パスワードを忘れた? アカウント作成
229982 story
軍事

中国、宇宙軍の創設準備を進める 125

ストーリー by hylom
日本なら「地球防衛軍」とか? 部門より

あるAnonymous Coward 曰く、

47Newsなどが伝えているが、「宇宙軍」創設に向けた準備を本格的に進めているそうだ。なお、米国やロシアなどはすでに宇宙軍が設立されている。

日本もそろそろ「宇宙自衛隊」を作るべきでしょうか?

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2010年06月17日 22時12分 (#1781723)
    一番のメリットは、宇宙軍は、憲法に規定されてる
    陸海空の3軍に当たらないので、軍としてもてる。
    憲法に違反しないで堂々ともてる。

    さらに国際紛争を解決を目的としてないのなら、
    軍事行動に出れる、つまり、一方的徹底的な攻撃なら
    これは紛争解決手段じゃないので、憲法に違反しない。

    ので、日本は宇宙軍を持つべきだと思う。

    マクロスを日本は作るべきだと思う。
  • 宇宙大将軍 (スコア:3, 興味深い)

    by shinshimashima (9763) on 2010年06月18日 15時01分 (#1782141) 日記
    そーいえばかの国には昔宇宙大将軍なんて職(?)がありましたが、その流れでしょうか。
  • 宇宙軍といったら (スコア:2, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2010年06月17日 19時26分 (#1781627)

    宇宙軍といったら、やっぱり「はーりぼーてーはりぼーてー」を歌ってしまう年寄りです

  • 戦争に向かない場所 (スコア:2, すばらしい洞察)

    by scanner (19808) on 2010年06月17日 20時34分 (#1781671) 日記

    宇宙空間って戦争に向かない場所だと思うんですよ。

    今回の場合、地球を周回する衛星軌道にとりあえず限りますが

    1. 障害物が無いので地表からでも簡単に観測できる
    2. 一旦軌道が定まると簡単に移動できない
    3. 軌道上に上げたものは(とりあえず)そのまま動きつづける

    なので、やっていることをある程度オープンにせざるおえないし、
    軌道上にものを上げることができれば、簡単に破壊活動ができるが
    潰し合いが始まると、キリがないでしょ。

    • by Anonymous Coward on 2010年06月17日 22時05分 (#1781721)

      ライト兄弟が初めて動力飛行に成功してから初の空中戦までそんなにかからなかったんですよね。
      最初は偵察だけだったのが、そのうちついでに爆撃するようになり、機銃をつんで撃ち合いをはじめ「空中格闘力」などと言い出すのにそれほど時間はかからなかった。
      海戦だってある程度相手の航路は予想できるし、動力が未発達な時代は海流や風向きに支配され、動きを読まれた。
      日本でも飛鳥時代には既に瀬戸内に防衛網がしかれ大陸から艦隊が襲来すれば直ちに狼煙で都に通報する体制がしかれていた。
      島影からの奇襲も多かったようだが大きな海戦では迫ってくる敵を海図で読みながら待ち構えることが多かったように思う。
      宇宙だとその辺がさらにシビアになる。
      地球の衛星軌道はどう考えても制限地帯として戦闘行為が禁止されるんじゃ無いかな。
      ありえるとしたら地球圏から離れたエネルギーや資源関係の施設じゃないか?
      そういう所だと今の推進器のレベルだと敵艦隊の軌道を計算して攻撃の可能性を察知してから援軍を派遣しても手遅れになる。
      だからと言って早めに動くようになるとファイントが多くなり部隊運用が難しくなる。
      挑発行為が多くて「またか」といって動かないと味方がなぶり殺しになるのを望遠鏡で眺めることになる。

      今から宇宙反戦運動を起こした方が良くないか?

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2010年06月18日 10時59分 (#1781958)
        > 地球の衛星軌道はどう考えても制限地帯として戦闘行為が禁止されるんじゃ無いかな。

        現実問題としてケスラーシンドロームが仮説の域を超えつつあるので
        「今後も宇宙を利用したければ地球軌道では戦闘空間(※)にはしない」
        という不文律は成立する可能性が高そうですね

        ※軍事利用しない。。とは違います

        軌道で戦闘とか宇宙艦隊がとかSF語る前に
        下手をすると今後数百年以上にわたって
        人類が大気圏から出られなくなる訳ですから・・・
        # 「プラネテス」の世界設定は秀逸だと思います

        無視して衛星破壊実験を行ってめんどくさい事にしている中国が
        これから宇宙軍を創ろうと言う話なので注視に値するかとは思いますが
        「勝手な事をして宇宙を使えない状態にする」心配かと思います

        ただし件の実験を「自前のロケット技術を有するとはいえ
        軍事利用では明らかに後発の中国による示威行動」と考えれば
        今後、主体的に利用する立場になれば自分の手足を縛る行為は
        控えるのではないかとも考えられます

        衛星を破壊するテロ活動・・ってのもありえそうですが
        実現するための技術ステップが非常に高いですからねぇ
        # 民間宇宙会社の往還機を乗っ取っても
        # 現在の想定高度だと大きめの流れ星が増える程度かと

        月以遠とかなると向こう半世紀以上は夢物語の気がします
        現状は「兵器」どころか「観測機」を送る事でさえ四苦八苦し
        さらに往還となるとカプセルを持ち帰れば開発史上の快挙ですから
        # アポロの成果は本当にすごいと思います(虚構説もありますがw)

        > ライト兄弟が初めて動力飛行に成功してから初の空中戦までそんなにかからなかったんですよね。

        宇宙開発はについては「ライト兄弟」以前の段階かなーと
        つまり、まだ「向こうの丘まで飛ぶ」程度のグライダー研究の時代であり
        動力航空機を生み出したような技術の飛躍が無ければ
        地球軌道を離れた空間での戦闘は技術的に起こりえず
        地球軌道では前述の通り戦闘は破壊的な結果にしかならないので
        「技術を持っているが故に行使しない」事になると想像します

        例え先行投資的に月や火星を軍事占拠しても
        現在は費用対効果がまったく見合わないかとも思いますし・・
        親コメント
    • Re:戦争に向かない場所 (スコア:2, すばらしい洞察)

      by taka2 (14791) on 2010年06月17日 23時09分 (#1781744) ホームページ 日記

      まずは航空宇宙軍史 [wikipedia.org]を読むんだ。話はそれからだ。

      親コメント
    • Re:戦争に向かない場所 (スコア:1, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2010年06月17日 20時56分 (#1781684)
      飛行機が発明されたばかりのころは、空って戦争に向かない場所だと思われてたらしいぜ。
      親コメント
    • 機体はステルス。
      平時は金属片を付けてレーダーで観測可能にしておく。
      有時には金属片を切り離して軌道変更。

      ...ってだけで隠密行動には十分だと思う。

      親コメント
    • by user003 (37747) on 2010年06月18日 0時13分 (#1781784)
      ハインラインの小説「月は無慈悲な夜の女王」の中での 月対地球 の戦争で、
      月面から地球に石の塊をぶつける事で月側が圧倒的有利に描かれていました。
      月は軽く地球は重いので、月は常に地球の上側にあるわけです。
      上という位置は戦争では有利に働くらしいです。
      親コメント
      • 上が有利というよりは、地球から月まで何かを送り込むより月から地球に何かを送り込む方が
        エネルギーが格段に少なくて済むから月のが有利ってだけの話じゃないの?
        これが例えば光学兵器とかで距離があんまり関係ない状況になったらまた話が違いますよね。
        もちろん地表からだと大気の影響で光学兵器で月を狙うなんて無理でしょうけど。
        親コメント
  • 韓国空軍、「航空宇宙軍」の創設目指す
    http://www.policejapan.com/contents/icpo/20080820/ [policejapan.com]
     loginが必要なオリジナルソースのURL
        http://www.chosunonline.com/article/20080820000042 [chosunonline.com]

  • by kitakitsune (25416) on 2010年06月17日 22時14分 (#1781724) 日記

    あれほどの大所帯になって衛星絡みの仕事も増えてくるというのであれば、各軍の宇宙関連セグメントを切り出して統合し軍団や軍を作ったり、独立の軍種にしたりするというのは特段何ということもない普通のことだと思うのだけど。Anonymous Cowardでタレこまなきゃならない事情があるようにも見えないし。

  • 弾道ミサイルのような宇宙を経由する兵器および軍用衛星が管轄で宇宙で戦闘するわけじゃないでしょ。
    ロシアの宇宙軍もそうだよな。
    アメリカでSDIが実現していれば可能性はあったのかな?

    ところで、アメリカの宇宙軍ってなんだ?
    宇宙(Space)の文字が入るのはAFSPC(空軍)とSMDC(陸軍)があるけど、どっちも独立した軍じゃないよな。
  • [地]球防[衛隊]略して……

    とゆーのは誰のネタだったかな。
  • by Ever_Greenfield (37706) on 2010年06月17日 23時24分 (#1781751)
    人革連?
    --
    にゃんぱすー( ´ ▽ ` )ノ 器の大きな人の唄を歌います!
  • そして、宇宙ゴミを大量に投棄する某国を衛星を
    破壊しまくって掃除して、宇宙を汚染から守るのです。
  • by nox_dot (11614) on 2010年06月18日 16時38分 (#1782224) 日記

    とりあえず、日本・イスカンダル・ドクロべぇ(ドクロ惑星)で、日独伊宇宙同盟を発足させましょう。
    イスカンダルは、なんであんなに苦労して行ったのに、帰りは15分足らずで返って来れたのか思い出せない…。

    • by ksada (4435) on 2010年06月19日 7時29分 (#1782465)

      行きは遊星爆弾の攻撃が再開されないように補給線を潰しながらだったのに対して
      帰りはその戦闘がなかったので途中省略したのでは?

      親コメント
    • by Dobon (7495) on 2010年06月19日 11時31分 (#1782517) 日記
      工学的な観点だと、
      高性能の部品を貰ったとか、高度な跳躍制御ソフトを貰ったとか、理論解釈の誤りを訂正して貰ったとか、いろいろ考えられますが。
      --
      notice : I ignore an anonymous contribution.
      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2010年06月17日 19時30分 (#1781630)
    いや時代は地下だ!

    地下軍をつくろう
typodupeerror

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

読み込み中...