パスワードを忘れた? アカウント作成
43768 story

NASA、ISSへの輸送事業を民間企業に委託 14

ストーリー by hayakawa

capra 曰く、

本家記事によると、NASAが国際宇宙ステーション(ISS)への物資およびクルー輸送に関する事業契約を民間宇宙企業2社と結んだようだ。契約金額は2社合計で35億ドルとのことで、16億ドル分がSpaceX社、残り19億ドル分がOrbital Science社となっている。

SpaceX社はこの事業契約で、再利用可能な宇宙船「ドラゴン・ラボ」とそのブースターロケット「ファルコン9」による12回の飛行を計画している。Orbital Science社は同社の宇宙船「シグナス」とそのブースターロケット「タウルス2」による8回の飛行を計画している。どちらの宇宙船も現在開発段階であり飛行実績はないが、「ファルコン9」に関してはデモ打ち上げが2009年前半に予定されているとのこと。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2008年12月26日 15時31分 (#1481287)
    ボーイングとロッキード・マーチンの合弁会社であるところのUnited Launch Alliance [wikipedia.org]、
    ここのデルタロケットとアトラスロケットは今もNASAに使われているのに、なんでわざわざ
    新興宇宙開発会社に委託する必要があるのでしょうか?
    新産業育成?でもNASAにそんな余裕なさそうだし、逆にコストカットのため?
    • NASAの出自がそもそも軍によらない宇宙開発を目指しての物だったんですから、
      ボーイングやロッキード・マーチンという軍とのつながりの強い企業に、
      打ち上げ手段を握られることへの抵抗は大きなものがあると思われます。

      アトラスやデルタに完全に依存してしまうと、
      「割安に打ち上げてやる代わりに、軍関係の○○の実験を割り込ませろ。」
      とか何とか、圧力を受ける可能性もあるわけで、それが嫌なんでしょう。

      そうならないようにするために色々打ち上げ手段を確保しているんでしょう。

      親コメント
  • by hanetaro (21793) on 2008年12月26日 15時44分 (#1481295)
    民間企業による宇宙開発に拍車がかかるとうれしいです。
    困ったこともいろいろ起きるかもしれませんが、なんとなくわくわくします。

  • by Anonymous Coward on 2008年12月26日 14時05分 (#1481228)
    100万ドルぐらいでやってくれるところがあるんじゃない?
    • by Anonymous Coward on 2008年12月26日 14時40分 (#1481248)
      ISS程度の低軌道まで数トン程度の貨物を輸送することを考えると、低軌道へのペイロードは
      10トン前後は欲しいところ。
      このクラスのロケットになると打ち上げコストは一機あたり4-5千万ドル以上はかかる。
      #今回の委託で使われる予定のFalcon9(開発中)は3千万ドル程度の予定。
      #この価格でも格安と言われる。
      親コメント
      • ・今回の契約
        SpaceXが16億ドルで12回打ち上げ、計20tの貨物を輸送
        Orbital Scienceが19億ドルで8回打ち上げ、計20tの貨物を輸送

        ・一方、日本では
        HTVは1基140億円、打ち上げ費用も含めると240億円ほどで、1回ごとに6tの貨物を輸送

        ……まあ国内にお金を落とせば多少割高でもあとで法人税や所得税として返ってくる、というのは分かるんですが。

        さまざまな打ち上げロケットを整理統合するためにEELVを作ってみたはいいけど何だか割高なロケットになって、
        今までデルタIIが担っていた領域だけでももう少し安くて手軽なロケットを
        ……という意図も多分にあったはずなんだけど、Falcon 9もTaurus 2も宣伝どおりに安くなるのかしらねー。
        親コメント
        • by Anonymous Coward
          貨物1tあたりの費用だと
          SpaceX 8000万$/t
          Orbital Science 9500万$/t
          HTV 40億円/t(4000万$/t)
          でHTVのが割安に見えるのは気のせいか。
          シャトルも4000万$/t程度だったよーな。
          • そう、だからこそこんな [srad.jp] HTV買うとか [srad.jp] なんとか [srad.jp]そういう話になるわけで。
            そもそもシャトルのコストもリスクも高いしソユーズは買いたくないし、というのは分かるにしても、
            ISSだってこれから20年とか30年運用が続けられるものでなし、そのためだけにロケットからそっくり新しいのを開発させましょう、
            っていうのがまさしく「航空宇宙産業の国」アメリカ合衆国らしいわねー、と。
            アポロの時だって製造設備や関連施設をおよそ不合理なほど全米各州に分散配置することで計画を通しているわけで……
            親コメント
    • by Anonymous Coward
      竹尾ゼネラルカンパニーなら一回100万円
  • by Anonymous Coward on 2008年12月26日 15時01分 (#1481264)
    日本の会社も参入して!
  • by Anonymous Coward on 2008年12月26日 18時26分 (#1481385)
    > Orbital Science社は同社の宇宙船「シグナス」とそのブースターロケット「タウルス2」による8回の飛行を計画している。

    ラテン語読みか英語読みかという話ですが、「Taurus II」は普通「トーラスII」と表記しますね。

    #でも「Cygnus」は反射的に「キグナス」と読みたくなる
    • by Anonymous Coward
      トーラスだとtorusと区別がつかないから、とかでは?

      #スクワイエル好きな私としてはタウロスと読みたい
typodupeerror

人生unstable -- あるハッカー

読み込み中...