パスワードを忘れた? アカウント作成
12824 story

HDD容量の集団訴訟でWestern Digitalが和解 100

ストーリー by yoosee
どっちもどっちという感じですが 部門より

maia曰く、"APの記事(翻訳はITmediaの記事、原文はABC 7 Newsで読める)によれば、「HDDの表示記憶容量が実際と違う」として約100万人が参加した集団訴訟で、Western Digitalは法廷闘争による多額の費用発生を避けて和解に応じ(SETTLEMENT AGREEMENT)、2001年3月22日から2006年2月15日までに同社製HDDを購入した人を対象に、バックアップ/復元ソフト(小売価格は1本30ドルと算定)を無料で配布すると発表した。配布を受けるための登録は7月15日まで(Settlement Information)。 また、集団訴訟を昨年に提起したサンフランシスコの弁護士アダム・ガトライド氏とセス・サフィア氏に対する報酬と費用50万ドルも負担する。
なお、Seagateも両弁護士から同様の訴訟を起されており、今も係争中だ。

容量の表示が異なるのは、HDDメーカーが「MB」や「GB」を10進法(10の3乗=1000)で表記し、OSでは2進法(2の10乗=1024)で扱う習慣から来ている(Seagateによる解説)。
関連ストーリー:HDDの容量が少ないと訴訟(2003年09月19日)"

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2006年06月29日 13時21分 (#969106)
    Mの時代に購入したHDで、カタログスペックとの乖離に騙された感を覚えた記憶があるが。

    K 1000^1 / 1024^1 = 97.7%
    M 1000^2 / 1024^2 = 95.4%
    G 1000^3 / 1024^3 = 93.1%
    T 1000^4 / 1024^4 = 90.9%
    P 1000^5 / 1024^5 = 88.8%

    単位が上がるにつれて誤差は広がっていく。

    10進で表記した方が大きく見え、購入前のモティベーションが上がることは確かだが、
    逆に購入した後で大きく損をしたように感じる。
    Tに手が届こうかという時代だからこそ、そろそろこういう水増しは止めてほしい。
    • by Anonymous Coward on 2006年06月29日 13時38分 (#969120)
      水増し、っつーかなぁ…。

      物理量と論理量の違いだもんなぁ。しゃーないよ?

      SI接頭辞
      k 1000^1
      M 1000^2
      G 1000^3
      T 1000^4
      P 1000^5

      ICE(国際電気標準会議) 2進接頭辞
      Ki 2^10
      Mi 2^20
      Gi 2^30
      Ti 2^40
      Pi 2^50

      物理層に近いモノはSI接頭辞、論理層に近いモノはICE2進接頭辞が良いと思うな。
      例えば通信速度だと、bpsの場合はSI、Bytes/sec の場合はICE2進という具合に。

      とはいえ、素人には理解できない感覚だろうし、5インチ1MBフロッピーみたいな中途半端もあったりしたしw
      現実には、双方併記のうえで、OSでフォーマットした後の管理領域引かれたサイズも記載して販売すべきでしょうね。

      ICE2進接頭辞、もっと普及して欲しいんだけど、全然ですね。
      自作のソフトでは、積極的に採用してるんですけどね…。
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2006年06月29日 17時46分 (#969301)
      「マザーボードを作っているギガバイトや、テープドライブを作っているエクサバイトは、いったい自分自身が何バイトだと思っているのだろうか。」と、256倍本のどれかに書いてあったのを思い出した。
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2006年06月29日 13時25分 (#969109)
      水増しっちゅうか、むしろOSの方が「K、M、G」の定義間違ってるんじゃないの?
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2006年06月29日 14時36分 (#969166)
      仮に誤差が 1% でも 100GB のディスクなら 1GB に達するわけで、
      FAT とかディレクトリとかその他の予約領域で実際には使えない容量も、
      絶対値で見ると大きいな~と思う今日このごろ。
      親コメント
      • Linux の場合は ext3 で root 専用領域にデフォルトで 5% 持っていきますよね。
        一般ユーザ権限だと容量は空いているのに 95% までしか使えなくなる。

        主にデータ用で root 専用に領域を取っておく必要が無い場合、僕はいつも tune2fs -m0 をやってますね。そうすることで無駄に使えなかった 5% が使えるようになります。
        最近だと1つで 750GB のHDDもあるし、その 5% では 37.5GB も使えていないわけです。
        これはかなり大きいので、最近は気をつけるようにしてます。

        参考 [kawaz.jp]
        親コメント
    • >単位が上がるにつれて誤差は広がっていく。

      誤差云々の問題もありますが、それ以前に誰がどう考えても10進表記の方が直感的に簡単に単位間の変換ができて便利だと思うんですけども。

      DVDに書き込み行う際に、毎度単位がkだったかMだったかGだったか確認してから電卓出して計算して…などと面倒くさいことをやりつつ、単位が変わるだけで数値がコロコロ変わってしまうような2進表記の方を撲滅すべきなんじゃないのか?とごく自然に考えてしまうんですけど。

      いや、2進表記を無理に10進表記に直さず、全部0と1で書いとけば良いのか?そうすりゃ10桁ごとに落とせば簡単に単位の変更が可能で一件落着?どうなんでしょ。
      親コメント
  • 次は, (スコア:4, おもしろおかしい)

    by shiba (273) on 2006年06月29日 13時24分 (#969108) ホームページ
    次は,「容量を少く表示した」と,OSメーカーを訴えるのでしょうか?
  • by Anonymous Coward on 2006年06月29日 22時24分 (#969446)
    1. [ファイル]→[新規作成]→[メールメッセージ]で新しいメッセージ作成ウィンドウを開く。
    2. [挿入]→[添付ファイル]で何か適当な大きさのファイルを添付する。添付の欄に「ファイル名(大きさKB)」が表示されるので大きさを確認する。
    3. [ファイル]→[保存]してウィンドウを閉じる。
    4. 下書きフォルダに保存された今のメッセージを開く。
    5. 添付ファイルの大きさを確認する。
    6. 先ほど添付した同じファイルを添付してみる。あれ摩訶不思議。同じファイルなのにサイズが違って表示される。

      計算すると1000と1024を混ぜてつかっていることがわかります。ぉぃぉぃって感じ。

  • by taka2 (14791) on 2006年06月29日 13時26分 (#969110) ホームページ 日記
    訴えるべきは、1048576=1Mとか、1073741824=1Gっていう紛らわしい接頭辞を使ってるOSメーカーじゃないですかね。
    ハードディスクメーカーの方は国際単位系に素直に従ってるだけなのに…

    #まあ、メビバイトとかギビバイトって言われても、とっさに反応できませんが…
    • Re:HDDメーカーのせい? (スコア:3, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2006年06月29日 19時02分 (#969354)
      > 訴えるべきは、1048576=1Mとか、1073741824=1Gっていう紛らわしい接頭辞を使ってるOSメーカーじゃないですかね。
      ならばOSの不当表示のせいで損害を受けたとして、Western DigitalがMicrosoftを提訴すればいいというのが訴訟社会というものです。間違っても訴えたことを非難したりはしません。
      親コメント
    • IEC規格の接頭辞 (スコア:2, 参考になる)

      by maia (16220) on 2006年06月29日 13時51分 (#969135) 日記
      キビ (kibi)  Ki > KiB(キビバイト)=1024バイト
      メビ (mebi)  Mi > MiB(メビバイト)=1024キビバイト
      ギビ (gibi)  Gi > GiB(ギビバイト)=1024メビバイト
      テビ (tebi)  Ti > TiB(テビバイト)=1024ギビバイト
      ペビ (pebi)  Pi > PiB(ペビバイト)=1024テビバイト
      エクスビ (exbi) Ei > EiB(エクスビバイト)=1024ペビバイト
      ゼビ (zebi)  Zi > ZiB(ゼビバイト)=1024エクスビバイト
      ヨビ (yobi)  Yi > YiB(ヨビバイト)=1024ゼビバイト

      #んか言いずらい。慣れか。ギガとかテラという音の響きが好きだったのかも。
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2006年06月29日 14時43分 (#969172)
      パソコンに接続して使用することが明らかな製品が、パソコンで表示される容量に合わせた表記を行っていないことは果たして良心に恥じない行為なのかどうか考えてみる必要があるのではないでしょうか。メモリ系はハードディスクドライブのような表記は行っていません。

      少なくとも2進数系と10進数系の表記を両方行う程度の「紛らわしくない」表記は求められたとしても行きすぎではないでしょう(訴訟とその結果が適切であるかどうかはなんともいえませんけどね)。

      こうした改善をせずに、パソコンに接続するためのデバイスが長年にわたってパソコンで表示される容量よりも大きく表示できる方の表記を行ってきたという事実だけ見れば、水増ししたかったのではないか、と思われても仕方ない面もあるのではないかと思います。

      親コメント
      • by tks256 (30608) on 2006年06月30日 1時55分 (#969539)
        あの・・・・・メモリは、その特性上、
        容量が2の倍数にならざるをえませんよね?
        で、元々OSがこのような表記になったのは
        メモリにそういう特性があるから、ってのもご存知ですよね?

        慣例的にOS側がそう表記していただけで、
        間違ってるのはOSとメモリの方なんですよ。ホントは。
        親コメント
  • よし、次は (スコア:2, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2006年06月29日 13時41分 (#969122)
    >バックアップ/復元ソフト(小売価格は1本30ドルと算定)

    が実売価格$29.99だったと言って訴訟を(ry
  • 和解内容が (スコア:2, 参考になる)

    by paku (11283) on 2006年06月29日 13時43分 (#969126) ホームページ 日記
    容量問題がバックアップ/レストアソフト提供で手打ちと
    いうところに、なんか「訴訟そのものがどうでもよかった?」
    と、感じられてしまいます。

    減った(との主張)分の補填ならまだしも…。
  • なんとなく釈然としない (スコア:2, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2006年06月29日 13時50分 (#969134)
    大昔から、綿々と伝わってきた伝統を守り続けてきただけなのに。
    そういう伝統の中で生きてきた人たちの成果を利用するだけの新参者が、その文化にけちをつけて、終いには訴訟だなんて。
    学ぼうともしないで、自分が無知であることを恥じるどころか、その無知でもって相手を非難しようだなんて、厚かましいにも程がある。

    #と、言ってみる。
    • トン [wikipedia.org]では訴訟はおきてないんですかね?
      #大昔すぎて訴訟できないか
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2006年06月29日 16時14分 (#969243)
        英パイントと米パイントの違いとか・・・
        日頃ギネスばかり飲んでいるので、たまに米パイントのグラスを見ると違和感ありまくり。
        親コメント
        • Re:英トン米トン仏トン (スコア:2, おもしろおかしい)

          by Sakura Avalon (12557) on 2006年06月29日 19時59分 (#969388)
          バーレル(バレル)とかもそうですね。元々はワイン一樽の単位で樽そのものは50ガロン(米国単位)だったのですが、輸送や蒸発その他によって最終的には42ガロンくらいまでに目減りするから42ガロンを1バーレルとしているという歴史的経緯が素晴らしく面白いです。

          HDDもフォーマットで目減りするから最初から「HDD単位で1hdは約1.2Gbytesとする。多少の増減は無視。」とかすれば良いのに。そうすれば今の250G HDDが200hdくらいになって、フォーマット後でも何か得した気になると☆

          #SHARP X1用に「320K外部メモリ」が売られてて「すごい!フロッピーが丸ごと入るよ!!」と驚けた時代はもう昔…。
          親コメント
  • by D122 (31308) on 2006年06月29日 20時04分 (#969390)
    こういう人数が多い保証にソフトウェアを充てるのって、双方に嬉しい良いアイデアかも。

    もうね、百万人でも一億人でもどうぞと。
    受け取る側も、大目の価値のものを期待できるし。

    ・・・ずるいとしか思えんけど。

    #あー、でもどっかの不祥事でATOKとか配ってくれたら嬉しいかも。
    #バージョンアップ時にはお金を払う事になるから、配布側も結構美味しいだろうし。
  • 日本では (スコア:2, 興味深い)

    by akira_t_t (31146) on 2006年06月29日 21時42分 (#969425) ホームページ
    記憶に有る限り8年ぐらい前には、箱にはいったHDD容量換算の但し書きがあったきがする。
    今でもIOデータとかそのへんのメーカーはGByteの定義かいてるのかなぁ?
    もはや文化とあきらめていたけど、アメリカでの販売では但し書きはないのかな?
  • by Anonymous Coward on 2006年06月30日 0時17分 (#969501)
    昔のHDDの容量表記は2進法の表記だった気がしましたが、記憶違いでしょうか...。
    容量が500Mを越えた辺りから、10進表記に切り替えたような気がしています。

    当時違和感があったので...。
  • by Anonymous Coward on 2006年06月29日 13時35分 (#969114)
    HDD もモデルナンバーを導入した方がいい
  • by Anonymous Coward on 2006年06月29日 13時38分 (#969119)
    >容量の表示が異なるのは、HDDメーカーが「MB」や「GB」を10進法(10の3乗=1000)で表記し、
    >OSでは2進法(2の10乗=1024)で扱う習慣から来ている(Seagateによる解説)

    1Gハードディスクなんかは、1024MBってハードディスクメーカも表記していませんでしたっけ…

    いつの間にかお得なほうに書き換えていったんですねぇ
  • by phenix (31258) on 2006年06月29日 14時01分 (#969145)
    512メガカートリッジは650メガCDの1/10も入らないんですけど訴えられますか?
  • by Tribble (19213) on 2006年06月29日 17時19分 (#969283)
    接頭辞使わずにByteのみの表示を義務化すればいいだけじゃないか。
    接頭辞はあくまでも「丸められた数値」ってことで。
typodupeerror

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

読み込み中...