パスワードを忘れた? アカウント作成
15838 story

ハワイ沖で半分イカで半分タコな生物発見 55

ストーリー by mhatta
どっちかにならんのか 部門より

jonykatz 曰く

本家Slashdotのネタになっているが、ハワイ島の沖で半分イカで半分タコのような未知の生物が発見されたらしい。発見されたのはNatural Energy Laboratory of Hawaii Authorityの深さ3000フィートの深海用の水パイプライン(深層水汲み上げ用)のフィルタからで、タラやクラゲと共に見つかり、3日間生きていたとのことである。 記事には写真もあるが、この生物は白い吸盤と8本の触手、イカのような外套部とタコのような頭部も持つということだ。何となくタコに見えなくもないが、深海にはまだ未知の生物が存在することを実感する出来事である。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

読み込み中...