パスワードを忘れた? アカウント作成
38898 story
医療

米国医の半分が日常的に偽薬を処方 53

ストーリー by hylom
病は気から、 部門より

あるAnonymous Coward 曰く、

米国の内科医とリウマチ医から無作為に選んだ679人を対象にした調査によると、半数の医師が日常的にプラシーボ(偽薬)を処方しているとのこと(NY Times記事本家記事)。偽薬として処方されるのは頭痛薬やビタミン剤が最も多かったが、抗生物質や鎮静剤を処方しているケースも少なからずあった。

これらの薬は何らかの薬効があるため「偽薬」の定義からは厳密には外れるが、医師は患者の身体ではなく心理状態への効果を期待して処方しているとのこと。処方の際には「この薬はあなたのような症状にはあまり使われているものではないが、症状を改善させるかもしれない」と言うことが多いそうだ。

米国医師会では偽薬の処方は「臨床において、患者に知らせないまま偽薬を使用することは信頼関係を損ね、医師と患者の関係に悪影響を及ぼす可能性があり、結果として患者に医療的危害を加えることになる恐れがある」として推奨していないが、現実は大きく違うことが明らかになった。

ちなみに米国では、子供向けの偽薬"Obecalp"(Placeboを逆から綴った言葉)という正真正銘のプラシーボが今年6月に発売されたそうです。この偽薬は「一見薬っぽいタダの砂糖タブレット」で、子供に与える場合、親子間の信頼を損ね、関係に悪影響を及ぼす可能性があります、とのことです……。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 元記事 (スコア:5, 興味深い)

    by mik_naruto (26947) on 2008年10月28日 18時20分 (#1445975)
    BMJの元記事。登録なしで全文読めます。
    http://www.bmj.com/cgi/content/full/337/oct23_2/a1938 [bmj.com]

    幾らなんでも「半数が日常的に使用」というのは自分の感覚的にも高すぎです。なんか絶対に誘導尋問的な質問でもなされてるのだろうと思って読んでみましたが、実際そんな感じっぽいです(笑)

    まず一番最初に、
    「単なるブドウ糖の錠剤を使った場合、無治療の場合よりも有意に成績が良い、という、架空の臨床試験の結果があると、仮定してください。ここに繊維筋痛症(症状が激烈かつ原因不明で有効な治療薬もない、難病の代表格です)の患者がいるとします。あなたなら、この状況でこの患者に(主に心理的作用を期待して)ブドウ糖を処方することは、"是非やるべき"、"許される"、"稀には許される状況もある"、"絶対に許されない"のうち、どれに該当しますか?」

    という感じの質問を行ったそうです(この質問文自体は論文の記載から再構成したものです)。そりゃ藁にもすがる思いでブドウ糖を処方しなくなるような、「普通はねぇよ」的シチュエーションですが、ここまで書かれて4番目の「絶対許さない」と答える医者は滅多にいないでしょう。

    こんなん見せられた後に、実際に「主に心理的効果を期待して処方をしたことがありますか」系の質問が続いていたそうですが、うーん。
    プラセボ万歳という医師は自分の周囲にはいないのですが、「気休めにしかならないかもだけど」という消極的な処方は「一切しない」という医師も、やっぱり皆無でしょうから、そういう感じで50%以上になっちゃったのかな。

    是非、アンケートの全文が知りたいところです。まあこんな特殊なシチュエーションを最初に持ち出してきて質問を構成した時点で、やっぱり誘導尋問的な要素を感じます。
    • 維筋痛症つーか、 維筋痛症 [wikipedia.org]かな。

      • 医学の世界では繊維・線維は基本的には同義で使われ [wikipedia.org]、いずれもfiberの正式な訳語ですので、どっちも間違いではないです。Wikipediaは「繊維」を優先しつつ併記しているようですが、この記事だけ「線維」が混じってるようですね。

        他には「頸部」「頚部」、「靱帯」「靭帯」、「交差」「交叉」、「褥瘡」「褥創」などは、どっちも普通に使います。どっちを優先させるべきとか用語委員会とかWikipediaのノートで細かい議論はあるんですが、慣用的には「どちらも誤りではない」ということで勘弁してください。
        親コメント
  • 告知せず (スコア:4, すばらしい洞察)

    by rin_penguin (9144) on 2008年10月28日 15時07分 (#1445830)
    > 患者に知らせないまま偽薬を使用することは

    知らせたら偽薬効果は得られんような気がするのだが。
    • Re:告知せず (スコア:3, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2008年10月28日 17時05分 (#1445929)
      で、本人には知らせずに
      「では、お薬を処方しておきますね。あ、それで、ご家族の方、ちょっとだけお話が…」
      とかやった日には患者本人は
      「えええええぇぇぇーーーー・・・・」
      となるわけですね。
      逆プラシーボ効果。
      親コメント
      • Re:告知せず (スコア:2, 興味深い)

        by Anonymous Coward on 2008年10月28日 18時03分 (#1445963)
        うちの親父がマジそれやられた。母親だけ呼んで日常生活上の注意とかそういうつまんない説明したもんだから本人大ショック。
        親コメント
    • Re:告知せず (スコア:2, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2008年10月28日 16時09分 (#1445879)
      二重盲検の考え方にならって投薬する側も薬の正体を知らない人間にしよう。これで完璧だ。
      親コメント
  • 日本では有用 (スコア:3, すばらしい洞察)

    by saitoh (10803) on 2008年10月28日 15時08分 (#1445832)
    検査と投薬がないと納得しない馬鹿患者が多い日本では、害のない薬を処方しとくのがいいのでは? 用もないのに抗生物質をほしがるから、いざという時に耐性菌まみれになってしまう。
    • by deleted user (19654) on 2008年10月28日 16時57分 (#1445926) ホームページ 日記
      薬をくれないと「ヤブだ」と言うのは日本だけじゃないみたいです。
      http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4314009918 [amazon.co.jp]
      「偽薬のミステリー」という本はフランス等の実情を書いていますが、
      何も処方せずに済ませることは医者にとって非常に困難だとありました。

      親コメント
    • by phenix (31258) on 2008年10月28日 15時37分 (#1445857)
      とりあえず抗生物質は問題あるから、とりあえず胃薬にするというのが流行り(?)らしいですよ。
      ガスターは有名すぎるから最初からジェネリックの名前書くとか。
      個人的にはとりあえず出すなら漢方にしとけばいいのにと思うのですが。
      親コメント
      • Re:日本では有用 (スコア:2, 参考になる)

        by Akiho (5343) on 2008年10月28日 16時20分 (#1445888)
        あまり知られてないかもしれませんが、漢方薬でも間違った処方は害がある [kigusuri.com]ので、テキトーに偽薬は出せないのですよ。
        親コメント
        • by saitoh (10803) on 2008年10月28日 18時10分 (#1445968)
          二重盲試験用に、メリケン粉を固めた錠剤とか、あったはずです。これならほとんど害はないですね。 カロリーオーバーになるほどの分量も飲まないだろうし。
          親コメント
        • by Anonymous Coward
          偽薬専用の、毒にも薬にもならない安全で安価な物質を処方できないものか

          Gナンチャラ is Not Hogehoge とか呼ばれそうだけど気にしない
      • by nim (10479) on 2008年10月29日 8時33分 (#1446272)
        漢方はいろんな成分が含まれていて副作用が怖いので、
        シアノコバラミン剤とか、アスコルビン酸剤とかにしとけば良いのでは?
        親コメント
      • by Anonymous Coward
        漢方は高いのよ…
      • by Anonymous Coward
        >個人的にはとりあえず出すなら漢方にしとけばいいのにと思うのですが。

        漢方だと副作用が強くないですか?

        #漢方飲むとだいたい熱が出て頭がボーっとするAC
      • by Anonymous Coward
        > 漢方にしとけばいいのにと思うのですが。
        大賛成です。でも、ここでメインターゲットになっている患者層には逆効果なんでしょうね。彼らには「原因がわかった」「治療を受けている」「治りそうだ」と思い込んでもらうことが重要ですので、それこそ東洋医学系の薬剤ですと「気休め薬を処方された。きっと原因が分からなかったんだ。ヤブだな。」などと思われ兼ねませんし。(栄養剤以外で)医学的に効果が証明されているの薬剤の方が現実的なのでしょう。
        • by Anonymous Coward
          それでもあえて書こう、柴胡剤だけはガチ! と。
          かかりつけの医者に頼んで、漢方薬を併用で処方してもらってます。

          今風邪を引いて柴胡桂枝湯を出してもらっているのでAC
          • by Akiho (5343) on 2008年10月29日 12時18分 (#1446402)
            柴胡桂枝湯 [dion.ne.jp]ということは、熱が出ていて体力が落ちている状態なのでしょうね。
            ちなみに風邪薬で有名な葛根湯 [dion.ne.jp]は比較的体力があり熱が出ていない状態に有効です。

            この場合の葛根湯は体を温めて熱を出す(=体力が要る)ことで免疫力を上げことを目的にしているので
            不調が続いて体力が落ちている人に出しても、更に消耗を招いて逆効果です。

            ということで、「風邪なら絶対葛根湯」でない医者にかかられているACさんはラッキーですね。
            親コメント
    • by TarZ (28055) on 2008年10月28日 15時24分 (#1445843) 日記

      害のない薬を処方

      子供のころ、怪我をすると、よく親父に「唾でもつけとけ」「ハナミズでもぬっとけ」などと言われたものですが、あれもそういった類のものですかねえ。

      # 実際につけたことはありませんでしたが。(一応、有効成分リゾチーム)
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2008年10月28日 16時21分 (#1445891)
      「用もないのに抗生物質を欲しがる」と判断してる勘違い医師もいますよ。

      出してもらった薬が効かないので何度か通院

      でもやっぱり毎回同じ薬を出される

      自分から「この薬は効かないので換えてもらえませんか?」とお願いする

      医者は「そんなはずはない」「もうしばらく様子を見てみる」と言い、やはり同じ薬を出され続ける

      病院を変える

      出された薬は、とある抗生物質

      まもなく完治

      …とまあ、そんな体験をしました。

      抗生物質をやたら処方してはいけない、という点には同意しますが…
      でも、効かない薬を出され続るぐらいなら最後の手段として抗生物質を出してくれてもいいんじゃないかと思います。
      親コメント
      • Re:日本では有用 (スコア:2, すばらしい洞察)

        by hpn_smile (11442) on 2008年10月28日 17時33分 (#1445943) 日記
        それって、抗生剤関係なく、
        治る時期だったんじゃないの?

        #BJにそういう話が有った気がする
        親コメント
        • by jerry_fish (32739) on 2008年10月29日 8時27分 (#1446270) 日記
          自分も効かない薬を処方されて倒れそうになったことがあります。
          自分の場合は同じ病院内で違う医師による診察だったんですが、
          「効かない」っていっても「効くはずだから」の一点張りで……。
          別の医師の診察を受けて違う薬を処方されたら症状が軽くなりました。

          後で院外の薬剤師に話を聞いたら、
          「あの先生って薬剤師の立場でみても変な処方するのよねー。
          症状悪化してるのに弱い薬に変えてみたり、効果の低そうな薬を処方してみたりするんだよね」
          との事。

          碌な診察もせずに適当な薬を出す医者もいるし、
          漢方なら副作用が無いと思い込んでる医者もいるので、
          変な医者だと思ったら即、違う医者に変える方が無難ですね。
          --
          ☆大きい羊は美しい☆
          親コメント
        • by Anonymous Coward
          親コメのACですが、説明不足でした。

          1年ほど症状が治らなくて、1ヶ月ほど最初の病院に通うも全く症状が変わらず、病院を変えた途端に快方へと向かったのです。
      • by Anonymous Coward
        それ、薬の治験に利用されてたんじゃ?
    • by Anonymous Coward
      そのほうがいいと思う。

      そうじゃないと50過ぎた人々の話のネタが1つ減ってしまう。

      # ってか、常用している薬が少ないほうがいいだろうに、不思議なことに常用している薬が多いほうが話の上ではエライらしい…。
      # わけがわからん。
  • by manmos (29892) on 2008年10月27日 17時21分 (#1444973) 日記
    リンク先を見ると、「見た目と味は実際の薬と同じように作ってある」とありますので、きっと苦いのでしょうね。
  • イマドキ、薬名(商品名)をネットで調べれば正体も効能も分かってしまうので、「偽薬」は通用しないような気もするが、診断を誤摩化していれば可能か。でも、それでは、ますます信頼関係を損ねてしまうような。まあ、ネット(や事典)で調べそうもない人には大丈夫だろうが、幼児や超高齢者を除けば、見た目では分からない。
    • by Anonymous Coward
      つか私のかかりつけの医者では、処方箋を渡されて病院隣の薬局に行って薬を買うというシステムで、
      薬局の人が渡すときに一つ一つ薬の説明と飲み方を教えてくれるんだが。
      偽薬を使おうとすると、どうなるんだこれ。せっかくの計画も「これは普通のビタミンC剤です」とかで木阿弥?

      処方箋にあぶりだしで、裏処方箋が書いてあって「抗生物質ということにしておいてね」とか書くとか?
      今時は紫外線で発光するインクか?
      • by Anonymous Coward
        >今時は紫外線で発光するインクか?
        血文字で書いてルミノール反応ですね!
      • by Anonymous Coward
        最近だと複合投与が多いので、複合効果だということにすれば
        単品の説明されたところで患者が理解するハードルを上げることは可能です。

        #ほら、昔よりやたら一回の投薬種類が多くなってるじゃない? 胃薬とか何だとか‥。
    • by Anonymous Coward
      それは日本では一般的でもあっちじゃ一般的とも限らない。
      何も考えてない人多そうだし。
  • by dagama (34698) on 2008年10月28日 16時15分 (#1445884)
    偽薬飲んで、よく寝て、病気が治ればそれでいいんじゃないでしょうか。
    人は安全よりも安心にお金を出したがる、という話も聞いたことがあります。

    ただ、診断ミスなどで偽薬では済まないような病気を見逃すようなことさえしなければ。
  • ネタよりも奇なる現実に 絶望したっ!!

    ......ということで、さよなら絶望先生 [shonenmagazine.com]第14集では偽薬の副作用なんてのがネタになっていたわけですが、アメリカとはいえ現実社会でもずいぶんと使われてたんですね。
    #DVD付き第15集を買えなかったよ.......
  • by Anonymous Coward on 2008年10月28日 15時03分 (#1445826)
    さぁ、処方された薬をよそで調べてもらって、効果がないという結果が出たら、マスコミへタレコミだ。

    #ほんとに騒ぐマスコミもありそうだ
  • by Anonymous Coward on 2008年10月28日 15時25分 (#1445847)
    >半数の医師が日常的にプラシーボ(偽薬)を処方しているとのこと

    高額な薬だと思って支払っていたのに偽物だったら
    詐欺といってもいいのでは?
    治らなかったら訴えてもいいですか?

    アメリカには「薬九層倍(くすりそうばい)」、坊主丸儲け(ぼうずまるもうけ)
    という言葉は無いのか。
    • by Anonymous Coward
      > 高額な薬だと思って支払っていたのに偽物だったら

      基本的には安い胃薬を胃薬以外の効用がある薬だといって
      その安い胃薬の本来の値段で出しているというような話でしょ?

      しかし、アメリカではどうかしらないけど
      日本では医療保険の給付を減らすために国がジェネリック薬を推進してくるような時代なのに
      安くても不要な薬を出すというのはムダな話に思えてなりませんね。

      そして、本来必要のない需要が無理やり作り出されて
      おいしい思いをしているところがあるというのも引っかかりますね。
      • by Anonymous Coward on 2008年10月28日 16時53分 (#1445922)
        アメリカもジェネリック推進ですよ。州によっては「ジェネリック相当品がある場合、患者からの指定が無ければ薬局はジェネリックの方を処方すること」と定められていたりします。

        但し、ここが大きく違うところなのですが、薬に保険が使えるかどうかは保険の契約によります。安い保険では保険が使える薬はひどく限られます。うちは月に数百ドル払ってますが、子供の抗生剤(ひとびん$60とか)には保険が効きませんでした。大抵の薬で保険が効くような契約だと月に千ドル越えます。

        つまり、保険給付の話ってのは保険料に既に加味されてるんじゃないでしょうかね。

        親コメント
      • 安いアスピリンが○○に効く。 これがホントだったり。
        --
        the.ACount
        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2008年10月28日 15時43分 (#1445864)
    全部がやさしさでできています。
  • by Anonymous Coward on 2008年10月28日 15時44分 (#1445865)

    ちなみに米国では、子供向けの偽薬"Obecalp"(Placeboを逆から綴った言葉)という正真正銘のプラシーボが今年6月に発売されたそうです。この偽薬は「一見薬っぽいタダの砂糖タブレット」で、子供に与える場合、親子間の信頼を損ね、関係に悪影響を及ぼす可能性があります、とのことです……。

    シャイニングのREDRAM思い出した。

    # キレて子供チャッキー化?

    • シャイニングのREADME思い出した と空目しました。
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      シャイニングのREDRAM思い出した。
      REDRUMね、一応。
      REDRAMじゃぁ、逆さにしても殺人(MURDER)にならない...。

      # 誤字指摘だけなのでAC
      • by Anonymous Coward
        MARDER
        =まーだー?
        =遅漏でなかなかイカない男との性交渉に疲れた女の弁。

        そう、女は長時間の性交渉を毎回要求されることが苦痛となり、やがて殺人へと発展するのだ。
        早漏の人がうらやましい。

        # 「まーだー?」は元カノによく言われたのでAC
  • by Anonymous Coward on 2008年10月28日 16時32分 (#1445904)
    偽薬に対して医療保険って適用されるんでしょうか。
typodupeerror

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

読み込み中...