パスワードを忘れた? アカウント作成
75093 story
医療

信心深い人ほど延命治療を望む? 92

ストーリー by reo
宗教が増幅させるのは現世の価値か、死の恐怖か 部門より

ある Anonymous Coward 曰く、

末期がんで死に直面している 345 人の患者を対象にした調査研究で、普段祈りをささげている信心深い人の方がそうでない人よりも延命治療を望むということが明らかになった (論文要旨本家 /. 記事) 。

調査対象者の 30 % 程の人たちは「宗教が自分を支える最も大切なもの」であると答え、この層は「蘇生処置の拒否」を要請する率が最も低かったとのこと。よってこの人たちは人生最期の日々に蘇生行為を受けたり、人工呼吸器に繋がれたりする確率が高かったという。このような処置や栄養チューブの挿入、また緩和ケアのない化学療法などを受けると苦痛を伴うことが多いが、信仰は病のストレスと向き合うのに役立っているようだと研究チームは考えている。

信心深い方が死の現実を受け入れそうな気もするのだが、調査では逆の結果となっている。調査対象者の信仰であると思われるキリスト教やユダヤ教では、延命治療を施さないということは「寿命を全うしていない」と考えられ避けられるのだろうか。調査では「宗教」と一括りにしているが、その宗教の死生観によっても異なるだろう。日本でも延命治療を望むかどうかに何らかの傾向性が見出せるのだろうか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by multiplex (33585) on 2009年03月23日 11時53分 (#1536032)
    肝臓がらみで死ぬのはある意味宗教に殉ずることになるんだろうか。
  • 日本の場合 (スコア:4, 興味深い)

    by mik_naruto (26947) on 2009年03月23日 13時29分 (#1536142)

    >日本でも延命治療を望むかどうかに何らかの傾向性が見出せるのだろうか。

    日本の調査、癌患者は死に直面すると、むしろ死後の世界を信じなくなる、という傾向が見いだされてます。
    http://obgy.typepad.jp/blog/2009/01/post-ed70.html [typepad.jp]
    もちろん、純粋にこれだけだと、「死後の世界を信じる人が癌になりづらい」という可能性もあるだろ、と突っ込まれるかもしれませんが(笑)、そこは好きなように解釈して下さい。

    この調査は最近行われたものでして、宗教や死後の世界や延命の希望なんかも質問票の中身には含まれているので、そのうち、日本におけるこの質問の答えについても、解析されて出てくるかも。

    いずれにせよ、そもそも3割もの人間が宗教を大事に思っている国は、その時点で日本と別物ですよね。日本人だと全然違う結果が出てくるだろうなと思います。
    個人的な感想ですが、日本人は、とにかく「死」は遠ざけ、否定しておいて、ギリギリまで考えないでおくもの、という傾向が比較的強いような気がします。「死んだら全部終わっちゃうんだよ! 死んだら何にもならないんだよ!!」と唱えるような人生観が主流ですから、まあ、そうもなっちゃうか。

  • by masakun (31656) on 2009年03月23日 10時23分 (#1535929) 日記

    最近「死期が前もって分かっていれば」と日頃言っている方が突如進行性のあるガン
    だと分かった途端、「俺には早すぎる」と言っていたのをふと思い出した。
    ましてどんな宗教を奉じていても死にたい人はいないのではないか。

    # 死は怖くないのでID

    • by elderwand (34630) on 2009年03月23日 11時20分 (#1535990) 日記

      信仰心があるか無いかわかりませんが、理想はピンピンコロリ [wikipedia.org]だそうです。
      少し前にはポックリ [endingplanner.com]という言葉もありました。

      死にたい・死にたくないわけじゃなくて、「こう死にたい」という願望はあるようです。

      #あたしですか?そう死にたいですよ。でも、行いが悪いから、のたうちまわって、周りに迷惑かけて死ぬでしょう。(覚悟しとけよ、バカ息子)

      親コメント
      • ピンピンコロリって、本当にやられるとどれだけ迷惑か。それが願望って、本人だけの都合でものを言っているのが丸わかり。いやまあ憧れであるのは認めるにやぶさかではないけれど公言するのは憚られるね。2週間だけ入院して子供全員呼び寄せてから亡くなった祖母はある意味偉かった。

        うちの親父はたぶんもうちょっと老醜をさらす気だったんじゃないかと思う。とはいえ本人に選べるわけもなし、しょうがないね。

        --
        Jubilee
        親コメント
  • 死の恐怖 (スコア:3, すばらしい洞察)

    by ikotom (20155) on 2009年03月23日 10時25分 (#1535930)

    死んで無になるのが怖いからこそ死後の世界という宗教観が生まれたのだろうから、
    死ぬのが怖い人ほど、死後の存在を信じたがる=信心深いという傾向があるのかもしれない。

    • by lamvision (16580) on 2009年03月23日 11時13分 (#1535981)

      ブッダとかは王子だからこその思想ってよく言われますね。
      あの当時の一般の人は死の恐怖を考えるよりも(文字通り)生きることに精一杯だからそんなことを考える暇もない。

      今の時代はブッダよりも物質的には恵まれてるからこそ宗教にすがり生を求めるんでしょうね。

      ---
      仏教だけの話ですねこれじゃ
      キリスト教やイスラム教はあまり知らないんだよなぁ・・・

      親コメント
      • by tiga (4391) on 2009年03月23日 15時43分 (#1536260) 日記

        >あの当時の一般の人は死の恐怖を考えるよりも(文字通り)生きることに精一杯だからそんなことを考える暇もない。

        ん~。当時(ウパニシャッド哲学では)、同じ身分階級に転生するというのが、支配的な考えだったと記憶しています。(同じ、アートマナーとして)
        で、因果説に基づいて、転生するというのが、仏教思想では、なかったかと・・・
        勿論、ゴータマ・仏陀が、王子であったがゆえに、・・・の部分が、否定できませんけどね。

        ただ、転生についても、連続する意識を持ったもの・・アートマンとかアートマナー・・・霊魂みたいなものについて
        「アートマナーが、存在すると私は、言わない。」
        「アートマナーが、存在すると私は、言わない。」
        と語ったといわれていますけどね。
        その面から考えると
        「生きることに精一杯だからそんなことを考える暇もない。」
        と単純には、結論づけられないのでは?

        # オカルトに陥らず。
        # おかるとかんぺい ぐらいで笑いが・・・取れわけないよね~:-P

        親コメント
    • by akusekuakuseku (37786) on 2009年03月23日 10時28分 (#1535934) 日記

      死ぬのが恐いという感情がうまれるのはなぜなんだろう?
      ・痛いから?
      ・さびしいから?
      ・無になるから?

      親コメント
      • by ogino (1668) on 2009年03月23日 22時33分 (#1536527) 日記
        > 死ぬのが恐いという感情がうまれるのはなぜなんだろう?

        無理強いされる未知は怖いです。行ったことの無い人があれこれ言おうが言うまいが、または言われるがゆえ。

        ・見知らぬ場所の入り口で
        ・何も見えず
        ・何も聞こえず
        ・何も感じられない
        ・そんな中にこちらの準備とはおかまいなしに一瞬の容赦もなく追いやられる

        それが死。ただ今までの人生で出会ったことすべてとお別れということだけが分かっています。
        親コメント
      • by Arc Cosine (35004) on 2009年03月24日 1時02分 (#1536617) 日記
        人間は本質的に死ぬという事が自己の存在の喪失へ直結するという事を理解しているからではないでしょうか。
        存在の喪失とか概念的な事言っていますが、要は記憶や記録からの喪失ですね。
        人によって、その喪失に対する感情が、恐怖だったり悲しみだったり寂しさだったりするのでは無いでしょうか。

        僕自身は、死ぬ事への恐怖は全くありませんが、自分の存在を知る人が誰も居なくなるって事を考えると、ちょっと寂しい気持ちがしますね。
        ま、そのときは関係者(?)全員死んでいる訳ですし、悲嘆する必要は全く無いんですけどね。
        論理的に積み上げられない人なので、概念的に柔らかい言葉での表現しか出来ませんが、そんな事なんだろうと勝手に理解しています。
        #死ぬってのは二度と目覚めないって事だと思っているID
        親コメント
      • by Nekozuki Coward (37579) on 2009年03月23日 10時42分 (#1535950) 日記

        自分がどうなるのか全くわからないから、とか?

        親コメント
        • Re:死の恐怖 (スコア:2, 興味深い)

          by narunaru (30931) <{mikahosi} {at} {abox9.so-net.ne.jp}> on 2009年03月23日 12時22分 (#1536055)

          逆じゃないかな。死んだら裁かれると教えられているからこそ、自分が死ぬのが怖いのではないかと。

          おそらく宗教などなければ経験則により正しく死を理解していたと思うのですよ。いまでは死に立ち会う機会も減ってしまいましたが、はるか昔の死が日常であった時代には特にね。死んだあとに残した物がどういう扱いを受けるかも、生まれ変わりも復活も前例なんてないってことも。

          実際のところは、正しく理解してしまうと困った事になったのではないかと・・・。奴隷たちはすぐに自殺してしまうだろうし、自分が死に向かっていると知った人の自爆テロの類を防ぐ法弁がなくなってしまいますからね。そこで自殺を防ぐ為に宗教をもったグループが優勢になったとか?

          親コメント
      • Re:死の恐怖 (スコア:1, 興味深い)

        by Anonymous Coward on 2009年03月23日 10時44分 (#1535953)
        俺の場合、怖いというか、「親より先に死ねない」に尽きますね。俺みたいなボンクラ息子でも、俺の葬式で半狂乱になって泣き叫ぶカーチャンの姿がありありと想像出来る。荒れてた(?)若かりし頃、「死んでやる!」とか思ってもカーチャンの顔想像したら死ねない死ねない('A`)

        自分自身の死はそう怖くないですが、自分が死ぬことによって周りの人に迷惑をかけるのが嫌かなー。葬式代くらいは貯金で残してありますが。
        親コメント
        • by akusekuakuseku (37786) on 2009年03月23日 10時53分 (#1535964) 日記

          なるほどなあ.

          現世に残したことに対しての思いを抱く人と,死後の世界でどうなるかの思いを抱く人の両方がいるんですね.
          勉強になります.

          ボクの場合も,現世に残していくかみさんや親類のことを心配するかもなあ.

          もちろんいきなり暴漢に刺されて死ぬとかは,痛そうだし恐いけど,老衰とかの穏やかな死の場合,死そのものに対する恐怖っていうのは,やっぱり,よくわからない.

          親コメント
          • 若いうちはしがらみや資産(精神的なものも含めて)も少ないから死後の世界を考え、
            年食ってしがらみや資産(精神的なものも含めて)が増えると現世に引っ張られるものが増えるってことかなと。
            で、想像するにさらに年食うとしがらみ(人も物も知識も)の方がたくさん先立ってしまうからいくらか執着が減るか?も?

            親コメント
      • > 死ぬのが恐いという感情がうまれるのはなぜなんだろう?

        「死」を忌避する文化のもとで生きてきたから。

        ひとが死ぬということは、暴力や災害に「殺され」ることであったり、絶望のあまり人生を捨てることであったり、はては病苦の極限(による自分自身の消滅)だから、怖いのが当たり前だと思う。

        親コメント
      • by QwertyZZZ (8195) on 2009年03月23日 12時42分 (#1536079) 日記

        スラドで頻繁に話題になっているじゃないですか。
        ホラ、PC内のアノフォルダとか、本棚のアノ棚とか、押入れの中のアノ箱とかを・・・。

        親コメント
    • 宗教が文化に根付いている社会では、それほど単純じゃないと思いますよ。

      信心深いひとは、たとえば単に社会に従順なひとかもしれません。

      親コメント
  • by ncube2 (2864) on 2009年03月23日 11時23分 (#1535994)
    今の世に一休宗純がいたならどうしたんだろう?
  • by Anonymous Coward on 2009年03月23日 10時57分 (#1535968)

    コスト意識がないだけ。
    コストメリットのない宗教に多大な投資を行うのと同じように、コストメリットのない延命治療に多大な投資を行っている。

  • by Anonymous Coward on 2009年03月23日 11時39分 (#1536015)

    「キリスト教に親しんでよかったことは、
     死にたくない死にたくないとみっともなく騒いで
     死んで行く覚悟ができたことです」

    みたいなこと言ってましたな。

    宗教とはこういうものだから、こうなるんじゃないかーなんて類推の
    なんと無粋なことよ。

  • by onmyoji (18360) on 2009年03月23日 23時35分 (#1536572) 日記

    そんなに神が好きで神への信仰を説くのなら、真っ先に自分が神の元へいけばいいのに、
    率先して自分が見本となればいいのに、などと思ってます。

    #神の名を借りて(理由にして)人を殺しまくって、自分たちは生きながらえて
    #楽に死のうなんて、わがままにも程があると言うか。

  • ○○の治療受けるくらいなら死を選ぶ!って宗教の人は、どうなるの?

    # 例えば、輸血拒否の宗教とか。

    --
    1を聞いて0を知れ!
    • by token (7668) on 2009年03月23日 12時22分 (#1536054) 日記

      まあ、確かにあの人達の信心深さは異常なレベルでしたが、
      直接的な解決策を拒むだけで、色々と律法の抜け穴を作ったり考えたりしては迂回策を模索してますよ。
      いつか復活すると信じていても、やっぱり死にたくないんでしょうね。

      --
      俯瞰しよう。何事も俯瞰しなくちゃ駄目だ。
      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2009年03月23日 12時03分 (#1536046)

    現世への執着が強い人が、そういった人向けの市場を見出しサービスを提供する宗教にトラップされてカモになっているだけ。簡単に死なれてはお布施や寄付の収入源がなくなるので、死の恐怖を煽り、そこから逃れるための様々なサービスや物品を販売している。それが宗教という経済活動の一形態の姿。

  • 病人に縋られるのが宗教の本態で、悟りを得るほど高尚な人は多くは無い。
  • by Tatenon (20311) on 2009年03月23日 12時45分 (#1536087) 日記
    残されたモノの事を考えるべきではないのかね?

    # 家族とか仕事とか?
    ## HDDの中身に決まってるだろう。
    ### 心配するな。ちゃんとコピーして参列者全員に配ってやる。
  • まず、斜めに図表だけを見て批判していることを断わっておきます。

    この手の研究では対象患者の収入がきわめて重要な役割を果たします。
    アメリカ合衆国で末期がん患者に挿管することの経済的な意味を考えると当然ですし、
    受けた教育を含め、死生観にまつわるありとあらゆるところに影響を与える因子ですよね。

    実際に患者の収入状態を強く反映している可能性が高い「医療保険への加入状態」が
    「信心深さ」と強く逆相関(39.8% vs 76.2%, Table 1)しているにもかかわらず、考察の中では
    ものすごく軽く流されて(包括的にいろいろ調べてるからいいんだ、みたいな感じ)います。
    せめて多変量解析で独立した因子の抽出を試みるくらいは普通だと思うのですが。

    ただ、あまりお金がない人の方がむしろ挿管を望んでいる、というのは興味深いと思います。

  • by Anonymous Coward on 2009年03月23日 10時03分 (#1535914)

    仏教を信じてない人間でも仏教のテンプルに骨埋めされているとさ

  • by Anonymous Coward on 2009年03月23日 10時14分 (#1535920)

    そういうことなんじゃないだろうか

  • by Anonymous Coward on 2009年03月23日 10時54分 (#1535965)

    私は人類に文明を与えてくれたナイアルラトホテップを信仰しています。

    #正気度?なにそれ?

typodupeerror

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

読み込み中...