パスワードを忘れた? アカウント作成
9429 story

FreeBSD財団が少額寄付の2004年度目標を達成 6

ストーリー by Oliver
お年玉を有効活用しよう 部門より

800人を越えるBSDファンの寄付によりFreeBSD財団必要としていた3万2千米ドルの少額寄付が無事、2004年内に集まり、目標額を20%以上も上回った。集まった寄付金はすべてFreeBSDの推進のため、開発者の援助やイベントの企画、標準準拠のテストなどに使われるという。もちろん2005年も引き続き寄付を募集中だ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 楽しいお祭り (スコア:2, すばらしい洞察)

    by tag (10007) on 2005年01月04日 16時10分 (#674080) 日記
    寄付の目的が分からないとか、大口寄付を規制せよとか、いろいろ 気になることもあったと思いますが、でも今回の事件は楽しいお祭り だったような気がします。非常に短い期間に、金額ではなくとにかく人数が必要だという特殊な条件の寄付募集を、進捗状況表示グラフ まで準備し、クリック1つで簡単に送金できる環境を作って、 その上で困ったことになったと騒がれれば、話に乗ってしまうのは 当然だと思います。

    クレジットカード番号をネットで流すこと、PayPalを使用すること、 住所情報を添付すること、それぞれに多少の危険性はあるのでしょ うが、それを乗り越えて送金しなくてはいけないという気になりました。こういう機会でもないと、中々 FreeBSD に寄付するという ことはできないだろうと思います。

    OpenBSD は最近公式 CD-ROM の売上げが伸びず、財政上の不安を 抱えているというような話があるようです。その他のフリーソフト ウェア開発を行っている組織も、財政的に楽なところはないだろうと 思います。もっともっとそういうことを広く訴え、簡単に寄付できる ような環境を作ってもらえればと思います。

    外国の団体に送金するなんて面倒とか、少額の寄付なんて 喜ばれもしないだろうとか、そういうことを考えると寄付 なんて非常におっくうで、しなくてもいいだろうと思って しまうものです。 そういう意味で今回の騒ぎは、非常に有意義な、 それでいて楽しいお祭りみたいなものだった と思います。

  • 取り上げていただいたら振り込んでおこうという気になるのですが…。(^-^;

    # 忘れっぽいだけですがIDで。
  • 非営利団体としての資格がそんなに大事なら
    特定の大口寄付を制限すればいいんじゃないかと思いました。
    「少額寄付がまだちょっと足りないので大口は控えてください」とか。

    毎年こういうことをしていたら
    いつか年末の追い込みが間に合わなくなる年が来そう。
    • Re:どちらが優先? (スコア:1, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2005年01月06日 7時33分 (#674689)
      FreeBSD Foundation からの Announce にも書いてありますが、
      昨年末は、Foundation 設立から 5 年間の試験運用期間の終了時期であり
      この時点での寄付の内訳がチェックされて Public か Private か判断されます。
      なので、毎年こんな状況に陥るなんてことはないでしょう。
      親コメント
      • 今頃原文を読みましたが、ホントですね。

          December 31st of this year will mark the end of the FreeBSD
          Foundation's probationary period as a 501(c)3.

        ということは、もう二度とこのような事態にはならない
        と思って良いのでしょうか。めでたいことです。

        情報ありがとうございました。
        親コメント
typodupeerror

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

読み込み中...