パスワードを忘れた? アカウント作成
12355 story

2010年に宇宙ロボット格闘技大会 132

ストーリー by kazekiri
ニュータイプの時代 部門より

ayabu曰く、"2010年に宇宙ロボット格闘技大会とのこと。 人工衛星が地上400~600キロの極軌道に乗ったところで、命綱が付いたロボットを宇宙空間に放出。衛星に搭載したカメラの映像をみながら地上からの無線操縦で一対一の格闘を実施するとのこと。衛星が日本上空を通過し、無線が伝わる1日4回、1回10分ほどの間に競技をする。ガンダムの時代がいよいよ近づいてきました。"

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2006年04月22日 21時42分 (#926598)
    ロボット自体共通パーツで作られていると思いますので
    初めの試合から故障しまくって大会自体失敗に終わると思います。

    原因は無重力で、無重力下では対流が発生しないために
    部品が異常加熱してしまいます。サーポモーター系は
    モータの軸受け部分の樹脂が溶けてモータが動かないくなる可能性があります。
  • OFFICIAL SITE (スコア:3, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2006年04月22日 21時23分 (#926591)
  • デブリとか足とかは (スコア:3, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2006年04月22日 21時41分 (#926596)
    既に語られています [srad.jp]ので、他のネタ希望なりね。
  • ガンダムと言うよりも (スコア:3, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2006年04月22日 21時44分 (#926599)
    >ガンダムの時代がいよいよ近づいてきました。
    プラレス三四郎。

    #マイナー杉ですか。そうですか。
  • by onnoji (27294) on 2006年04月23日 7時08分 (#926804)
    やっぱり有るんですよね?
    パンチ飛んできて避ける動作を送信している間に喰らってそうな…
    姿勢制御技術の戦いになるのかな。

    #手をぐるぐる回してたら勝ちそうだ・・・いや、自分も吹っ飛ぶか。
  • by kappie (9734) on 2006年04月22日 21時25分 (#926592) ホームページ 日記
    ロボワンには大気圏を突破する性能はない、気の毒だが。
    しかしクラウン、無駄死にではないぞ。
    お前が連邦軍のモビルスーツを引き付けてくれたおかげで撃破することができるのだ。
    --

    /K
  • 想像図を見た第一感想 (スコア:2, すばらしい洞察)

    by dark_green (28724) on 2006年04月22日 21時27分 (#926593) 日記
    足なんて飾りです。
    でも偉い人は足がないとロボットだと分からんのです‥かな。
    # ロケットパンチしたらデブリ屋に怒られそうだな
    • by inu (4662) on 2006年04月22日 22時04分 (#926605) ホームページ 日記
      ITmediaのこばやしゆたか氏の記事 [itmedia.co.jp]の記事の最後を参照してみよう!

      # さすがITmedia
      親コメント
    • 足なんて飾りです。 (スコア:4, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2006年04月22日 22時21分 (#926610)
      >足なんて飾りです。
      腕も飾りです。
      頭も飾りです。
      方向転換を考えると球形がいいのでは。
      ロケットパンチより大砲でも付けた方が効率的です。

      それって『空飛ぶ棺桶』ことRB-79 「ボール」では。
      親コメント
  • by WindKnight (1253) on 2006年04月22日 22時54分 (#926634) 日記
    まず、打ち上げ時の「G」に耐えられないといけない。

    次に「0G」で稼動しないといけない。
    出撃にせよ、射撃にせよ、格闘にせよ、姿勢制御は骨でしょうね。

    おまけに、温度変化の激しい真空だしね。

    と考えると、勝利の鍵は事前にどれだけテストできるかに掛かっているやうな気がする。
  • あのぅ......タオルは、、 (スコア:2, おもしろおかしい)

    by echo (1161) on 2006年04月23日 11時18分 (#926863) ホームページ 日記
    どうやって投げ込めばよいでしょか?
    --
    −・・ ・   ・ −・−・ ・・・・ −−−
    手垢で汚れた少年漫画とソースの香りがいい感じ
  • by Anonymous Cowboy (6205) on 2006年04月23日 19時29分 (#927017)
    現在のRobo-One競技は基本的に競技直前のメンテナンスがなくては成立しません。最低でもラウンドごとにバッテリーを交換しないといけないし、地上で普通に動かしているだけでも、接触不良からソフトの異常まで、マイナートラブルなんか山のようにあります。

    ですから打ち上げる際の衝撃でどこかがおかしくなって、競技が成立しない可能性は非常に高いと思えます。

    またメンテの問題を無視するとしても、タイムラグがある条件下での遠隔制御という問題もあります。
    現在の試合ではロボット同士が変な位置関係になったり引っかかったりしたらレフェリーが手でリカバリしてますから、そうした問題も考慮せねばなりません。

    通常環境下でもこれだけの問題があるのです。電源や通信環境、レフェリーの物理的介入など、事務局側が提供すべきインフラのことをどの程度考えているのかは疑問と言えます。
  • 宇宙に行ってまで、争わなくてもいいのでは・・・
    --
    Minder
  • by e2718 (23583) on 2006年04月22日 22時01分 (#926603) 日記
    冷淡な日本社会で誰がそんな大金だすのだ?

    と思ったら
    >打ち上げ費用はざっと2億円

    これくらいなら、ほりえもんでなくても、物好きなら出すかな?

    しかし本当に2億円で打ち上げられるの?

    でも、うまくいったら、大きなお友達だけでなく、リアル子供にも受けそう
    ロボ技術だけでなく、宇宙技術にとっても追い風になることを祈ります
  • 使い捨て? (スコア:1, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2006年04月22日 22時27分 (#926612)
    大会に出場したロボットの回収は可能なんでしょうか?
    大会終了後にデブリになるか大気圏で燃え尽きるかだと、作り手や操縦者としては不憫な気がするんですが。

    # この間のロボット競技番組のトリの企画は酷かった。「失敗したら壊れます」って、番組的におもしろければいいってものじゃないだろうに。
    • by onyonyo (15599) on 2006年04月22日 22時43分 (#926624)
      燃え尽きるまで闘うので、回収のことなんて考えてないでしょう。

      下手に回収などするよりも、星として地球の上に漂っているほうがカッコイイと思うのですが。

      親コメント
      • by e2718 (23583) on 2006年04月22日 23時01分 (#926638) 日記
        >星として地球の上に漂っているほうが

        それは上で書かれているように、デブリというのでは、、、、、、、

        こうして、議論の無限ループが始まる

        #自分の星の方がカッコイイと思いますが、、、、、
        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2006年04月23日 0時16分 (#926689)
    空気が読めなくてもいいってことだな。

    # 二重掲載してしまっても。
  • by Ultramarine (24090) on 2006年04月23日 0時51分 (#926711)
    asahi.comでは「1体が10センチ四方に収まるロボット4体を積み込み…」とあり、

    現場でメンテができるとも思えないので、決勝戦と三位決定戦だけだろうか。

    準決勝2戦と決勝戦をするのだろうか。
  • by cogito (25709) on 2006年04月23日 15時13分 (#926949)
    中学生理科程度の知識しかないですが、作用反作用が抵抗なしにはたらくんですっけ?

    相手にパンチすれば、自分もすっとんでいくわけですよね。殴っては離れ、離れては近づきという繰り返しになるような気が……

    #というわけでビームサーベルを使えるようにしてあげましょうよ
typodupeerror

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

読み込み中...