような…
        違うのかな?生殖細胞が発癌している可能性を言っているんでしょうか…

        精巣腫瘍は精子の元である細胞(精母細胞)が腫瘍化したもの [ncc.go.jp]らしいので、分化を終えた精子には問題はないのではないでしょうか。

        もちろん肉親が癌経験者である人は発癌のリスクが高いと言われていますが、今は親族に癌経験者が全くいないほうが珍しいぐらいだと思いますので、子供を残すななんて言われたら大変でしょうね。
        少子化どころの騒ぎじゃない:-)

        # 医学トピックがあったらいいな
        --
        Be generous with your life.
        親コメント
        • by newcomer (13464) on 2004年07月02日 21時25分 (#581327) 日記
          たとえ、リスクが実際にあったとしても、子供を作るかどうかは本人たちが決めるべきです。

          周囲がしていいのは、当事者が冷静に自己決定できるように正確かつ充分な情報を提供することまでだと思います。
          リスクが定量的に示されることは最低限必要です。

          遺伝については、多くの人が運命論的なものだと思っている節がありますが
          癌をはじめとして、発症に環境要因、生活習慣などが大きく関わる病気は多いです。

          誤った知識を基にして遺伝子型にレッテルを貼られた人たちが迫害される、と言うのはとても恐ろしいことだと思います。
          親コメント
      • >ん?それって癌家系の話?それってエスカレートすると、
        >癌家系は子供を残すな、って話になりかねないような…
        >違うのかな?生殖細胞が発癌している可能性を言っているんでしょうか…

        ガンウンチク。知っていると「癌」の字を書けなくても平気。
        癌 : 固形癌限定。胃癌。肺癌など。
        ガン : ガン総称。特定部位の病巣を指さないときは「ガン」と書くのが無難。
            例えば白血病を指して「癌」と書くと、恥をかく可能性がある。

        ガン家系は子孫を残すなとまでは言わなくても、ガン家
  • 逆な話で (スコア:2, 興味深い)

    by messo (7339) on 2004年07月01日 14時52分 (#580346) ホームページ 日記

    X51
    [x51.org]見つけたのですが
    性転換前に精子を保存して性転換後パートナーの女性に人工受精で妊娠する
    ってありました。

    今回は原因が癌って事もありましたけど、女から男になる場合も同じ事が予想されますね。

    #真面目に働かんかい
  • by 3510chan (20542) on 2004年07月01日 11時05分 (#580196)
    精子、卵巣、遺伝子と科学は人の体を着々と掘り進んでいますね・・・。もはやどこからどこまでが「禁断の領域」と呼ばれるモノなのかわからなくなってきた・・・。神様の天罰はいつ落ちてくるんでしょうか?                                                              #無宗教だけどID
    •  個人的には天罰を受けても良いので、人体改造と義体化を実現して私の体に施していただきたいところだ。(w

      #本気で考えているのでID
      --
      --- どちらなりとご自由に --- --
      親コメント
      • Re:困った・・・ (スコア:1, すばらしい洞察)

        by Anonymous Coward on 2004年07月01日 13時14分 (#580288)
        そう思っている、明日よもしれぬ人はたくさんいます。
        是非とも骨髄バンクに登録しましょう。
        親コメント
        • by Minap (9371) on 2004年07月01日 15時04分 (#580352) ホームページ 日記
           とりあえず無闇に薦めるのではなく、その根拠くらいは示してみてはいかが?
           できれば、自分の思想と登録の可否も教えていただけると参考になります。

           この活動自体は評価しますが、残念ながら私自身は加わるつもりはないですよ。
           献血に比べると体への負担が大きいし、入院・検査費用は無料だと言っても休業保障はありません。
           現時点ではまだ1件のみとはいえ、ドナーの死亡事例も存在します。近年の医療事故の件数を考えれば、事例の増加につれて事故の発生確率も上昇する可能性が考えられます。
           よって臆病者な私はリスクを考慮した結果、登録を見送る事に決定しました。
           詳しい事はググって、「骨髄移植Q&A」 [kagawa-swc.or.jp]といったページなどを参考にした上で自分自身でお考え下さい。

           献血は不定期ですが続けていますので、献血が可能なうちはそちらで最大限の協力をさせてもらうことにします。
          --
          --- どちらなりとご自由に --- --
          親コメント
          • by Anonymous Coward on 2004年07月01日 16時05分 (#580386)
            上とは別ACです。
            かつて登録していたが、抹消した一人です。理由は肝機能の低下。
            3次検査をしたこともありましたが、ドナーには選ばれませんでした。
            もし選ばれていたら・・・否やはありませんでしたが一つだけ・・・
            全身麻酔の・・・事故率ではなくて・・・導尿カテーテル・・・(苦笑)

            登録したきっかけはネットで知り合った人が亡くなったからでした。ありがちですね。
            ドナー候補に選ばれ3次検査に臨む時、当然ながらドナーになったときの
            ことを考えました。当時の感情に一番近いのは、もしかしたら臨月近い
            妊婦のそれだったんじゃないかと思います。私は男なので実際に妊婦に
            なって検証することはできませんが、幸せな気持ちでした。
            親コメント
          • by u1p (2709) on 2004年07月01日 16時12分 (#580393) 日記
            登録してます。

            死んだらあげられるものは全て○うった黄色い紙も持ってますし、
            400回以上の献血もしたりしてますが、
            自分自身は人体模型見ただけで気持ちが悪くなる臆病者です。

            たいした理由は無くって、
            高校卒業した後の初めての夏でしたか、
            日航機が落ちたときに現地で救助活動した中の人なのですが、
            このとき、ファンだった夏目雅子さん死去がきっかけだったりします。
            不純ですかそうですか。

            家族が居なくて、自身が提供を受けられない身の上だってのも、
            きっかけとはいえるかもしれませんが、
            過酷な環境でもよく働くu1pを自負してますしねー。

            中米でお仕事中で、1帰国しても当分は献血できない、といわれたのでID。
            親コメント
          • by Anonymous Coward on 2004年07月01日 16時45分 (#580413)
             登録するしないは確かに個人の自由だと思うのですが…

            > 現時点ではまだ1件のみとはいえ、ドナーの死亡事例も存在します。
             こういう書き方は流石にフェアじゃないと思うのです。
             あの業界は3年あれば手法が根底から変革され、システムが全く違ってくるものでしょう。
             現在の安全対策が確立する(骨髄移植推進財団の設立)以前の、一昔も二昔も前の死亡事例をとって主張の根拠にするというのは妥当性に書けるように思えます。

             10年前に使い物にならなかったからといって、現代においても携帯電話の使用を否定するのはナンセンスでしょう?
             当時と今とでは、技術や環境の差がありすぎる。

             休業手当てがつかないというリスクを示すなら、それを恐れて提供を拒んだ場合、自分しか救えない人間を見殺しにして、死に至らしめるリスクが発生し得ることも指摘して欲しかったです。
            親コメント
            •  個人の自由なので、あくまでも自己中心的な理由から判断したまでです。
               リスクと他者を救える可能性については、最初のレスにも書いてある通り、既存の資料に目を通してから自分で考えれば良い事です。
               個人的には、「人を救う役に立ちます」「費用は発生しません」という内容ばかりで、麻酔の使用を含めた実際の施術方法に関する内容が少なかった事が非常に気に掛かりましたけど。

               技術の発展とは言っても、平成10年12月末時点で非血縁者間骨髄移植実施数1,829人という事ですから。絶対に安全と言いきるには、事例数としてはまだまだ少ないと感じますね。
               90年に本格導入された腹腔鏡手術 [yomiuri.co.jp]でも、件数の増加に伴い医療ミスが発生 [k-net.org]しています。ここから過去と技術や環境の差を比べる事は、現時点であまり意味のない事だと考えてます。

               どちらにしても、決めるのは登録する本人の自由意思ですよ。私は自由意思に従い、利己的に登録を拒んでるだけですので。
               私は死後の臓器の取り出しは自由に行って頂いて構いませんが、存命中の臓器提供は可能な限り避けるという方針です。とりあえず今のところ、それ変えるつもりはないですし。
               その辺は、皆さんがそれぞれ自分自身の中で議論していただければ良い問題ですね。

              #余談ですが、貧乏人としては休業保障無しに数日間仕事を休むのは非常に辛いですよ。そんな自己犠牲にヒロイックな感情を抱けませんし。
              --
              --- どちらなりとご自由に --- --
              親コメント
            • by Anonymous Coward
              >> 現時点ではまだ1件のみとはいえ、ドナーの死亡事例も存在します。
              > こういう書き方は流石にフェアじゃないと思うのです。

              はぁ?あまりに知らなさすぎるんじゃないですか?よく死んでますよ
              • by u1p (2709) on 2004年07月02日 10時12分 (#580882) 日記
                > よく死んでますよ

                (↑これがいわゆるプゲラって奴ですか?)

                パレスチナ・イスラエルとか
                イラク自爆テロとか
                航空機事故並に死んでそうな言い方ですな。

                http://www.hw.kagawa-swc.or.jp/imukoku/kotuzui4.html

                       Q 過去に死亡事例はあるのですか?
                       A 日本骨髄バンク(非血縁者間)では,死亡事故発生数0人,その他事故件数1人
                        (平成10年12月末時点:非血縁者間骨髄移植実施数1,829人)しかし,血縁者間
                        の骨髄移植では日本で過去に,1件のドナーの死亡事例が報告されています。

                ヘタレ #580443 が自分のAC発言をフォローしているとは思えないけど、きっと海外の事故例でも持ち出してくるんだろうな。
                親コメント
        • by Filler (16734) on 2004年07月01日 22時25分 (#580590) 日記
          骨髄バンクに登録しようと思ったことはあったけれど、医者を選べないと言われてやめました。
          我ながら臆病者です。
          親コメント
        • by Anonymous Coward
          骨髄液って、培養とか冷凍保存とかって出来なかったっけ?
          培養出来るのならドナーから1リットルも抜き取る必要ないと思うのだが。

          #後、肝臓とかも再生するので健康な内に自分のを切り取って冷凍保存しとけば何かあった時に役に立つかも?
          #って、保存しとくのに金掛かりそうだが。
          • by Anonymous Coward
            >骨髄液って、培養とか冷凍保存とかって出来なかったっけ?
            >培養出来るのならドナーから1リットルも抜き取る必要ないと思うのだが。

            ドナーから採る骨髄液の保存期間は24時間とかそんなもんです。とても短い。
            もっと長く保存することもできると思いますが、ドナーの骨髄採取はレピシェントの
            準備が整った条件下で行われるので、長期間の保存が要求されていないのでしょう。

            培養もできなくはないです。例えば、患者から採取した正常細胞を分離培養して
            患者に戻す『自家移植』という治療があります。
            ただ、病変細胞の
    • by karano (21906) on 2004年07月01日 11時19分 (#580214) 日記
      何を禁忌と見るか、の基準によりますね。
      個人的には、「肉」の部分はいけるとこまでいきまっしょい、ですけど。

      #「心」とか「精神」に定義されるものの外部保存、とかは禁断かなあ…
      親コメント
      • Re:困った・・・ (スコア:1, おもしろおかしい)

        by Anonymous Coward on 2004年07月01日 11時53分 (#580243)
        >#「心」とか「精神」に定義されるものの外部保存、とかは禁断かなあ…

        おれは・・・アルカディア号の心になるんだ・・・

        だめです。心の機械化は倫理規定ちゃちゃもちゃのちゃとめるの1番に抵触します。
        即刻機械を停止してください。

        やるんだ鉄郎!おれが永遠に生き続けるために!

        幇助すると倫理規定まめみむもちゃのちゃとまとの7番に従いあなたを拘束します。

        (がく)
        親コメント
      • by Anonymous Coward
        >#「心」とか「精神」に定義されるものの外部保存、とかは禁断かなあ…
        それこそパソコンによって一部実現しているような気がしなくもない。
        • by Anonymous Coward
          ROMに人格を保存するというのがニューロマンサーにありましたね。
          RAMだと、書き込み中にハードがクラッシュしたときが怖いなぁ。

          #ディクシー・フラットラインは理想のハッカーです
    • by Anonymous Coward
      >#無宗教だけどID

      日本の宗教人工は3億人超です。
      あなたも含まれていますよ♪

      なんかの映画で言ってたけど、世界中で無宗教の人は5%とか。
      • by Li Luxing (7797) on 2004年07月01日 19時33分 (#580500)
        >なんかの映画で言ってたけど、世界中で無宗教の人は5%とか。

         カール・セーガン原作の『コンタクト』です。
         無宗教の人が5%と言ったのではなく、95%の人が何かしらの宗教を持っていると言ったと記憶しています。

        # いや、意味としてはあんまり変わらない気がするんですが、数学の深い概念を知らないので違いがあるかもしれないと思いまして。
        --
        李 露星
        親コメント
    • by Anonymous Coward
      天罰システムは現状を見ればわかるようにバグだらけです。
    • by Anonymous Coward
      >#無宗教だけどID

      昔、友人に「無宗教という宗教を信仰しているだけだ」と言われた。
      今なら反論できる。「それは君が勝手に貼ったレッテルに過ぎない」
  • by tarobo (16662) on 2004年07月01日 15時05分 (#580354)
    こういった事例が出されると
    どうして自分のときは凍結卵巣がつかえなかったんだとか
    騒ぎだす人間が出そうですね
    誰とは言いませんが(笑)
    #卵子は自分のものだったんだっけ?>アノ人

    移植することによって、
    癌が再発したりはしないのかが不安だと思った
  • by Anonymous Coward on 2004年07月01日 22時08分 (#580574)
    近藤サトさんですか?

    # いや、ニュースが重なったもので、つい...
    # 雅子妃もそういや人工授精だったよね。
typodupeerror

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

読み込み中...