パスワードを忘れた? アカウント作成
21875 story
バイオテック

天然素材で牛のゲップを低減 7

ストーリー by mhatta
ミノがおいしくなったりはしないのか 部門より

maia 曰く

日経の記事Responseの記事によれば、出光興産と北海道大学による共同研究で、ルーメン(牛の第一胃)の機能改善に有効な天然素材が発見された(出光のニュースリリース)。素材を簡単に言うと「カシューナッツの植物油」と「酵母菌による界面活性剤」で、これで(1)ルーメンから発生するメタンを約90%低減、(2)飼料をエネルギー源に換える効率向上、(3)ルーメン液の粘度を下げ、ガスの発生を抑える、また(4)牛の鼓脹症の予防効果が期待できる等。というわけで、抗生物質に代わる飼料添加剤として、2011年度の商品化を目指すという。ちなみにメタンは主要な温室効果ガスの一つでもあるが、牛のゲップはメタン排出量の15~20%を占めているらしい。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • CO2やらメタンガスで温室効果ってのが本当かどうかは誰か検証したんですかね?
    --
    **たこさん**・・・
    • by Anonymous Coward
      おいおい、そこまで低レベルに戻るのかよ…
    • by Anonymous Coward
      基礎物理で「吸収線スペクトル」って単語で勉強してきな。
      実験室レベルで検証済み>温室効果

      ちなみに、二酸化炭素等による温室効果がないと地球は凍るから。
  • by pupurucos (35402) on 2008年03月26日 22時03分 (#1319903)
    ゲップが少なくなるとメタン排出抑制になるという、
    日常生活へは直接的でない効果が述べられていますが、
    牛の消費者としては、消化吸収が効率よくなるというのは、
    お肉、または乳が美味しくなるのか?ということのほうへの興味があります。
  • 1got!!!! (スコア:0, オフトピック)

    by Anonymous Coward on 2008年03月26日 12時19分 (#1319422)
    僕の肛門から発生するメタンもどうにかしてください!!!
typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...