パスワードを忘れた? アカウント作成
102817 story
音楽

桜高軽音部、着うたフルを制圧す。 134

ストーリー by reo
紬は俺の嫁、異論は認める 部門より

KAMUI 曰く

オリコンが提供するモバイルサービスの「着うたフル・ランキング」によると、同社のサイト『オリコンスタイル・フル』において 2009 年 5 月 20 日~ 2009 年 5 月 26 日の間にダウンロードされた楽曲ベストテンの内、上位 4 曲を「桜高軽音部」の楽曲が占めたのだそうだ。

  1. ふわふわ時間
  2. Don't say “lazy”
  3. Cagayake!GIRLS
  4. 翼をください(カバー)

と、つるの剛士や福山雅治などを抑えてのランクイン。Amazon に異変を起こしたかと思えば、5 月第 1 週の邦楽シングルランキングで 2・4 位になったりと、変な意味で影響あるんだなぁ、と (笑)

極端な話、1 万人のファンがいたら 1 万枚 CD が売れるという市場ですからねえ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by tmkzr (19129) on 2009年06月02日 13時30分 (#1578143) 日記

    「Don't say “lazy”」、「Cagayake!GIRLS」CD買ったものですが、J-POPとして聞いても十分評価に値する楽曲になっていると思います。特にこの2曲は歌詞が面白い。「ヤバ 爪割れた グルーで補修した それだけでなんか達成感」とか、男には絶対思いつかないし、普通のJ-POPにはあまり見られない表現だと思う。韻もかなり意識して踏まれていて、「微分積分は追試 当分恋愛は中止」とか。

    編曲、演奏も普通のバンドサウンドなんですが、変に声優の「声」を強調しない作りで、歌も普通に上手い。 欠点と言えば、その編曲、演奏に加えて録音、マスタリングまで普通にプロレベルなので、女子高生がそこらへんで録音したような楽曲には絶対聞こえないということかな。

    アニメの方も見ているので、偏見かも知れませんが....

    • by nionio (37211) on 2009年06月03日 0時43分 (#1578734)

      > マスタリングまで普通にプロレベルなので

      えー…?

      ガールズバンドで歌モノという方向性、あるいは客層を考えた調整という視点なら良い仕事してると思いますが…。エッジの立つ5-9kHzをガンガンに出してみたり、若干のポンピングをさせてみたり、若い人がやりがちな未熟で勢いのある2MIX調整を演出し、かつ市販する商品としてやり過ぎない範囲に収めるバランス取りはプロの仕事と感じました。

      が、その結果、比較的良い状態の録音を無理矢理聞きづらくする方向の調整になっています。特にハイはキツめに出ていますから、これに慣れてしまうと高音難聴に一直線です。くれぐれもご注意を。

      親コメント
  • by WindKnight (1253) on 2009年06月01日 10時10分 (#1577105) 日記
    着うたは J-POP 最後の城だと思ったんだけど、あっさり、落ちたのね。(笑)
    武道館も冗談ではなくなってきたかも。

    深夜にやってるアニメの主題歌がここまでランキングを翻弄する時代なんだなぁ。
  • アニメは見てないけど (スコア:2, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2009年06月02日 13時28分 (#1578141)
    随所で話題になっていたので、CDはなぜか買いました。
    普通の曲だと思います。
    紹介されるときにアニメキャラが跳んだり跳ねたりするPVが流れるので
    アニソンなんだと分かりますが、そういう紹介を抜きにしたら
    これアニソンなの?って感じになると思いますね。
    謎のガールズバンドみたいな…。

    アニソンとJ-POPの違いって、作品なのか商品なのかって事。
    アニメという作品の派生物に楽曲がある一方で、いわゆるJ-POPは音楽を商品として売っている。
    儲けようと思ったら声優やアニメキャラに歌わせるんじゃなくて
    普通のJ-POPシンガーでも連れてくればいいだけ。

    商品になりさがった音楽は売れず、作品になったアニソンが売れている。
    そういう現状を理解するべきなんじゃないかなー…。

    #アニソンだってJ-POPなのに、なんで分けて紹介されるのか不思議。
    #J-POPのアニソンカテゴリという分類ならまだ分かるけど。
    #B'zだって立派なアニソン歌手です!
    • わたしも同じくアニメは見てません。(ごめんなさい)

      『けいおん!』は、音楽がテーマのアニメですし、力を入れて作った曲であることは確かなんでしょう。
      アニメ用であっても、作詞作曲演奏の「レベル」が、一般向けの曲と大きく違うというものでもないでしょうし。

      ただ、「曲がいい」だけじゃ、ここまで売れないですよね。

      結局の所、買う人が求めているのは「楽曲自体」じゃなく「楽曲にまつわる物語」なんじゃないのかなあ?と思ったりします。
      #「楽曲」って言い方、好きじゃないんですが、ここはあえて(苦笑)

      「これは○○が歌った曲」だと思うから、ふつうのJ-POPと大差ない曲でも買う、とかね。
      ふだんからJ-POP含め、いろんな曲を聴いて、いろいろと買ってます・・・という人ならともかく、
      「ふだんはそれほどは買わない」という人が「これなら買う」のであれば、買っているのはやっぱり「○○が歌った」部分でしょう。
      J-POPに同じような曲があっても、それには背景になる物語やキャラクターが無いから魅力を感じない。アニメが背景にあれば、
      「こういう場面で歌った」とか「こういう人(キャラ)が歌ってる」とか思い入れが出来て、魅力を感じる。
      評価してるのは「曲」自体じゃないですよね。
      ファン自身は「いや、曲がいいからだ!」とか言うかもしれませんが。

      ま、J-POPのファンだって、結局は買っているのは、「○○(という歌手)が歌ってる」ってことだけかもしれませんし、
      昔からドラマのタイアップとか、映画の主題歌とか、曲に「背景」を付け加えて、曲だけでは不足している「物語性」を
      追加して、売ってきてるんだと思いますけれど。
      その「物語性追加能力」が、最近の歌手やドラマには弱い・・・ ということ、なのかも。
      あるいは、歌詞からドラマをイメージする想像力が、最近のお客さんには弱い・・・ という可能性もありますが。どうかなあ。

      わたし自身は、どっちかというとクラシック好きですが、「のだめ」をきっかけにクラシックを
      聞く人が一気に増えた「事件」もありましたよねえ。
      それまでだってコンサートもやってたし、CDだって普通に買えたのに、「のだめ」で知るまでは
      まったく興味がなかったという人が、たくさんクラシックに手を出していました。
      ・・・でも漫画に出てこない曲だと、飽きちゃって聞いていられなかったりね。(苦笑)
      聞いているのは「音楽」自体じゃなくて、その「背景」なんですよね。
      #まあ、「のだめ」をきっかけに本気でクラシックにはまった人も少なくないとは聞きますが
      --

       みの3号
        〜愚か者にも三分の理〜
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2009年06月02日 17時08分 (#1578355)

         この手のCDはキャラソンではなく完全に中の人の歌。

         秋山澪(の声)として歌っている訳ではなく、日笠陽子(の地声)で歌っているので、桜高軽音部の歌ではなく、完全に中の人4人の歌。
         なので、「けいおん!」作品ファンとしては、タイアップ声優ソングはどうでもいい。

        中の人の歌で作例
        ×:亞里亞の歌
        ○:水樹奈々の歌

        外の人の歌で作例
        ○:ぷちこの歌
        ×:沢城みゆきの歌

        親コメント
        • 豊崎愛生は普段の声が唯に近いせいか、唯の歌として聞けるよ。
          WEBラジオでの喋りも他の人が地声になってるのに比べてほとんど唯そのまま
          だったりする。
          意識してやってる部分もあるのかもしれないが、他のラジオでも似たような声
          なので、単純に地声に近いのかと。
          #徳島放送に出てた頃の声とは似ても似つかないけど……

          基本的にキャラソンは役の声と違いすぎるのがネックで買ってなかったけど
          唯のキャラソンは購入予定。
          親コメント
    • そうかぁ?
      15年くらい前からアニメタイアップした曲が片っ端からヒットチャートを埋めてたと思うんだけど。ドラマタイアップとか、ニュースタイアップもあったけどさ。タイアップなしでヒットした曲って殆どないでしょ。

      逆にいえば、タイアップさえすればヒットチャートに入るぐらいは売れるという事にアニメ業界が気がついたんじゃない?声優は声を専門の仕事としているだけあって、声質のしっかりしている人が多い。ポップシンガーとタイアップするよりも、アニメ用に曲を作って声優に歌わせたほうが儲かると判断しているだけじゃないかなぁ?

      親コメント
      • ちゃうちゃう…。

        ここ20年弱ほどの流れの中で、声優として採用するに当たって、そこそこ以上に歌える人間を揃える様にしたからです。
        志願者がものすごく増えたので、それだけ選べる様になったんですよ。

        --
        =-=-= The Inelegance(無粋な人) =-=-=
        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2009年06月02日 15時15分 (#1578264)

          あと、声優ってのは最低でも発声はちゃんとしているので、ぱっと聞いて上手いと思われやすい。
          実は発声もちゃんと出来ていないナンチャッテ歌手が多かったってだけだが。

          あとは、やっぱり毎週TVで露出する事が売り込みとしては強いってのは、おもちゃ屋だって知っている事。

          親コメント
  • 一人一枚かなぁ? (スコア:1, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2009年06月02日 13時02分 (#1578102)

    >「アニメの男性ファンは熱烈な人が多く、予算が続く限りCDやDVDなどをすべて買ってくれるんですね。例えば少し極端ですが、1万人のファンがいたら1万枚CDが売れ、1万人のホール

    1万人のファンがいたら3万枚のCD [yahoo.co.jp]、かもしれません。

  • by Anonymous Coward on 2009年06月02日 13時02分 (#1578104)

    3万は嘘としても1.5万枚は売れるのではないのかな?

  • by nionio (37211) on 2009年06月02日 13時51分 (#1578176)

    > 極端な話、1 万人のファンがいたら 1 万枚 CD が売れるという市場ですからねえ。

    1万枚ではなく44万枚 [google.co.jp]です(違

  • by user003 (37747) on 2009年06月02日 14時01分 (#1578185)
    曲が売れるのにどんな傾向があるのか俺には全く見えない。
    アニソンがランキング上位4曲を占めたという事実は下克上気分でワクワクするけど、
    他のアニソンとどの辺りが違って、リスナーの心を捉えたのはどういう理由なのか全く解りません。
    もし説明できる方がいたら是非教えていただきたいです。
    • by Anonymous Coward on 2009年06月02日 14時43分 (#1578232)

      1.作品への好感度
      2.楽曲の出来
      3.歌ってる・演奏している人(グループ)への好感度
      4.コンプリート意識
      5.作品との関連性
        (単純に「イメージに合う」の他、出演者が歌ってる、作品内キャラが歌っている設定、等)
      6.作品中での効果的な見せ方(OP・EDアニメーションの出来や相性)
      7.特典

      お互い同士も複雑に影響し合い、さらに経済的状況をかんがみた上で…って感じではないかと。
      1と3がダントツ影響度が高く(マイナス方向でもね)、他は本当に状況によるのではないかと。

      親コメント
      • 設定が「高校の軽音部」ということで、楽器やってる人にも注目されてる様です
        もちろん「けいおん!」を見て楽器を買う人も多いそうで、何故かレフティのJazz Baseが
        例年の数倍も売れてるそうです(右利きの人も買ってるとかなんとか…)

        漫画の方を読むとわかりますが、実はあんまり演奏してないんですけどね、お茶ばっかりしてて
        私はアニメの「萌え」よりも漫画のゆる~い感じが好きです

        それにしてもLes Paulが「かわいい!」とは盲点だった…

        親コメント
        • 早くブームが終わって、モノホンのレスポールが中古でダブついてくんねーかな、と、
          wktkしながら放送終了を待ちわびている、元ギター小僧の中年をやぢがここにいます。

          --
          GNU is a religion. [flcl.org]
          親コメント
  • うちの知り合い、aikoの大ファンなんだけど、
    アルバムやシングルが出るたびに4~5枚くらい買って、
    aikoに興味ない人をファンにすべく配ってるし、
    その知り合いの知り合いはいつも9~10枚買ってるそうな。

    「好きになったものにとことんハマる」ってだけで、
    「何が好きか」ってのは問題じゃないと思うんですが。
    というか、何かあるたびにこういう括りで話す人に嫌悪感があります。

  • by Anonymous Coward on 2009年06月02日 14時27分 (#1578215)

    天地真理~山口百恵~松田聖子~おニャン子~モー娘。といったラインの
    いわゆるアイドル歌謡が全滅の現在、それを代替しているのがアイドル声優なのかな
    と思ったりするわたしです。
    上記ラインは後期になるほど『狭く』なっているような気がするのですが、
    それをも引き継いじゃっているというか。

    #とりあえず男には興味がないので女性のほうの話だけですが

    • by the.ACount (31144) on 2009年06月02日 14時56分 (#1578245)

      「アイドル歌謡→アイドル声優」ってのは同感ですねー。
      しかも声優は、ルックスをアニメキャラで分担してるから自由度が大きい。
      (本人が出る場合でもメークなどで別人になってる場合があるぞ。アイドル歌謡の場合はイメージを固定して髪型変えるにも許可が必要だったのと大違いだ)

      --
      the.ACount
      親コメント
      • by nojiri (27623) on 2009年06月02日 16時47分 (#1578335)

        >アイドル歌謡の場合はイメージを固定して髪型変えるにも許可が必要だったのと大違いだ

        アイドル声優も、髪型を変えるにも事務所の許可が必要だそうです。
        「(髪を切ったら)事務所に怒られた」と、とある声優がラジオで話してた覚えが。

        @iPodでアニラジを聴くヲレ。

        親コメント
  • 似たような状況になってなかったっけ?
    作品テーマに音楽が絡んでて挿入歌までランクインしてるから目立ってるだけで、一番人気がはっきりしてる時って毎年アニソンがオリコンを賑わせてるような気がする。着うたもしかり。

    同じ曲のバージョン違いが延々リリースされ続けてるだけなのに瞬間最大風速だけで毎回オリコンTOP10入りしてたこれ [itmedia.co.jp]とか、4年も前の話だよ。

    まあ、たまに作品の人気があんまりなくても歌ってる人が水樹奈々ってだけでオリコンランクイン、なんてこともありますが(笑)

  • by Daichi_K (3005) on 2009年06月03日 9時21分 (#1578877) 日記

    釘を刺されるんですかね。ネギま!?の時みたいに。

  • by Anonymous Coward on 2009年06月02日 12時32分 (#1578075)

    一人で複数回ダウンロードしたら複数カウントされるんでしょ?
    統計になってないじゃん

    • by Anonymous Coward on 2009年06月02日 12時40分 (#1578079)

      複数回ダウンロード

      複数回購入じゃないの? さすがに、同じ人が買った物を何度もダウンロードしてもカウントしないと思うけど・・・常識的に考えて。

      もし、一人で何回も買えるから意味が無い!という主張なら止めてね。CDだって同じだから。

      親コメント
typodupeerror

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

読み込み中...