パスワードを忘れた? アカウント作成
190805 story

デューン/砂の惑星リメイク、砂虫は3Dか? 46

ストーリー by soara
一方、日本では王蟲の3Dが… 部門より

ジュッ…ピトッ…あったかい…… 曰く、

1984年のデイヴィッド・リンチ監督の映画で有名なフランク・ハーバートのSF小説「Dune」(邦訳名「デューン/砂の惑星」)が、再び映画としてリメイクが計画されているそうだ(goo映画記事)が、本家記事経由SFFMediaの記事によると、監督のピエール・モレルが砂虫(sandworm)の3D表現に意欲を見せたそうだ。アバターの成功をうけてとのこと。今後の映画は3Dが標準となるのだろうか。それにしても砂虫を?

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by metta (20740) on 2010年02月06日 17時52分 (#1714751) 日記
    貞子ですかね。
    • Re:一方、日本は (スコア:3, おもしろおかしい)

      by northern (38088) on 2010年02月06日 19時51分 (#1714772)

      やあ最近の3Dはすごいなと思ってたら、3D映画じゃなかったりしてな

      親コメント
    • by gonzo (38147) on 2010年02月08日 15時43分 (#1715211)

       や め て く れ 。
       今 度 こ そ 眠 れ な く な る 。

      あの貞子は視覚的にも非常に怖かったんだ。
      ジャパニーズホラーの中でもピカイチの恐怖と思っている。
      ただのスプラッターやクリーチャーの怖さだけじゃないんだよな。

      # と語れるほどホラー映画を見ているわけではないけどIDで

      親コメント
    • Re:一方、日本は (スコア:1, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2010年02月06日 18時57分 (#1714759)
      画面から出てきちゃだめ~
      親コメント
    • by Anonymous Coward
      日本なら細く短くても性能の良い"触手"の出番ですよ

      太くて長いだけの"ワーム"なんかお呼びじゃないんです

      民族的トラウマに関わる問題なのでAC
    • by Anonymous Coward
      貞子はともかく、画面から嫁が出てくるならもう3Dテレビでも何でも買っちゃう
    • by Anonymous Coward
      やられちゃった方で渾身の顔芸を披露していた真田広之に対し、
      そこはサラッと特殊効果で済ませたハリウッド

      期待してたのに……
  • >ジュッ…ピトッ…あったかい…… 曰く、

    リメイク版には群体が登場しますか?(ぉ

    --
    And now for something completely different...
    • Re:げしょげしょ (スコア:2, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2010年02月07日 13時52分 (#1714900)

      >ジュッ…ピトッ…あったかい…… 曰く、

      リメイク版には群体が登場しますか?(ぉ

      あ、ついでに思い出した。原作Duneを「砂丘の子供たち」あたりまで読み進めればわかりますけど、
      Duneの砂虫って一匹一匹がそれぞれ群体(クラゲ的な、各個体が役割分担してる)ですよ。

      #カールビンソンの群体サンドウォームもそれが反映してるのか?

      親コメント
    • Re:げしょげしょ (スコア:1, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2010年02月06日 14時25分 (#1714696)

      シュッシュッ…ドピュ…あったかい…… 白く、

      #いえ、なんでもないです

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      わくわく、ジュッ! あたたかい……
      はゲショではなくサンドワォームではなかろうかと。
      しかし、群体になったらアイロンも大きくなるのだろうか?w

      • Re:げしょげしょ (スコア:5, 参考になる)

        by Anonymous Coward on 2010年02月06日 11時51分 (#1714658)

        というか、

        1. SF小説「Dune」で“Sandworm”(砂虫:発音は「サンドワーム」)登場
        2. 日本SF界で「サンドウォーム」とローマ字読みするヤツ登場
        3. 「その発音じゃ“Sandwarm”(砂温め)だろ!」と突っ込み
        4. あさりよしとおが砂をアイロンで暖めるキャラ「サンドウォーム」を作成

        という流れではないかと。

        親コメント
        • by joe (5943) on 2010年02月06日 15時02分 (#1714709) 日記
          あ、あたたかい・・・・・
          親コメント
        • by Anonymous Coward
          Σ( ̄□ ̄)!

          今の今まで、なんで「あたたかい」なんだろうと思ってました。

          異世界生物の不条理を端的に表しているんだろうな、くらいに解釈してました。

          そういう背景があったとは。
          ひとつ賢くなりました。有り難うございます。m(__)m

          あ、「げしょ」はなんなんでしょうかね
          ってオフトピに過ぎますか。ごめんなさい
          • by Anonymous Coward on 2010年02月06日 16時21分 (#1714725)

            (#1714658) ですけど、「ぼくらの仲間(大学サークル)内での定説」であって、あさりよしとお先生がこの件について明言しているかは定かではないのでご注意お願いします。

            #むしろあったら教えていただきたい。

            ##wikipediaに載せないでください(w)

            親コメント
          • 「げしょげしょ」は確か、あさりよしとおの“宇宙家族カールビンソン”にでてくるキャラクターの台詞(擬態語?)です。

            親コメント
            • by Anonymous Coward on 2010年02月07日 1時26分 (#1714847)

              科白じゃねぇ、こいつだ。
              二つ続いてるから科白というつもりなのかも知らんが。
              こいつも群体化するから要注意な。

               | -|- ll
               l  ノ        ト、        ___
                  |_,.      丶`丶‐--‐ ',. '´ ̄丶::::`丶、
                   よ      \:::::::::::::::!  ・  l::::::::::: 丶
                           `丶、:::::ヽ、___,ノ:::::::::::::::::::\
                          \  ` ー---_ァ:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                            `丶===ニ 、::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                               `┐  _,.>、:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                 ̄    l::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

              親コメント
  • by Jack the Ripper (36962) on 2010年02月06日 21時22分 (#1714794) 日記
    TVシリーズとして公開されたDUNEは傑作だったけど
    現在の反アラブ感情を考えるとフレメン文化がかなり湾曲される恐れが出てきますね。
    長尺でも200分程度ではあの世界観を再現するのは無理かと
    • by Anonymous Coward

      指輪物語みたいに3部作にわけるけど、一気に作ると言うようにすればいいんじゃない?

      個人的にはハリーポッターを2時間枠でつくたらどうなるのか見てみたい気もするんだが。

      • by Anonymous Coward
        >個人的にはハリーポッターを2時間枠でつくたらどうなるのか見てみたい気もするんだが。

        無粋とは思うが、2時間枠で作らなくても、ただの学園物としか言いようがないのだが
    • by Anonymous Coward
      ハルコネン男爵だっけ。
      TV版では悪役の服装が和装になっていたのは。
  • 今度は、まともでありますように。
    リンチ監督のは原作読んでいる人でないと理解不能な代物でしたから。
    --
    notice : I ignore an anonymous contribution.
    • 映画版の出来に関しては、確かに手抜きともとられる部分があったことは否めないし、全体のまとまりもやや難かと。そのかわり映像に目を見張るような表現も頻出し、玉石混交といわれても、まあ仕方ないでしょう。
      原作は日本語版でシリーズ第一作だけの時期には、これは滅ぼされた貴族の王子が逃げ延び、力をつけ協力者を得て、かつての宿敵に報いる王道ロマンだと解釈されていた。ところが続編が訳出されるにつれ、その異様な世界観と読者の感情移入を完全に拒むストーリー展開に多くの読者が絶句したというのが本当のところでしょう。
      リンチが監督を務めることに決まった経緯にはいろいろあるようですが、あとから考えれば正解だったのかもしれない。とはいえこれがブルーベルベットやツインピークスみたいな流れにつながるとは誰も予想してなかったろうけど。
      いわゆる「まともな監督」だとあの味は出せない。P.K.ディック作品が映画化されるさい、いずれも大幅な再解釈を取り入れざるを得なかったように。ディック本来の味を映像で再現できたとして、それに需要があるかどうかは不明ですが。
      親コメント
      • by Anonymous Coward

        いまだに石森章太郎のイメージが抜けない。
        映画見たあとも。

        3Dであのパイロットだっけ、ナビゲータだっけ、をじっくり見てみたいかも。

    • まず、有料試写会で試写会版を見せる。
      そして多くの劇場で通常版を公開。公開終了と間を置かずにDVDを発売。
      延長版を限定劇場限定期間で公開して、公開終了ほぼ同時に延長版をDVDで発売。
      数ヵ月後、通常版をさらにダイジェストしたものを無料放送で流して、その上でカットのない通常版を Blu-ray で発売する。
      さらに数ヵ月後、延長版を有料放送で繰り返し流して、その上で延長版を Blu-ray で発売する。

      一年後、監督の「あの映画には重要なシーンが欠けていた」発言つきでいくつかのシーンが追加された「完全版」が限定劇場限定期間で上映され、…

      • by Anonymous Coward

        いつの間にか映画界も曲芸商法 [hatena.ne.jp]みたいな事になってたのね。

    • by Anonymous Coward

      > リンチ監督のは原作読んでいる人でないと理解不能な代物でしたから。

      そう?
      映画の後で原作読んだけど、映画はよくまとまってたと思うけど。

    • by Anonymous Coward
      原作知らなかったけど、お気に入りの映画の一つでしたよ。
      あとから原作読んで、なるほどこういう事だったのか!
      と納得しつつ、2度楽しめる作品でしたw
    • by Anonymous Coward

      あれはあのすばらしくユニークな美術や世界観を楽しむ映画だ。
      あの世界観のままで続編が出てほしかった。

      • by Anonymous Coward
        スティングの怪演技を楽しむ映画ではないかと。
  • by Anonymous Coward on 2010年02月06日 10時20分 (#1714633)
    マックGすか?(w
  • by Anonymous Coward on 2010年02月06日 10時27分 (#1714634)
    映画は思い出せないが、久しぶりにパンツァードラグーン(C)SEGA をやりたくなった。

    あの各関節にロックオンする感覚(と効果音)がたまらん。
  • by Anonymous Coward on 2010年02月06日 16時57分 (#1714733)

    映画化されたと時は高校生だったのですが、
    住んでいる場所が田舎だったせいもあり映画館に行くのは不良だと言われて(本当の話ですよw)
    仕方なく本を買って読みました
    その後映画作品はレンタルビデオで借りてやっと見る事ができたのですが・・・
    なんとも、期待ハズレで流石に映画の尺ではああなるのかと思ったものです

    そういった意味では、大作SFドラマはスタートレックのようにドラマとしてやった方がより良いかもとか思いますがね
    (それでも成功するともいえないのが悲しいです、ターミネーターSCCやバビロン5とか・・・まあ色々ありますが・・・)

    • by seekbuscarino (9403) on 2010年02月08日 18時38分 (#1715288)
      当時、小学生だった私は、「砂の惑星」が見たくて映画館に連れて行ってもらったのですが、
      父親の「見たいのはこれだろ」という一言に有無言わさず、「風の谷のナウシカ」を見ることに...
      後にテレビ放送を見て、正しい判断だったと思いました。

      な~んで見たかったんだろう?
      多分、SF物が見たかったんだろうけど。
      --
      〜三軒廻るより一軒で据わりこめ〜
      親コメント
    • by Anonymous Coward
      スターウォーズは映画で成功したし、映画じゃなきゃEP4-6の特撮のクォリティは出せなかったと思います。
      キリのいいところで話が切れるって要素が大きいのは確かですが。
      #スターウォーズはスペースオペラだって? 僕子供だから良く分からない。
      • by Anonymous Coward
        スターウォーズは、基本的な12作くらいで収まるボリュームの構想があり、
        それがのちに6作に、そしてそれから派生する外伝的なストーリーが大量に
        新たに生み出されてますよね。
        どういう基準で選ばれるのかわかりませんが、その作者はたくさんいます。
        (ジョージ・ルーカスから大雑把に聞いてから書いてる?)

        砂の惑星で原作から入った人が劇場版をみてがっかりするのは、
        そのストーリーのボリュームに対して3,4時間の一本で収められてるから。

        スターウォーズだって、Ep1~6までを一気にまとめて3時間くらいの1本にしたら
        超駄作になると思いますよ。

        砂の惑星は映画で見て、それから小説版に入るのがいいと思う。

        ハリポタはどっちが先でも同じ。
        ハウルの動く城は、原作を読んで映画版は見ない方が面白い。
typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...