パスワードを忘れた? アカウント作成
9398 story

小惑星、これまでにない高確率で地球に衝突の恐れ 175

ストーリー by Oliver
25年後には何をしていますか 部門より

simon曰く、"NASAの地球近傍天体調査プログラム(NEO)は23日、25年後に小惑星が地球に衝突する可能性がある、との観測結果を発表した。問題の物体は2004MN4と呼ばれる直径約400mの小惑星であり、2.4%の確率で2029年4月13日に地球に衝突する可能性があるとのこと。(当初の発表では1/300だったが、24日の追加発表で1.6%に上昇。最新の情報では2.4%とされている)
小惑星衝突の危険性をあらわすトリノ・スケールでは4。『1%以上の衝突確率.衝突によって広大な地域が壊滅される』衝突と定義されている。もしこれが地球に衝突したとするとTNT火薬換算で1500メガトンの威力を持つ、広範囲に影響を及ぼす災害になる模様だ。
地球への天体衝突の影響を計算できるEarth Impact Effects Programに直径390m、密度2500kg/m^3の小惑星として計算させてみたところ、直径4.7km、深さ400mのクレーターができるとの結果がでた。グラウンド・ゼロから1000km離れた地点では体感できる揺れもなく、風も風速1mのが来るくらいでやはり「全地球的大災害」ではないようであるが、それでも気候の変化や生態系の変化による飢饉、津波などは避けられないだろう。
今後さらに観測がすすめば軌道もさらに明確になり、おそらくは「衝突しない」との結果が出ることだろう。でもこういった小惑星が他にも数多くあるかもしれないのでNASAやスペースガード協会やアマチュア天文家の諸氏にはこれからも空を見張りつづけてほしいものである。
もしぶつかるということになっても25年もあればなんとかなると思うのでパニックに襲われる必要はないです。既にアポロの頃に「核爆弾をぶつければなんとかなるんじゃないか?」との研究がされてたり、「タグボートをとりつけて押せばいい」とする研究もあるようです。"

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

読み込み中...