パスワードを忘れた? アカウント作成
14000 story

Wikipedia は広告の為の場所ではありません 194

ストーリー by GetSet
ルールを正しく守って楽しみましょう 部門より

数多くのタレコミをいただいたが、その中から KAMUI 曰く

INTERNET Watchネットショップ&アフィリエイトのためのSEO対策なる記事が掲載された事から、一部のウィキペディアンがインプレスへの抗議を行なっている様です。
件の記事を書いたのはスマートシステム株式会社代表取締役で「SEOコンサルタント」の田村昌士氏なのですが、記事中で……

 
Wikipediaが普通の百科事典と違うところは、一私企業の紹介であっても、ある程度実績のある会社であれば掲載可能であるという点です。 上場、非上場などは問われません。自社の概要を掲載した上、自社サイトへのリンクを張ることが可能です。Wikipediaは普通のページであっても 4〜5のページランクが与えられていますので、非常に優秀なリンク元となるわけです。しかも無料で、確実に掲載することが可能です。 「うちは実績のある会社なのに、検索エンジンで全然引っかからない」とお嘆きの方は、Wikipediaへの投稿にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
と書いたことで、騒動となった模様。

そもそも Wikipedia は「百科事典」であり、

  • 「SEO対策に使うのは目的外利用」
  • 「宣伝は即時削除対象」
  • 「自分自身(自社含む)の記事を作らないのがマナー」
となっている事から、件の記事の削除要求を出している人も居る様です。また「Wikipedia の外部リンクは A要素に rel="nofollow" が入っている為、Google のページランクに影響しない、その記事は虚偽の事項を載せている」との指摘もされています。そもそも先頃の楽天証券従業員によるWikipedia情報操作が叩かれた様に「自社に都合の良い話」だけが載る訳でもないのですが、記事においてその点に触れていない事も問題であろうと思われます。
今回の記事を読んで、暫く前に話題になった「瀬をはやみ」に比べて芸が無いなァとタレコミ人は思ったりしたんですが……
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 記事?広告? (スコア:5, すばらしい洞察)

    by LARTH (14573) on 2006年11月23日 21時16分 (#1063485) 日記
    あからさまな広告なのに「広告企画」の文字が入ってないのは不適切ではないのかな。
    いいことばっかり書いて黒歴史を掘り返されるリスクを説明しないのもアレだな。
    • Re:記事?広告? (スコア:2, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2006年11月23日 22時17分 (#1063534)
      Impress Watch [impress.co.jp]に載ってるほとんどの記事があからさまな広告なのに?
      親コメント
      • 製品カタログでしょ? (スコア:2, すばらしい洞察)

        by Anonymous Coward on 2006年11月24日 7時58分 (#1063717)
        私は「各社の製品情報が混載されたカタログ」として使っていますが …
        判りやすい例は  Robot Watch [impress.co.jp] かな

        ロボット分野に限らない話ですが
        それぞれの社のプレスリリースを読みに行くのはめんどうですし、
        新製品の解体なんて、自分ではしたくないですから。
        (不調になれば、それを口実にして手出ししますが)

        なんだか、妙な考え方をする人がいるみたいだけれど
        流通している情報の獲得とそれを利用するのは別レベルの話だよね。
        単に「フィルタリング能力」の問題じゃないの?
        (「SFを読んで科学知識の習得を期待する」タイプだとお手上げだけど)

        当事者が出している情報を鵜呑みにするというのは、
        対象が何であっても危険な事だよね。
        逆に、当事者の言い分をそのまま出してくれるサイトも無いと困るし。

         # まあ、サイトの性格についての認識が違っているのかもしれませんが
        親コメント
  • まぁ誰でもかけると言うことは、そのうち「スマートシステム株式会社」とか「田村昌士」とかの項目がたてられて「Wikipediaがどのようなものかを理解せずにSEOに使おうなどという愚かな主張をした組織・人間」という説明が書き加えられることでしょう。
    --
    屍体メモ [windy.cx]
    • by Anonymous Coward on 2006年11月23日 21時43分 (#1063506)
      既にそういうことをする人が出ていて、即時削除されています。ウィキペディアは宣伝広告ではありませんが、それと同時に、弾劾・追及の場でもありません。そういう荒らしに加担して管理者の面倒を増やすようなことをするのはやめたほうがいいでしょう。
      親コメント
  • 公式ルール (スコア:5, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2006年11月23日 21時43分 (#1063507)
    > Wikipedia は「百科事典」であり、
    > * 「SEO対策に使うのは目的外利用」
    > * 「宣伝は即時削除対象」
    > * 「自分自身(自社含む)の記事を作らないのがマナー」
    > となっている

    勝手なマナーを押しつけるなとか言われそうなので
    Wikipedia:基本方針とガイドライン [wikipedia.org]とか
    Wikipedia:ガイドブック 編集方針 [wikipedia.org]とか
    Category:公式な基本方針 [wikipedia.org]とか
    を挙げておけばいいのかな?
  • by Anonymous Coward on 2006年11月23日 21時56分 (#1063518)
    百科事典の中立性が何故必要なのか全然理解していないようですね。
    Wikipediaは無償のサービスとして提供されている理由も。
    言わば公共的な性格を持つ知的スペースなのですが、その公共の場を自己の利益のためにタダで利用しようというこのコンサル氏の精神的な貧困さはまったくどうにかならないものでしょうか。
    本来、広告にはそれなりの費用がかります。
    そして費用をかけたからといって効果が上がるものでもありません。
    無償で利用できるスペースを利用したからと言って広告上の効果が期待できるとも限りません。
    だからこのコンサル氏の言うようにリンク元として優れているから広告効果が上がるとは限らないという点において限りなく行ってることが胡散臭いように思えます。
    このコンサル氏は自分だけよければ他人のことなどどううでもよいお考えな方なのでしょうね。
    • ブリタニカに (スコア:4, すばらしい洞察)

      by epsilon-minder (32074) < > on 2006年11月24日 10時50分 (#1063782) 日記
      会社の広告を載せさせるようなもんだろ?

      どんだけ馬鹿げたことか考えてほしいな。

      #印刷物でwikipediaに相当するものはこれしか思い付かなかった。
      #ちょっとずれてるのは勘弁して欲しい
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2006年11月24日 9時50分 (#1063753)

      本来、広告にはそれなりの費用がかります。
      そして費用をかけたからといって効果が上がるものでもありません。
      無償で利用できるスペースを利用したからと言って広告上の効果が期待できるとも限りません。
      だからこのコンサル氏の言うようにリンク元として優れているから広告効果が上がるとは限らないという点において限りなく行ってることが胡散臭いように思えます。

      議論が整理できていないように感じました。
      費用をかけても広告効果が期待できないのであれば、注目度が高くなおかつ無償のスペースに注目するのは、商売人としては当然の発想ではないでしょうか?
      結果的に広告効果が得られなくても、投資が少なくすむのであれば、まずは一度試してみようと思うのは、自然な行動です。
      Wikipedia は、その点で、絶妙な位置にいると思います。

      しかし、このようなことを書くということは、このコンサル氏、過去にも同じことをやって、ばれず、成功した実績があるのでしょうか。
      わざと書いて、他社を Wikipedia に誘導して批判されるようにしむけようとしたのだったら、巧妙と言えますが、自分が指弾されるのでは当て外れでしたね。
      親コメント
  • by taka2 (14791) on 2006年11月23日 22時27分 (#1063544) ホームページ 日記
    一般の不特定多数を相手に書かれた記事の中で
    Wikipediaを指して「Wikiの基本方針」「Wikiに自社の解説を載せる」「Wikiの「ブーメラン」解説ページ」と記述するような人はIT技術者として信用できないと思う。

    あと、これはこの人に限った話じゃないですが、最近よく見かける「SEOすることをSEO対策と言う」のも違和感あります。
    SEO [e-words.jp]とはサーチエンジンの上位にくるようなページ作りをすることで、検索エンジン対策とも言ったりするわけで、
    それに対処する「SEO対策」とは、その文字通りに受け取るなら、不正なSEOをしているページが上位に来ないようにするといったサーチエンジン側の行いを指すものでしょう。
    SEOすることをSEO対策と言うのは馬から落馬してるというかspam送信をspam対策と言うような表現になってると思うのです。

    不正なSEOが横行して「SEOは悪いこと」というイメージが広まったのに対し、「SEO対策」という用語を使うことで
    「SEO対策」は「悪いことに対処する、良い行いである」というイメージ戦略をやってるんじゃないかと勘ぐってしまいます。
  • まぁーこの会社のサイト自体はあまりSEOしていないようなので
    何とかの白袴って感じですかね。
    HTMLソース見てみると、文章の途中で、背景が白で文章も
    白というSEO的にまずそうな隠し文章もありますし。
    いやもっと面白いのは、トップページのソースの一番下にJavaScriptで
    アクセス解析だか何だかのコード [dev-smartsystem.com]が仕込んであるのですが
    このコード、何というか、非常にアマチュアくささが臭いますね。
    特にコメントが!!

    で、このアクセス解析スクリプトが置いてあるサーバーで
    ディレクトリをさかのぼってみると [dev-smartsystem.com]
    何やらテストページが!!
    このテストベージ自体はSEOには多分関係してこないからいいとは思いますが。

    でもここの会社にSEOを頼むのはちょっと不安だなぁ。
  • by Anonymous Coward on 2006年11月23日 23時52分 (#1063595)

    同じ事を考えている人もいるんじゃないだろうか、と思いつつ書きます。

    本当に田村氏が完全に間違っているのだろうか。彼の考えは、実はWikipediaの本質を突いているんじゃないだろうか、と思う。

    おたく趣味から芸術や学問まで(アニメから科学まで)、どれを取っても言えるのは、充実させているWikipedian達の本当の動機は?

    多かれ少なかれ、それらの項目が好きで、それらを人に知って欲しい、のではないか?

    たまたま田村氏がビジネスに的を絞ってしまった(要は金儲け。それが深層心理的に反感を買った)のと、(営業戦略的に)大胆な言い方をしただけで、本質的にはWikipedian達も同じ動機で書いているんじゃないだろうか。

    その心理構造は、同じだと思う。

    マイナスもでされてもつまらないのでここはACで。

    • Re:Wikipediaの本質 (スコア:3, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2006年11月24日 1時11分 (#1063645)
      > 多かれ少なかれ、それらの項目が好きで、それらを人に知って欲しい、のではないか?

      全く同意します。なぜ知ってもらいたいのかといえば、自分の好きなものを知ってもらう人が増えると嬉しいってのはかなりの人と共有できる感覚だからでしょう。

      > 心理構造は、同じだと思う。

      田村氏(というかWikipediaをビジネスに使おうとする人たち)には、「私は○○が大好きなんで、みんなに知ってもらいたい」というような「愛」が感じられません。

      知ってもらう人が増えると嬉しいというのと、知ってもらう人が増えると引き受けた仕事が成就するというものとでは心理構造はかなり違うと思うのですが。

      親コメント
    • Re:Wikipediaの本質 (スコア:2, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2006年11月24日 0時15分 (#1063608)
      激しく同意します.マニアックな技術用語とかならまだしも,アニメの中の設定とかTVドラマの設定とかまで出てるので,ユーザとしては便利&楽しませてもらってはいますが,いつも「…これって百科事典じゃないよね」と内心で感じています.良く言えば「百科事典のようでちょっと違うWikipediaという新しいジャンルのモノになった」ってことなんでしょうが…

      例:ガンダムのモビルスーツの開発の歴史とか,"24"のジャック・バウアーの経歴とか,お笑い芸人同士で誰それと誰それの仲が悪いとかいう噂話とか.いや,読んでると面白いことは面白いんですけどね.
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2006年11月24日 0時23分 (#1063616)

      自己の欲望・目的とウィキペディアの理念・目標との間に生じるジレンマと戦うことから全てが始ります。本質というならばそのジレンマこそが本質でしょう。ジレンマを感じられない人が己の欲望に任せて書いた記事は淘汰されて本流からは消えていきます。削除されるにせよ放置されるにせよ、です。

      田村氏がどこまで考え、あるいは考えずにいたかはしりませんが、手段は手段として、目的は目的として、自分のそれと異なる場合でも、それぞれウィキペディアにあわせるというジレンマを経なければならないことにまったく触れない文章をインプレスに出した、それは卑怯なことであり認められることではありませんね。その上いってる手段がうそだったとなれば、恥ずかしくて世間に顔見世できないはずです。今後彼らが一体どう動くかが楽しみです。

      親コメント
    • Re:Wikipediaの本質 (スコア:2, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2006年11月24日 0時49分 (#1063635)
      ひとつ大きな違いがある。
      田村氏の勧めた行為は自画自賛である。
      Wikipedian達の行為は自画自賛ではない。
      親コメント
    • Re:Wikipediaの本質 (スコア:2, 参考になる)

      by Jubilee (20038) on 2006年11月24日 1時28分 (#1063650)

      >多かれ少なかれ、それらの項目が好きで、それらを人に知って欲しい、のではないか?

      その通り。「知って欲しい」のですよ。「金を儲けたいから」じゃないんですよ。

      「いいものがあるから他人にも与えたい」というヒトの協力本能(デズモンド・モリスの著作なんかに出てきます)の産物なのです。それも欲?まあそうですが、「与えたい」という欲であって「手に入れたい」という欲ではありません。「金儲けに利用しよう」という動機で「他人に与える」のを否定はしませんが、それは邪道というものだと思います。とはいえあんまり言うと研究者が最新の知見を投稿するのも邪道になっちゃいますが。

      Wikipediaの記事はオープンソースソフトウェアと一緒だと思います。

      --
      Jubilee
      親コメント
    • Re:Wikipediaの本質 (スコア:2, すばらしい洞察)

      by ITOK (29099) on 2006年11月24日 10時47分 (#1063780)

      動機の構造が同じでも,もたらす結果が違うので嫌われているのではないでしょうか。

      • Wikipediaに記事を書くことはWikipediaに貢献する。
      • Wikipediaを利用してSEOを行うことはWikipediaに貢献しない。
      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2006年11月23日 21時15分 (#1063484)
    「フレーム構造はSEO的に不利?」 [impress.co.jp]っていうのも、
    だいぶと古いネタだなって思うね。

    おまけに最後の方で、ナニゲに自分ところのアフェリエイトサイトの
    宣伝を入れているあたりイタさ満点だよ。
    • by Anonymous Coward on 2006年11月23日 21時37分 (#1063499)
      古いネタって気づくような人たちをターゲットにした記事ではないんですよ。
      無料で読める記事で手の内を明かすほどアホでもないでしょうから。

      ・SEOってそんな事をするんだ、ふ~ん私もやってみよう。
      ・効果出ないな...
      ・やっぱりプロに頼まないとダメかな?
      ・そうだあの記事に載っていた会社に頼んでみよう。
      ってな層をターゲットにした広告記事なんですよ。
      親コメント
    • by Youth (28154) on 2006年11月23日 21時47分 (#1063510) ホームページ 日記
      今回の発言で巻き起こったフレームは該当発言のある記事へのリンク数を増やし、ページランクを上げる効果が予想されます。

      これぞ最大のSEO
      --
      Youthの半分はバファリンでできています。
      親コメント
    • 単なるバカならまだしも、平気で個人のブログに
      宣伝のトラックバックをじゃかすか打ち込みに来る
      SEO業者もいるので迷惑ですよ。(-”-#)

      おまけに打ち込む場所を見たら、
      変な広告のトラックバックをつけられることは不快です
      って怒りを書いてあるエントリーにわざわざ…。 orz
      喧嘩売ってるのですか?つうか、そうやって
      人を怒らせて自分のサイトに釣るのもSEOの一環ですか?(笑)

      どちらにしても元記事は目的のためなら手段を選ばないという
      品性の無さがよく出ている文章で、読んでて不愉快な記事ですね。
      --
      clausemitz
      親コメント
  • 実績のある会社 (スコア:3, すばらしい洞察)

    by NOBAX (21937) on 2006年11月23日 22時25分 (#1063543)
    を事実として載せることは百科辞典として当然だと思うけど。
    それを当事者が記述することも何も問題ないでしょう。
    その事項について一番知っているのは当事者なのだから
    書き手として最も相応しいはず。
    もし、百科事典を引いて『実績のある会社』のことが
    何も記載されていなかれば百科事典の信頼性や網羅性を問われることでしょう。
    問題があるとすれば事実を曲げて書いたり、100の事実を120に書いたりする
    行為でしょう。
    • Re:実績のある会社 (スコア:3, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2006年11月23日 22時50分 (#1063563)
      身内ゆえに見えぬ真実もたくさんあります。本当に本当の実績があるのならば、自力によらずとも正しい実績として記述されるでしょう。自分がその身内であるとしたら「他力によって記事を為されないものであるならば、それは実績などではないのだ」という程度のスタンスで居ればいいはずです。
      親コメント
    • by tarobo (16662) on 2006年11月24日 12時21分 (#1063836)
      ドコカの方面で長い実績を持つ、
      アレな人には有名な企業の場合、
      「(依頼者が)知らない」という理由で
      削除送りになることがありますので、
      実績の定義が問題になります
      #海洋堂あたりは、食玩ブームがなかったら消されていたとおもう
      親コメント
  • だがしかし (スコア:2, すばらしい洞察)

    by nitonito (2431) on 2006年11月23日 21時57分 (#1063519)
    関係者なしには情報の質はなかなか向上しないともいえる。人によって許容レベルが違うから、そこらへん微妙なさじ加減が要求される。個人的には、(関係者による項目立てくらいは構わんだろ、おい)と思う。問題は内容がどうかってことじゃないのか。

    # でもWikipediaに自社の企業情報なんか載せないに限ると思う。
    • by Anonymous Coward on 2006年11月23日 22時41分 (#1063554)
      どれだけ守られているのか疑問という点は措くとしても、ウィキペディアの情報の信頼性は検証可能性 [wikipedia.org]に依拠していますので、これを厳格に守る前提に立った場合、関係者であることと情報の質はほとんど関係がないことになります。もちろん関係者が関わった方がより多くの信頼性のある情報源を提示できる可能性も無視できませんが。
      親コメント
  • 騒動? (スコア:2, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2006年11月24日 1時06分 (#1063640)
    > と書いたことで、騒動となった模様。

    どこで?
    ほんの数人のレスがついただけだ。こうして騒がれる方がよっぽど迷惑なんだけど。
  • スラドもそうだね。

    マッシュアップだなんだかんだなんて、しょせんはあだ花かもしれんね。

    --

    /K
  • by Anonymous Coward on 2006年11月23日 21時39分 (#1063502)
    あからさまなSEO対策を行った結果、大フレームになった事例を知らないのかなぁとか思っちゃうんですが、大丈夫でしょうか?

    それよりも、インプレス側のチェック機構はなかったのか? インプレス側の方にも飛び火しそうな気がします。

    #やじうまウォッチで扱ったら神
typodupeerror

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

読み込み中...