パスワードを忘れた? アカウント作成
238820 story

地上デジタル完全移行を延期するよう求める提言 204

ストーリー by soara
アナロ熊曰く、 部門より

maia 曰く

時事の記事に詳しいが、地上デジタル完全移行を2~3年延期するよう求める提言が発表された。提言をまとめたのは、ジャーナリストの坂本衛氏、青山学院大名誉教授の清水英夫氏、立教大准教授の砂川浩慶氏、元共同通信社編集主幹の原寿雄氏ら。低所得者層への普及や、集合住宅でのアンテナ改修の遅れなど、このままでは、事業所を含めて数百万軒がテレビを見られなくなると指摘。災害時の情報伝達などの点でも問題があるとしている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by paprika (5024) on 2010年07月18日 21時59分 (#1797326) 日記

    > 放送局側の準備は整いつつあるものの、受信者側の準備がどうにも間に合わず、

    2003年から日本の地デジ放送は始まってるんだから、この期に及んで「受信者側の準備がどうにも間に合わず」ってのは説得力がないなと思う。未だに地デジ化してない世帯は、そもそも地デジ化する意志がないものと見なして放置すれば、お互いトラブルにもならないかと。

    で、そもそもテレビって必要なもの?
    まあ、必要でも不要でもいいんだけど、必要だっていう人は既に対策済みなはずだし、不要だっていう人に対しては、「災害時の情報伝達などの点」を根拠に持ち出すのは無意味。だってラジオがあるじゃないか。テレビが不要な人たちは自由意志でテレビのいらない生活を選択しているんだと思う。

    国による手助けを要する「テレビが必要だけど見れない人」って、まだたくさんいるの?

    代替案として、完全移行じゃなくて部分移行でもいいと思う。NHK総合だけアナログ1chか3chに残して、民放だけ予定通りに地デジ化すればいいんじゃないか。民放のアナログ放送はさすがにいらないでしょうし。

    • 部分移行じゃ困る (スコア:2, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2010年07月19日 2時05分 (#1797411)

      代替案として、完全移行じゃなくて部分移行でもいいと思う。NHK総合だけアナログ1chか3chに残して、民放だけ予定通りに地デジ化すればいいんじゃないか。民放のアナログ放送はさすがにいらないでしょうし。

      ゲーム専用モニタに受信料を払いたくないので、NHKも予定通り映らなくなって下さい。

      親コメント
  • 地デジ問題の論点はほぼ尽くされていますし、Web上でも読めます。
    思い切り要約すると、
    「アナログ跡地の電波免許をオークションにかけて売れ。その収益で、低所得世帯のデジタル変換費用を負担しろ」
    ということになるのですが、そもそも、タダ同然の電波利用料で「良い」帯域を使っているテレビ局が、こんな意見を報道するはずがありませんし、その親会社である大新聞も、絶対に報道しないので、この提言はマスコミには乗らず、政治家もとりあげてくれない。
  • by Anonymous Coward on 2010年07月19日 7時59分 (#1797441)
    ビル陰とかの難視聴対策の共聴施設はかなりやばい。

    その多くの理由は財政難。
    財政逼迫を期にデジタル移行を断念して管理組織が解体され、アナログ停波とともに施設も停止という組織も多いようだが、公的には難視聴地域として認知されていないため、何の代替策も用意されていない。
    というか、相談窓口さえ存在しないのが現実だ。

    デジサポに相談しても「共聴施設の管理者にご相談下さい」の一点張り。
    他の相談窓口(NHK・役所その他)に連絡すれば「地デジ化の相談はデジサポでお願いします」のたらいまわし。
    既に倒産して存在しない不動産デベロッパ(名目上の施設管理者)とか、放置状態だった施設を引き取ってギリギリで運営していた管理組合とか、そもそも地デジ化対策の積み立て金なんてありゃしない。
    相談してくださいって、責任を丸投げされて一気に解散に向かう組織が多い。
    タイミング的にも最悪で、組織解散後に助成金の制度を作るとかが多すぎ。

    ちょいと調べただけでも、全国では同様の事例は相当数にのぼる模様。
  • by miishika (12648) on 2010年07月18日 2時54分 (#1797042)
    大地震が起こって住民が避難所(公民館や学校)に行ったところ、そこのテレビが地上デジタル放送に対応していなかった(予算がなくて機器更新できていなかった)というオチはありそうですね。
    • Re:災害時の情報伝達 (スコア:5, すばらしい洞察)

      by ta98 (10561) on 2010年07月18日 14時24分 (#1797151) ホームページ

      本当に災害時に必要となるのはテレビのネットワークじゃなくて、地域住民のネットワークです。
      テレビは映像的にショッキングなところばかり探して流し、地味なところはひとつも映しません。
      また救助の様子を空撮で撮ったりしますが、ヘリの羽音で現場の音がかき消されてしまい、がれきや
      土砂に埋もれた被災者の声を聞き取りにくくしてしまいます。この点について何度も問題が指摘され
      フォーラムなども開催されてますが、いざ新しく災害や事故が起こると同じことを繰り返してます。

      CMをカットして地味な情報をたんたんと流すAMラジオ局のほうが好感が持てます。

      #こんなテレビ延期なんかしなくてもいいです

      親コメント
    • Re:災害時の情報伝達 (スコア:3, すばらしい洞察)

      by firewheel (31280) on 2010年07月18日 21時25分 (#1797314)

      大地震が起こると、被害の大きな地域では大規模な停電を伴うことが多いので、自家発電でも
      ない限りは、そもそも据え置き型テレビは映らないことが多いです。バッテリーで映せる小型の
      テレビなら動きますが、それでも普通は数時間ですよね。画面が小さいからみんなでみるのも難しい。

      地震発生~電力回復までの数日~10日程度の間「かけっぱなし」にするには、
      ラジオの方が適してますよ。

      親コメント
    • だからこその、アナログ廃止だと思います。
      いまの地上波アナログテレビで災害に役立つとも思えません。
      ワンセグの受信器なら、停電でもあるていど応対出来ます。MediaFLOも含めて、空き地を作る事が優先されます。
      県単位の放送の前に、セル単位の情報も流せます。
      スポットワンセグで、避難所の風呂のあきや配食の予定も放送できるでしょう。
      テレビなんて飾りです。移行さえしてしまえば、あとはどうにでもなります。
      勿論、ワンセグより、FMアナログラジオチューナーが、携帯電話には優先かなとも思います。電池の持ちを考えると。
      親コメント
      • アナログ波だとFMラジオや広帯域レシーバーなどでも音声のみですが受信できます(映像受信できる受信機/無線機もありますが)。

        現状のワンセグだと車載ダイバーシティアンテナでもエリア内でもちょっとした物陰で入らなかったりとかあります。
        携帯電話の付属機能のワンセグでは送信施設への見通しがよくても殆ど入らないこともあります。
        難視聴ということでCATVに振った地域ではワンセグ利用はまず無理でしょう。

        将来にむけて技術革新や普及はあるでしょうが、今のまま移行しても全ての地域で使い物になるかどうかは疑問です。
        地デジ普及には一般TV視聴で攻めるより逆にこういう災害時の機能を先に充実させておくべきだったとは思います。
        今からでも遅くは無いだろうけど、はたしてそういう予算をつけるかなぁ。

        --
        5E1D 7B4B 1E3A 5A40 D542 C2C1 F17D B613 45B7 F4B2
        親コメント
        • 今からでも遅くは無いだろうけど、はたしてそういう予算をつけるかなぁ。

          予算を手当てするという観点ではもう遅い、手遅れ。
          今から駆け込み乗車で他の予算措置を押しのけることで実現するかもしれないけど、
          それは国全体の厚生や公正を著しく歪めることに等しい。
          今回の提言者たちはそれでもなおテレビの視聴できない人が出たらいろいろ困るからなんとかしろ
          といっているわけで。技術上のFeasibilityならよりどりみどりだけどその金が措置できない話。

          親コメント
      • by miishika (12648) on 2010年07月18日 12時01分 (#1797111)
        CMをSD画質で放送することさえできれば、通常番組+災害対策情報x2チャンネルという放送さえ可能なのに、現状では全く生かされていないのが残念です。
        親コメント
        • Re:災害時の情報伝達 (スコア:5, おもしろおかしい)

          by Anonymous Coward on 2010年07月18日 15時45分 (#1797181)

          > 災害対策情報x2チャンネル

          「地震キターーーーーーー」とか想像してしまったおれは、何かに毒されているのかもしれない。

          親コメント
  • by miishika (12648) on 2010年07月18日 8時27分 (#1797073)
    通常、情報通信政策ではいつも「地方に行くほど後回し」という非難が集中するのですが、こと地上デジタル放送への移行に限っては、「地方都市や山間部=最初からUHF局を受信していたので、アンテナの改修は不要」「首都圏=VHFアンテナのみの集合住宅が多く、改修困難」という逆転現象が起こっているように見えます。

    # 地上デジタル放送への移行時に、「副作用」で東京MX(アナログ14ch)が受信可能になった世帯もきっとあります
    • by celtis (33470) on 2010年07月18日 15時32分 (#1797178)

      UHF局が見られる地域に済んでる叔父がデジタル化したのですが、調整だけで済むと
      聞いていたのに一向に受信できず、結局アンテナを付け替えた&○万円かかったと
      ぼやいていました。

      古いものだと交換する必要があるとメーカーFAQには書いていますが、本当に必要
      だったのか疑問に思っています。年配の方だと業者の言いなりになっているよう
      ですし。
      http://www.yagi-antenna.co.jp/faq/chidigi.html [yagi-antenna.co.jp]

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2010年07月18日 19時44分 (#1797270)

        さすらいの電器屋です。

        うちのあたりはUとVの両方で受信しているところなので、大抵(9割)はそのままデジタルで受信できます。

        ただし、アナとデジで同じチャンネルを使ってるわけではないので、それまでアナログなら問題なくても、いざつないでみると特定のチャンネルだけ受信レベルが40以下になったり、不安定なことがあります。こうなるとアナログと違いブースター入れても基本的に改善しません。

        特に設備が古いとアンテナが200Ω出しだったり、ケーブルが3Cとか、4Cでもシールドが弱い線を使ってたり、途中で継ぎ足しなどをしてロスが出ることが多いです。この場合ケーブル引き直しとかアンテナ交換は必要です。

        一番安心なのは、やはり工事に立ち会って、実際に受信レベルが出ているかを確かめることだと思います。

        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2010年07月19日 0時11分 (#1797379)

          私のところでも、特定のチャンネルだけ受信レベルが低くて、ブースタつないでも改善されませんでした。アンテナ-->ブースター --> 屋根裏の分配器 --> 各TV(4台 2世帯住宅なのだ) という経路で、配線がかなり古いのでだめなのかなーって思ってたんですが、分配器につながっている開放端の使ってない配線をはずすと、かなり改善され、いまは正常に受信できてます。
          まあ、こういうこともあるってことです。

          親コメント
        • 北海道の某地方ですが、アンテナが数本折れてたのもあったので地デジ対応TV買ったときに、自分でアンテナ設置しなおしました。
          GoogleMapで自宅とアンテナ基地の角度を出して、コンパス(G'z one携帯電話)片手に自分でアンテナ改修しました。

          現在PS3のトルネで、最大受信感度70ぐらいです。

          台風がきたとき、下から見ても明らかに角度がずれて1回だけ修正しましたが、今のところ受信できてます。

          #周りに大きな建物無いと、割と楽に済むって事で。

          --
          #壮大なストーリ。空転するアイディア。
          親コメント
    • 高層ビルの影だから難視聴になった、解消のためケーブルを引いている…みたいな難視聴解消の費用を他に転嫁していると話はさらに厄介になることでしょう。
      潤沢な生活費がある世帯であればケーブル設備をそっくりそのまま使いまわしている地域型有料ケーブルTVの受信契約費用を支出して「厄介ごとは金で解決」
      というほとんどオールマイティな手段が使えないのが低所得生活困窮者難視聴世帯なので。
      // そういう意味ではあの本来電波が弱くて受信が大変な東京MXが視聴できたのは周囲に高層ビルが乱立していたせいでもあったなあ……
      親コメント
      • >解消のためケーブルを引いている…
        がCATVじゃなく単なる共聴アンテナで、
        しかもその後電線地中化のせいでCATVが引けないという場所もあるんですよ。

        #田舎じゃなくて政令指定市の市役所の向かいの話。
        親コメント
      • by Anonymous Coward on 2010年07月18日 18時27分 (#1797242)

        ビルが後からできてその影で難視聴になるのは、既得権があるのですが(つまり、先住者の難
        視聴対策はビルを建てた側がする)すでにビルがあって、電波塔の位置が変わったらどうする
        のかというのは実は決まりがなにもないんですよ。
        東京あたりでは多くの場合複数のビルの陰になっているわけで、実施質的にはどのビルが補償
        とかいうことはできないので、ビルの谷間でテレビ見たければ自分でアンテナ上げるかCATV
        なりに加入するということになるかと思います。その辺が問題なんでしょうね。

        # まぁ、自分はTVほとんど見ないので来年でTV終了でも一向に構わないですが。

        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2010年07月18日 21時24分 (#1797312)

          > # まぁ、自分はTVほとんど見ないので来年でTV終了でも一向に構わないですが。
          読売新聞によると「すべての国民が避けて通れない」らしいですよ。
          そうか、自宅にテレビが無い私は非国民だったのか…。

          親コメント
    • >「地方都市や山間部=最初からUHF局を受信していたので、アンテナの改修は不要」「首都圏=VHFアンテナのみの集合住宅が多く、改修困難」という逆転現象が起こっているように見えます。

      初期投資額が多かった分、得をしたというだけでしょう。首都圏はアンテナ一本で済んでたのが、ここへ来て地方と同じくらい必要になっただけではないかと。

      というか、マジで田舎になると現状のアナログ波すらまともに受信できていない(映像乱れまくり)ので、デジタル波をまともに受信できるようには思えません。山間部に住んでる親戚はデジタルに移行する気配がありません。

      親コメント
  • たいして変わらないよね。特に低所得者層の話は。
    そういうとこには、今実質5千円きっちゃってるチューナー配るで話ついてるんでしょ?
    放送設備の問題はそれこそ金で解決してくれ。
    そうすると、遅らせる理由がもうないと思うんだけど。

  • by Anonymous Coward on 2010年07月18日 17時18分 (#1797216)
    とソフトバンクが言ってるそうで。http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100714/350271/ [nikkeibp.co.jp]
    遅らせるなら圧縮もしちゃえば。さらにMPEG2やめてH264にしたら。当然B-CASやめたら
  • by Dobon (7495) on 2010年07月18日 18時11分 (#1797233) 日記
    規格の切り替えは一気に行うか、数十年かけてジワジワ行うかのどちらか。
    中途半端が一番処理に困る。
    一気に切り替える前提進めてきたのだから、予定通り一気に行うべき。

    # 一旦遅らせたら、20年くらいズルズルと延ばされる可能性が大きい。
    --
    notice : I ignore an anonymous contribution.
typodupeerror

人生unstable -- あるハッカー

読み込み中...