パスワードを忘れた? アカウント作成
19889 story
ビジネス

東芝、HD DVDからの完全撤退を発表 140

ストーリー by mhatta
サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ 部門より

slashvista 曰く、

日経朝日読売と各社が報道しているが、 先日リークされた東芝のHD DVD完全撤退が正式に発表された(東芝のプレスリリース)。 日経の記事によれば、プレーヤーとレコーダーの開発・生産は即座に停止、製品販売は3月末をめどに打ち切りとのこと。 朝日の記事によれば、購入者へのアフターサービスなどサポートは続け、補修用部品は製造打ち切り後8年間は保有するとのことである。

Impress AV Watchの記事によれば、BDプレーヤ/レコーダを生産、販売する予定は今のところ無いとのこと。

HD-DVDをHD DVDに直しました(by mhatta Wed, 20 Feb 2008 08:52:25 +0900)

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2008年02月20日 10時43分 (#1300156)
    HD DVD方式からの全面撤退を表明した東芝ですが、今後のビデオ展開は、
    ハードディスクを中心としたHDD DVD方式を推進することを明らかにした。

    ブルーレイ方式と競争をしていた当社ではあるが、敗退が決まった方式から
    一気に競争相手を突き放す戦略に出た模様。ブルーレイは光学ディスク発展の制約を受け、
    今後の容量拡大の進歩はあまり早くない。それに対してハードディスクの進歩は早く、
    容量および使い勝手の面でも優れている。

    その利点を生かし、また、従来の問題点でもあった、専用ハードディスクで
    なければ記録できないという点を廃止し、市販のハードディスクを使用できる
    可換ケースを安価で供給するとし、ユーザの使い勝手を大幅に改善する。
    (ケース付きHDDの供給も同時に実施)

    なお、懸念される著作権保護方式であるが、機器固有のIDが記録時にハードディスク
    に記録される為、可換方式とはいえハードディスクはその機器専用となる。
    しかし、修理などで機器を変更する場合は機器固有のIDを書き換えることが
    専用サイトで可能になる為、記録した映像が見られなくなることは無いという。
    (ただし古い機種のIDは無効になる)

    加えてコピー10に準拠する為コピー制限も現在より緩くなり、
    複数のハードディスクを搭載できる機種ではハードディスク間でバックアップを
    取ることも可能になるという。

    ちなみにブルーレイ方式で供給される映像ソフトについては、任意のプレーヤーを
    東芝の装置からリモコン制御できる様にし、操作の一体感を可能にすることで対応する。
    今回提示された製品が従来の製品と比べると超薄型なのは、他の装置に載せることを
    前提にしたデザインだという。この様に、何も自社製品だけで固めなくとも
    安価な機器を追加することで対応できるというコンポスタイルは他社には無い
    割り切った考え方である。

    さてこの、災い転じて福となす戦略は上手くいくであろうか?
    ひとつ言える事は、ブルーレイ陣営としてはHD DVD方式が存続してくれた方が
    良かったということだろう。競合メーカーとしてはHD DVDが撤退したからといって
    安閑としてはいられなくなった為、頭が痛いところだ。

    #あ、フィクションですよ、この話。(笑)
    • #面白い。わかってて書いてるんでしょうけど

      >その利点を生かし、また、従来の問題点でもあった、専用ハードディスクで
      >なければ記録できないという点を廃止し、市販のハードディスクを使用できる

      まさに東芝のREGZAがそういう機能を持ったTVですよね。
      こぴ10などの運用法などの細かな仕様は知りませんが、8台までつながるのだし、移動もできるのかな。

      >ちなみにブルーレイ方式で供給される映像ソフトについては、任意のプレーヤーを
      >東芝の装置からリモコン制御できる様にし、操作の一体感を可能にすることで対応する。

      HDMIコントロールや、万が一REGZAリンクに対応したBDプレイヤーが発売されたら、可能ですね。

      #ま、まさか東芝の液晶TVの設計は、このHD DVD撤退を予測して設計されたものだったのでは。

      親コメント
    • 一方著作権団体は (スコア:1, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2008年02月20日 12時48分 (#1300304)
      大喜びで全てのHDDに補償金を課したのであった
      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2008年02月20日 8時59分 (#1300067)
    確かにHD DVDはBDに惨敗を喫しました。

    でも、HD DVDはその激しい闘いによりBDドライブの価格を引き下げ消費者の利益に貢献
    しています。
    そして、なによりもBDがすでにHDDのバックアップには容量が少なすぎて使えず、
    またネットワーク配信がビジネスとして立ち上がるところまでは時間を稼いでくれました。

    HD DVDの闘いは歴史の一ページとして語り継がれる事になるでしょう・・・・

    # ACだけど某所でも書いているから特定されるかもw
  • +5% (スコア:2, 興味深い)

    by vn (10720) on 2008年02月20日 8時31分 (#1300055) 日記
    土曜日の NHK の報道を受けて、週明けには東芝の株価が 5% 余りも上昇したとかいう
    (他にも要因はあるけど) 話だからね、あれで撤退しないなどと発表する自由は
    すでに失われている、とみんな思っていた。

    # 19日のクローズアップ現代(原発景気)の放送とタイミングを合わせたのかな?
    • by lunatic_sparc (15416) on 2008年02月20日 8時41分 (#1300058)
      >土曜日の NHK の報道を受けて、週明けには東芝の株価が 5% 余りも上昇したとかいう

      財務的にはお荷物が減ることになりますし、このところ東芝が続けてきた『集中と選択』の流れですから、短期的には投資家からは歓迎材料となるんでしょうね。

      ただ、個人的に気になるは、東芝はデジタル家電を事業の柱の一つと位置づけていたはずなので、『消費者からの信用・信頼』がどう効いてくるのってあたりでしょうか。

      US だと、価格を下げた HD-DVD 買っちゃった消費者からの集団訴訟とかもなくもなさそうだし。

      #東芝はのデジタル家電は、結構ニッチなところを突くような面白い機能とか付けてきたりしてチャレンジングって評価してるんですけどねぇ。
      親コメント
  • 北京オリンピック (スコア:2, すばらしい洞察)

    by Kazsa (25846) on 2008年02月20日 10時31分 (#1300139) 日記
    東芝は今からBDの開発を始めても、いわゆるオリンピック商戦には間に合わないでしょうから、HD DVDで企画してた製品をDVDに替えて発売するのがせいぜいでしょうかね。
     HD Recが載ってれば構わんけど。
  • 失敗は常 (スコア:2, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2008年02月20日 10時39分 (#1300150)
    βやHSやMD-DATAやMS、その他にもいっぱい失敗してもまだまだ失敗し続けるソニーを見習えば
    別にどうって事無いですよ
    むしろ失敗を続ける精神を見習(ry

    まあ、容量の面で最初から不利なのは分かっていたが
    製造上の優位点なんて、量産でどうとでもなるしねぇ
    xD SD が良い例
  • by katchon (13265) on 2008年02月20日 11時20分 (#1300195)
    実質的にはHD DVDの派生規格といってもいいものにCH-DVDがあります
    中国発の次世代DVD規格として制定されながら実質的にはどうなってんのかわからない規格(言いすぎ?)
    もともとHD DVDやBlu-Rayに席巻されるのは目に見えてる国内市場の保護と「科学大国中国」の国威掲揚のためのどーでもいい規格のような気もするんですけどね
    あれはこれからどうなるんでしょ
    ま、実質的に始まってもいないもんは終わりようも無いんでしょうけど
  • ああ、/.Jよお前もか… (スコア:1, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2008年02月20日 8時39分 (#1300057)
    【余談・放談】HDーDVD?、HDDVD? [cnet.com]

    まあ、時事通信なんかは「HD」にしちゃって [jiji.com]まるで東芝のPCがHDD搭載をやめるかのような誤読を誘う表記をしてるんですけどね。(という悪意ある誤読をするのは僕くらい)
  • by mitil (29556) on 2008年02月20日 8時44分 (#1300059) 日記
    > BDプレーヤー/レコーダーを生産、販売する予定は今のところ無いとのこと

    もう次々世代のを出す方向で進まれるのですね!
    • きっと正解 (スコア:2, 興味深い)

      by T.SKG (20663) on 2008年02月20日 9時53分 (#1300104) 日記
      ITmediaの記事
      東芝、「選択と集中」鮮明 NANDフラッシュに1兆8000億円投資
      http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/19/news025.html [itmedia.co.jp]

      次々世代は、光メディアではなく、半導体メモリ+ネットワークなんでしょう。
      親コメント
      • by multiplex (33585) on 2008年02月20日 10時03分 (#1300117)
        次々世代でもまだメディアが必要なのか。
        首の後ろのコネクタにケーブル刺してデータをやり取りできるようになるまで
        あと何世代くらい必要なんだろうか。
        親コメント
        • by kaguyaboshi (31023) on 2008年02月20日 10時45分 (#1300161) 日記
          首にケーブル刺してってのは見た目わかりやすいけど実際やらかすと動けなくなっちゃいますね。
          つーわけで無線システムきぼー。

          「あ、頭に電波がーっ!」
          ってのをリアルでやれるわけですね。
          #そして毒電波(Leaf的な)を受信して……
          親コメント
    • 東芝だけじゃなく、Blu-rayサイドのメーカーにしても
      Bluがコモディティ化したら商売上のうまみがなくなってくるので
      結局は新しいモノを出すでしょう。

      # そしてまたメーカーと提灯記事ライターが
      # 「もうBlu-rayには戻れない!」とか書くんだな~

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2008年02月20日 12時18分 (#1300256)

      Blu-rayへの対応自体はおそらく大した問題じゃない。それよりも、既存のBlu-ray陣営の製品に対してどこで差別化を図るかが問題。差別化に失敗して、DVDレコーダー市場ではすっかり存在感の薄れたパイオニアの例もある。

      BDの次を狙うという選択肢ももちろんあるが、当面どうするか。

      1. Cellの技術を生かしたSpursEngineなどのように、専用ハードウェアを利用した爆速画像処理を売りにする
      2. どうせBlu-rayだって、記録メディアとしては大して普及してるわけじゃないので、この際HD Rec [itmedia.co.jp]に注力する
        (DVDであと10年は戦える<無理)
      3. 記録メディアなんてどうでもいいので、とにかく大容量のHDD(もちろんREGZA Zのような外部HDDへの対応でも可)やDNLAに特化する
        (いっそ公式なVirtualRDもどきをQosmioに搭載するとか)

      親コメント
  • by NOBAX (21937) on 2008年02月20日 8時57分 (#1300065)
    2月14日に世界で初めて2倍速の記録に対応したHD DVDディスクを
    誇らかに発表 [yahoo.co.jp]した日立マクセルなんか涙目でしょうね。

    それとも、東芝から事前に知らされて、あわてて発表したのでしょうか。
  • VHS vs βのときは、技術的に優れているということでプロ用途でβも生き残っていましたがHD DVDにはそういう可能性もなかったということでしょうか?技術的にどっちがどう優れているか詳しいかたキボン
    • by ume-y (24175) on 2008年02月20日 10時16分 (#1300126) ホームページ
      技術的にどちらが優れているかは分かりませんが、大容量を目指すにあたって、BDの方が原理的に無理がなかったと思います。
      記録面を高精細にするには、レンズの分解能を上げる必要があり、そのためにNA [wikipedia.org]を上げる(DVDの0.6から0.85)のは、まったく素直な発想です。
      デメリットとして、すぐに思いつくのは以下の二つ。
      1. 焦点深度が浅くなり、ディスクの平面度とドライブの回転安定の要求が上がる。
      2. 前項の要求を軽くするために記録面のカバー層が薄く(0.1mm)なり、傷に弱くなる。

      技術的には、そのあたりの解決を図ったといえるでしょう。傷については、TDKのハードコートが採用されたんではなかったかな。

      一方のHD DVDですが、NAは0.65に留まっています。
      NAを上げると焦点深度が浅くなるのは前述の通りですが、記録面がDVDと同じ0.6mmの深さにあるため、傾きの影響がBDよりも大きくなります。
      従って、NAをあまり上げられなかったのでしょう。
      解決は図ったのでしょうが、単層の容量でBDに勝てなかったのが、その結果です。

      原理的な無理を技術的に解決するのは、非常に難しいと考えます。
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2008年02月21日 1時04分 (#1300832)
        まぁ,単に容量の大きさのみが正義だと思ってる一般のユーザから見れば,そりゃBDの方が良く見えるでしょうねぇ.実際は,当初目指していた方向というか,仕様策定における優先順位が若干違うんですよね.

        東芝が最初から主張していたように,HD DVDの方がコストが低い(DVDのラインを流用できる)というのがポイントの1つで,もう1つのポイントは,ドライブを作る技術についてもHD DVDの方が容易(…だと思われる仕様に収めようとしていた),という点があります.要は,DVDフォーラムには安物DVDドライブを作っているような海外メーカも沢山参加していたわけですが,(本音がどうなのかは知りませんが)建前としては,そういう海外メーカが技術的にドライブを製造できないような仕様を避けるといような話があったはずです.

        一方,BD陣営(というかSONY)としては,「(先述のような)技術レベルの低いメーカに合わせてヘボい仕様にするなんてのは本末転倒」という考えでDVDフォーラムから離脱したわけで,そういう意味ではBDの方が先進的な方向へ進んだのは当然かと思います.

        ついでに,別の方が書いている「藤井氏は統一に積極的で、0.1mm保護層技術に否定な東芝技術者代表との狭間で苦労」という話について書きます.これは,オレが1年くらい前に聞いた噂(信憑性は謎)です.

        両陣営のプレイヤーの発売直前に「HD DVDとBDで仕様統一に向けた話し合い」という日経のスクープ…かと思ったら両陣営から速攻で否定されて何も起きずに終了してしまったという出来事がありましたよね.実はあれは,両陣営の技術者連中が「上層部の反目で2陣営に別れてしまっているが,現場レベルでは,お互いに自陣営の技術的欠点と相手陣営の技術的利点を理解している.しかも2陣営に分裂しているとユーザにとって不利益になることも明らかだ.だから,上層部に内緒で,まず現場の技術者レベルで統一に向けて話し合い,技術的な落としどころを見つけてから,互いに社内で上を説得しよう」という計画だったらしいです.ところが日経が余計な報道をしたせいで,先にお偉いさんにバレてしまい,当然,会合を開くことすらできなくなってしまったという…

        藤井氏がどうだったのかは知りませんが,SONYは言わずと知れた「CDを作った元祖」であり,東芝は「(あまり知られていないが)CD-ROMというCDの拡張を考えた元祖であり,DVDの仕様策定でも中心となった」というプライドがあったわけで,とにかく会社の中でも偉い人たちは「我々が本家であり,奴らが亜流なのだ」みたいな変な感じになってたみたいですね.
        親コメント
      • なるほど、当初、その0.6mmを利点にしてたけど、足かせにもなっていた訳か
        やっぱ、DVDの大容量版なんだから、容量は大きい方がいいよねぇ
        少しの差ではなかったんだから
        親コメント
      • BDのハードコーティングって、どこまで丈夫なんでしょうか。今後レンタルの拡大とかユーザー層の拡大とかで、雑に使われる機会は増えていくと思うのですが、そこまで見込んでも十分な強度があるんでしょうかね。あるならいいんですが。
         0.1ミリ保護層というと、CDのレーベル面と同じになるわけですが、CDは記録密度がずっと低かった上に読み取りは裏側だったので、BDとは比較になりませんね。
        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2008年02月20日 9時30分 (#1300091)
    これから投売りされるであろうRD-A301を狙っているのは私だけではあるまい。
    HD DVDは意味なくなりますが、HDD/DVDレコーダーとして見たら素性は悪くないですし、

    唯一の弱点はHDDの容量ですが、DLNAで補完すれば問題ないし。
    • by znc (2768) on 2008年02月20日 9時45分 (#1300097)
      HD DVD搭載型RDシリーズについては少なくても量販店からは回収するという情報(報道?)もあるので、投げ売りはそんなに長くないかもしれません。

      --
      『今日の屈辱に耐え明日の為に生きるのが男だ』
      宇宙戦艦 ヤマト 艦長 沖田十三氏談
      2006/06/23 JPN 1 - 4 BRA
      親コメント
    • by gesaku (7381) on 2008年02月20日 10時35分 (#1300146)
      年末に100K強で買ってしまいますた。。。<A301
      HD DVDメディアが高いとか手に入らないとかいう以前に、A301のデジタルチューナの感度悪すぎです。
      パラボラからパラで繋いだS600やXD71のほうが受信レベル高くて普通に映るのに、A301だとブロックノイズバリバリです。
      A301の後ろに繋いだアクオスだって普通にBS観れてるのに。

      殻割した人の話によると、筐体をみればわかるとおりSシリーズじゃなくてEシリーズの作りで、チューナー周りも
      EシリーズレベルなのでXDシリーズやSシリーズより性能は低いのではないかとのこと。
      HD DVDのハイエンド機であるX7が出れば速攻で飛びついていたかもしれませんが、たぶんこのまま開発中断でしょうね。
      ネットワーク機能を考えると他社への乗り換えは考えられないので、なんとかX7だけでも出して欲しいところ。

      #X6再販でも可gesaku
      親コメント
  • DVD Forumが認める次世代DVDのHD DVDが終了してしまって、BDのみが「次世代DVD」呼ばわりされることについて、DVD Forumはどう思っているんだろう。

    #まあDVD+R系についてもうるさく言ってないからスルーなのかもしれないけど
typodupeerror

ソースを見ろ -- ある4桁UID

読み込み中...