パスワードを忘れた? アカウント作成
11549 story

マイクロソフトは未だに独占企業か? 58

ストーリー by kazekiri
時代は変わる 部門より

zokkon曰く、"slashdot.org で昨年12月26日に「マイクロソフトは未だに独占企業か?」と題するRoblimoによる書き下ろし記事が掲載された。オリジナルの長文記事に対する意見を募るという形で、内容自体にはそれほど新味はないものの、スラッシュドットには比較的珍しい試みとして注目している。というわけでその記事の日本語訳を全文掲載し、日本版の読者にも意見を問うてみたい。(続く)

マイクロソフトは今でもデスクトップを支配している。しかしほかの多くの分野、たとえばウェブサーバーやスーパーコンピューターなどの世界ではマイクロソフトは数多い競技参加者の一人にすぎず、しかも弱い参加者だ。ゲームでは、最新のxBoxが「これこそ買うべきゲーム機だ」という提灯記事をあらゆるメディアで集めているにもかかわらず、ソニーのプレイステーションが少なくとも1~2台は売上で上回っており、2006年の春にプレイステーション3が出たらその差をさらに広げるだろうと多くのアナリストは見ている。インターネットでは、MSNとMSNサーチはAOLとグーグルに大きく水をあけられており、それは全然奇妙な話ではない。そしてデスクトップでも、リナックスが成長を続ける一方、Mac OS Xがウィンドウズよりも信頼のおける安全なユーザー指向のOSとして広く受け入れられている。それでもなお、マイクロソフトが独占企業だと言い続ける?

マイクロソフトは独占的行動から(ゆっくりと)手を引きつつある

もし大口のITユーザーが、リナックスへの移行を考えているとマイクロソフトの営業担当者に告げたら、マイクロソフトはたいてい価格の引き下げを申し出てくる。この会社にはこれまでになかった行動である。マイクロソフトは今や、一部の国々では Windows Starter Edition なるものを販売している。タイではおそらく37~38米ドルで、Microsoft Office の基本的バージョンも同梱のものが入手可能である。言い換えれば、マイクロソフトは価格競争を始めたということで、独占企業には似つかわしくない行動だ。

これは、マイクロソフトが突然「みんな、愛し合おう」的態度を採用したことを意味するものではない。マイクロソフトが善意からではなく市場の圧力によって、互換性について注意を向け始めたからだと私は考える。しかし長い目で見れば、マイクロソフトが自社以外のオペレーティングシステムとファイルフォーマットを悪魔の手先の一種と見なすのをやめるかぎり、マイクロソフト製品をなるべく使いたくないという我々のような人々にとって人生はもっと生きやすいものになるだろうし、それが本当に大事なことなのだ。

マイクロソフトエクスプローラーはもはやオンライン世界を支配していない

デスクトップユーザーの大多数は今でもマイクロソフトのブラウザであるインターネットエクスプローラー(IE)を使っているのかもしれないが、もはや市場占有率は95%に達しない。2002年の書籍と昨年のオンライン記事で私は、ウェブデザイナーたちに対してIEのみで動作するサイトを作らないように警告した。(遠い)過去にネットスケープのみのサイトは作らないように、と書いたのとちょうど同じように。聞き入れてくれた人もいたし、そうでない人もいた。

Firefoxの普及は2005年に速度をゆるめたかもしれないが、止まったわけではない。Operaは、最初グーグル、次いでマイクロソフトに買収されるといううわさが出たほど、十分に力をつけてきた。いずれにしても、IEの動くコンピューターが現在、全デスクトップの90%であろうと(いくつかの調査が示すように)70%であろうと、毎月人気を落としつつある。今やマイクロソフトは、IEはもはやMacユーザーに適さないという決定を下したから市場占有率はさらに落ちる。確かに、IEの新しいバージョンが登場することにはなっているが、XPを購入したくないという何百万もの「古い」ウィンドウズのユーザーにとっては助けにならない。そういう人たちがモダンなブラウザの機能を望めば、Firefox か Opera か、その他の非マイクロソフト製品のブラウザに移行するしかないのだ。

ネットワークこそがコンピューターである

この命題は、もし「ネットワーク」という語で我々が語っているのが、よく整備されたLANではなくインターネット経由で届けられるアプリケーションのことだとすれば、今日通用する事実だとは思わない。去る10月に、インターネット経由のアプリケーションはまだまだ「すぐそこ」にあるとはいえない理由を説明した。最近では、Salesforce.com のサイトが停止して(公称)35万の購読者を怒らせた。さらに悪いことに、ZDNet のブロガーであるフィル・ウェインライトが指摘したように、Salesforce.com が利用者とのコミュニケーションをおろそかにしたことで問題を複雑化させ、おそらくインターネット経由のアプリケーションに対する「99.9%の信頼性」という主張に対する利用者の疑いを増幅させた。

近ごろ喧伝されているWeb 2.0(そしてWeb 3.0まである)のもののほとんどは、OSに依存しない。Google Maps は、標準に準拠したものであればどんなブラウザを使っても動く。リナックスでも、Mac OS でも、Unixでも、ウィンドウズでさえも。

マイクロソフトさえ、Web 2.0 のゲームに参加しようとしている。マイクロソフトの広報担当者から、こういう文を含むプレスリリースを受け取った。「もしご近所のクリスマスの電飾を見て回るのがお好きなら、http://msnsearch101.com/searchmap を訪れてすばらしい Windows Live Local の開発製品をお試しください」

このオンラインユーティリティの振る舞いは、Google Maps やその派生物を基準とすればその足元にも及ばないくらい奇妙で原始的だと思えた。だから私は「ああ、たぶんリナックスでMozillaを使ってやろうとしていたからだな」と思ったのだ。そこでウィンドウズXPが入っているコンピューターに換えて、FirefoxとIEの両方でサイトを試してみた。どういう理由でか、地図の背景はウィンドウズ上のFirefoxではまったくロードしなかったし、ウィンドウズ上のIEでも、リナックス上のMozillaと同じくらい激重だった。

もしこれが Windows Live Local にできることの見本だとすれば、マイクロソフトはオンラインの地図事業でいかなる種類の独占(市場占有率さえ)にも向かっていないと思う。それだけでなく、Microsoft(R) Office Live がどれだけよいものになるかという同社の約束に対しても懐疑的にならざるを得ない。グーグルとサンがウェブ上で動く OpenOffice.org のバージョンを協同して開発するといううわさの4分の1でも実現するなら、マイクロソフトは(避けられない)インターネット経由のオフィスソフトウェア事業においても、大きく引き離された着外になるだろうと思う。

何十万もの競争相手

「グーグルはマイクロソフトよりクールだぜ」ゲームをするのは楽しいし、最上位のプログラマーにとって世界に痕跡を残したいなら働くのに最も熱い場所マイクロソフトでなくグーグルになったということを語るのも楽しい。でもグーグルにしたところで、世界中の有能なソフトウェア開発者のほんの一部しか雇用することはできない。(スラッシュドットを所有しているのと同一企業が運営している)SourceForge.net には10万を超えるオープンソースのプロジェクトがあり、SourceForge.net もオープンソースとフリーソフトウェアをホストする数あるサービスの1つに過ぎない。文字どおり何百万ものプログラマーがオープンソースとフリーソフトウェアに取り組んでおり、個人の商用ソフトウェアを開発している人たちも星の数ほどいる。

「タイプライターをでたらめに叩くサルの数が十分なら、いつかはシェイクスピアの作品を作り出す」という古い言い回しはだれでも聞いたことがあるし、たぶん言われ過ぎているくらいだ。これは本当かもしれないし本当でないかもしれないが、確実なのは、何百万ものプログラマーを何百万ものコンピューターの前に座らせて何でも好きなことをやらせれば、成果のいくつかは世界を変えるようなすばらしいものになるだろう。たとえこの推定プログラマー1000人のうち999人までが既製のプロジェクトに取り組んだり自分が始めたものを完成できなかったとしても、何千もの世界を変える可能性のあるプロジェクトが残り、それらのほとんどはグーグル(あるいはマイクロソフト)の従業員が開発に携わってないプロジェクトになるのである。

私はインドに行ったことがあるが、現地で出会ったプログラマーのうち最も頭脳明晰な人たちは外注を請け負う企業ではなく、自立して働いていた。自営のプログラマーは中国にもブラジルにもケニアにも数多く、この星のほとんどすべての場所にいるし、間違いなくここアメリカ合衆国にも数多い。そして、世界中で何百万ものプログラマーが、昼間の雇われ仕事をこなして食い扶持を稼ぎつつ、夜は自宅で「本当の仕事」をしているのだ。

あなたも私も、グーグルの経営陣もマイクロソフトの経営陣も、コンピューターサイエンスの学位を持ちながら親戚以外の男性と自宅外の職場で席を同じうして働くことを国法によって禁じられているサウジアラビアの優秀な女性の心の中を、今この時に何が去来しているのかはわからない。あなたが記事を読んでいるこの時にも、北京のインターネットカフェで貧しい身なりの若い男性が、現今のOSすべてを時代遅れにしてしまうようなコードを猛然と書いているかもしれない。そしてその存在は中国製の100ドルノートパソコンに搭載されて現れるまで知ることはないのかもしれない。

ビル・ゲイツが友人とマイクロソフトを創業した時、コンピューターソフトウェアだけを販売する数少ない企業の一つであったが、ほかの同業者は規模が小さくて、マイクロソフトが競合他社のほとんどを買収するのを許すか、最良の製品をライセンスするか最良のプログラマーを引き抜いてしまえるくらいだった。その当時、プログラマーはコンピューターと同様、希少で高価な存在だった。今ではプログラマーもコンピューターも全世界にあり、インターネットで結ばれている。インターネットは国境を越えたプログラマーの協同作業を可能にしたばかりでなく、成果物を物の形で出荷することなく流通させることも可能にした。

ソフトウェアの企業が今日でも従業員にはオフィスで働いてもらわなければならない唯一の理由は、管理である。予定と取り組む対象の両面において。自分で動機を見出せる天才にはオフィスを持つ必要もないし、決まった時間通りに出勤するよう要請されたりすると憤慨さえするかもしれない。ということは、世界中の最優秀のプログラマーたちの多くは、グーグルでもマイクロソフトでもほかの会社どこであれ勤務はしないということだ。その代わりに彼らは自分自身の会社を立ち上げるか、多くの例ではオープンソースに基づいたコンサルタント業を始める。

だからマイクロソフトは1980年代のように数十社との競合に直面するのではなく、何十万社との競争になるわけだ。しかもこれらの競争相手は全世界に広がっている。この種の競争は、ネットスケープのような単一の企業との競争どころかIBM、サン、オラクルやその同業といった企業群との競争に比べても、適応したり買収したりかわしたりするのがはるかに難しい。

競争がマイクロソフトに製品の品質向上を余儀なくさせてきた

マイクロソフトはもはや、欲しい最上級のプログラマーすべてを雇うことはできないが、現在の6万以上の従業員で必要十分な才能を確保しており、彼らが近年すばらしい仕事を達成してきた。ウィンドウズXPはウィンドウズMEやウィンドウズ98に比べると計り知れないほど安定している。次世代のIEは、Firefox や Opera を使う我々のような人たちがなじんできたモダンなブラウザの特徴の多くを備えたものになるだろう。Microsoft Office は確かに、OpenOffice.org のユーザーが当然と思っている機能のいくつかは備えていないかもしれない。たとえば付属のグラフィックスユーティリティ、大企業の手が入っていないMySQLのようなフリーのデータベースのフロントエンドとして使える能力、作業結果を30種類以上のオープンな、あるいはPDFをはじめとする商用のフォーマットで保存できる能力など。しかし現在の Microsoft Office は10年前に比べるとはるかに改善されており、次の版では、OpenOffice.org が採用している OASIS Open Document Format ほどオープンでもないし標準への準拠度も低いとはいえ、一種のフリーなXMLファイルフォーマットさえ採用し、以前のマイクロソフトのファイルフォーマットに比べると閉鎖度も専有の度合も低い。

真の独占企業なら、製品をこういうふうに改善する必要がない。売りたいものを好きな価格で提供するだろう。廉価版を発売したり、開発途上国では廉価で販売を行ったりしないだろう。そうした開発途上国の多くは、急激に「ソフトウェア開発途上」の国になりつつあることに気づくかもしれない。

リナックスと、BSDベースのMac OS Xへのアップルの移行がなければ、マイクロソフトがウィンドウズの開発にこれほど注力することはなかっただろう。確かに、ネットスケープを押し潰してからFirefoxが飛躍を遂げるまでの期間に、IEにはさほど注力していなかったし。

米国のマイクロソフトを相手取った反トラスト裁判では、同社が独占企業であることが問題になっていたわけではなく(裁判所は当時そう認定したのだが)、独占による力を違法に行使したことを問題にしたものだった。この訴訟ではマイクロソフトを本質的には無傷のまま放置する形で決着したが、裁判官の1人が同社の行動を5年間監視することになっており、その期間が間もなく終わる。

ソフトウェア独占の時代は終わった

IBMはビジネス向けデスクトップコンピューター事業で独占的地位を築こうとしたが、数十、数百、後には数千の競合他社が現れてよりよく速く安いPCを製造するようになったので、市場をリードする地位を保つのに失敗した。今日でも、デルが世界一のパーソナルコンピューターの業者ではあるが、この C|Net の記事にある大規模なPC製造業者の市場占有率を全部足し上げても、全売上の(100%ではなく)約60%にしかならず、小規模業者が残りを占めているわけだ。(それでこの小規模業者のいくつかは、私のセーリング仲間のジーンが自宅用のPCを買った1人で全部やっているフロリダ州ブラドントンのショップのように、本当に小さい。)

パーソナルコンピューターのハードウェア製造事業は完全に脱独占化、脱中心化、民主化、国際化を遂げている。部品を正確に組み立てられるくらい機械を扱う能力に長けていれば(そして作ったものを人に売ることができる能力があれば)、極めて少額の投資でこの事業に参入することができる。ちょうどマイケル・デルが大学の寮でコンピューターの部品やシステムを組み立てて小売する商売を始めたのと同じように。

ソフトウェア商売を始めるには、さらに少額の投資ですむ。有能なプログラマーなら、あるいは有能なプログラマーの友人がいるか、マーケティングのやり手であるなら、始めるために必要なものはすべてそろっていると言える。商用ソフトウェアを作って売ってもいいし、企業向けにフリーソフトウェアやオープンソースソフトウェアをカスタマイズして(多くの場合さらにインストールしてメインテナンスして)もいい。最重要の流通経路がインターネットであれば、シリコンバレーやボストンのようなITビジネスの集積地に住んで働く必要はない。たとえば、JBoss はジョージア州アトランタにあるし、Asterisk を販売している Digium はアラバマ州ハンツビルに本拠を置いている。

ソフトウェア事業はあらゆる場所で沸き起こっている。ほとんどの会社は小さくて、ガートナーIDCといったアナリスト企業が市場占有率の記録をとるほど(というか存在に気づくほど)大きくなるものはめったにない。しかし、非常に数が多いので、全体として見れば、市場ではマイクロソフトであろうと単一のソフトウェア企業を凌駕する存在感を持つようになってきている。

このことは、マイクロソフトが来年には10万社の新興企業に取って代わられることを意味するものではない。同社はまだ存在し続けるだろうし、数多くの報道もされ続けるだろう。それにオープンスタンダードの成果を取り込む(拡張したり消滅させようとしたりすることはないだろう)ことを考えると、ソフトウェアの世界で依然として強大であり続けるだろう。

しかしマイクロソフトが何をしようと、ソフトウェアの独占を再び得ることはないだろう。ほかのどんな企業も。ソフトウェア事業への参入障壁は、そんな事態が起きるには低くなり過ぎたし、独立して働けばソフトウェア大企業に雇われて働くのと少なくとも同じくらいの稼ぎが得られることに気づいているソフトウェア開発者の数も増えている。

『スモール・イズ・ビューティフル』は1973年刊行のすばらしい本の表題である。このタイトルは今日のソフトウェア産業についてうまく言い当てている。"

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • MSの競争相手 (スコア:5, すばらしい洞察)

    by Elbereth (17793) on 2006年01月04日 15時01分 (#858860)
    MSが独占状態にある分野でも競争相手は一応あって、それはまぁいわゆる
    オープンソース陣営とかAppleとかSonyとかいろいろあると思うけど、
    その中でも最大のものは過去のMS自身ですよね。
    過去に提供してきたWindowsやOffice、IE等が実質的に最大のライバル。
    • 恐竜のごとく (スコア:5, すばらしい洞察)

      by tetsuya (11853) on 2006年01月04日 15時20分 (#858863) 日記
      同感です。マイクロソフトが衰退していくとすればそれは、あまりにも巨大になった自身を支えきれなくなってということなのではないかと思う。

      すべての家庭にマイクロソフトのOSが載ったPCをというようなことをかつてビルゲーツは語ったとされていますが、日米欧においてはかなり近い状況になってしまっているでしょう。

      これら一度行き渡ったWindows製品に対する置き換え需要はどうでしょう? Windows2000で十分という声はスラドのようなところじゃなくても良く目にします。僕が父親用に5年くらい前に組んだPCはWindowsMeですが、軽いWEBとメールの利用、年賀状の作成程度の用途では全く不便は無いようです。

      MSオフィスは今でも一番売れているオフィススイートだと思いますが、Office2003を使っている企業は一体全体どのくらいの割合であるのでしょうか? 会社で使っているOfficeは2000あたりだったりしませんか?ひょっとして97?

      これらのすでに自社で売り尽くしてしまった感のある製品を置き換えてもらえる様な何かを提供しないと、今までMSを支えてきたOSとオフィススイートという2本の大黒柱が先細りするということになります。

      OS、プラットフォームに対しては.NetとかWinFS(遅れてますが)とかの新機軸を打ち出したり、オフィスはネットワークと融合してグループウェア的な機能の取り込みをやってますが、果たしてこれらの手がどこまで買い換え需要を起こせる物か全くの未知数ですね。

      あるいは、成熟した市場の成熟した企業として、緩やかに体質を変えて独占企業としてではなく、現在のIBMの様に市場の一角をしっかりと確保して生き残っていくのかもしれません。というより、そういう方向を目指していかないと、いつかはMS帝国も崩壊する日が来ると思います。
      親コメント
      • by gendohki (16311) on 2006年01月05日 9時54分 (#859323)
        確かに“ウェブブラウジングとメールとゲームにデジカメの画像とMP3と映像が多少いじれれば良い”くらいの人間には、
        VISTAが出たところでVISTAに変える絶対的な理由が無いんですよね。

        思えば、DOSからWindows95になった時、一番何が変わったかというと操作感と見てくれだったわけで。
        しかし、見てくれの方は多少良くなる以上の事が起きるとは思えないし、
        操作方法もマウス等のポインティングデバイスに取って代わる物は当分出てこないでしょう。
        つまり、その方向からの買い換え需要はおそらく無い。

        OfficeやIEの機能強化は逃げないための囲い込みの部分が強く出て終わりそうです。
        大体、「今度のOfficeは謝ります」っていう「いやいやそうでなく」とツッコミたくなるような機能強化が鮮烈に記憶に残っていたりしますし。

        そうなると後はキラーコンテンツしか無いでしょうね。
        AppleはiTunes+iPodという組み合わせが強力でしたし、
        MSも何かしらのキラーコンテンツを出すしか買い換え需要喚起を起こせないでしょう。

        で、いざ考えてみたら、
        “乳バレーとかDoAをVISTAのみで出す”くらいしか出てこないのがアレですが。
        --
        「なんとかインチキできんのか?」
        親コメント
  • 僅差?! (スコア:3, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2006年01月04日 12時20分 (#858800)
    > ソニーのプレイステーションが少なくとも1~2台は売上で上回っており

    なんてきわどい差
    • by Anonymous Coward
      一世帯あたり、の意だったりして。
    • by Anonymous Coward
      原文を見てない人向け

      > Sony's Playstation outsells the xBox at least two to one

      初代PlayStationとPlayStation2という意味ですね
  • by Anonymous Coward on 2006年01月04日 13時06分 (#858818)
    MSが持たれているマイナスイメージに関してはMSを超える暗黒企業が出てこない限り消える事はないと思う。

    過去のIBMを知ってる人ならわかると思うけど、アレだけ腹黒の象徴だったIBMが
    今では普通の企業(または優良企業)に見られているのだって、
    ここ10年位の企業態度がユーザ寄りの良いものになってきたのもあるけど
    IBMを超える暗黒企業としてMSが台頭した事でその影が薄れたというのもあるから。
    • by Yggdra (14017) on 2006年01月04日 16時36分 (#858897)
      本家 Slashdot でこういう記事が出てきたってことは、日本では未だ巨人な暗黒企業 Microsoft も、アメリカではそういうイメージが消えつつある(=それを超える暗黒企業が生まれつつある)んでしょうかね。

      # やっぱり Google? Apple?
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2006年01月04日 13時10分 (#858821)
      じゃあ次はAppleかなぁ?

      # 暗黒企業ならぬ「単なるダメ企業」に落ちたSonyの信者なのでAC
      親コメント
    • その候補といえば現状は無理して言ってもGoogleぐらいかなあ。
      現状いい意味でも悪い意味でもものすごく勢いがある会社、ってのがないよね。
      親コメント
    • 実態よりも一般人のイメージでしょう。 ここで言われているほどFirefoxやThunderbirdがつかわれているとは思わないし、まだまだ世間一般のイメージはInternet=マイクロソフトではないでしょうか。
      • by Elbereth (17793) on 2006年01月04日 14時57分 (#858857)
        >まだまだ世間一般のイメージはInternet=マイクロソフトではないでしょうか。

        そういう人も多いかも知れませんが、MSの名前で認識するというよりは
        Internet=パソコンという認識のが多いんじゃないかと思いますね。
        MSどころか、メーカー名すら出てこない場合もある。かろうじて
        WindowsとかXPという名前程度は知っているとか。
        また、Internet=携帯電話、だったり、=Yahoo!というような人もいますね。
        親コメント
        • by taqq (25013) on 2006年01月04日 20時11分 (#859046) 日記
          >また、Internet=携帯電話、だったり、=Yahoo!というような人もいますね。
          私の父母(共に50代半ば)は、まさにInternet=Yahoo!ですね。
          また、私の周りのコンピュータが苦手、という人達に限って言えば、Internet≒iMode or ezweb(vodafoneユーザはなぜか少ないので)なようです。
          私の周りに限って言えば、Windowsそのものにはやや不安定な感を抱いているものの、Microsoftに対して悪い印象を持っている人はそう多くありません(OS会社としての比較対象をよく知らないというのもあるでしょうが)。
          --
          怠惰・短気・傲慢! 怠惰・短気・傲慢!!
          親コメント
      • by Anonymous Coward on 2006年01月04日 20時28分 (#859056)
        パソコン=Windowsなのは確かではないでしょうか?

        今だ多くの企業サイトがWindowsのIEにしか対応しておらず(特に金融・証券)、学校ではWindowsとOfficeを教え、NHKで電子メール講座と銘打ってOutlookの使い方を教えているのをみるとクライアント独占の強さをひしひしと感じます。

        #NHKだけは許せないなぁ。しかたないのもわかるんだけど。
        親コメント
      • 世間一般のイメージからはInternet=マイクロソフトなんてのは出てきません。
        パソコン=Internetぐらいかな。

        使えればメーカなんてどこだっていいんです。
        親コメント
      • Internet≠Microsoft

        PC=Windows(Microsoft)
        Internet=ISP[nifty, DION, yahoo,……]

         流石にパソコンだけでインターネットが使えると思う人は、絶滅危惧種と考えるべきではないかと。
         ブラウザはともかく、メールはOutlook以外のソフトが存在している事を知っている(そして会社で使わされている)人も多いでしょうし。
        --
        --- どちらなりとご自由に --- --
        親コメント
        • >> Internet≠Microsoft

          は認識した上で「Internetの普及はMicrosoftの尽力のお陰だ」とか思ってる人は多そうですけどね。(今となってはどうでも良い話、と言われればそれまでですが)
    • 変わっていません。傲慢さに腹が立つことしばしばです。
    • 企業としての暗黒的な印象だけでなく,ビル・ゲイツ税のことも忘れずに.

      新年早々パソコン買い換えようと思って,見積もってみたら本体が4万円弱なのに
      Windows XPが1万円以上するのに気がついて今更ながら驚いた. 
      本体価格が驚くほど下がってるのにWindowsは変わらないんですね.
  • 価格競争? (スコア:3, すばらしい洞察)

    by 2nd.cc (28719) on 2006年01月04日 13時16分 (#858823) ホームページ 日記
    >言い換えれば、マイクロソフトは価格競争を始めたということで、独占企業には似つかわしくない行動だ。

     これは独占企業が、自社の領域(聖域)に進出してきた企業に対する攻撃であり、この攻撃により進出企業が消えれば、再び価格は元に戻り値上げされて行く。
     無論進出企業が既存企業の牙城を崩す方法も同様だが。

     真の独占企業とは、その企業でしか生産・製造できないユニークな製品を持つ企業のことなので、マイクロソフトは独占企業。
    • by Anonymous Coward on 2006年01月04日 15時52分 (#858881)
      不正に価格を引き下げることも独占企業がよく使う手なわけで
      価格競争と言うよりは体力の差を利用した市場の独占と考えてよいですね
      親コメント
      • by Anonymous Coward
        例示されてる価格引き下げはタイでの海賊版の氾濫からでたものだったはずなんで、独占企業云々の文脈で使うと誤誘導になったりしないんでしょうかね?
      • by Anonymous Coward
        パチンコ屋が、近所に競合店が出てくると、たくさん玉出して潰しにかかるようなもんですね。
    • Re:価格競争? (スコア:0, フレームのもと)

      by Anonymous Coward
      >マイクロソフトは独占的企業。

      濁点が足りませぬ。
      マイクロソフトは独善的企業。
  • by jackal (3870) on 2006年01月04日 14時12分 (#858838)
    マイクロソフトが嫌われる理由のひとつには、OSやOfficeで上げた利益をOSやOfficeの製品開発につぎ込まない点にあるように思う。
    でその金で何やってるかといえば他の企業がすでにやってるサービスにちょっかい出すこと。
    おまけにちょっかい出すのはいいが脅威にならない程度に潰しかけたら途中で放り出すし(.netとかIEとかね)
    その点PS事業なんかはその利益を本業が食いつぶしてる感はあるけどまだ新製品の開発につぎ込んでると思う。

    独占企業のたぐいって結構知られてないところではたくさんあると思うけど、それらの企業って会社規模がM$ほどでかくないってのもあるけど本業でかせいだ利益を赤字覚悟で他事業につぎ込むということはあまりしてない。
    これが暗黒企業になるか独占企業になるかの境目だと思う。
    ただ、ちょっかいを出す行為は独占企業たどるプロセスの一環であり、いずれそれが本業の足を引張るというある意味健全な行為という見方もできるのだろうが。
    こういう意見が出てきたのはM$自身がもうすでにその段階に入ったのかもしれない。
    • by Anonymous Coward on 2006年01月04日 16時52分 (#858903)
      タレコミの文章では、マイクロソフトが独占企業でなくなったことの根拠は、独占状態だったOSの分野で他企業との価格競争を始めたことだと明確にかかれています。
      それに対し、jackalさんの論では、「独占企業」と「暗黒企業」という対立する概念があり、他の企業のサービス分野に中途半端に参入し、そこに本業の利益をつぎ込むなど「人に嫌われる」行動を行った場合に「独占企業」ではなく「暗黒企業」になると言っていますね。
      大分本来の独占企業の定義からも本文からも外れたご意見な気がするのでが、興味深い方もいるなら別にいいです。
      親コメント
    • >(.netとかIEとかね)

      投げ出していないと思いますが?

      親コメント
    • by Anonymous Coward
      >マイクロソフトが嫌われる理由のひとつには、OSやOfficeで上げた利益を
      >OSやOfficeの製品開発につぎ込まない点にあるように思う。

      すごい妄想だね。
    • http://srad.jp/article.pl?sid=03/12/04/0929209 こういう事をするからじゃなくて?
    • by Anonymous Coward
      >マイクロソフトが嫌われる理由のひとつには、OSやOfficeで
      >上げた利益をOSやOfficeの製品開発につぎ込まない点にある
      >ように思う。
      例えばWindowsCEとか×箱/×箱360とかですね。
      それらの分野でどれだけ大赤字を出しても、Windowsと
      Officeからの利益で補填するから大丈夫。

      少なくともOS分野、Officeソフト分野、それ以外の三社に
      分割民営化してくれないと、MSの悪名は消えないと思う。
      9/11のアレさえなければ実際にそうなっていたかもしれないのに。
      #ゲイツ君の最大の協力者はひょっとして?
    • >マイクロソフトが嫌われる理由のひとつには、OSや
      >Officeで上げた利益をOSやOfficeの製品開発につぎ
      >込まない点にあるように思う。

      利益率90%以上の製品というのが‥

      まぁ、金に物を言わせて激安なOEMで一太郎やLotus1-2-3
      を潰したOffice‥
      無料で配ってNetscapeを潰したIE(「ねっとえすけーぷ」
      と読む上司がいたよなぁ‥いくら注意しても‥ある意味
      当たっているけど‥(笑))
      ケーブルテレビにISP、ポータルサイト‥いろいろ手を
      出してこけてますねぇ‥ISPとか悪辣としかいえない
      加入方法だったし(笑)ポータルサイトもデフォルトが
      あれですし‥
      あ、そいや上の上司、Yohooを「やっほー」読んでいたな。
  • by Y.TAKENAKA (24555) on 2006年01月05日 17時28分 (#859656)
    マイクロソフト製品は必要以上に買わないけど、officeでもOSでも、認証を搭載しちゃったのは分岐点だったのではないかと思うな。

    認証を搭載したのにofficeなども更に値上げしちゃったわけで、なんでそんな技術で収益率が上がると言ってるのに値上げをするんだ?と大きく疑問に思ったし、やり方がこそくな印象を持ったのは否定出来ない。ここで、認証をくわえた上で、値段を下げて、5台くらいインストールOKくらいの緩やかさがあればまた違ったかもしれない。正規に買ったユーザーがめんどくさい?手続きをしてさらに高いとなれば、敷居だけがあがるわけで、ユーザーを保持出来るなんて考えられないですね。ここはマイクロソフトの読み(OS/Officeの強さを過大評価しちゃった)が失敗したところでしょう。

    そんな、認証の搭載と前後して、フリーソフト系の実力の認知が高くなってきたことは影響があったのではないかと思う。自ら富を独占しようとして、逆に独占的企業から転げ落ちる方向を選んでしまったのではないか?と考えていますね。

    とはいえ、多くの分野でまだまだ強力なポテンシャルを保持していることは否定出来ないですね。
  • by pinch (22469) on 2006年01月04日 14時13分 (#858839)
    だいぶ良くなっているとは思うが、まだ独占企業的だと感じる。

    HD DVDだけ、Windowsの値段を下げようとしている。
    市場を独占しているから、とれる作戦だろ。
  • IEはもはやMacユーザーに適さないという

    のリンク先が本家の元記事になってますが,おそらくこちら [slashdot.org]です
    --
    体は壊すためにあり,
    規則は破るためにある.
  • ダブスタ。 (スコア:1, 興味深い)

    by Anonymous Coward on 2006年01月04日 15時56分 (#858882)
    何か都合の悪い時は独占企業扱いして叩く。
    "こっち側"の優位性を説きたい時には「もはやMS独占の時代は終わった」とのたまう。

    結局どうなのよ? となると、デカ過ぎてプロダクト毎に考えなきゃ話になんねー
    • by Anonymous Coward
      「終わった論」に振り回される時代は終わった。

      本当に終わっているものを、遅れて来て「終わった」と再確認する
      周回遅れのヤツではちやほやされないからだ。
      今まさに脂の乗っている旬のものを逆説的に「終わった」と主張するからこそ、
      目新しさが生まれて注目を集められるのである。

      が、その手法でさえ凄い勢いで使い古されてしまい、
      「終わった論」ではマンネリ視され、
      注目されなくなってしまった。
      「終わった論」は終わったのだ。
  • OpenOffice.orgは使ったことがないのでよく分からないのですが、
    AccessはMySQLのフロントエンドとして使えます [atmarkit.co.jp]よ。
  • by Anonymous Coward on 2006年01月04日 12時27分 (#858803)
    "Playstation outsells the xBox at least two to one" なんですけど、多分、「同数か、少なくとも2倍は…」と訳すとこなんではないかと。

    # ちょっといい和訳が思いつかないです。
typodupeerror

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

読み込み中...