パスワードを忘れた? アカウント作成
225954 story
変なモノ

世界一強いビール製造合戦、次はアルコール度数 50 度の壁へ 71

ストーリー by reo
このままでは 2020 年頃に 100 度のビールが…! 部門より

ある Anonymous Coward 曰く、

ビールのアルコール度数は大体 4~6 度であるが、「分留」という工程を繰り返すことによってより高いアルコール度数を実現できるとのこと (Telegraph.co.uk の記事本家 /. 記事より) 。

2008 年以前は世界で一番強いビールは 27 度だったそうだが、現在は各社による「世界一強いビール」合戦が繰り広げられており、この比較的新しい製法によってスピリッツと並ぶ 40 度以上のビールが製造されるようになったそうだ。2010 年 5 月には Schorschbräu から 43 度のビールが発売され、各社が次に狙うは 50 度の壁の突破だそうだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by marute (13883) on 2010年06月04日 12時15分 (#1774606) 日記

    50度だと火つくよね?

  • 濃縮還元 (スコア:4, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2010年06月04日 12時26分 (#1774621)

    で、これを10倍に薄めて5%のビールが売られると

    • by Anonymous Coward
      カルピスともめそうな悪寒(違
    • by Anonymous Coward
      薄めずにカルピス的に売られるかもしれません
      • Re:濃縮還元 (スコア:1, 興味深い)

        by Anonymous Coward on 2010年06月04日 12時51分 (#1774639)

        もう粉末でいいのでは? [sato-foods.co.jp]

        親コメント
      • Re:濃縮還元 (スコア:1, 参考になる)

        by Anonymous Coward on 2010年06月04日 13時01分 (#1774648)
        たしか日本のビールにかけられる酒税は売価ベースじゃなくリッター単位だから実質税率が1/10に

        なりますか?
        親コメント
        • by Anonymous Coward
          いいえ、そうなれば税率を10倍にして、従来通りの税収を確保します。

          発泡酒と酒税アップのいたちごっこ、無駄に研究開発費がかかり本物のビールが遠くなっただけで、嬉しくないよ。
      • by Anonymous Coward
        炭酸ボンベとセットで?

        なんにしても、これは私の知っているビールとは別の物。
        ビールと自称するのは遠慮して欲しいな。
        • by Anonymous Coward

          >ビールと自称するのは遠慮して欲しいな。

          自分の知るごく狭い範囲だけが世界の全てであるかのように勘違いするのはとても恥ずかしいことですよ。

          • by Anonymous Coward
            ごく狭い範囲ねぇ。
            アルコール度数を50度にまだ高めたものをビールと呼ぶのが
            一般的だと思ってるなら、恥ずかしいどころではなく真性のアホですな。
            • by Anonymous Coward

              ビールの定義は貴方が定めるものではありませんので

              自分の脳内定義を一般的だと思うのは恥ずかしいことですよ

  • 部門名 (スコア:3, おもしろおかしい)

    by nekurai (6253) on 2010年06月04日 12時20分 (#1774611) 日記
    ついに中国がビールでもトップの座に躍り出るのか…

    # 百度
  • 味は? (スコア:2, 興味深い)

    by jerry_fish (32739) on 2010年06月04日 12時37分 (#1774630) 日記

    度数が高くなると味わいにどう変化があるのか気になる

    --
    ☆大きい羊は美しい☆
    • Re:味は? (スコア:3, 参考になる)

      by kousokubus (37099) on 2010年06月04日 14時35分 (#1774706)

      度数での変化よりも製法での味の違いの方が支配的な気がする。
      ピルスナーに慣れた日本人が飲むと違和感を覚える「ビール」って大量にありますからね。
      # 例えば、冷やさないエールビールだとかね。

      そういや、この度数の高いビールって、日本だとビール扱いされません。

      酒税法3条12号[9]『ビール』次に掲げる酒類でアルコール分が20度未満のものをいう。
      イ - 麦芽、ホップ及び水を原料として発酵させたもの
      ロ - 麦芽、ホップ、水及び麦その他の政令で定める物品を原料として発酵させたもの(その原料中当該政令で定める物品の重量の合計が麦芽の重量の100分の50を超えないものに限る)。

      # ちなみにですが、ベルギービールだと20度越えもありますし、そもそもいろんな原料を混ぜてあるのでありゃ発泡酒扱いで売ってるはずです。
      # ランビックとか飲むと、ビールって実は非常に多様で奥深い飲み物なんだなあと思うハズ:-P

      親コメント
      • 昨日安かったから買ってきた「JOHN SMITH'S EXTRA SMOOTH [johnsmiths.co.uk]」はCOOL IN FRIGE SERVE CHILLEDと書いてありますよ。

        ガツンとくるIPA飲みたい

        • それ、ケグエールの方じゃない?あれたしか7~8度が適温のハズ。
          日本のビールが6度ぐらいだったはずだからほぼ同じ。

          まあ、書き方が悪かったかも。冷やすエールもあるし、冷やしてのむひとも居る。
          # リアルエールは12度ぐらい。ちゃんと冷えてるのは冷えてるから、ぬるまってるわけではない。
          # 日本のビールに比べれば冷えが足りない、とかのが表現としては適切かな?

          親コメント
        • イソプロピルアルコールかと思ったよ
    • by watanabe_aki (10227) on 2010年06月05日 4時10分 (#1774997)
      16%のビールなら飲んだ事があるのですが、ビールの味がしませんでした。もしくは不味いビール。ウイスキーの様な、ビールの様な、そんな飲み物です。
      親コメント
    • by tamanegi (38323) on 2010年06月04日 13時33分 (#1774674) 日記

      水分を凍らして分離しているっぽいので味も濃厚になっていると
      期待できそう。普通に蒸留するよりもうまみ的なものが減りにくい気も
      するけど、気のせいかな? ただ、炭酸はほぼ完全に抜けてしまう気が。

      # 識者の見解求む。

      個人的にはビールとは全然別物でウイスキーとかとも当然別物な
      不思議飲み物になっていそうな予感。意外にイケるんじゃないかな?
      一度試してみたいと正直思う。

      親コメント
  • by iwakuralain (33086) on 2010年06月04日 13時22分 (#1774665)

    がするビールなんぞ飲んでもうまくもなんともね~よ

  • by GPH (8223) on 2010年06月04日 20時48分 (#1774847) 日記

    最近日本の酒屋でもちらほら見かけますね。おそらくこのたれ込みに関係する醸造所のやつが。

    正直、日本の分類だと濃縮が掛かってるとビールとは言いづらい。
    イギリスでも、これは話題作りの域を出ない邪道ではないかと言われているとか・・・。ビールと言うには際ものだと個人的には思います。

    とりあえず普通発酵?ので最強ランクのビールと言うと、サミクラウス
    http://www.belgianbeer.co.jp/lineup/detail_273.htm [belgianbeer.co.jp]
    ですかねえ。ギネス認定。
    日本でも博石館スーパーヴィンテージ
    http://www.hakusekikan-beer.jp/pc/?p=21 [hakusekikan-beer.jp]
    が同レベルで14%です。
    大体9%を越えているビールは、麦芽の量が非常に多い傾向があり(普通に発酵させて高度数にする以上は濃くしないと)、バーレーワインと言った方がいいものが多いです。上の方で論争してる人がいらっしゃるようですが、とりあえず真っ当な部類で高度数のシメイ・ブルー(比較的手に入りやすい)
    http://www.belgianbeer.co.jp/lineup/detail_117.htm [belgianbeer.co.jp]
    あたりを飲んでみるといいでしょう。イメージそのものが分からないと論の前ですし。

    トノトとか、サミュエルアダムストリプルボックが欲しいですが入手困難・・・。

  • 麦の酒だもの (スコア:1, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2010年06月04日 12時02分 (#1774592)

    ビールを分留したらそれはもうビールじゃなくてウイスキーだろ。

    • Re:麦の酒だもの (スコア:2, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2010年06月04日 12時15分 (#1774607)
      なぜ分留と訳してるのか分かりませんが、repeatedly 'freeze distilled' とあるので
      アルコールを揮発させて濃縮するのではなく、うまいこと水だけ凍結して取り出すような 
      方法でもあるんじゃないでしょうか。
      親コメント
    • awk の樽に入れて寝かす必要があります。

      あれ? orc だっけ? orz だっけ?

      親コメント
    • Re:麦の酒だもの (スコア:2, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2010年06月04日 13時43分 (#1774679)

      そもそも、スコッチウィスキーの弊害を克服するために「Tokyo*」という商品が発売されて……という流れみたいですね。
      http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/scotland/north_east/8170813.stm [bbc.co.uk]

      普通に蒸留すると当然炭酸も抜けるので、蒸留や分留のように沸点を利用するとビールとは言えない何かになるはずです。そこを考えて、沸点ではなく融点の差(というか水の凝固点降下)を使っている、ってことでしょうね。一般に温度が下がるほど気体の溶解度は上がるので、温める蒸留は不可で冷やす凝結濃縮が適している、と。分留は「コールタールを取り出す」という意味(気液平衡だけでなく、固液平衡)でも使いますし、二酸化炭素・アルコール・水の混合溶液から水だけ抜きたいという意味で分留なんだと思いますよ。方法論は新しくても、分留自体の歴史は古いですが。

      親コメント
      • by phason (22006) <mail@molecularscience.jp> on 2010年06月04日 15時05分 (#1774718) 日記

        >分留は「コールタールを取り出す」という意味(気液平衡だけでなく、固液平衡)でも使いますし

        いや,使わんでしょう.
        分留(分別蒸留,Fractional Distillation)は文字通り蒸溜の一種で,沸点の違いで取り出すものです.
        コールタールは,作る際は乾留(炭素系の物質を熱分解/分解重合することで炭化水素系物質に変換).乾留で出来た液状成分がコールタール.このコールタールを分留(蒸留し,沸点の違いで分離)したものが軽油やら重油やらパラフィンやらになる.

        >水だけ抜きたいという意味で分留なんだと思いますよ。

        「分留」と称しているのは/.Jのタレコミ文だけであって,本家やBrewDogなどは"Freeze Distillation"と称しています.
        まあもっともこれも変な名称で,distillしてないのにDistillationなんてつけてるのは,蒸留酒にかけて消費者にわかりやすく,というだけで,用語的にはいい加減な使い方もいいところ,ではありますが.
        #用語という意味では,凍結濃縮(Freeze concentration)だとかの方が普通に使うような……

        また,凍結濃縮でも相応に炭酸は抜けます.まあ,ビールの凍結濃縮の実際の行程では冷却されてる板に薄く液体を張って凍結させてますので,その際にガスが抜ける点と,凍結に伴い水に含まれていたガス分が相応に抜ける事によります.弱炭酸ぐらいにはなります.
        まあ大量生産のビールでは,最終段階で炭酸を加えているものもそれなりにありますので,炭酸に関しては抜けても問題はないんですけどね.

        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2010年06月04日 12時19分 (#1774609)

    そんなものいらん。

    • ロシア人ならごくごく飲みそうな
      #というか、まだ弱いとか言いそうな気も

      --
      ぽぇんぷしゅう。
      親コメント
      • by Anonymous Coward

        死ぬほど辛い枝豆を開発したら、
        メキシコ人なら或はぱくぱくと食べるもしれない。

        でも日本人であるかぎりは
        アルコール度数が下がっても喉ごし優れるビールと、
        自然の甘味に引き立て役の塩をさっと振った枝豆、
        これ最強。

  • by Anonymous Coward on 2010年06月04日 13時24分 (#1774666)
    単にビールとアルコールを1:1の割合で混ぜれば良いだけでは?
  • 飲む側としては、急性アル中になりそうで怖い限りだけど。

    #飲むより飲ませる場を用意する立場になると、ほんと心配でならない。
    #甘酒で酔うぐらい明らかなのはいいけど、色々気が気でなくなりますよね。
    --
    #壮大なストーリ。空転するアイディア。
  • by Anonymous Coward on 2010年06月04日 15時29分 (#1774728)

    ちょいとググって見つけたレビュー
    http://wscreen.blog19.fc2.com/blog-entry-2179.html [fc2.com]
    を読むと、焦げたパンが液体になったものかな、と思います。

  • by Anonymous Coward on 2010年06月04日 16時39分 (#1774757)

    オレが全部飲み干してくれるわ!

    #わたxxラオー

typodupeerror

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

読み込み中...