パスワードを忘れた? アカウント作成
166112 story
スパコン

スパコンランキング発表、Crayマシン「Jaguar」がトップに。日本勢はトップ30入りも逃す 116

ストーリー by hylom
群雄割拠 部門より

あるAnonymous Coward 曰く、

PC Watchなどで報道されているが、11月16日(米国時間)、世界のスーパーコンピュータ性能上位500を集計する「TOP500」が発表された(プレスリリースランキング)。

前回トップだったIBMの「Roadrunner」を抑えてトップに立ったのはCray XT5-HEベースの「Jaguar」。Jaguarはオークリッジ国立研究所に設置されているマシンで、CPUに6コアのOpteron 2.6GHzを採用している。Roadrunnerはトップこそ逃したものの、今回も2位を堅守。ただし、システムの再パーティションを行ったため最大性能は若干低下しているそうだ。また、3位は同じくCray XT5-HEをベースとする、テネシー大学計算科学研究所(National Institute for Computational Sciences/University of Tennessee)のKraken XT5だった。

アジア勢トップは5位にランクインした中国の「天河一号」。韓国KISTI Supercomputing CenterのTachyonIIも14位にランクインしている。いっぽう日本のスーパーコンピュータはNECの地球シミュレータが31位、JAXAの富士通 FX1が36位、東大の「T2K Open Supercomputer」が45位などと、世界各国に対して大きく遅れを取っている。2004年までランキングトップだった地球シミュレータが現在ではトップ30にも入らないというスーパーコンピュータ性能競争の激しさには驚くばかりである。

なお、Jaguarがトップに躍り出た背景には、米国が景気刺激策としてJaguarに約2000万ドルもの支援を行ったことがあるようだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 規模と論理性能とベンチマーク数値にこだわることの不毛さに気づくべきでしょうね。
    地球シミュレータが大きな成果を出したのはTOP500への野望からではなかったはず。

    ・明確な目的意識(流体計算)
    ・明確な設計ポリシー(目的への最適化。ベクトル&クロスバー結合)

    結果として、予測値よりはるかに高性能な汎用計算機ができてしまって世界が大騒ぎ。結果論です。

    http://www.ne.jp/asahi/comp/tarusan/main194.htm [www.ne.jp]

    この地球シミュレータ、現在ではTOP500において第49位。 LINPACK性能だけを見れば、もはや世界の頂点に近い存在ではない。

    しかし、HPC分野においては使用するアプリによって機種毎にその性能は大きく乱高下する。地球シミュレータはその名の通り全地球レベルでの地球温暖化を研究するために作られたが、その分野のアプリでの性能はどれくらいのだろうか?

    このあとの講演でその答えを知ることが出来たが、回答は衝撃的なものだった。 講演者の方曰く、(この分野のアプリならば)「おそらくは今でも世界1位。悪くても2位は確実です。」とのこと。

    • これって、2008年の話ですよね。
      地球シミュレータって、確か今年はじめくらいに増強して、スペックが3倍くらいに跳ね上がってるはずです。(LINPACKで40TF→122TF)

      アーキテクチャからくる高効率は変わらないだろうし、今でも世界トップなのはほぼ間違いなさそうですね。

      --
      しもべは投稿を求める →スッポン放送局がくいつく →バンブラの新作が発売される
      親コメント
  • CPU交換 (スコア:1, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2009年11月19日 13時11分 (#1675039)

    昨日WIREDでジャガーのCPUを4コアから6コアに換装する動画が記事になっていました。
    http://wiredvision.jp/news/200911/2009111822.html [wiredvision.jp]
    3万7千個も交換したらしいですが、使い終わったCPUの行方が気になるところ。

  • by duenmynoth (34577) on 2009年11月19日 13時55分 (#1675078) 日記
    ランキングは単なる序列であって、重要なのは費用対効果でしょう

    ランキングに載りたいってのが本音なんだろうけど、
    それじゃ予算がおりないだろうから別の理由をでっち上げないとだけど、
    でも気の利いた理由が思いつかない・・・
    ってとこでしょうか

    #それすら仕分け当日に用意できてない事が情けないですけどね
  • 米国が景気刺激策としてJaguarに約2000万ドルもの支援を行ったことがあるようだ。

    アメリカのスパコンが強いのは「政府が強力に支援しているから」とでも言いたいのかもしれないが、
    約2000万ドルのアップグレード費用って今の外国為替相場だと約18億円に過ぎない。
    世界二位のIBMのRoadrunnnerは本体の建設費用ですら133million$=119億円程度。

    対して、地球シミュレーターのSX-9/Eへのアップグレード費用は約190億円 [cnet.com]。
    今回問題になった京速の概算要求額は267億円(総額は1230億円)。
    地球シミュレーターの建設費用はは600億円、維持費用でさえも年間約50億円。

    日本のメーカーにスパコン造らせると金がいくらあっても足りないようです。

    • by Anonymous Coward on 2009年11月19日 14時41分 (#1675139)

      バラバラの数値を持ってこられても比較にならない。
      詳細不明なアップグレード費用に、製造費用と、概算要求、総額…全部バラバラ。
      費用対効果についても一切触れてないし、HPCは計算あたりの単価が重要。

      ちなみにESの維持費が高いのは古いから保守費用が割高。古くてもこの分野ではダントツの性能だから払う。
      今年はノードを新しくしたから維持費、保守費用は下がっているはず。

      親コメント
    • by heavensgate (21016) on 2009年11月19日 16時25分 (#1675235)

      Jaguar も Roadrunner も、使用している CPU 自体は汎用ですし、接続方式も汎用。
      数の力で性能が高いのは確かですが。

      対して地球シミュレータは、実効性能を稼ぐことを前提とした接続方式(ただし高額。消費電力も高い)ですから、そこで違います。
      CPU 換装後の LINPACK ベンチマークで、実効効率 93.38% の世界第一位だったりするわけで。
      ※90% over を出しているマシンですら他にほとんどない

      そりゃ確かに安いでしょうが、F1 マシンの代わりにブガッティ EB110(カタログスペック 342km/h) ってわけにはいかないのですから。

      --
      -- To be sincere...
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2009年11月19日 17時04分 (#1675283)

        >CPU 換装後の LINPACK ベンチマークで、実効効率 93.38% の世界第一位だったりするわけで。
        >※90% over を出しているマシンですら他にほとんどない

        これはバケモノ。苦手としているLINPACKでこれだから。
        ESが巨大脳の単一生命体だとしたら、他のスカラ機は膨大な数のこびとさんだ。

        「人生、宇宙、すべての答え」を答えてもらうためにESにはもう少し長生きしてほしい…

        Wikipediaより、「人生、宇宙、すべての答え」の記事:


        ディープ・ソートは研究者に向かって、「疑問とは何なのか」に答えられるもっと凄いコンピュータ(=全時代、全世界最も凄いコンピュータ)を設計しようと言った。それはコンピュータ母体に生命体を取り込んだコンピュータである。そのコンピュータの名は「地球」。あまりに大きいのでよく惑星と間違えられる。

        このネタに、こんな繋がりがあったとはね。

        親コメント
        •  第5位の天河1号は、実効効率 46.67%(コア数 71680、理論性能1.2PFLOPS、実効性能0.56PFLOPS)
           まあトップ1/2 でも実効効率 75%台ですが……なんでこんなに実性能が悪いんだか、というあたりが今のスパコンの設計の苦しいところですね。バス性能が悪いのでしょうけど。
           天の河じゃなくて人の海だなあ。

          ちなみにコア数比較。
          Jaguar 224162
          Roadrunner 122400
          ……
          Athena(30位) 17956
          地球シミュレータ(31位) 1280(Top 100 の中で最小)
          IDRIS(32位) 40960

          --
          -- To be sincere...
          親コメント
    • ES2 122TFlops を 50% の効率で動かすと、61TFlops
      190億円で割ると、321GFlpops/億円

      Roadrunner 1042TFlops を 2% の効率で動かすと 20.84TFlops
      119億円で割ると、175GFlops/億円

      いや、適当な数字だけど、ES vs スカラーだとこのくらい行っちゃうんじゃない?

      --
      TomOne
      親コメント
  • アジア勢トップは5位にランクインした中国の「天河一号」

    TENGAと読んだ人は正直に名乗り出てください

    --
    言ってないことに反論するなよ
  • 参加報告 (スコア:1, 興味深い)

    by Anonymous Coward on 2009年11月21日 3時34分 (#1676289)

    TOP500を見るとJaguarのAMD Opteronと天河のAMD(ATI) Radeonが話題になりますが,SC09の展示(Exhibition)を見るとIntel XeonとNVIDIA Teslaが幅をきかせています.

    だから何だと言われると困るんだが.

    # Exhibition展示側なのでAC.

  • by Anonymous Coward on 2009年11月19日 13時45分 (#1675067)

    2004年までランキングトップだ った地球シミュレータが現在ではトップ30にも入らないというスーパーコンピュータ性能競争の激しさ

    スパコンじゃなくて普通のパソコンのCPUだって,2004のトップ性能を 持ってこられても2009現在ではやっぱり陳腐だと思いますよ。

    一時期に比べればピーク性能の伸びは鈍化してるとは思いますが。

typodupeerror

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

読み込み中...